新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:NHK


    no title


    1: 名無しさん 2017/02/08(水) 10:49:01.46 ID:CAP_USER9
    現在放送中の朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)の主役を務めている芳根京子に、不可思議な現象が起きている。

    同ドラマは現在、ここ数週間の週単位の視聴率が20%台と21%台を行ったり来たりしている。

    「残り放送期間もあと3カ月となり、これから正念場を迎えます。テレビ小説は20%台が合格ラインで、21%台が人気作と位置づけられます。この格付けは、のちのちに意外と大きく影響します。視聴率の数字的は順調にきているのに、芳根自身がさっぱり話題になっていないのが、今作の腑に落ちないところなのです。彼女は視聴率22%を超えた『花子とアン』にも出演していたにもかかわらずです」(NHK関係者)

    ドラマは昨年の10月3日から放送が始まっている。内容については多くのメディアなどで紹介されているため省略するが、最近の週では、母親のすみれ(芳根)は思春期を迎えた娘のさくら(井頭愛海)が夜遊びに走り、心配のたねになっている。

    「芳根はいま、30代半ばから後半に差し掛かる年齢の役を演じています。芳根は2月28日の誕生日でようやく20歳を迎えるのですが、妙に役柄に合っていて、年相応に見えるのです。娘役の井頭とは4歳差しかないのですが…。落ち着いてどんな役もできる、と言えば聞こえもいいのですが、中年女性の役が似合うというのも妙な話です。年齢を超えた役柄を器用にこなすところが、かえってマイナスにもなっているようです」(アイドルライター)

    その理由は、各所で囁かれている。

    「自分らしい個性の演技がないため、メイク次第でどんな年代にも合ってしまうのが災いしているのでしょう。整った顔ですが、個性が乏しいかな、という印象を受けてしまいがちです」(同・ライター)

    芳根は、2月5日に開催された男性出演者中心の公開トークショー『“べっぴんさん”ファン感謝祭~THE男会~』にスペシャルゲストとして登場した。その際に、会場は大拍手となったのだが…。

    「ステージに現れた出で立ちは、白のロングコーディガンを羽織り、白のワンピース姿で、ノーメイクの黒髪の少女でした。そのためか、最初は場内でも誰だか分からなかったのでしょう。名前が呼ばれて初めて、会場がどよめき出したのです。“べっぴんさん”の“すっぴん”は、普通っぽい顔で地味でした」(テレビ雑誌編集者)

    視聴率は堅調なため、批判や疑問は抱かれていないが、

    「週刊誌やスポーツ紙でも彼女が取り上げられることは滅多にありません。前作の『とと姉ちゃん』は、主演の高畑充希のルックスに特徴があったため、話題に上がることもありましたが…。放送中なのに、次作で出演予定の有村架純が話題になっているくらいです。芳根に対する評価はその状態が物語っている気がします。」(同・編集者)

    時間が経てば再評価されることもあるだろう。本当の名女優とは、案外そういうものなのかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-16665/

    【朝ドラ「べっぴんさん」の主人公って誰??????????????】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/03(火) 08:36:54.86 ID:CAP_USER9
    紅白合間の5分ニュース40・4%!年間1位か ピコ太郎余波直撃も高瀬アナ笑い我慢

    デイリースポーツ 1/2(月) 18:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170102-00000059-dal-ent

     昨年大晦日の、NHK総合「第67回NHK紅白歌合戦」の前半・後半の間で放送された5分間の「ニュース・気象情報」(午後8・55)の視聴率が40・4%を記録し、
    紅白視聴率(前半35・1%、後半40・2%)を上回ったことが2日、分かった。毎年放送される紅白合間のニュース番組だが、紅白後半の数字まで超えるのは異例。

     短時間のニュース番組のため、紅白前半ラストの盛り上がりが影響した可能性が高い。

     紅白前半のラストでは、昨年世界的ブームを呼んだピコ太郎が登場。嵐・二宮和也らとハーフタイムショーとして「PPAP」を披露し、
    審査員席の草刈正雄らもノリノリ。司会の相葉雅紀が「終わりです、時間がありません」と制止する中、勝手に新曲の歌唱を始めてしまい、
    そのまま画面はニュース番組へ。ピコ太郎の「ぽんぽこりんぽんぺんぽんぱん!」の絶叫から一転、
    カメラを向けられた高瀬耕造アナウンサーはしばらく下を向いて笑いを抑え、真顔を作ってからニュース報道に入った。

     なお高視聴率ランキングの集計は15分以上の番組が対象となるのが一般的で、公式記録には残らない見込みだが、
    異例の形で紅白を上回ったニュース番組が“影の年間1位番組”となりそうだ。

     (数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)

    【【愕然】2016年視聴率年間1位は紅白歌合戦ではなかった! 紅白をも超えた衝撃の番組とは】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/12/19(月) 09:55:26.96 ID:CAP_USER9
     俳優の堺雅人(43)が主演を務めたNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)の最終回(第50話)が18日に放送され、完結。平均視聴率は14・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

     初回(1月10日放送)19・9%の好発進。第2話20・1%は、2013年「八重の桜」の初回21・4%以来3年ぶりとなるNHK大河ドラマの“大台”超え。その後、15~19%と好調をキープし続けた。

     「真田丸」は本放送より2時間早くオンエアされるBSプレミアムも人気。本放送が待ち切れない視聴者が多いとみられ、インターネット上で「早丸」の愛称で親しまれた。BSの視聴率は「3%台で健闘、4%台で異例」とされる中、5%台の驚異的な数字を連発した。

     大河ドラマ55作目。戦国時代最後の名将・真田幸村=本名・真田信繁の生涯を描いた。
    ヒットメーカー・三谷幸喜氏(55)が「新選組!」(2004年)以来、2度目の大河脚本。
    タイトルの「真田丸」は大坂冬の陣で信繁が築いた最強の砦。同時に、家族の物語として一艘の船に例えた。演出は木村隆文氏ほか。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161219-00000085-spnannex-ent

    【「真田丸」最終回視聴率がヤバい!!!!!!!!!】の続きを読む


    Cuw_auKUMAArqNi


    1: 名無しさん 2016/11/10(木) 20:03:58.33 ID:mWPm2Zv7d
    来年10月からの連続テレビ小説が発表されました。

    『わろてんか』

    舞台は、明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪。
    日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性を描きます。
    笑って泣いて、最後にまた笑える、元気が出る“朝ドラ”です。

    ええかげんにせえよ

    【【悲報】朝ドラさんの太平洋戦争好きは異常WWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

    このページのトップヘ