新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:SMAP解散

    1: 名無しさん 2017/01/13(金) 09:24:54.66 ID:CAP_USER9
    年末の12月28日に放送されたバラエティー番組『ナカイの窓』(日本テレビ)は“関東6県ガチンコ対決SP”と題し、司会の中居正広を除く6名の出演者が“地元”をプレゼンするという内容だった。横浜DeNAベイスターズ一筋だった元プロ野球選手の三浦大輔(43)は神奈川県を絶賛し、『南海キャンディーズ』の山里亮太(39)が千葉県を大いに語るなどして、関東6県の魅力をそれぞれが存分に披露していた。


    放送中盤に、群馬県代表のJOY(31)が、世界遺産に登録された『富岡製紙場』を行きたい場所として紹介したとき、“事件”が起きた。中居は「一生行かないと思う」と言い切り、観光に力を入れている群馬の関係者の怒りを買ったのだ。


    「群馬だけではないです。ゲストの武井壮がボードを使って茨城県と栃木県の場所の説明をしているとき、中居が『どこでもいいよ』と興味がなさそうにしていたのを見て、さすがに怒りを覚えました。馬鹿にするのもいいかげんにしろと」(栃木県の観光業者)


    この中居の「一生行かない」発言を放送倫理検証委員会(BPO)の審議メンバー数名が問題としているという。


    「この発言がどういう真意でなされたかは知りませんが、年間の外国人観光客が年間2千万名を超え、これからも増やそうという矢先に、こうした風潮に水を差すという点で、審査員数人が重く考えていると聞いています」(放送作家)


    他の群馬の観光業者はどう感じているのだろうか。


    「それは頭にきます。少しでも多くの観光客の方々に来てほしいのに、あんなことを言われては群馬のイメージが悪くなります。中居さんには群馬の名所を回って、よさを分かっていただきたいです」(高崎の旅行代理店スタッフ)


    富岡製糸場は1872年(明治5年)に開業した繰糸所であり、いまも重厚な雰囲気が歴史的な建造物だ。日本の絹産業の技術革新と交流などにも大きく貢献した工場で、その建物は雰囲気があり、外国人観光客にも人気がある。


    「番組を見ましたが、制作したテレビ局は観光地同士が激しく外国人観光客を取り合っているという、観光業界事情を知らなかったのでしょう。そうでなければ、あんな無知蒙昧なやりとりにはならないはずです」(旅行ライター)


    BPOに審議入りしようがしまいが、中居が群馬入りしたときの県民の目は、相当に厳しくなりそうだ。

    まいじつ  2017年01月12日 19時00分
    https://www.google.co.jp/amp/a.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170112/Myjitsu_015303.amp.html

    【【悲報】SMAP解散後の中居さん、さっそく叩かれるwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/06(金) 12:36:19.26 ID:3dQEfjmj0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
     昨年末で解散したSMAP。最後の大晦日に都内の焼き肉店で慰労会が行われたことが報じられ、話題になっている。参加したのは、中居正広、香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎。そして、1996年に脱退したオートレーサーの森且行も顔を出した。そんな同会でもっとも注目を集めたのが、キムタクこと木村拓哉が参加しなかったことだ。
     「そんなキムタクを無視する格好となった今回の慰労会に関係者は激怒している
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000001-reallive-ent

    【【SMAP解散】キムハブ慰労会に関係者が大激怒!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/05(木) 15:09:32.25 ID:CAP_USER9
    SMAPの解散当日である2016年12月31日。中居正広(44才)、稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、 香取慎吾(39才)は、都内の高級焼肉店でささやかな打ち上げパーティーを開いていた。さらに、このパーティーには1996年にSMAPを脱退し、現在はオートレーサーである森且行(42才)も参加していたという。

     日付が変わり、元日の午前2時まで続いたこのパーティーだが、木村拓哉(44才)の姿はなかった。
    関係者によると、木村は自宅で家族と紅白歌合戦を見ていたという。打ち上げパーティーがあったことは知らなかったようだ。

