新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:週刊実話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/10(火) 19:52:04.90 ID:CAP_USER9
    サッカーのワールドカップ・ロシア大会が盛り上がる中、世界的スタープレーヤーのJリーグ入りが進行している。J1・ヴィッセル神戸の三木谷浩史会長は、先日獲得したスペイン代表のイニエスタに続き、元スペイン代表のFWトーレスなど超大物選手に触手。

    一方、ケイスケ・ホンダ獲得も濃厚となり、手土産にGK川島永嗣を連れてくるとの情報もある―。

     アジアで唯一、今回のW杯で決勝トーナメント進出を果たした日本の評価は急上昇中。各国のエージェントがJリーグに、レジェンド級の外国人選手たちの売り込みを本格化させている。

     先陣を切ったのは、5月24日に発表されたスペイン代表で名門バルセロナのMF、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸入り。三木谷会長が年俸32億円を快諾、世界最高の司令塔を3年契約で獲得した。

     これに負けじと、今度は同じJ1のサガン鳥栖が年俸7.5億円の3年契約で元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)の獲得に乗り出した。

    トーレスはイニエスタとともに2010年の南アフリカW杯で優勝したメンバーの1人だが、最後の最後で、この話はご破算に。背後に透けて見えるのが、神戸の横恋慕の影だ。

     「トーレス側がさらなる年俸の増額を要求し、鳥栖が交渉から撤退したのです。メディアでは米MLS入りが報じられていますが、神戸入りの可能性もある。神戸にすれば、せっかく巨額を投じてイニエスタを獲得したのに、鳥栖に大物選手が入って優勝を横取りされては意味がない。それを潰して獲得すれば、イニエスタのポテンシャルはさらに上がる。三木谷氏の財力からすれば、トーレスの要求額など容易に払えますから」(スポーツ紙デスク)

     当初からトーレスの獲得に乗り出せばよかったとも思うが、Jリーグの「外国人枠」の壁がそれを阻止した。現状では登録できる外国人選手は1チーム当たり5人、試合に出場できるのは3人まで。

    しかし、神戸が超スーパースターを獲得したことで、Jリーグはこれを商機ととらえ、にわかに方針転換。「日本人選手を15人以上保有していれば、それ以外はすべての選手が外国人選手でもいい」としつつある。

     「神戸が日本、アジアを代表するクラブになれば、各国がJリーグの試合をCSやネット動画配信のDAZNで見ることになる。10年間の放映権料として約2100億円をJリーグに支払うDAZNの発言力は大きく、外国人枠の制限緩和が急ピッチで進められているのです」(大手広告代理店)

     その流れを見据えて、神戸はトーレスのほかにも、ヤヤ・トゥーレ(元コートジボワール代表=マンチェスター・シティ)、フランク・リベリー(元フランス代表=バイエルン・ミュンヘン)らの調査にも乗り出しているという。

     しかし、外国人枠問題がW杯後、すぐ解決するわけではない。そこで“代役”として期待されるのが、ケイスケ・ホンダ(本田圭佑)。今回のW杯でもグループリーグのコロンビア戦、コーナーキックで大迫勇也の“半端ない”決勝点をアシスト。セネガル戦では日本人初の3大会連続ゴールを決めて存在感を示した。
     
    「メキシコのパチューカとの契約が満了するW杯後の本田は、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)への移籍が第一希望。しかし、今大会で絶対的な運動量の少なさとスピードの欠如が指摘され、欧州5大リーグへの帰還は難しい。欧州やアジア、アフリカのクラブ経営や個人ファンドKSKを展開している本田には、それ以外の国でのプレーは魅力がない。そこで、イニエスタのいる神戸をアジア最強クラブに育てる方が魅力的と判断したのでしょう」(有力エージェント)

    つづく

    週刊実話 2018年07月10日 18時03分
    https://npn.co.jp/sp/article/detail/96795026/

    【ヴィッセル神戸さん、イニエスタに続きケイスケホンダ、カワシマを獲得へか???????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/05/04(金) 02:27:08.87 ID:CAP_USER9
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180503-35150524-jitsuwa

    「TOKIO」の山口達也(46)が女子高生に対する強制わいせつの疑いで書類送検され、
    起訴猶予処分になったことを受け、ほかのメンバー4人が2日に都内で会見した。

     会見では、4月30日に5人で話し合いの場をもうけた際、
    山口が「TOKIOを辞めます」とリーダーの城島茂(47)に辞表を託したが、
    受理については保留していることが明かされた。

