新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:西内まりや

    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 09:48:32.72 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 3/21(火) 9:43配信

     フジテレビの連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の最終回(第9話)が20日に放送され、平均視聴率は6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

     全9話の期間平均視聴率は6・7%。「月9」のワースト記録を塗り替えた。「月9」全話平均の従来の最低は「カインとアベル」(昨年10月クール、全9話)の8・2%。これを下回った。

     第4話=6・6%、第5話=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新。第6話=5・0%と、月9史上初の5%台に落ち込み、3週連続して月9ワースト記録を記録を塗り替えた。

     テレビ視聴のスタイルの変化もあり、人口の少ない若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくく、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦。一方、それを裏付けるかのように、FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)は若年層に圧倒的に支持された。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=
    OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は
    並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000086-spnannex-ent

    【【視聴率】西内まりや主演の月9逝った・・・・またもや史上ワーストを更新】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/15(水) 01:54:04.45 ID:CAP_USER9
     凋落が話題になることが多いフジテレビ。現在、その象徴的なものが月9の視聴率だろう。
    現在放送されている「突然ですが、明日結婚します」の視聴率は壊滅的だ。

     月9初回の最低記録を更新してスタート。第4話で6.6%に急落し、これは月9最低視聴率であった。
    さらに、第5話では6.2%、そして今回は5.0%で3週連続で最低視聴率記録を更新し続けた。
    13日放送分は6.1%と若干の回復はみせたものの視聴率は歴史的な低空飛行を続けた。

     今回の視聴率ドラマで、もっとも被害を受けたのは西内まりやであることは間違いない。
    低視聴率イメージは彼女の今後の女優人生に大きく影響を与えるだろう。

     「西内まりや側はカンカンですよ。低視聴率の責任は主演女優だけのものではないはずですが、
    もっとも象徴的に扱われてしまうのは主役。フジテレビは彼女のキャリアを汚したことになる」(業界関係者)

    ~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

    Yahoo!ネタりか|2017/3/14 21:00 リアルライブ
    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170314-37072642-naigai

    【【歴史的大爆死】西内まりやの顔に泥を塗ったフジテレビwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 ID:CAP_USER9
    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。

    「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。
    ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。

    初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、
    月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。
    急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。
    共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

    華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。
    美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、
    生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。
    月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。
    視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。
    出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

    視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。
    元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。
    F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

    日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。
    それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html

    【ドラマ】〈フジテレビ〉月9史上初の5%台...「突然ですが、明日結婚します」3週連続ワースト更新 ★2
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488255858/

    【【壊滅危機】 フジテレビ関係者が嘆く 「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/06(月) 10:36:55.23 ID:CAP_USER9
    主演ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(フジテレビ系)が月9ワースト視聴率をマークするなど、すっかり評判を落としている西内まりや。そんな彼女のおかげで、地に墜ちていた評判を回復できそうな女優がいるというのだ。テレビ誌のライターがささやく。

    「ドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)で主役を務める香里奈です。14年3月にベッド写真が表に出たことで表舞台から姿を消し、やっとドラマの現場に戻ってきた彼女も、かつての輝きは取り戻せていません。しかしこの調子で月9が爆死し続ければ、『視聴率で月9に勝った女優』という称号を勝ち取れそうな勢いです」

     その「嫌われる勇気」はアドラー心理学をベースにした物語ながら、内容がかけ離れているとして2月10日に同学会が抗議文を公表。その影響が懸念されていたが、意外なことに視聴率は微増となっている。しかも平均視聴率は7話終了時点で6.7%となり、同6.8%の「明日婚」に肉薄している状況だ。

    「香里奈のドラマにはジャニーズのNEWS・加藤シゲアキも出演しており、今より視聴率が下がるとは思えません。そのため西内の月9ドラマが5%台に留まり続ければ、視聴率で逆転するのは確実。そうすれば香里奈の実績となり、今後のドラマ主演にもつながる可能性が十分にありえます」(前出のテレビ誌ライター)

     西内はファッションショーで香里奈と共にフィナーレを飾るなど、本職のモデルでは共演も少なくない。そんな大先輩の香里奈に花を持たせることで、モデル業界での人間関係を良好に保つという腹積もりがあっても不思議ではなさそうだ。

    http://www.asagei.com/excerpt/76518

    【【悲報】西内まりやVS香里奈、超低レベルな視聴率争いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/14(火) 10:02:53.34 ID:CAP_USER9
     フジテレビ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の第4話が13日に放送され、平均視聴率は6・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが14日、分かった。

     昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新した。

     初回=8・5%から第2話=6・9%と急落。第3話=7・6%と持ち直したが、再び下落した。

     数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠は昨年から苦戦。テレビ視聴のスタイルの変化もあり、若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくくなっている。

    全文
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000094-spnannex-ent

    【【悲報】西内まりや主演「突然ですが、明日結婚します」の第4話視聴率がついに月9史上最低を更新へ!!福山越えキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    このページのトップヘ