新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:NHK

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/10/13(日) 15:57:09.74 ID:lItGGp0W9
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10120558/?all=1

    確かに吉沢亮(25)は“国宝級イケメン”なのだろう。だが、NHKの大河ドラマ、それも主演となると、相性はどうなのだろうか?

    NHKは9月9日、大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の制作会見を開いた。放送は2021年、「日本資本主義の父」とも言われ、2024年度から新1万円札の顔に描かれる渋沢栄一(1840~1931)の生涯を描くという。 会見では主演が吉沢亮とも発表され、ご本人も登場したのだが、これが様々な反響を呼び起こしているようだ。

    40代より上の世代となると、吉沢の名前を聞いても、ピンとこない向きも決して少なくないだろう。簡単にプロフィールを説明すれば、1994年の2月生まれで25歳。「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」でRight-on賞を受賞したことをきっかけにして芸能界へ入った。

     2011年に「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系列)に出演。その後も着々とテレビドラマや映画に出演を重ねた。最近では、今年のNHK朝ドラ「なつぞら」でヒロインの幼なじみ役を演じて話題になった。

    吉沢の“武器”が何なのか、よく分かる記事が2本ある。それぞれの見出しをご紹介しよう。
    「吉沢亮 “国宝級イケメン”を自らアピール?『言っちゃうんですよね』」(スポーツニッポン電子版:9月30日)
    「吉沢亮の渋沢栄一がイケメンすぎと話題!1万円札化望む声も」(女性自身電子版:9月10日)

    とにかくイケメンなのだということはよく伝わってくる。記事の内容は割愛させていただくが、この25歳の青年が「日本資本主義の父」を演じるのだ。
    中略

    だが異論も出ている。「常識では考えられないキャスティングですね」と話すのは、民放キー局で番組制作を担当するスタッフだ。

    「人気や実力からいえば、若手であっても、菅田将暉さん(26)や佐藤健さん(30)のほうが、大河の主役に相応しい。実際、NHKは佐藤さんに依頼し、断られたと聞いています。佐藤さんと吉沢さんは所属している芸能事務所が同じ『アミューズ』です。先輩のピンチヒッターとして後輩が起用されたということなのかもしれませんが、やはり異例のキャスティングと言っていいでしょう」

     つまり、芸能事務所にとって「大河の主役」はさほど魅力的なオファーではない、ということのようだ。

    「『西郷どん』の場合なら、NHKは最初、堤真一さん(55)に主役の西郷隆盛(1828~1877)をオファーしたところ断られたというウラ話は、複数のメディアが記事にしています。大河の主役は、役者にとって長い目で見ればプラスになります。しかし、拘束時間が長い割にはギャラも安い。主演の肉体的、精神的な負担も相当なものがあるようで『2度とやりたくない』と漏らした俳優さんもいるようです」(同・民放関係者)

    中略
    「率直に言って、大河ドラマのコアな視聴者層は、『吉沢って誰!?』という感じでしょう。渋沢栄一のイメージは、晩年の重厚なものが中心だというのも不安要素です。やはり今回のキャスティングは、バクチだと思いますね」(同・民放関係者)

    「若い女性も高齢者層も共に見る番組になれば大成功ですが、双方にそっぽを向かれるという危険性もあります。脇役なら負担が少ないので、出演拒否ということは少ない。そこで、吉沢の脇を豪華な俳優で固める手はありますが、吉沢さんには試練の大河ドラマとなるでしょう」(同・民放関係者)

    【【驚愕】吉沢亮が大河ドラマ主演で業界にどよめき 「菅田将暉が先でしょ」の声も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/08/29(木) 17:38:37.51 ID:L2uATAW99
    メンタリストDaigoがYouTube上でガチギレしているという。普段はクールな彼が一体どうしたというのだろうか?

    「彼はYouTubeのオープニング、『今日はちょっとは感情的になります』と切り出し、
    しばらくすると、『僕、二度とテレビに出れなくなってもいいです全然。はっきり言います。
    NHKには二度と出ません、こういうことをするNHKには!』と憤慨したのです」(芸能ライター)

    この後も、彼はNHKに対し「一千万積まれても絶対出ねえ!ていうぐらいキレてます」
    「何が公共放送だ」「頭おかしい」などと激怒。今後の彼の芸能活動にも及ぼしかねない激白だが、その真意とは?

    「7月の京都アニメーション放火事件で亡くなった35人のうち、新たに25人の名前が、27日、京都府警によって明らかになりました。
    ただ、このうちの20人の遺族からは公表について承諾が得られていないものの、府警は公表を踏み切った理由について、
    『事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した』とコメントしています。

    すると、この日の夕方から夜にかけ、NHK、さらには民放各社のニュース番組も追随。
    府警から追加発表された25名の実名を、アナウンサーが一人ずつ読み上げたのです。

    確認できただけでも、NHKは夜7時の『NHKニュース7』、日本テレビだと『news every.』や
    『newa zero』、TBSだと『Nスタ』、フジテレビだと『Live News it!』などです。

