新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:AKB

    1: 名無しさん 2017/05/15(月) 00:34:12.91 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ「AKB48」の向井地美音さんが、15日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第24号の表紙と巻頭グラビアに登場した。

    向井地さんは1月に東京ドームシティホール(東京都文京区)で行ったソロコンサートで“脱優等生宣言”をしたといい、グラビアには「全てをさらけ出したみーおん(向井地さん)はキレイだ」などというキャッチコピーが添えられ、赤いビキニ姿などセクシーな写真が掲載された。

    同号は、アイドルグループ「ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)」の鹿目凜(かなめ・りん)さんが巻末グラビアに登場。
    松本光司さんのマンガ「彼岸島 48日後…」が巻頭カラーを飾った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00000011-mantan-ent

    「週刊ヤングマガジン」第24号 向井地美音
    no title

    no title

    no title

    no title


    AKB48 向井地美音
    no title

    no title

    no title

    【【画像】AKB48の向井地美音がさらけだした低身長巨乳のエッチな身体wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/03(月) 06:25:24.98 ID:CAP_USER9
    アイドルグループ、SKE48の元メンバーである佐藤聖羅が30日の深夜に放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京)に出演、
    全財産が9142円であることが明らかになり、「バイト頑張っています」と語った。

    AKB48グループ、卒業後、佐藤のように苦境に立つメンバーは少なくない。同じくSKE48のメンバーであった出口陽は、
    ファンにもらった1万円のクオカードで、コンビニ買った冷凍食品のたこやきばかりを食べている現状を明らかにしたことがあった。

    さらに元AKB48の岩田華怜も、「卒業しても(自身のファンは)、私のことを好きでいてくれるはず。
    そんな淡い期待を抱いて卒業しましたが、やっぱり半分以上の人が、居なくなってしまった」とコメントしたことがあった。

    「グループに在籍していた当時に活躍しているメンバーでも、厳しい。世間にあまり名前が売れていなくても、そのまま芸能活動を続けようとすることは本当に大変でしょう。
    何か特別な特技があったり、しっかりとした組織に入れば、少し事情も違うようですが…」(業界関係者)

    本当の芸能界の厳しさを知るのは、グループを卒業してからのようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12875264/
    2017年3月31日 20時0分
    リアルライブ


    https://www.youtube.com/watch?v=lhEK1mxOm-I


    桜の栞 / AKB48

    【【悲惨】AKB卒業した元メンバーたちの末路wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/16(木) 07:21:33.59 ID:CAP_USER9
     AKB48の中村麻里子(23)が、今月いっぱいでグループを卒業し、4月から兵庫県の独立放送局であるサンテレビジョン(神戸市)に契約アナウンサーとして入社することが15日、分かった。契約は1年で、最大2回の更新が可能。報道キャスターを志しており、「地元の方に愛される存在になりたい」と新天地での活躍を誓った。

     AKBメンバーが女子アナに転身する。中村は昨年12月、大学卒業後の進路としてアナウンサーを志望。アイドル活動と並行して就職活動を行い、約10局を受験の末、サンテレビとの契約に至った。

     中村はAKBでも屈指のトーク上手として知られ、2013年にはグループのドラフト会議でアシスタントを務めた。それでも「ガラッと職種が変わると思ってます。情報を正確に伝えないといけないし、より一層、身近な存在にならないといけないと思っています」と気を引き締めた。

     メンバーにはほとんど伝えていないが、同期のグループ総監督・横山由依(24)と、昨年12月に卒業した島崎遥香(22)には相談していた。「ぱるる(島崎)は『本当に行っちゃうの?』みたいな感じで、深夜のファミレスで語りました。由依には『みんな、ちゃんと考えてるねんな~。未来に向かって頑張って』って言われました」と笑顔で明かした。

     就職活動ではAKBの肩書を生かした。「エントリーシートに絶対書いていたのは『ステージの隅っこに立ち続けた7年間』と、『第一声でお客さんの心をつかみます』という言葉です」。面接を振り返り「『(総選挙で)圏外だったんだ』って言われたりしましたけど、『でも、しゃべれるんだね』という感じで“つかみ”は良かったです」と話した。

     それでも、新天地では過去にすがるつもりはない。目標を「ニュースの原稿を読みたいんです」とし、理由として「それがAKBの中村麻里子と違う顔だと思うので。0からのスタートで、オプションで『この子、AKBだったんだ』ととらえてもらえれば」と意気込みを口にした。

     千葉出身で関西には縁がなく、サンテレビのイメージは「阪神タイガース」という状態。「まずは地元を知って、地元の方に愛してもらうことが第一」としつつ、「将来はフリーになって、全国で活躍できるようになりたいです」と大きな夢も明かした。


    2017.3.16
    https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/16/0010003336.shtml
    no title

    【【輩出】AKBからまた女子アナwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