新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:24時間テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/20(月) 12:37:22.22 ID:CAP_USER9
    8/20(月) 7:01配信
     夏の風物詩となった日本テレビ系のチャリティー番組『24時間テレビ』が8月25~26日に放送される。今年は7月に発生した西日本豪雨災害の緊急募金も受けつけるのだが、制作会社のディレクターは「日テレ関係者は赤っ恥をかかないか戦々恐々です」と言う。

    「例年10億円前後を集めていて、東日本大震災があった’11年には19億円に達したのですが、ここ最近はヒトケタ台が続き、昨年は前年から2億円弱減らして7億円を切ってしまった。番組の目玉であるチャリティーランナーのギャラは1000万円、総合司会には500万円ほどのギャラが支払われていると報じられ、『偽善番組』と叩かれたことが少なからず影響しているようです」

     中堅芸能プロマネージャーはギャラが発生していることを認め、『24時間テレビ』裏側をこう暴露する。

    「武道館に寄付金を持って駆けつけるタレントにも、交通費という名目で数万円程度のギャラが発生します。ほとんどのタレントは、そのギャラ以上の募金を持っていくので実質、ノーギャラのようなものですけどね。“募金している感“を演出するために、番組スタッフから『小銭で持ってきてください』とお願いされるので、毎年8月になるとウチの事務所では、若手スタッフが銀行に両替しに行くのが恒例になっています(笑)」

     ただ、最近では「チャリティー番組でギャラを貰うのはおかしい」と出演を断るタレントが増えていて、出演者確保に苦労しているという。「チャリティーランナー探しも難航している」と日テレ関係者はタメ息をつく。

    「ネットの普及によって不正をすれば即、SNSなどで通報されるようになりましたからね。’02年の西村知美はエンディングまでにゴールできそうになかったのに、突如、1時間で20kmという世界記録クラスの走りをみせて“ワープ疑惑“と叩かれたのは記憶に新しいです」

     あまりに出演者に逃げられるため、「ランナーを引き受けてくれた人には“特典“がつく」という噂が立っているという。

    「1年間、日テレの番組で使ってもらえる――という噂ですよね? 私も聞いたことがあります(笑)。だから、一発屋芸人が出るケースが多いのでしょう。昨年はブルゾンちえみが走りました。彼女は日テレの番組をキッカケにブレイクした芸人さんだから、余計に断りづらかったでしょう」(前出・制作会社ディレクター)

     しかし、そんな一発屋芸人すら、最近ではスケジュール確保が難しいという。

    「8月の土日といえば営業シーズン。正直、1~2回営業に行ったほうが『24時間テレビ』に出るよりギャラがいい。稼ぎどきの若手芸人ほど、営業を優先させる傾向があります。営業で稼いだギャラを個人的に寄付したり、空いている時間にボランティア活動をしたほうがよっぽどイメージアップにつながりますしね」(お笑い事務所スタッフ)

     オワコン化が進む『24時間テレビ』を日テレは救うことができるか!?

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180820-00010000-friday-ent

    ★1がたった時間:2018/08/20(月) 07:27:29.87
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534717649/

    【【致命的】「高額ギャラ報道」で24時間テレビの募金額がヤバいことに!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/16(木) 05:33:29.38 ID:CAP_USER9
    夏の恒例番組『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が、25日から26日にかけて放送される。

    15日、お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(33)が挑戦するチャリティートライアスロンの距離を発表。インターネット上では、心配の声が相次いでいる。

    ■挑戦距離は161.55キロと発表
    15日、日本テレビの『ZIP!』『スッキリ』『PON!』『ヒルナンデス!』の4番組は、「みやぞん24時間トライアスロン 生放送で『距離』発表SP」として放送。

    『ZIP!』で水泳の距離1.55キロ、『スッキリ』で自転車の距離60キロ、『ヒルナンデス!』で長距離走の距離100キロと発表された。

    その合計距離は、オリンピックのトライアスロンの合計51.5キロを大きく超える、161.55キロとなっている。みやぞんは、「何とか頑張りますよ」「絶対最後までゴールしたいと思います」と意気込みを見せた。

    ■みやぞんを心配する声相次ぐ
    チャリティートライアスロンの距離発表を受け、インターネット上では、みやぞんを心配する声が続出。「くれぐれも体調には気を付けてほしい」「見てられない」といったコメントが寄せられている。

