新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:本田圭佑

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/18(月) 10:00:16.52 ID:CAP_USER9
    2018年ロシアW杯アジア最終予選の初戦UAE戦と最終戦サウジアラビア戦を落としながら、1998年フランス大会から6大会連続W杯出場を決めたハリルホジッチ日本は、これからアジアと違って強豪ひしめくW杯本大会を勝ち上がるためのチームづくりが求められるワケだが、気になってしょうがないことがある。

     2枚看板を自任していたパチューカFW本田圭佑(31)とドルトムントMF香川真司(28)は生き残れるか、必要なのか、それとも不要なのか、である。

    ■「本田は代表23人のギリギリ当落線上」

     勝てばW杯出場の大一番オーストラリア戦に本田、香川はベンチを温め続けて、ゴールを奪ったシュツットガルトFW浅野拓磨(22)、G大阪MF井手口陽介(21)とは対照的に影の薄さはハンパじゃなかった。オーストラリア戦後、コンディション不良の香川は所属クラブに戻り、サウジ戦に攻撃的な右サイドで先発した本田は、何ひとつ気の利いたプレーを見せることなく前半45分で退いた。

     不世出のストライカー釜本邦茂氏(メキシコ五輪得点王)が、本田について「ついに賞味期限が切れた」と初めて評したのは、2016年10月のW杯最終予選イラク戦。先発した本田が、全盛期とかけ離れたパフォーマンスに終始したからである。

    「スピードもキレも運動力もなくなり、そもそも守備に難のある本田のサイド起用はマイナスでしかない。予選最終戦サウジ戦がそうだったようにチームメートとの連係不足も顕在化し、いよいよサイドでは使いづらい状況です。それでも生来のフィジカルの強さとキープ力を生かし、1トップの起用なら使い勝手はあるだろう」(釜本氏)

     もちろん、本田が日本代表に呼ばれ続けるためには、新天地のメキシコでゴールやアシストを量産し、指揮官に猛烈アピールをする必要がある。

    「パチューカ選手の能力も、メキシコリーグのレベルも、決して低いわけではありませんが、レギュラーにふさわしいプレーを見せるだけでは物足りません。あくまでチームを牽引する主軸としての存在感を示し、健在ぶりを証明しないといけない。というのも現時点の本田は、代表招集メンバー23人のギリギリ当落線上にいると思われるからです」と話すサッカージャーナリストの元川悦子氏が、さらに続ける。

    「4年前に14年ブラジルW杯を決めた後と、優勝した11年アジアカップでMVPを獲得した後、コメントを聞こうと報道陣で囲んだ際、本田が発散する強烈なオーラに圧倒され、誰も口火を切れないような緊迫感が横溢したものです。しかし、先のサウジ戦後のメディア対応では、これまでの本田らしさはみじんも感じられず、いくら思うようなプレーができなかったといっても『全然ダメだったという結果しか残らなかった』と殊勝なコメントを残すとは……。かつてのオレさまオーラが、消え失せていることが気掛かりです」

     本田が経営するマネジメント会社「HONDA ESTILO」がアフリカ・ウガンダのプロクラブを買収し、9月から運営を開始することを発表した。15年のオーストリア、17年6月のカンボジアに次いで「世界で3番目のクラブ経営」に乗りだしたワケだが、現役を引退してビジネスマンに転身し、商売にシャカリキになっているような立ち居振る舞いは逆効果としか思えないが――。

    ■香川が生き残るためにやるべきことは

     エースナンバーの背番号「10」を背負っているMF香川は、本田以上に代表内でのポジションは危ういともっぱら。香川本人も自覚しており、最近のブログに「僕の耳にも色々な意見は聞こえてはきます」と書き込み、着々と進む世代交代に焦燥感をにじませている。

    「まずはドルトムントでレギュラーを確保。リーグ連覇を達成した10―11年、11―12年シーズンの好パフォーマンスを取り戻したいところだが、能力の高い選手が揃っているドルトムントでは、レギュラー確保は厳しい。そうなると今の香川に必要なのは、年明け1月の欧州移籍期間中にドイツの中堅クラブに移籍し、トップ下として毎試合プレーすることで自身のクオリティーを上げていくしかない。W杯まで日本代表で生き残るには、これしかないでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏)

     本田と香川。今のままでは戦力外である。

    9/18(月) 9:26配信 日刊ゲンダイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000006-nkgendai-socc

