新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:欅坂46

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/19(金) 07:49:01.91 ID:CAP_USER9
    長濱ねる1st写真集『ここから』(講談社/2017年12月19日発売)が、累積売り上げ12万9600部を記録したことがわかった。

    同写真集は坂道シリーズ史上最多の初版12万部でスタートし、3度の重版を経て累計15万部を発行。
    発売から約1ヶ月で売り上げ約13万部という異例のスピードで好セールスを続けている。

    1月10日には写真集のロケ地にもなった長濱の地元・長崎で発売記念イベントを開催。
    長崎の民放テレビ局全社や地元新聞など10以上のメディアが取材に訪れたほか、長崎凱旋の模様が『news every.』や『サンデー・ジャポン』で放送されるなど、社会現象となりつつある。

    同社の販売担当者は「予想を上回る売り上げスピードに重版が追いつかない状態。今週末には、なんとか店頭在庫が復活できるよう全力を尽くしています」とコメントしている。

    長濱ねる(ながはま・ねる)プロフィール
    1998年9月4日生まれ。O型。長崎県長崎市出身。
    3歳から7歳まで、長崎県の五島列島で育つ。
    2015年、欅坂46のオーディションを受けるも、最終審査直前に親の反対のため辞退。
    その後、遅れてグループに合流した。島育ちらしい大らかさと、高校生クイズ長崎県大会決勝に進出したこともある知性が魅力。
    欅坂46でもNo.1のアイドル性を持つメンバーと称されている。
    名前の「ねる」は考えを「練る」に由来。
    代表曲に『また会ってください』『100 年待てば』など。

    http://mdpr.jp/news/detail/1741247

    眼鏡橋付近で修学旅行中の女子高生たちから黄色い歓声が飛んだ! 大人気の長濱ねる
    no title


    1st写真集が発売から約1ヶ月で売り上げ約13万部という好セールスを記録
    no title

    長濱ねる 見事なクビレのビキニカット
    no title

    no title

    長濱ねる1st写真集『ここから』より
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【破廉恥】欅坂46・長濱ねるが脱いだ結果がとんでもないことにWWWWWWWWWWW】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/28(木) 16:32:06.87 ID:B/OIltBld
    欅坂46・長濱ねる、1st写真集が初登場首位 初週売上9.8万部で女性ソロ歴代2位に
    https://www.oricon.co.jp/news/2103170/full/?ref_cd=tw

    【【破廉恥】欅坂46の長濱ねるさん、もうすでに約10万人にシコられているwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    西野七瀬103



    1: 名無しさん 2017/10/23(月) 01:11:58.69 ID:kAmmSZci0
    まじでこんな悔しいことないよな
    まじで嫉妬しないのおまえらって

    【【超悲報】乃木坂や欅坂の子とキスしておっぱい揉んで、ハメハメまでしたことある男がいる現実wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/10(日) 10:41:19.42 ID:CAP_USER9
    女優の前田敦子(26)は仕事を選ばない。所属事務所に薦められたものは全て引き受ける。
    公開中の映画「探偵はBARにいる3」では「共感できるところがない」という女子大生役に挑んで巧みに演じ切った。
    実生活は「不器用」を自認するが演技は器用。芸能歴12年にしてまだ20代半ば。
    「面白い役を今だからこそやりたい」と笑った。

    ◆AKB卒業から5年
    AKB48時代は「絶対的エース」。
    5年前に女優の道を歩み始めてからも着実にキャリアを重ねてきた。
    普通は自分が演じる役にこだわるところだが、前田敦子は違う。
    「私は自分で判断しないですね」
    所属事務所のマネジャーに「こういう役があるけれど、やってみる?」と尋ねられる。
    それが映画「探偵はBARにいる3」で演じた“癖のある女子大生”のように「共感できるところがない」役だとしても断らない。

    「やりたくない、ということはないです。マネジャーさんたちいろんな仕事の中から、私がやった方がいいと思うものを選んで薦めてくれる。だから、マネジャーさんたちに感謝してます」
    優等生的な発言にも聞こえるが、前田は元々誰かにお世辞を言うタイプの人間ではない。
    その言葉の底には、これまで所属事務所に薦められた仕事が結果的に女優としての成長につながっているという充足感がある。

    ◆演技は「器用」に
    「自由で、幅が広がったなと思います。作品を変に選ばず、自分の立ち位置にこだわらないでいられるのは幸せです。王道で行かなければいけないとなると、苦しいと思うんですよ。楽しいものに乗っからせてもらっている感じです」
    どんな役でも引き受けられるのは、自身の演技力への確信もあるだろう。
    私生活では「不器用」を自認するが、撮影現場では適応力の高さを見せている。
    「今年は一つの作品の撮影中に別の作品に出演させてもらう機会が多かったんです。3、4日で撮影が終わってしまう作品もあって、ちょっと前なら“3、4日で何ができる?”と思うようなところを、今はワーッと撮影を楽しんで、ワーッと帰って来られる。本当に経験というのは大事だと思います。今は、苦しいと思うことがありません」

    この5年で確実に女優としてスキルアップした。
    最近はフジテレビのドラマ「民衆の敵」に出演し、そのスピンオフドラマ「片想いの敵」に主演。
    市議会議員の役だが、スピンオフでは毎回最後にキャンディーズ「年下の男の子」や松田聖子「赤いスイートピー」など昭和のヒット曲を歌った。

    「あれは酔っぱらっている設定なので、カラオケの感じで歌いました。元々カラオケが大好きなんです。昔の曲も歌えるので、私はどの世代の人ともカラオケに行けると思いますよ」

    元国民的アイドルではあるが、あの歌唱シーンは「アイドルに戻る」のではなく「女優がアイドルを演じる」という印象だった。
    女優として、アイドルの世界からずいぶん遠い場所まで歩んできたことを感じさせた。
    「もうアイドルに戻ることは絶対にないです。自分の経験年齢的に、きついなと思います。この世界に12年間いて、いまだにアイドルというわけにはいきません。でも、欅坂46には入りたい!欅の歌が大好きなんですよ」

    ◆欅坂入りたい!
    そんな発言をすると、どこかで前田と欅坂のコラボ企画が浮上しそうだが…。
    「絶対に出ないから大丈夫です。欅の邪魔はしないです」
    普段、仕事は選ばないものの、その依頼だけは断るようだ。

    これから女優としてどんな方向に進んでいくのだろうか。
    「無理したくないです。私は良くも悪くも童顔で、スッピンだと小学生みたいで自分でもびっくりするんですよ。だから、背伸びはしたくない。変に大人っぽい役をやるのではなく、このくらいの年齢だからこそできる役をやっていきたい」

    芸能歴12年だが、女優としてはまだ若い26歳。その可能性は無限に広がっている。
    「面白い役を今だからこそやりたい。一番いろんなことができる年齢なんじゃないかと思いますね。仕事のことを考えるとワクワクしちゃいます」
    今、誰よりも女優業を楽しんでいる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000087-spnannex-ent

    元AKB48 前田敦子
    no title

    no title

    no title

    【【無理だ】元AKB48前田敦子「もうアイドルには戻らない…でも欅坂46には入りたい!」 wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/08(金) 13:31:27.76 ID:8VuNPy5W0
    アナルほじくり回し隊!
    no title

    【【搾精】欅坂の長濱ねるのケツが工ロすぎてアカンwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