    また、「嫌いな番組」「やめてほしい」と、『24時間テレビ』に良い印象を持っていないという旨のコメントも見られる。

    「日テレのこの企画だけは評価できません。もっと募金活動に力をいれたらどうですか? ボランティアで有名人ライブとかさ」

    「本当は中止してほしい。多分続行だろうけど、くれぐれもみやぞん体調には気をつけて」

    「この番組まだやるんですか? どの層の方に需要があるのかわかりませんが、正直、この番組で感動してしまう方を軽蔑します」

    「長距離でさらに100キロ走るだなんて、感動なんてものはなく心配しかない。性格的にも真面目で断ることをしない人だからこそ本当に心配。賛成できない。ほかにも感動というのならば、方法はたくさんあるはず。熱中症で搬送される人も多い中、命の危険が伴う行為はやめてほしい」

    しらべぇ2018年8月15日15時00分
    https://news.infoseek.co.jp/article/sirabee_20161751834/?ptadid=

    1 Egg ★ 2018/08/15(水) 19:57:54.30
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1534330674/

    【【狂気】24時間テレビのみやぞんの地獄のトライアスロンに批判殺到wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/13(月) 13:40:09.27 ID:CAP_USER9
    夏の恒例番組、24時間テレビ「愛は地球を救う」(日本テレビ系)が、8月25日から26日にかけて放送される。今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。メインパーソナリティーは、ジャニーズ事務所のSexy Zoneが担当する。そして、毎年注目されるチャリティマラソンランナーは、ANZEN漫才のみやぞんに決定した。

     今年で41回目を迎える同番組だが、やはり毎年話題となるのは“チャリティであるにも関わらず、出演者にギャラが発生するのはナゼ?”だ。

     元日本テレビ社員は「この話には少々誤解がある」という。

    「パーソナリティーやランナーに高額のギャラが発生していると話題になりますが『24時間』に対するギャラは、謝礼のような形で払われ、決して高額ではありません。ですが、長時間拘束される人たちは『24時間』が放送される前後の同局系番組に多数出演します。ここで、通常よりも高いギャラが設定されているので、トータルで高額になるだけなんです」

     この元社員は「ランナーや出演者も大変だが、現場はもっと大変」だという。

    「誤ったギャラの情報のせいか、ロケ現場で嫌味を言われるようになりましたね。スタッフは猛暑の中一生懸命なのに、気の毒です。また、放送の1カ月くらい前になると、各番組制作部署の床で、何人ものADがごろ寝してます。何日も家に帰れなくて、風呂にも入っていないから結構臭いますね」

     愛で地球を救うためなら、多少のブラックな業務は仕方がないということのようだ。救いを求めているのは、現場のスタッフたちかもしれない。

    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0813/asj_180813_2214299922.html

    【【悲報】「24時間テレビのギャラ」に関しての元日テレ社員の苦しい言い訳wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/05/09(水) 06:19:46.70 ID:CAP_USER9
    芸能界は今、ジャニーズ事務所との契約を打ち切った元TOKIOのメンバー・山口達也の話題で持ちきりだ。一方、放送業界では今年もこの問題が再燃しているそうだ…。

     毎年の夏の風物詩、日本テレビの『24時間テレビ』が今年も「マラソンランナー」の選定に難儀しているという。

     2017年は、番組史上初めてマラソンランナーを当日発表した。その結果、女性芸人のブルゾンちえみがランナーとして選ばれたのだが、噂によると今年は選手どころか「事前発表にするか」「当日発表にするか」すら上層部の間で決まっていないといい、昨年にも増してゴタゴタになる可能性が高いという。

     その要因について、24時間テレビの裏事情に詳しい芸能記者はこう分析する。

     「昨年のランナーの当日発表は確かに意外性だけはあったのですが、結果的に視聴率や大きな反響に結びつかなかったことが日テレ内部で大きな問題になっているんです。24時間テレビ自体も以前より視聴率は取れなくなっていますし、マラソンランナーに選ばれる側の芸能人も年々、話題になることが少なくなってきている。芸能事務所側も積極的に自社のタレントを推薦しない傾向にあるようです」(某エンタメ系記者)