    つづく

    【【サッカー】本田と香川は日本代表で生き残れるのか???????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/13(水) 09:41:46.49 ID:CAP_USER9
    6大会連続のワールドカップ(W杯)出場を決めたサッカー日本代表。これから本大会へ向け、バヒド・ハリルホジッチ監督はメンバーの選考と代表強化のスケジュールに入る。そこで関心が高まるのが、代表をけん引してきた本田圭佑の処遇だろう。

    アジア最終予選のホーム・オーストラリア戦では試合に出場できず、ベンチを温めた。その後のW杯出場決定したアウェー・サウジアラビア戦ではスタメンで出たものの、前半45分間のプレーで退いた。本田自身は試合後に「サウジアラビア戦では前半だけで交代するとあらかじめ言われていた。コンディションのことを心配しているという説明だった」と明かし、「全然だめですね。何を言っても言い訳になる。だめだったという結果しか残らない」と語った。

    「これは過去のW杯本大会でも見られた“サプライズ落選”に、今回は本田が対象になる可能性が高まった流れといえます。フランス大会では三浦知良が落選。日韓大会では中村俊輔が落選し、世間を驚かせました。ほかにも予選には出場したが本大会に出られない選手は多くいました。ハリルホジッチ監督が就任してから、今年に入って38名、昨年は37名、一昨年はアジアカップがあった影響で84名が代表に招集されています。しかし、本大会に出場できるメンバーは23名。サウジアラビア戦とオーストラリア戦に27名招集したなかから、さらに4名が削られることになるわけです」(サッカー誌記者)

     本田の処遇にサッカーファンは賛否両論


    そんななかで本田がレギュラーから外れ、サウジアラビア戦で不甲斐ないパフォーマンスだったことで、本田を外して若手を入れようという声が出てくるのは当然の流れかもしれない。だが、本田は9月7日にツイッターを更新し、その内容に多くの反響があった。

    Just arrived in Pachuca.

    サッカーファンの皆さん、メディアの皆さん、「もう代表に必要ない」とか他にも厳しい声をありがとうございます。

    年明けてからの半年間が何よりも重要なのは何度も言ってるが、良い感じで舞台は整ってると思ってます。

    ありがとう。

    この投稿に対して、次のような投稿があった。

    《45分も走れない本田のために枠を使うのはもったいない。たとえ出場しないとしても若手に経験積ませる方がよっぽどいい》
    《今の本田は言葉だけが強くて、プレー結果は弱い。そんな感じがします。》
    《今のチームで走れないハードワーク出来ないというのは致命的だと思う》

    また一方で、次のような投稿もある。

    《代表に必要だとハリルに思われているということは、経験のあるないの差がとても大きい》
    《W杯では本田のような強いメンタルとここ一番で力を発揮できる選手が必要なのはサポーターも分かってます》

    本田は今シーズンからメキシコリーグの強豪チーム、パチューカへ移籍しているが、結果を残さなければ落選する可能性は当然あるだろう。本田にとって残り半年は、サッカー選手として正念場になる。

    まいじつ

    2017.09.13 07:01
    https://myjitsu.jp/archives/31087

    【【危機】本田圭佑がガチの正念場を迎えるwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/31(木) 23:22:48.29 ID:CAP_USER9
    先発に抜てきされたFW浅野、MF井手口が期待に応えた一方で、これまで日本代表を支えてきたFW本田圭佑(31=パチューカ)、
    MF香川真司(28=ドルトムント)はベンチ入りしたが最後まで出番はなかった。

     本田、香川ともに故障から復帰したという経緯もあったが、2人がそろって出場しなかったのは、16年6月7日のキリン杯決勝
    ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(1-2)以来2度目。W杯最終予選などの公式戦では今回が初めてだった。

    https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1880811.html

    【【悲報】本田圭佑、香川真司、出番なしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/07/25(火) 18:20:41.66 ID:CAP_USER9
    S級ライセンスはおよそ1年間をかけて…。

    新天地のパチューカで試合出場に向けて調整を続けている本田圭佑が、7月25日に自身のツイッターを更新。「サッカーの指導ライセンスについて」と銘打ち、こう書き綴った。
     
