新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/05/08(火) 22:17:18.76 ID:CAP_USER9
    NHKは8日、2017年度決算(単体、速報値)で、受信料収入が過去最高の6914億円だったと発表した。

     144億円の増で、過去最高の更新は4年連続。受信料の支払率も初めて80%を超えた。契約数は、昨年12月に受信料の支払いを事実上の義務とする最高裁判決が出た後に急増しており、この影響も大きいとNHKはみている。

     一般企業の売上高にあたる事業収入は受信料を含めて7204億円となり、2年連続で過去最高を更新。事業収入から事業支出をひいた収支差金は230億円となり、当初予算の2倍以上となった。受信料収入の増加に加え、働き方改革で職員の時間外労働が減ったことが要因だという。

     収支差金は財政安定のための財源として繰り越す。これにより繰越金は1059億円に達する。石原進・経営委員長は8日の会見で、高精細な4K・8K放送への設備投資や東京五輪を見据えた上で「中長期的に考えて今は(資金が)必要な時期。理解してもらう必要がある」と語った。

    2018年5月8日 21時30分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14686730/

    【【困惑】NHKの搾取がヤヴァイ!!!!!!!受信料収入が過去最高の6914億円・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/03(火) 10:08:51.79 ID:CAP_USER9
    「半分、青い。」初回21・8%好発進!朝ドラ2作連続大台突破 胎児のヒロインに反響


    女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)が2日、
    スタートし、初回の平均視聴率は21・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが3日、分かった。
    全話平均視聴率20・1%を記録した前作「わろてんか」の好調ぶり引き継ぎ、
    2作連続での朝ドラ初回20%超えの好発進を果たした。

    朝ドラ初回の視聴率は、「あまちゃん」(20・1%)「ごちそうさん」(22・0%)
    「花子とアン」(21・8%)「マッサン」(21・8%)「まれ」(21・2%)
    「あさが来た」(21・2%)「とと姉ちゃん」(22・6%)「べっぴんさん」(21・6%)と、8作連続して大台超え。しかし「べっぴんさん」の終盤失速の影響から、「
    ひよっこ」は初回19・5%。「純と愛」(19・8%)以来9作ぶりの大台割れとなった。
    それでも、徐々に数字を上げると、その終盤の好調の流れから、
    続く「わろてんか」が初回に20・8%と2作ぶりに大台を突破。今作も20%超発進で続いた。

    岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が
    高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

    朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」や
    TBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み
    “ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏のオリジナル脚本。
    演出は田中健二氏ほか。

    初回は、1971年、岐阜県の田舎町で小さな食堂を営む楡野家の晴(松雪泰子)は新たな命を授かっていた。
    陣痛が始まり大騒ぎとなるが、夫の宇太郎(滝藤賢一)は妻の手助けもできずにオロオロするばかり。
    同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も孫の誕生を待ちわびる…という展開。
    物語は“ヒロインの胎児時代”からスタート。朝ドラ史上初となる胎児のヒロインがCG映像で登場すると、
    インターネット上には「天使みたい」「第1話で生まれないw」などと反響が相次いだ。
    [ 2018年4月3日 09:55 ]

    スポニチ
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/03/kiji/20180402s00041000298000c.html

    【【朗報】新しい朝ドラの初回視聴率がまたしても20%越え!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/23(金) 12:18:33.56 ID:CAP_USER9
    NHKとジャニーズ事務所がモメにモメているという何ともショッキングな情報が飛び込んできた! 

    同局の有働由美子アナ(49)が朝の情報番組「あさイチ」の司会を今月いっぱいで降板することを巡り、
    これを当初は知らされていなかった共同司会者のV6・井ノ原快彦(41)が激怒していた。

    さらに、民放各局とは異なり、退所した元SMAPの3人を使い続けるNHKにジャニーズ事務所が不快感を示しているという。
    このままでは、今年の紅白歌合戦のキャスティングにも影響する可能性があり、両者の間に不穏な空気が流れている。

    コトの発端は、2010年の放送開始から「あさイチ」の司会を務めてきた有働アナの降板が決まったことだった。
    NHKは2月6日、同アナと井ノ原が一緒に降板すると発表している。

    形の上では2人の同時降板となるが、事情は全く異なる。有働アナの降板を当初、井ノ原は知らされていなかったという。

    「井ノ原が有働アナの降板を知ったのは、新聞の先行報道だったんです。あの穏やかなイノッチが『寝耳に水だ!』と激怒したんですよ。
    8年にわたってタッグを組んできましたから、無理もないでしょう。有働アナは恩人みたいなものですからね。
    さすがに事前に知らせてもらいたかったようです」(事情通)

    井ノ原は怒りが収まらず「有働さんが降りるなら自分も降りる!!」と言いだしたとか。
    想定外の事態にNHKは焦りまくったが、当初はジャニーズが仲介に入って井ノ原降板は避けられるだろうと読んでいた。

    ところが、ジャニーズは井ノ原の意思を尊重して、降板を認めてしまったから、さあ大変。
    NHKは慌てて井ノ原の後任に、人気お笑いコンビの博多華丸・大吉、有働アナの後継には同局の近江友里恵アナ(29)の起用を発表した。

