新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:石橋貴明

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/19(日) 10:06:16.41 ID:CAP_USER9
    とんねるず石橋貴明AbemaTV初登場 番組Pが語る舞台裏


    「とんねるず」の石橋貴明(56)が19日、インターネットテレビ局「AbemaTV」に初出演する。
    芸能界一の“強運の持ち主”を決める4時間の特別番組「石橋貴明プレミアム―芸能界カジノ王決定戦―」で午後6時から放送。
    ネットテレビに興味を持っていた石橋と、ラブコールを送っていた同局の“相思相愛”で実現。
    地上波で数々の伝説をつくってきた石橋が、ついにネットテレビに参戦する。
    番組プロデューサーの渡邊洋介氏に、石橋の熱意や現場秘話について聞いた。

    ◆出演話題になっただけで終わらせない、制作サイドも本気◆

    「今、テレビでやりたいこと」「地上波で許されないこと」への石橋の情熱を壮大なスケールで叶える
    「石橋貴明プレミアムシリーズ」の第1弾。芸能人に最も必要とされる“運”を誰が最も持っているか――。
    “カジノの王様”とも呼ばれる「バカラ」で決める。

    ――石橋さんの出演が決まりネットニュースなどで反響がありました。
    出演が決まった時の感想を教えてください。

    渡邊氏「石橋さんの出演が決まった時は、純粋に嬉しかったです。とんねるずど真ん中世代ですから。
    ただ、それと同時に身も引き締まる思いでした。“出演が話題になっただけで終わらせられない”
    という責任がすぐに上回りました」

    ◆長時間の会議にも本人参加「インパクトある企画をやろうと」◆

    ――石橋さんの印象をお聞かせください。仕事をする前と初回収録を終えてから印象は変わりましたか。

    渡邊氏「正直、仕事をする前と後では全く違います。『AbemaTV』では本編の収録より前に
    番宣用の撮影をお願いすることがあります。石橋さんにもそのためだけにスケジュールをいただき、
    CM用に何カットも撮影させていただきました。仕事をする前は近寄りがたいオーラがあると思っていましたが、
    全くそんな雰囲気はなく、現場で初めての撮影スタッフも多い中、自ら積極的にスタッフに話しかけたり、
    アイデアを出していただいたり、楽しんでやってくださる姿が印象的でした」

    ――番組リリースには「“今テレビでやりたいこと”“地上波では許されないこと”を
    壮大なスケールで実現させるシリーズ」と紹介がありました。
    今後のプランなど話せることがありましたら教えてください。

    渡邊氏「そこはまだ秘密です。ただ、今回の『石橋貴明プレミアム芸能界カジノ王決定戦』の
    収録が終わって間もない企画会議に、石橋さんご本人がひょっこり現れたんですね。スタッフの誰にも言わずに。
    みんなとてもびっくりしていました。そこでご本人を交えて次回の企画出しを2時間以上話し合いました。
    言えることは、ご本人を含めみんなの共通認識として“『AbemaTV』でしかやれない
    インパクトのある企画をやろう!”ということです。
    必ず視聴者の皆さんを驚かせる企画になると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください」

    ◆“地上波でやれないことをやる”だけでなく、まだまだ笑いを追求◆

    ――“地上波では許されないことをやりたい”という発表後には、出演料や制作費など
    AbemaTVの資金力について報じた一部メディアのネットニュースもありました。

    渡邊氏「出演料の記事の件はご想像にお任せします。ただ、これまで輝かしいキャリアで歩んでこられた
    石橋さんが『AbemaTV』に出演してくださったのは“地上波でやれないことをやる”
    ということもあるかもしれませんが、それだけでなくもっと単純に“まだまだ笑いを追求していく”
    という決意表明のようにも感じています。その“笑い”を『AbemaTV』で一緒に
    作っていけることを、私たちも楽しみたいです」 [ 2018年8月19日 09:30 ]

    スポニチ https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/19/kiji/20180818s00041000536000c.html
    no title

    【とんねるず・石橋貴明がAbemaTV初登場へ!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/01(水) 22:46:04.31 ID:CAP_USER9
    7月30日に放送された『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)にタレントの関根勤が出演。石橋貴明、ミッツ・マングローブとともに最近の若者の言動、行動に苦言を呈したが、逆に平成生まれを中心とした若者から批判を浴びる事態となった。

    この日のテーマは「平成生まれ対昭和生まれ」で、制作サイドは街頭で平成生まれの若者にインタビューし、最近の若者の考えをさぐった。若者の多くが「車は必要ない。事故に遭ったときのリスクが高くない?」と答えたのを見るや、関根、石橋はかつては車を持つことがステータスだったと振り返り「スーパーカーとかいらないと思ってるんだろうね」「バカじゃない?と思われているのかも」などと嘆いた。

