新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:高畑充希

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/13(火) 11:14:55.80 ID:CAP_USER9
    https://www.cinematoday.jp/news/N0099178
    2018年3月13日

     女優の桐谷美玲が12日、2014年公開の映画『女子ーズ』で共演していた有村架純、高畑充希、藤井美菜、山本美月との集合写真をInstagramで公開し、「豪華すぎる」「懐かしい!」「続編お願い」などの声が寄せられている。
     
     『女子ーズ』は『銀魂』や「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一監督がメガホンを取り、女子ばかりのヒロイン戦隊をコミカルに描いた作品。5人はそれぞれ、過剰にマジメなレッド(桐谷)、かなりギャルなブルー(藤井)、きわめて貧乏なイエロー(高畑)、夢見る劇団員グリーン(有村)、すこぶるお嬢なネイビー(山本)を演じていた。

     怪人を倒すことよりも「まつエク」を優先するメンバーがいるなど、劇中ではなかなか全員がそろわなかった『女子ーズ』。桐谷はこの日、「女子ーズ! 映画の中ではなかなか集まらない5人ですが、無事集合できました」というコメントをつけて写真を投稿。フォロワーからは「美女しかいない!」「この作品見ました」「すごい豪華ですね!」といった声が上がっていた。

     また、福田監督もこの写真について自身のTwitterを更新。「みっきーと有村から昨日開かれたらしい女子ーズ女子会の写真が送られてきたので『今度は呼んでね』って返信したが、いまだ返事がない」とし、「撮影した当時は、わりとお手軽にキャスティング出来たメンバーなんすけどねえ。続編は、なかなかねえ」とツイートしていた。(五十嵐洋介)

    no title

    【【画像】こんなメンツの合コンに呼ばれたらどうするよ?????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/04/03(月) 18:50:27.42 ID:QJoHI+xl0
    なんかエロい


    no title

    no title

    【【画像】高畑充希で抜くやつwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/14(月) 14:30:09.46 ID:CAP_USER9
     日本テレビのドラマスタッフが悲鳴を上げている。
     「仕事だから、イヤイヤ来ているだけ。こんなドラマには2度と関わりたくない。できれば1日も早くオサラバしたい、というのが本音だ」(制作関係者)

     そんな大ブーイングが沸き起こっているのは、高畑充希(25)がヒロインを務めるドラマ『過保護のカホコ』の収録現場だ。
     「視聴率は初回が11.6%、2回目が10.8%、3回目が12%。数字だけみると上出来のドラマなんですが…」(芸能事情通)

     高視聴率とは裏腹に、現場スタッフばかりか共演者からも聞こえてくるのはため息ばかり。その原因は、ヒロインにあるという。
     「撮影現場の雰囲気が最悪なんです。まず高畑のワガママぶりに皆が翻弄されている。気分屋で、ものすごく短気なんです。一度、ヘソを曲げると楽屋から出てこない」(芸能関係者)

     さらにこんな話も。
     「顔にコンプレックスがあって、とにかくカメラ位置にこだわるんです。アップも好きじゃない。普段から『顔がブスなんで』と自虐コメントを発している。自分の顔に自信がないのに、なんで女優になったんだって皆が不思議がっています」(芸能プロ関係者)

     ちなみに、気になる高畑の出演料だが…。
     「1本当たり90万円~。NHKの朝ドラヒロインといってもゴールデン&プライム帯での大ヒット作がないので、その意味では、まだ新人扱い。今回のドラマが、もしかしたら代表作になるかもしれないと言われています」(制作関係者)

     実は、制作スタッフ陣のやる気を奪っている人物がもう1人いるという。脚本を担当し、映画監督も務めた経験を持つ遊川和彦氏だ。
     「たまに現場に来ては、演出に口を挟んでくるんです。担当の演出家もやりにくくて仕方がないといった感じです。ますます雰囲気が悪くなる一方ですよ」(前出・芸能事情通)

     好調ドラマの裏側は修羅場だった。

    http://wjn.jp/article/detail/7192494/

    【【過保護のカホコ】高畑充希に日テレスタッフが困惑wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/05(月) 04:17:53.72 ID:CAP_USER9
     女優の高畑充希さんが7月期の連続ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)で主演を務めることが5日、分かった。脚本は同局の大ヒット作「家政婦のミタ」の遊川和彦さんで、超過保護に守られて生きてきた“究極の箱入り娘”を演じる。今回が民放ドラマ初主演となる高畑さんは「たくさんのスタッフさんがいて、みんなでイチから作り上げていこうとしているチームの中で主演をやるんだと思うと、ドキドキがどんどん膨らんでいるところです。プレッシャーに負けず、作品への愛を持って楽しく取り組めたら良いなと思っています」と話している。

     ドラマは、21歳にして生活の全てにおいて親任せという“純粋培養”の女子大生・カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会って成長していくホームドラマ。高畑さんは「カホコは名前の通り、過保護で世間知らずでピュアな、いとおしい女の子だと思います。私も一人っ子で両親に守られてきましたが、カホコちゃんとは大違いに育ちました」と明かし、「私に無いものを持っているカホコを演じることで、予想外な発見がたくさんあるんじゃないかと今からすごく楽しみです」と期待を寄せている。