     さらに、24時間テレビ関係者が頭を悩ませているのが、現在週刊誌を賑わせている女子レスリングの伊調馨選手と栄和人強化本部長を巡るパワハラ問題だという。

     「今、テレビでは連日のようにパワハラ問題を取り上げていて、スポーツ関連の企画はスポンサー側も敬遠傾向にあるようです。特に24時間テレビのマラソンランナーは、芸能人ランナーとマラソンコーチの交流が見所の一つではあるのですが、スポーツコーチという職業のイメージが地に落ちた今、世間からの風当たりは強い。マラソンの関連団体も以前のように協力体制を構築するのが難しいようです」(前述の某エンタメ系記者)

     2018年の『24時間テレビ』はまさかの「マラソン中止」…そんな事態に陥りそうだ。

    2018年05月08日 12時10分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/07618267/

    【【大混乱】『24時間テレビ』のマラソン、いよいよ中止か??????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/01(日) 12:25:56.85 ID:CAP_USER9
    日本テレビが揺れている! 毎年夏の風物詩となっている看板番組「24時間テレビ 愛は地球を救う」(8月25、26日放送予定)の目玉企画、チャリティーマラソンを「中止にすべき」との意見が出ているというのだ。1992年に始まり、さまざまな話題を呼んだ一大企画は今年どうなってしまうのだろうか。

    今年で実に41回目となる日テレの夏の看板番組「24時間テレビ」ではメインパーソナリティーをジャニーズ所属のアイドルグループ「Sexy Zone」が務めるとすでに発表された。多くの企画が放送される同番組の中でも、目玉はなんといってもチャリティーマラソンなのは誰もが認めるところだろう。

    「24時間テレビ」でチャリティーマラソンが始まったのは、第15回の1992年から。記念すべき最初のランナーは間寛平だった。間は92、93、95年と3回もランナーを務めた。その後はトミーズ雅やエド・はるみ、大島美幸などの芸人、TOKIOの山口達也、城島茂、V6の森田剛などのジャニーズタレントなど、さまざまな有名人、さらには丸山和也弁護士(当時)や萩本欽一、徳光和夫など高齢のランナーになったこともある。

    昨年はお笑いタレントのブルゾンちえみ(27)がランナーを務め、90キロを見事に完走。視聴者の大きな感動を呼んだが、皮肉にも昨年の放送が、“チャリティーマラソン中止”という意見が出る引き金になったという。

    チャリティーマラソンランナーは一昨年まで、毎年5~6月には発表されていた。ところが昨年、先送りされた末、発表されたのは放送当日だった。

    ランナーの発表を当日までひた隠しにしたことで「いったい誰が走るのか?」と注目を浴びたことは事実だ。そのおかげもあってか、昨年の平均視聴率は18・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と歴代2位タイの高視聴率をマークした。

    「しかも、番組がスタートしてからランナー発表まで右肩上がりで視聴率がアップしたんです。今年もこのパターンを狙っていた」と日テレ関係者は言うが「これがもとで批判の声が噴出したんです」とも明かした。

    「昨年、マラソンランナーの発表を当日に行ったことで『チャリティーという精神を忘れ“視聴率至上主義”に走った』と、視聴者から批判を浴びてしまった。その矢面に立たされたのが宣伝部。各メディアや親会社の読売新聞からもクレームを入れられ、袋叩き状態になったんです。そんな事態だけは避けたいと『今年はマラソンはなくてもいいのでは』という意見が編成局から上がった。視聴者の批判はスポンサーも気にするから、営業局も同調しているんです」(同)

    「24時間テレビ」という看板番組で高い視聴率を狙えるなら、今年も当然、同じ演出でいきたいと思うのが自然の流れだろうが「今の日テレはそこまでムリをする必要はない」との声もある。

    「日テレは視聴率が好調で、4月の改編期でも連続ドラマ以外は無改編だからね。それよりも批判を浴びない方が大事ということ。1991年以前はチャリティーマラソンなんてやってなかったわけだから『初心に帰ってチャリティー精神に立ち返る』と、マラソンなしの24時間テレビに戻すことがあっても不思議ではないでしょう」(芸能プロ関係者)

    昨年のブルゾンの完走をもって、名物企画が幕を閉じるのか?

    2018年4月1日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/article/detail/14515808/

    写真
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/5/55196_105_7febe992_9628199b.jpg

    【【激震】批判殺到の24時間テレビ、ついにマラソンが消滅か???????】の続きを読む

    このページのトップヘ