    「指導テストなど別に必要ない。
     
     必要最低限のルールテストで合格すればS級を渡すべきで、その方が絶対にサッカー界にとって有益なんです。
     
     そもそも指導法に正解なんてないんですから。
     
     1人では何も変えられないので皆でルールを変えましょうよ」
     
     日本サッカー協会が管轄する指導者ライセンスは、少年サッカーを指導できるC級などから、Jリーグクラブや日本代表を指揮できる最高位のS級まで、細かく区分化されている。現役時代からライセンスを取得する選手は多く、Jリーガーでもこつこつと講習に参加し、C級やB級を持っている者が多い。
     
     ただ、S級となるとぐっとハードルが上がり、講習の受講自体が狭き門となる。人数は20~25名に限定され、3回の研修期間を消化。さらに実践講習やインターンシップもこなさなければならず、およそ1年間を要する。かかる負荷は大きいが、その合格率は高い。
     
     以前から「もっと簡略化すべき」や「画一化されすぎている」といった意見が少なくない。一方で日本協会としては、世界基準の指導者を育てるために必要なカリキュラムだと考えている。
     
     はたして今回の本田の呼びかけが、一石を投じることになるか。

    7/25(火) 15:38配信 サッカーダイジェスト
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170725-00028100-sdigestw-socc

    【本田圭佑さん、またしても日本サッカー界に物申すwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/07/15(土) 18:59:29.21 ID:CAP_USER9

    7/15(土) 14:53配信
    SOCCER DIGEST Web

    SNSでの突然の入団発表から一夜明け、パチューカ周辺は歓迎ムードに包まれている。すでに期待値は天井知らずの高さに。(C)REUTERS/AFLO

    ホンダ=オリベル・アトム? それは誰?

     本田圭佑のパチューカ入団報道から一夜明け、メキシコ国内では地元メディアが大々的に日本代表MFのプロフィールを紹介した。

    【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち

     興奮冷めやらないのがパチューカ・サポーターで、クラブの公式ツイッターやファンサイトには多数の“ウェルカム・コメント”が書き込まれている。
     
     ちらほらと目にするのが、「Oliver Atom(オリベル・アトム)」というフレーズだ。これは世界的な人気漫画『キャプテン翼』の主人公、大空翼のスペイン語ネーム。やはり日本人選手と聞くと、すぐ結びつけたくなるのだろうか。「ついにオリベルが俺たちのクラブに来たんだ!」「アトムのようなミラクルショットが見たい!」というコメントを見つけた。
     
     近年のパチューカにとって、国内の覇権を争う最大のライバルがクラブ・アメリカ。ツイッター上ではその宿敵サポーターとのやりとりもあり、とあるパチューカ・ファンが「ざまあみろアメリカめ、俺たちはワールドクラスを手に入れたぞ」とやや大袈裟に挑発。するとアメリカ・ファンは「まあまあ、(メキシコの)激しくスピーディーなサッカーでどれだけやれるのか見てみようじゃないか」と冷静に切り返していた。
     
     なかにはミラン時代の不振を揶揄するコメントや、自動車メーカーのホンダと絡めてネタにするコメントもあったが、おおむねポジティブな内容で、歓迎ムードに包まれている。
     
     以下、パチューカ・サポーターと思しき人物の好意的なツイートをいくつか紹介しておこう。メキシコ人らしい明るさとテンションの高さが伝わってくる。
     
    「絶対に後悔させないぜ。君はメキシコ・サッカーの虜になるはずだ」
    「ホンダはトヨタよりはるかに優れています」
    「トゥソス(パチューカの愛称)の一員になってくれてありがとう。大暴れしてくれ!」
    「日本人が? メキシコ・リーグに新風を吹き込んでくれそうだ!」
    「日本やイタリアのように住みやすくはないだろうけど、タコスは最高だよ」
    「ここはメキシコ最高のクラブだ。一緒に最高の思い出を作ろう!」
    「ホンダ、一度この地を踏んだなら、お前はアミーゴだ、メキシカンだ!」
    「スタジアムでは汚い言葉が飛び交うけど、メキシコ人はいい奴ばかりだからな」
    「なかなか素晴らしい(スペイン語の)発音だったぞ。期待が持てる」
    「ミランの10番だろ? クラブは僕たちに最高のプレゼントをくれたよ」
     
     本田は7月18日に現地入りし、チームに合流予定。23日の前期リーグ開幕戦、UNAMプーマス戦の出場を目ざす。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170715-00027813-sdigestw-socc

    【【メキシコ】本田圭佑の電撃入団に地元ファンが熱狂へWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

    このページのトップヘ