    関根は「受け入れられないことがある」と切り出し、若者が飲食店などで「コーヒーになります」などと、何かにつけて語尾に「なります」を付けることに違和感があると明かした。これをきっかけに3人の話は盛り上がり「『自分的に』って意味が分からない」(石橋)、「『?じゃないですか』はいらない」(関根、ミッツ)などと若者が使いがちな言葉を次々と「ダメ出し」した。

    https://myjitsu.jp/archives/58380

    【【悲報】石橋貴明か゛急激に「老害化」「もはや昔の人」wwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/16(月) 20:02:18.60 ID:CAP_USER9
    4月16日にスタートする新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)の第一回ゲストが、工藤静香になることが分かった。石橋と工藤は97年に「Little Kiss」という音楽ユニットを組み、唯一のシングル「A.S.A.P.」は50万枚弱のスマッシュヒットに。そんな関係性に加え、第一回目のテーマが「イケイケだった80年代テレビ業界」とあって、ともに80年代の芸能界を駆け抜けてきた仲間が再結集する形となる。

     その「たいむとんねる」は大人のノスタルジーを刺激するトーク番組を標榜しており、ちょっと懐かしい“よもやま話”でタイムスリップ気分を味わえるのがコンセプト。それゆえ56歳の石橋が47歳の工藤をゲストに迎えるのも納得だろう。しかしそのコンセプトゆえに、同番組は放送前から爆死が確定しているとの噂もあるようだ。アラフィフのライターがこう首をかしげる。

    「番組のコンセプトはよくわかりますが、どうにも理解できないのが月曜23:00(初回は23:25)という放送枠を選んだこと。同番組のメインターゲットは35~49歳男性の“M2層”と、50歳以上男性の“M3層”になるはずですが、彼らが平日の23時台に何を観ているかというと、報道番組と相場は決まっています。この時間帯は日本テレビの『NEWS ZERO』、TBSの『NEWS23』、テレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』に加え、NHKでも『ニュースチェック11』を放送しており、報道番組の激戦地帯。働き盛りの男性ならこれらの番組で最新ニュースを仕入れ、翌日に備えて寝るという生活パターンの人が多いことでしょう。その時間帯にオジサン向けの番組を持ってくるなんて、もはや自死行為でしかありません」

     このように強力な裏番組を相手に苦戦するのは確実と思われる「たいむとんねる」。さらにもう一つ、同番組にとって不利な要素があるという。

    「M2層(35歳~49歳の男性)やM3層(50歳以上の男性)が好むテレビタレントの筆頭と言えばマツコ・デラックス。そしてマツコの番組では月曜23時59分から放送される『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)が人気です。もしかしたらフジテレビの制作陣は、中高年男性が石橋の番組を観てからマツコの番組にチャンネルを切り替えると予測したのかもしれません。しかし視聴者の立場に立てば、深い時間からの『月曜から夜ふかし』を観たいからこそ、その前にはニュースを観ておこうと考えるのが自然。それゆえ『たいむとんねる』は最初から、視聴者がいない時間帯を選んでしまったわけです」(前出・アラフィフライター)

     どうやらフジテレビでは早いうちに、放送枠の変更を検討したほうがよさそうだ。

    (金田麻有)

    アサ芸プラス2018年4月16日17時59分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_102562/

    写真
    no title

    【【フジ】石橋貴明の新番組が放送前から爆死予報wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/05(月) 10:53:15.13 ID:CAP_USER9
    3/5(月) 10:49配信
    フジ、石橋貴明新番組は「石橋貴明のたいいむとんねる」

    フジテレビで新バラエティーのMCを務める石橋貴明
     フジテレビの4月番組改編発表会見が5日、東京・台場のヒルトン東京お台場で行われた。

     3月いっぱいで「とんねるずのみなさんのおかげでした」が終了する石橋貴明(56)がミッツ・マングローブ(42)とダブルMCを務める「石橋貴明のたいむとんねる」が始まることが発表された。

     同番組は大人のノスタルジーを刺激するトークバラエティ。アイドル、テレビ、歌謡曲、漫画、野球など様々なテーマの「ちょっと前の話」で盛り上がる内容となる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000077-sph-ent

    【【フジ】みなおか終了後のとんねるず、石橋のみで新番組スタートへ・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/02(金) 10:37:07.52 ID:CAP_USER9
    とんねるずの石橋貴明(56)が、確執がささやかれていたダウンタウンらとの共演を振り返り、共演を阻止しようとしていたというフジテレビを「だからダメんなんだよ」と切り捨てた。

    石橋は1日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」にゲスト出演。
    長らく不仲がうわさされていたダウンタウンや、爆笑問題らが一堂に会すことになった14年3月31日に放送されたフジテレビ系「笑っていいとも!」のグランドフィナーレを振り返った。

    ダウンタウンが出演するステージにとんねるずが飛び入りするという予定外の共演となったが、フジテレビ側からは「とんねるずと爆笑問題は上がらないでくれ」と釘を刺されていたという。

    石橋はとんねるずとダウンタウンとの間には確執はなかったというが、同局の“忖度”に「だからフジテレビ、ダメんなんだよ」と憤ったという。
    「昔のフジテレビは何がすごかったって、そういうのも含め、みんなごちゃごちゃになってワーッてお祭りになって、それがフジテレビのすごさだった」と振り返った。
    「それがもう、全くなくやってるから『バッカじゃねぇの』と思って、出ちゃった」と飛び入りした理由を明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180302-00139320-nksports-ent

    「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」 岡村隆史と石橋貴明
    no title

    【【愕然】石橋貴明が明かした「笑っていいともグランドフィナーレ」のヤバい真相!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