    また、来年デビュー25周年を迎えるが、山口の事件のせいで活動計画が白紙であることも明かされた。
    「メモリアルイヤーに復帰となればTOKIOにとっても山口にとっても一番いい形だが、
    まずは山口のアル中を治療することが優先。山口は女性絡みの犯罪なので、
    いくらジャニーズ所属とはいえ、そう簡単に復帰できないはず。
    城島が辞表を受理するのも時間の問題か」(会見を取材した記者)

    TOKIOのファンにとってはなんとも悲しいメモリアルイヤーになりそうだが、
    あるビッグプランが浮上しているというのだ。

    「SMAPの解散騒動ですっかり“戦犯”にされてしまったキムタクの加入です。
    キムタクはすでに今後公開される映画の撮影を終え、ドラマも入っておらず、今やCMも0本で宙ぶらりんの状態。
    それを見かねたメリー喜多川副社長がキムタクの加入を猛プッシュしているのだとか。
    熊本地震の際、TOKIOの長瀬智也とともに現地入りして炊き出しをした経験もあり、
    TOKIOのメンバーにすんなり溶け込めそうです。
    キムタクはギターも弾けるので山口に変わる超強力なサポートメンバーになりそうです」(芸能記者)

    以前から肉体派をアピールしていたキムタクだけに、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で
    TOKIOのメンバーたちとともに作業に精を出す日が近そうだ。

    ★12018/05/03(木) 23:40:44.80
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525362469/

    【【衝撃】キムタクのTOKIO電撃加入説が急浮上か??????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/11(月) 21:06:57.65 ID:CAP_USER9
     プロ野球・日本ハムからポスティングシステムで大リーグ・エンゼルス入りが決まった大谷翔平投手(23)が日本時間の10日、ロサンゼルス郊外にある本拠地エンゼル・スタジアムでファン公開の入団会見を行った。

     大谷は背番号「17」の真っ赤なユニホームに袖を通し、「ハイ、マイ・ネーム・イズ・ショウヘイ・オオタニ」と英語会見をスタート。ユーモアを交え30分以上にわたって会見した。

     「日米の報道陣250人、ファン1000人以上を集めた入団会見だが、球団の期待はかなり大きい。プレーもさることながら、現地に莫大な“経済効果”をもたらすことは確実。来年の春先まで現地は“大谷フィーバー”になりそうだ」(プロ野球担当記者)

     当然、日本のスポーツニュースも現地の大谷を大々的に追いかけることになりそうだが、そこで激化しそうなのが、美人女子アナたちによる“争奪戦”だというのだ。

     「局アナたちを押しのけて真っ先にはせ参じそうなのが『スポーツLIFE HERO'S』(フジテレビ)を担当するカトパンこと加藤綾子アナでしょう。以前は大リーガーのダルビッシュ有に接近し玉砕した苦い過去もありますが、大人の色気でメロメロにしそう。既婚者ですが、NHKは『サンデー・スポーツ』の杉浦有紀アナの投入は確実。推定Gカップの“メロン乳”が武器です。となると、テレビ東は『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』の曜日キャスターをつとめる“インテリ巨乳”の鷲見玲奈アナでしょう。フジは当然、大谷と同郷で『めざましテレビ』のスポーツキャスターをつとめる久慈暁子アナをあてがうはず。久慈アナが大谷と“中出し婚”でもしてくれれば幹部も万々歳のはずです」(民放キー局のスポーツ班スタッフ)

     しばらく、大谷の周囲は美女アナたちの“ハーレム状態”になりそうだ。

    http://wjn.jp/article/detail/4660938/
    no title

    【日本球界の至宝・大谷のメジャー移籍で激化しそうな美人女子アナたちによる“争奪戦”wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/29(火) 20:41:49.90 ID:4mNwFi+m0● BE:322453424-2BP(2000)
    タレントのローラ(27)が「奴隷契約」をさせられていると週刊文春が報じ、注目が集まっている。ローラ側から出たリークと思われるが、彼女には“性奴隷化”の可能性も浮上中だ。
     「のん(能年玲奈)と似たような契約問題です。ローラは所属事務所と10年に及ぶ長期契約を交わし、契約満了を迎えても、自動的に10年間の更新。ローラ側が事務所に契約更新しない旨を伝えても、事務所サイドの了承がなければ解除できない一方的な契約です。契約期間は2010年7月から2020年6月末と聞きます」(芸能ライター)

