新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:紅白

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/11/08(水) 20:15:39.93 ID:CAP_USER9
    「週刊文春」史上初のアンケート企画「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のランキングが確定した。
    アンケートは9月29日から11月6日まで、小誌メルマガ会員を対象に募集し、回答総数は4500票超にのぼった。
    「出てほしい歌手」部門の1位は1121票を集めた安室奈美恵(40)。
    「出てほしくない歌手」部門の1位は1879票の得票で和田アキ子(67)という結果になった。

    「出てほしい歌手部門」で注目すべきは、5位にランクインしたSMAPと6位の北島三郎(81)。
    SMAPは最後の出演が実現するかと注目を集めた昨年の紅白も結局は出場しなかったが、
    「いつの日か、また再結集して出てほしい」(53・男)といった声が多数寄せられた。
    また、演歌の大御所・北島三郎からは「週刊文春」にコメントが届いた。北島は2013年の紅白を最後に“卒業”しているが、
    「昔の紅白は、まさに歌合戦でした。時代の流れとともに、今では“観せる”紅白になってきた気がします」。

    「出てほしくない歌手部門」では、AKB48が2位に。「ひと枠でいい。AKBとか欅坂とか乃木坂とかキリがない」(52・女)といった意見が目立った。
    また、3位に嵐、8位にTOKIO、13位にSexy Zone、18位に近藤真彦が入るなど、毎年多数出場するジャニーズ所属のタレントに対し、
    「ジャニーズだからといって、枠が多すぎて他の歌手が少なすぎる」(13・女)といった指摘も散見された。

    11月9日(木)発売の「週刊文春」では、「紅白に出てほしい歌手・出てほしくない歌手」のトップ30とワースト30を評論家のコメントなどとともに詳報している。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13862580/
    2017年11月8日 16時0分 文春オンライン

    【【圧倒的】紅白に出て欲しくない歌手、1位はやっぱりあのタレントwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/10(火) 06:56:03.16 ID:CAP_USER9
    女優、有村架純(24)が大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」の紅組司会候補に急浮上したことが9日、分かった。実現すれば2年連続2度目。
    NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でヒロイン役を好演し、一回り成長した有村が国民的番組を再び盛り上げてくれそうだ。

    同局関係者によると、昨年の紅白での落ち着きのある進行ぶりが高評価で、出場歌手から「良かった」とたたえる声が多くあったという。こうした実績に加えて“決め手”となったのが、「ひよっこ」での活躍だ。

    初回は平均視聴率19・5%だったが、ひたむきな主人公・みね子を体現する演技が共感を呼び、全156回の平均は20・4%を記録。「幅広い世代に愛され、
    国民的女優になった有村さんが今年の顔としてふさわしい」(同局関係者)と最有力候補に挙がった。主題歌「若い広場」を歌った桑田佳祐(61)は横浜アリーナで年越しライブを行うが、
    桑田の出場が決まれば、応援に駆けつけた“ひよっこファミリー”と中継でコラボする可能性もありそうだ。

    関係者によると、ほかに昨年の朝ドラ「とと姉ちゃん」でヒロインを務めた高畑充希(25)の名前などが候補に挙がっているという。

    白組司会は2010年から嵐が5年連続で務め、昨年は相葉雅紀(34)が単独で担当するなどジャニーズ事務所のタレントが多いだけに、今年は誰になるか注目される。

    写真
    no title


    10/10(火) 5:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000502-sanspo-ent

    【【NHK】朝ドラ勝ち組!!!!!有村架純が2年連続紅白司会に???????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/25(月) 18:55:30.67 ID:CAP_USER9
    自身の誕生日の日、突然引退を発表した歌手の安室奈美恵(40)。彼女の引退に気をもんでいるのはファンだけではなかった。安室の動向を今一番気にしているのはNHKだろう。『NHK紅白歌合戦』の因縁は深い。

     安室はソロデビューした1995年に初出場し、それから9年連続で出場を果たしている。1997年には弱冠20歳でトリを務め、妊娠出産から復帰した翌1998年には最高視聴率64.9%を記録。紅白としては13年ぶりの60%台の立役者となった。

    「このとき『NHKの救世主』と呼ぶ人もいました。これ以降、1回も視聴率60%台は出ていない」(NHK関係者)

     しかし不思議なことに、連続出場が途絶えた2004年以降、彼女は一度も紅白に出ていない。

    「紅白に出場しなくなった理由として、『一時期の人気低迷期に落選させたことを根に持っている』などと報じられたこともありますが、実際は歌手としての安室のこだわりがある。彼女は生放送で慌ただしい紅白では納得のいくパフォーマンスができないと考え、近年はテレビの歌番組よりもライブを大切にしてきた。

     昨年はリオ五輪のテーマソングに彼女の『Hero』が起用され、NHKは局長クラスが自ら紅白出場を打診したようですが、安室側が希望した『フルコーラスで歌わせてほしい』、『生放送ではなく収録で』などの条件面で折り合わず、実現しなかったようです」(芸能担当記者)

     来年9 月に引退となると、安室が紅白に出場するチャンスは今年の大晦日のみになる。芸能評論家の城下尊之氏は「NHKは是が非でも出場してほしいはず」と話す。

    「NHKは昨年、年内解散が決まっていたSMAPを引っ張り出そうとして失敗しました。今年こそは国民的歌手の“最後の紅白”を目玉にしたい。紅白は1組あたり2~3分の持ち時間ですが、特別枠を設けてでも、オファーを出すという情報もあります」(城下氏)