    母親をガンで亡くし、助けてあげられなかった後悔があるというDaigoは、こうした遺族の心を踏みにじるマスコミの姿勢が許せなかったらしく、
    『皆さんに聞きたいんですけど実名知りたいですか?』と問いかけ、『遺族はマスコミに2回殺されている。
    1回目は理不尽に殺人犯に殺され、2回目は心がない人に思い出を無理やり引っ張り出され、勝手に写真撮られて金に換えられる』と、
    公益性という名のもとに、許可も取らずに遺族の痛みをえぐるマスコミに激高していました」(同)

    「京アニ実名報道【人の死を金としか考えないマスコミ】の正体を解説【NHKも新聞もグル】」と名付けられたこの動画。
    再生回数は、28日正午現在70万回を突破し、SNS上でも大反響を巻き起こしている。マスコミを相手取り、怒りの声を上げたDaigoの今後の動きに注目だ。
    https://npn.co.jp/article/detail/29312409/



    【【驚愕】 DaigoがNHKにガチギレ!!!!!!! 「 一千万積まれても絶対出ねえ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/08/19(月) 19:54:04.07 ID:U2VtHjVt9
     のんの出演も取り沙汰されるNHK大河ドラマ『いだてん』。最新視聴率は5・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と民放なら打ち切りレベルの不名誉な数字を記録した。「NHKは必死に宣伝のミニ番組を大量オンエアしていますが、お手上げ状態です」とテレビ誌ライター。


     「狂言回しのビートたけしが演じる古今亭志ん生が面白いのですが、周囲に聞くと分かりにくいと。志ん生が破天荒に生きたことや落語のネタを知っている人は面白いんですが、そうでないとついていけない。その結果の数字ですね」


    2019.8.19
    https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190819/enn1908190003-n1.html

    【【悲報】NHK必死の番宣も…「いだてん」打ち切りレベルの低視聴率wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/05/20(月) 13:51:43.00 ID:3kU+0XIx0● BE:486699244-2BP(2000)

    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の19日の視聴率が関東で8・7%、
    関西では6・6%だったことが20日、分かった。6%台は、放送開始以降、始めて。

    「いだてん」は12日放送では関東は8・7%。2週続けて同じ数字となっており、横ばい状態が続いている。

    一方、関西では先週の7・2%から、ついに6・6%と0・6ポイントダウンとなってしまった。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/20/0012348211.shtml

    【【爆死】 NHK大河ドラマ『いだてん』 遂に6.6%! 前人未到の領域へwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/03/30(土) 11:03:49.35 ID:9F2NjaVP9
    NHK連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」が、4月1日から始まる。ヒロインを演じるのは広瀬すず(20)。
    昨年6月から北海道十勝地方でロケをスタートし、これからは東京のスタジオが撮影の中心となる。

    「9月上旬まで、広瀬は月~金は早朝から夜遅くまで東京のスタジオで撮影漬けの日々になります。
    その間の過ごし方に関して、NHKが神経を尖らせているというのです」(関係者)

    どうやら、大河ドラマ「いだてん」の主要キャストだったピエール瀧が逮捕された影響もあるようだ。
    NHKの“取材力”をもってしても役者の細かいプライベートまで把握することは難しいことがハッキリした。

    朝ドラ撮影の半年間は、若手女優にとって本当に過酷なため、どこかで“息抜き”も必要になってくる。
    過去には「純と愛」(2012年下半期)で主演を演じた夏菜(29)が、朝ドラ開始直前にサッカー選手との熱愛をフライデーされた。放送後にも恋人役として共演した風間俊介(35)との密会を撮られた。

    「あれ以降、主演女優の所属事務所はさらに監督を強化するようになりました。
    『あまちゃん』主演の能年玲奈(現在のんに改名)や『まれ』の土屋太鳳、『ひよっこ』の有村架純は皆、撮影中はNHKの近所に住んでいました。
    それでも、有村は自宅近くのスーパーで買い物姿を撮られたり、『半分、青い。』の永野芽郁も“街ブラ”を撮られています。
    朝ドラの主演女優は常に芸能マスコミに狙われていると思った方がいいでしょう」(芸能ライター・弘世一紀)

    「花子とアン」(14年上半期)に主演した吉高由里子(30)にもNHK側は細心の注意を払っていたという。

    「NHK側が最も恐れたのが、お酒のトラブルと恋愛スキャンダルだったといいます。吉高は当時、人気バンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎と交際しており、何度か週刊誌に撮られました。
    それ以前も俳優の生田斗真との“カラオケ&手つなぎデート”を撮られています」(弘世一紀氏)

    ■「杞憂では…」の声も

    もっとも、広瀬はこれまで一度も熱愛をスクープされたことがないし、プライベートショットすら撮られたことがない。

    「それでもNHKは記念すべき100作目の朝ドラをスキャンダルで絶対に汚したくないというスタンスです。
    現在、広瀬は、姉のアリスと母親の3人で暮らしています。これについてはお目付け役としてアリスに“監視”をお願いしているという声がもっぱらです」(NHK関係者)

    広瀬は自己管理が徹底した女優として知られている。NHK内部では“杞憂ではないか”という声もあるという。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-233729/
    2019年03月30日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    【【困惑】広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情 】の続きを読む

    このページのトップヘ