     脚本を手掛ける遊川さんについては「遊川さんは作品への愛が強い方で、分からないことを尋ねると何でも答えてくださるし、一緒に考えてくださるので安心しています」とコメント。また、高畑さんが“プチプチ”したくなる梱包材で作った特製ドレスをまとったポスタービジュアルも公開され、「梱包材で出来ているので軽いんですけど、空気が通らなくて(笑い)。すごくすてきなデザインのドレスで、お気に入りです。撮影の待ち時間には隠れてプチプチと潰していました」と笑顔で明かしている。

     ドラマには、カホコを溺愛し、娘の全てを把握していないと気が済まない母・泉役で黒木瞳さん、過保護に育ったカホコの将来を案じながらも厳しくできない父・正高役で時任三郎さんも出演。7月から毎週水曜午後10時に放送。

    2017年06月05日
    https://mantan-web.jp/2017/06/05/20170604dog00m200015000c.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    【【脱とと姉】高畑充希が日テレ水10で民放ドラマ初主演wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/02/05(日) 13:34:38.90 ID:CAP_USER9
     NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に主演し、2016年に大ブレイクした女優の高畑充希。先日、2017年のエランドール賞・新人賞を受賞するなど、その勢いは止まらない。

     しかしネットでは、仲良しだという元AKB48・前田敦子とともに、「二人とも目が寄っている」と言われるなど、パーツの残念さを指摘されることも多い。

     ほかにも、「美人なのに顔のパーツが残念」と言われる芸能人は多い。笑うと歯茎がむき出しになるガミースマイルの沢口靖子、笑ったときの歯並びの悪さが指摘される元AKB48・大島優子、鼻の穴が少し上を向いている竹内結子、“にんにく鼻”と言われることもある団子鼻のAKB48・柏木由紀などがネットでも名前を挙げられている。

     このような、残念なパーツを持つ美女=“パーツ残念美女”に対し、美容外科「高須クリニック」の高須院長はどのような評価を下すのか? 話を聞いた。

    ――2016年を代表する女優となった高畑充希さんですが、彼女の顔を高須院長はどう分析しますか?

    高須「すっごい朝ドラ向きの顔! 美容的に言うと鼻根が低く団子鼻気味でちょっとブタさん鼻だし、口元も少し出ていて目は左右非対称。じっくりパーツを見ると残念な箇所がゴロゴロ出てきますが……これこそ朝ドラのヒロイン向き!

     だって、もさい役や汚れ役を美女がブスのフリしてやっても、みんな『え~?』って思うでしょ? それが、ちょい残念美女がやるとどうでしょう! これがハマるんですね~。ということはドラマにリアリティが出る。よって朝ドラの評価も上がる、というわけで朝ドラ向きの顔です」

    ――なるほど! 残念な美女であるが故に、いいキャスティングだったのですね。

    高須「映画黄金期など、昔は絵画から抜け出たような美男美女が男優・女優の条件だったでしょうが、今は時代も変わり、どんどんナチュラル志向になっているからね。整形界もそうです。ちょっと前なら不自然なくらいの、とんがり三角顔に完全左右対称のくっきり二重目、ツンとした高い鼻などがオーダーに多かったけど、最近は自然っぽさを求められます。高畑さんも仲良しの前田敦子さんも左右の目や眉が非対称だし。でもそれでモテるんだと思うよ」

    ――女優としてのよさだけではなく、モテにもつながると?

    高須「そう、全部ダメだと厳しいけど、かわいい、きれいな中に残念なパーツがあるということは、親近感につながるから。もしこれを読んでいる中に婚活中の方がいたら、ちょっとダメなところをアピールすると安全性を感じられるので、お嫁さんにふさわしいと思われるかもしれませんよ!」

    ――婚活にも有利なんですね。では、沢口靖子さん、大島優子さん、竹内結子さん、柏木由紀さんも、やはりパーツ残念美女でしょうか?

    高須「そうだね。でも沢口さんはちょっと古めかしい顔の美人だけど、顔の印象として良くなかったホクロも取ったし、この口元は残すくらいでいいでしょう。大島さんもこれで歯並びをまっすぐで真っ白に直したら、そこらへんを歩いてる普通の美人になっちゃうから、これが逆にインパクトを与えていいんだと思います。完成度より親近感が今の人気者の条件だしね。竹内さんも柏木さんも、少し美人には足りないんじゃない? ってところが受けてると思うね」

    ――残念なパーツをカバーする方法は、どのようなものが思いつきますか?

    高須「それは整形をするなら簡単だし、メイクでもカバーできるかもしれないけど、欠点のない美人であることを選んだために、女優としての人気は陰るかもしれないね。クリニックでも『この欠点がチャーミングなのにな』と思いつつ、本人が変えたがるということはありますよ」

    >>2以降に続きます

    no title

    左上から時計回りに沢口靖子、高畑充希、大島優子、柏木由紀、竹内結子


    週刊女性PRIME2017/2/5
    http://www.jprime.jp/articles/-/9024

    【【顔面】高畑充希は“パーツ残念美女”の声に高須院長「これこそ朝ドラヒロイン向きの顔!」】の続きを読む

    このページのトップヘ