     そして元日、木村家は都心のある一戸建てを訪れていた。某アパレルメーカー社長の自宅で、年始の挨拶に出向くのが恒例だという。

    「(妻である)工藤静香さんや娘さん、義母さんも一緒でした。同じく社長とつきあいの深い本木雅弘さん(51才)一家も来ていて、賑やかな正月だったそうです」(木村の知人)

    ※女性セブン2017年1月19日号

    NEWS ポストセブン 1/5(木) 7:00配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00000002-pseven-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1483585353/

    【【キムハブ】打ち上げ不参加キムタクの正月wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/05(木) 00:03:44.59 ID:CAP_USER9
    女性自身 1/5(木) 0:00配信

    「SMAPが解散した大みそかの夜、木村拓哉さん(44)以外の4人は、東京・港区内の高級焼肉店に集まっていました。堺正章さんがプロデュースした沖縄産の黒毛和牛を出す店で、SMAP最後の慰労会を行ったんです。木村さん抜きの食事会でしたが、SMAPを脱退した元メンバーの森且行さん(42)は呼ばれていました。木村さんは29日まで年明けスタートの主演ドラマの撮影があり、大みそかは自宅で家族と過ごしたそうです」(テレビ局関係者)

    12月31日をもって、25年間走り続けたSMAPが解散した。5人は“それぞれの再スタート”に向けて歩き始めている。『スマスマ』最終回放送の3日前となった12月23日。年明け放送予定のバラエティ番組の収録に参加していたのは、中居正広(44)。テレビ局関係者が話す。

    「この日、中居さんはスタッフに高級寿司の弁当を200個差し入れて、『俺はもう大丈夫だから!』と声をかけていました」

    中居は「もう吹っ切れたので、新たな中居正広で突き進みますよ!」と元気なところを見せたという。だが、こんな場面も――。

    「番組の中でおこなわれたクイズの答えに、回答者の1人がSMAPの曲名を挙げたんです。中居さんは口では“吹っ切れた”と言っていたものの、何かを思い出してしまったんでしょう。その瞬間、フーと息を大きく吐き出して少し上を向くと、何か考えているような顔を見せました」(前出・テレビ局関係者)

    その中居とともに、大みそかの“解散の宴”に参加した香取は、今後について他のメンバーに相談したという。

    「いまの香取くんは、それほど芸能界への未練がない。今後もタレントとして活動しますが、趣味の絵を本格的に勉強して、画家への道も切り拓いていこうとしています。じつは、すでに親しい関係者を通じて、ある有名画家を紹介され、実際に会っています。解散が決まってからは、オフの日は絵を描いて過ごすことも多い。
    ほかの美術関係者とも連絡を取り合い、自分の絵の幅を広げているところです」(別のテレビ局関係者)

    メンバーたち自身も“SMAP解散”という現実を真っ正面から受けとめきれていないのかもしれない――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170105-00010002-jisin-ent

    【【驚愕】香取慎吾、画家の修業へ・・・・・・・・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/01(日) 17:22:58.55 ID:CAP_USER9
    「最後はせめてステージで」というファンの声も虚しく、NHK紅白歌合戦に姿を見せることなく解散となったSMAP。実はこの12月31日の夜、メンバーの姿は「紅白」会場から数キロはなれた港区の飲食店にあった。

     この場に集ったのは、木村拓哉を除く4名。中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、そして香取慎吾による“解散の宴”は店の営業時間を過ぎても続き、除夜の鐘がすっかり打ち終わった午前2時まで及んだ。もちろん、4人の絆を深める会に他ならない。

    そして、この会には“あの人物”も同席していた――詳しくは「週刊新潮」1月5日発売号にて。


    http://www.dailyshincho.jp/article/2017/01011700/?all=1

    http://www.dailyshincho.jp/image/log/17/01011700/1.jpg
    店を後にする稲垣吾郎

    【【衝撃】紅白辞退の「SMAP」の大晦日 “木村以外”で解散の宴】の続きを読む

    このページのトップヘ