     この話でよく分からないのは、契約満了を迎えても自動更新ならば満了にならないのではないか。また、事務所の了承がなければ解除できないなら、そもそも契約する意味がない。
     「もちろん、事務所側は契約内容を開示していません。なんでローラがこんな不利な契約書にサインしたのか理由が分かりません。それに、芸能界で10年契約は珍しくはありません。先行投資がありますし、売れて即辞められるのを防ぐためです」(同)

     彼女は去る6月、自身のツイッターに「最近裏切られたことがあって心から悲しくて(略)」「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない(略)」などと投稿。すでに事務所とのトラブルをにおわせていた。
     「彼女はテレビなどでも事務所の社長と二人三脚でやってきたことを認めている。なにか感情的なトラブルが起きたのでしょう。でないと、いまさら2010年の契約を持ち出すのは不自然すぎる」(芸能プロ関係者)

     ローラが“タメ口”という独特なキャラでブレイクし出したのは、ちょうど契約を交わした頃だ。
     「ローラはちゃんとした敬語も使えます。だから“創作キャラ”なんです。それを作ったのは事務所社長だとされ、一時期2人はベタベタなほど良好な関係にあった」(同)

     彼女には高校時代からの写真もネットに多数流出。別人のように変貌を遂げているのは有名な話だ。
     「前はヤセていたのに、急激にFカップ乳になった。それゆえ“性的なもつれ”が今回のトラブルの根幹とされます。業界の性奴隷が嫌になったのか…。ローラは父親が詐欺容疑で逮捕されたこともあり、どうも今回の問題はテレビはどこも触れない」(夕刊紙記者)

     「セックス、OK!」とはいかないようだ。

    http://wjn.jp/sp/article/detail/0267706/

    【【真実】ローラ(27)の「奴隷契約」の実情wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/05/07(日) 00:41:01.74 ID:CAP_USER9
    香里奈(33)が、土俵際に追い込まれている。'15年に放送された主演ドラマ『結婚式の前日に』(TBS系)の平均視聴率5.6%に続き、
    1月に主演したドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)が6.5%の大惨敗。
    女優危機の烙印を押されてしまったのだ。
    「香里奈が『嫌われる勇気』にかける思いはハンパじゃなかった。
    これまでワガママぶりばかりが目立った彼女でしたが、撮影中は心を入れ替えたかのように健気。
    関係者にサンドイッチを差し入れしたり、ADの肩を揉んだりと、積極的にコミュニケーションを取っていました」(テレビ雑誌編集者)

    香里奈が失墜したのは、'14年、ハワイで彼氏と寝ている写真が流出したのが原因。一部写真誌に、自ら秘部を触った写真が、掲載されてしまったからだ。
    「入手した画像が、『あまりにもエグイ』ということで、かなり修整して掲載したそうです」(写真誌編集者)

    今回、大惨敗となったドラマの打ち上げでは、香里奈の荒れようは尋常ではなかったという。
    「少しでも他局ドラマの話題を出そうものなら、本気で殴りかかってきそうな空気だった。
    関係者は発言を選びながら、まったく酔えなかったといいます」(同)

    香里奈は、業界内でも隠れ酒豪で有名。好きなバーボンを一晩で1本空けることも多々あるという。
    当然、この夜も、かなりの量を飲んでいたようだ。
    「数字がよければ、“脱げコール”の冗談も出たのでしょうが、まるで、お通夜みたいな会。
    香里奈がひどく酩酊するので、マネージャーが連れて帰りました」(女性誌記者)

    ただ、嘘か誠か彼女は、帰り際に、ある決意を関係者に明かしたという。
    「正統派女優をあきらめて、セクシー路線への意思を示したようなんです。
    そのアドバルーンとして、全裸ヌード発表で起死回生を狙っているそうです」(同)

    当然、その仰天情報をキャッチした出版社は、水面下で争奪に動いているという。
    「ある出版社は、秘部を1本の指だけで隠す写真を要望、別の出版社は、豪快に股を開いて見せるなど過激な内容。
    どちらも25万部、ギャラ1億円超えは確実です」(写真集編集者)

    ヌードに期待!

    http://dailynewsonline.jp/article/1307745/
    2017.05.06 20:00 週刊実話

    【【恒例】香里奈 いよいよ全裸ヌ●ド写真集「決意」で起死回生 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