     NHKは20日の夜7時のニュースで、「安室引退」を大きく報じた。これは安室の紅白出場を切に願うNHKからの秋波だったのかも。大晦日のNHKホールにHeroならぬHeroineは舞い降りるか。

    ※週刊ポスト2017年10月6日号

    9/25(月) 16:00配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00000016-pseven-ent

    写真
    no title

    【安室紅白出場にNHKが必死WWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/05/10(水) 10:25:51.40 ID:CAP_USER9
    昨年末のNHK紅白歌合戦にて落選の憂き目に遭った和田アキ子。これまでトリや司会を務めるなど紅白の“顔”を自任してきたゆえ、
    紅白に出場できないことが相当なショックだったことは疑いようがない。

    そんな和田は翌年以降の復活について「私はもうないな」と完全否定するなど、意固地な態度を見せている。
    ダウンタウンの松本人志から「AKBとして出たらええねん」と振られたときも「そこまでして出たくない」と、
    紅白との決別を宣言していた。しかし舞台裏では、そんな言葉とは裏腹な動きを見せているというのだ。

    「和田サイドでは今年末の紅白に復帰しようと、各方面に向けてさまざまな働きかけを行っているようです。
    あくまで歌手を本業とする和田ゆえ、歌手活動の最高峰である紅白出場がないままでは『好感度の低いおしゃべりなオバサン』というイメージしか残らず、それでは芸能人生が終わったも同然。
    4月に67歳の誕生日を迎えるも、まだまだ現役での活躍を目論んでいる和田は、紅白への復帰で健在をアピールしたいようです」(芸能関係者)

    しかし紅白歌合戦への出演には世間からの大きな支持が不可欠だ。NHKや業界内に向けてあの手この手で働きかける前に、今最も必要なのは好感度を上げることのはず。
    そこに気づかずバラエティ番組でご意見番を気取っている限りは、紅白復帰は遠い道のりであり続けそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1308867/
    2017.05.10 09:59 アサ芸プラス

    【和田アキ子さん、実は『紅白』に未練タラッタラ!!!年内に電撃復帰プランもwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/01/05(木) 19:03:45.59 ID:CAP_USER9
     除夜の鐘をNHKホール外で聞くのは30年ぶりのこと。彼女ほど紅白への思い入れが強い人もいなかった。過去39回の出場でトリは7回。自他共に認める紅白の「顔」だった和田アキ子(66才)にとって、40回目の出場がかかった2016年の紅白落選には震えが止まらなかった。

    「毎日泣いていた」「(紅白を)見たくない」「(年末年始は)とっとと海外に行きたい」とその思いを隠すこともしなかったがそれも当然だろう。とはいえ、震えていたのは和田だけではなかった。

    「アッコさん、年末年始をどうやって過ごすつもりなのか…と、12月に入る前から関係者や後輩タレントはザワザワしていたんです。大晦日の忘年会に招集されでもしたら、どうしたって大荒れになってしまう」(テレビ局関係者)

     例年なら紅白出演を終えて元日に海外へ飛んでいた。一昨年まではオーストラリア、昨年はハワイだった。

    「今回もハワイではないかという話があり、行く予定の芸能人メンバーたちは“ヤバイ”と逃げ腰でした。昨年年明けのハワイは、カンニング竹山夫妻やヒロミさんがアテンドしたこともあって、ご機嫌で過ごしていましたが、年末から行っている芸能人組にとっては恐怖です。船越英一郎さんもアッコさんと同じ事務所のうえに、毎年年末入り組ですから気が気じゃなかったと思いますよ」(スポーツ紙記者)

     しかし、当の和田はクリスマスの後に温泉旅行に出かけすっかりリラックスした様子で年末年始を迎えたという。

    「紅白のリハーサルがある時に温泉旅行に行くなんて初めてのこと。ゆったりしたのか吹っ切れた様子でした」(前出・テレビ局関係者)

     12月31日の昼には自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回』(ニッポン放送)に生出演。

    「普通は大晦日だったら私はNHKにいるはずなんだけど」と本音を見せつつも「今ごろになって思うんだけど、別になんとも。何であんなに必死だったんだろう」と口にした。

    「新年はパーッといこうと、大晦日もラジオの後は早々に、ラスベガスへと飛んだみたいです。目的はカジノ。“大勝負したるわ”とやる気満々だったようですよ」(前出・テレビ局関係者)

     和田のギャンブル好きはよく知られている。今年も元日のバラエティー番組では、黒柳徹子(83才)と恒例の「パチンコ対決」。17年間続いている企画とあって和田本人の思い入れも激アツだ。2年連続での敗戦で迎えた今回だったが、結果はこの番組以外にはパチンコはしないという黒柳に完敗。通算成績も6勝11敗と大きく負け越した。

    「アッコさんのギャンブル好きは筋金入り。週に何度かパチンコを打っていますよ。本人は“変装して行く”と言っていますが、お店では誰もがアッコさんだとわかっている。TBSからほど近い赤坂のあるパチンコ店では有名な常連客だそうです」(前出・スポーツ紙記者)

     カジノでの大勝負の結果ははたして。

    ※女性セブン2017年1月19日号

    2017.01.05 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20170105_481944.html?PAGE=1

    【紅白落選和田アキ子氏、大晦日にラスベガスに逃亡wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