新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:TBS

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/08/23(日) 22:28:22.55 ID:CAP_USER9
    8/23(日) 21:30配信
    デイリースポーツ

    江口のりこ

     TBSドラマ「半沢直樹」が23日、放送された。女優・江口のりこ演じる白井亜希子大臣が東京中央銀行に「債権放棄じゃダメなんですか?」と迫るセリフが、かつて蓮舫参院議員が民主党政権時代に放った「2位じゃダメなんですか」と酷似しているとネット上で話題になっている。

     ドラマでは、帝国航空の再建のために白井大臣が東京中央銀行に巨額の債権放棄を迫る。半沢は別の策を講じようとするものの、白井大臣が中野渡頭取に「債権放棄じゃダメなんですか?」と迫る。白井大臣が、かつて蓮舫氏が着ていたことを連想させる白いスーツを着ていることもあり、ネット上では「債権放棄じゃダメなんですか? 完全に言い方が蓮舫」「どこかで聞いたようなせりふ」「蓮舫オマージュ」といったツッコミが見られた。

     

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d186cc5948363b6124eb2d65b76faf39eec4d08

    【【半沢直樹】「債権放棄じゃダメなんですか?」江口のりこのセリフにネット興奮「言い方が蓮舫」wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/08/12(水) 10:13:52.89 ID:CAP_USER9
     女優の多部未華子さんが主演する連続ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(TBS系、火曜午後10時)の第6話が8月11日に放送され、平均視聴率(世帯)は16.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前週第5話でマークした14.4%(同)を上回り、2週連続で番組最高を更新した。

     ドラマは、電子書籍配信サイト「コミックシーモア」から生まれた四ツ原フリコさんのウェブマンガ「家政夫のナギサさん」が原作で、28歳の独身女性がおじさんの家政夫を雇うことから始まるハートフルラブコメディー。
     多部さんは、製薬会社の営業職(MR)としてバリバリ働くキャリアウーマンだが、家事は苦手で生活力ゼロのアラサー独身女性、相原メイを演じる。大森南朋さんが、メイの生活に安らぎと潤いを与えるスーパー家政夫のナギサ、瀬戸康史さんがメイの仕事のライバルとなる田所をそれぞれ演じる。
     第6話は、ナギサさん(大森さん))の過去にますます興味を抱くメイ(多部さん)。しかし、ナギサさんは私生活については一貫して秘密主義を貫き、謎のまま。メイは、あの手この手でナギサさんの私生活を暴こうと、ついには尾行を決行。すると、いつもとは違うナギサさんの表情に出くわす。一方、メイのことが気になる田所(瀬戸さん)は、ナギサさんが本当にメイの父親なのかと疑心暗鬼になっていく……という展開だった。

    まんたんウェブ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/91020ba4b66f8d972ec96102cdc2ac6f7665c594

    【【ナギサさん】多部未華子主演ドラマの視聴率がやべえええええええええええええ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/08/10(月) 17:41:50.23 ID:emuuozq6r
    これじゃあ半グレ直樹やん
    https://youtu.be/9253UpiO6zg


    https://youtu.be/JGURvjOmwIQ



    【【驚愕】半沢直樹「うるせえええええええ」「エンジン止めろ!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/12/22(日) 18:30:45.79 ID:ee/l/LPV9
    12月17日発売の「週刊女性」が、来年4月にスタートする堺雅人主演ドラマ「半沢直樹」(TBS系)の続編に関する情報を掲載した。
    新作では、キャストが総入れ替えされる可能性があるという。

    「記事によると、堺の事務所サイドは、TBSに対し『“半沢”の色を変えたい』と、堺以外のキャスト総入れ替えを要求してきたのだとか。
    しかし、制作側はその時点で、すでに上戸彩や北大路欣也にオファーを出していたため、前作のキャストシーンを減らすということで調整していくそうです」(テレビ誌記者)

    そんな「半沢直樹」といえば、堺の熱演だけでなく、香川照之演じる大和田常務の悪役っぷりも視聴率を牽引したと言われる。
    しかし今回の記事には、上戸と北大路以外の続投俳優の名が掲載されていなかったため、不安の声が広がっているという。

    「香川演じる大和田は、原作だと前作の舞台となった銀行から出向となるのですが、ドラマでは降格のみに変更されていました。
    これは彼を再びドラマに登場させるための処置だと思われていたのですが、今回の記事により、再登場は怪しくなった。
    そのため、ドラマファンからは『もしかして香川さんが消える?』『また香川照之とのバトルが見たい』との声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

    はたして、心機一転となる7年ぶりの続編は、世間から受けいれられるだろうか

    https://news.livedoor.com/article/detail/17564323/
    2019年12月22日 17時59分 アサ芸プラス

    【【続編】「半沢直樹」のキャストがヤバいwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/10/19(土) 18:22:36.51 ID:IJZ4v96P9
     ソフトバンクVS巨人の「SMBC日本シリーズ2019」が19日に開幕。地上波テレビの放映権は数億円を要するが、せっかく獲得したTBSが悲鳴を上げている。

     日本シリーズに先立つ監督会議が18日、ヤフオクドーム内で行われ、ソフトバンク・工藤監督、巨人・原監督らが出席。主催者の日本野球機構(NPB)は「開始時間が中途半端になっていますが、地上波完全中継のために協力をお願いします」と要請した。

     福岡での開始時間は第2戦が午後6時30分で、残る3試合は6時33分。東京ドームは3試合とも6時17分に決定した。さらに5回裏終了後のインターバルも、シーズン中よりかなり長い5分前後に設定された。いずれもCMへの配慮など、中継する民放各局の都合だ。

     日本シリーズの放映権は、NPBにとって貴重な収入源。地上波は1試合4-5億円と高額だが、高視聴率を見込んで各局が争奪戦を繰り広げる。シリーズに進出した球団から推薦を得ようと、シーズン中から地上波で数試合を中継するなど実績を積むのだ。

     今回、巨人のホームは通例通り、同じ読売グループの日本テレビ系が独占。ソフトバンクがホームの第1戦はフジテレビ系、第2戦はTBS系が争奪戦を制したが、両局で明暗が分かれた。というのも、国民的な盛り上がりを見せるラグビーW杯で、日本代表が1次リーグ全勝で1位通過。次戦の準々決勝が第2戦の裏番組に入ったのだ。もし2位通過だったら、第1戦の裏番組に入ってフジが泣くところだった。

     高いお金と労力を注いで放映権を取ったのに、強力すぎる裏番組に“タックル”を食らい、TBS関係者は「厳しいですね…」とため息。「ラグビーの試合が終わる午後9時頃、日本シリーズはまだ続いているはずだから、せめてラグビーから(視聴者が)流れてくるような試合展開であってほしい」と祈る。

     一方で、両雄譲らぬ熱戦で中継時間が延長され過ぎると、午後9時から放送予定の日曜劇場にしわ寄せが。木村拓哉主演のドラマ「グランメゾン東京」第1話は波乱の船出となりそうだ。(笹森倫)


    10/19(土) 16:56配信 夕刊フジ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00000005-ykf-spo

    【【困惑】ラグビーの影響でキムタクとTBSが悲鳴wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