    当然のことながらいまだにジャニーズとの亀裂は修復できないままだ。

    「ジャニーズとしても、これだけ貢献してきた井ノ原のメンツを潰されたわけですから、そう簡単に引き下がれるわけがないんです」(同)

    そもそも最近、ジャニーズ幹部をイラ立たせているのが、同局と退所した元SMAPメンバーを巡る関係だという。芸能関係者がこう明かす。
    「ジャニーズから独立した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らのレギュラー番組を、民放各局が3月までに申し合わせたように終了にしています。
    もちろん、ジャニーズサイドから目に見えるような圧力をかけられたわけではない。まさに忖度です。

    ところがNHKだけが、こうした流れに逆行して元SMAPの3人を起用し続けているんです。
    草なぎは『ブラタモリ』のナレーションを継続し、つい最近もNHKスペシャルの再現ドラマで主役に起用されました。
    香取もドラマの出演、稲垣は教育テレビ(Eテレ)でのレギュラー番組が検討されている。ジャニーズサイドにとっては不愉快極まりない話なんです」

    ジャニーズが井ノ原の意思を尊重して降板を認めた背景には、こうしたNHKに対する不信感があったのは想像に難くない。

    この「あさイチ」問題は現在も尾を引いている模様で、両者の関係を元に戻す打開策は見つかっていない。
    この状態が年末まで続けば、紅白歌合戦の人選に悪影響を及ぼしかねない。

    「NHKの幹部とジャニーズ事務所の間には、想像以上の温度差がありますからね。
    最悪の場合、ジャニーズ側が『紅白からタレント全員引き揚げる!』と交渉してくることも考えられる。
    そうなるとキャスティングの主導権を握られ、ただでさえ多いジャニーズ枠がさらに増える可能性もあります」と、先の事情通は心配している。

    一年の締めくくりとなる国民的歌番組に、ジャニーズタレントばかりがウヨウヨ出場することになれば、
    視聴者から「何の歌番組だ?」との批判が殺到するのは明らか。

    ジャニーズ事務所とNHKは無事に軟着陸できるのだろうか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00000004-tospoweb-ent

    【【激震】 ジャニーズがNHKにブチギレで「紅白歌合戦」から一斉撤退か?????????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/02/18(日) 20:05:57.67 ID:CAP_USER9
    NHKの朝の連続テレビ小説で記念すべき100作目となる『夏空 ―なつぞら―』で主役を務める広瀬すず。現在、広瀬の主演ドラマ『anone』(日本テレビ系)は
    大不振に陥っており、2月14日に放送された第6話まで、各話の平均視聴率は初回から9.2%、7.2%、6.6%、6.4%、5.9%、そして5.5%と下がり続けているのだ。

    「ここまで視聴率が悪いと、本当に広瀬は人気があるのか疑問視されるでしょう。連続ドラマで初回にふた桁視聴率に乗らず、その後もずっとひと桁が続くと、
    どんなに物語後半に頑張っても巻き返せません。全話平均視聴率が10%以下で終了というのがほとんどです」(テレビ雑誌編集者)

    anoneは初回放送でつまずいたことが特に響いているという。

    「新しく始まるドラマは内容が分からないので、番組にどれだけ関心を寄せられるかが鍵を握ります。主役のネームバリューと期待度が大きく影響するのですが、
    初回の平均視聴率がひと桁だったということは、広瀬を見たいという人間は少なかったということです」(同・編集者)

    https://myjitsu.jp/archives/43862

    【【悲報】NHKが驚く広瀬すずの「人気のなさ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 09:12:57.03 ID:MzKKEahB0 BE:249636137-2BP(1500)
     
    「NHKお通夜」五輪カーリング女子、韓国戦劇的勝利も「悔しそう」「暗すぎ」の声殺到

    15日、平昌五輪のカーリング女子1次リーグで、日本(LS北見)が韓国を7―5で逆転勝利、開幕3連勝を果たした。

    劇的な試合展開にネット上も大興奮。
    「よく我慢した」「カーリングおもしろい」「やったあああ!」と日本代表チームを絶賛する声が多数。
    日にちが変わろうかという時に日本中は「カー娘」に沸いたようだ。

    ただ一方、多くのファンが違和感を覚えた場面があったようだ。

    「NHKの実況やスタジオですね。
    実況はどこか『韓国応援ぽかった』という印象を受けた人もいたようです。
    また、日本が劇的勝利をしたにもかかわらず、スタジオはあまりにも淡々とした雰囲気で『お通夜』『暗すぎ』状態なんて声も......。

    一部では『どこの国の放送?』『韓国応援してたの?』なんて意見があります。
    『平等な報道、感想は勿論だけど、気分悪くい』なんて声まであります。」(記者)

    http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5845.html


    あのう、日本が勝ったんですけど…
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【反日】カーリング女子日本vs韓国戦を放映したNHKがどこの国の放送局だと怒りの声が殺到wwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