新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:朝ドラ

    1: 名無しさん 2017/04/25(火) 08:15:17.88 ID:CAP_USER9
    有村架純主演で放送中の朝ドラ『ひよっこ』。高度経済成長期を舞台に、「金の卵」たちの集団就職&東京での奮闘を描く本作は、地元「奥茨城県編」が佳境を迎えつつある。
    朝ドラ3作目の大御所脚本家・岡田惠和が描く世界は、丁寧な人間描写と温かさあふれるストーリーが魅力で、しらべぇでも定期的に記事を配信している。

    しかし、その視聴率はあまり芳しくないようだ。

    ■イケメン不在が低視聴率の原因は本当?

    先週22日の放送で平均視聴率20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した本作。これは11日の20.4%を上回り、自己最高を更新する形となった。
    だが、大台と呼ばれる20%台がなかなか出ない。たとえば第3週の平均視聴率は19.3%で、『まれ』19.7%、『あさが来た』21.4%、『とと姉ちゃん』23.0%、『べっぴんさん』が20.3%など、過去作品の同週視聴率と比較しても低い数値なのだ。

    これを受け、ネット上でははやくも原因・戦犯を探す動きが見られ「イケメンが出ていないせいでミーハー視聴者が獲得できていない」などの指摘も確認できる。だが、本当にそうなのだろうか?
    しらべぇ編集部では、この声について朝ドラファン3名に話を聞いてた。

    ■20代男性:関係ない派

    「まず最初に、僕は『ひよっこ』は本当にいい作品だと思います。たしかにストーリーは地味目だけど、登場人物の台詞ひとつひとつが素晴らしい。人情や温かさに溢れていて、とくにバスの運転手の次郎さんの台詞には毎回涙腺が緩むほど。
    その上で話すと、イケメンが出ていないのと視聴率がイマイチなのは正直関係ないと思います。なぜなら、朝ドラを好きな人って物語で判断するから。

    朝ドラは2週間で普通のドラマの放送回数を超えますけど、だからこそ話が面白くないとそんなマメに見続けられないんですよ。実際、僕も『まれ』は途中でやめましたし(笑) 
    逆に言えば、見てるうちに魅力的に見えてくることも普通にあります。能年ちゃんは最初全然かわいいと思えなかったけど、今ではすっかりファンですもん。逆に言えば、今見るとめっちゃイケメンな福士蒼汰は当時、全然イケメンに思えなかったなあ……」

    ■30代女性:関係ない派

    「若手イケメン俳優はそりゃ出てきたら華やかになるでしょうけど、視聴率に関係してるかと言うと正直微妙ですね。私的には前作の『べっぴんさん』が正直最後のほうキツかったから一時的に離れてるだけじゃないかなと思います。
    てか、そういう分析は三男役の泉澤祐希くんに失礼では(笑) かわいい顔してるし、少なくとも田舎にいたらイケメンでしょう。というか、そもそもそこまでNHKなんだから視聴率は考えなくていいんじゃないかなと。

    なんのための受信料って思うのは私だけではないはずです。
    まあ、駄作なのに視聴率まあまあな作品もあるし、逆に『あまちゃん』はあんだけブームになったのにそこまで視聴率は高くなかったし。結局、『自分がいいと思ったらいい』んだと思います」

    ■イケメン不在が低視聴率の原因は本当?

    先週22日の放送で平均視聴率20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した本作。これは11日の20.4%を上回り、自己最高を更新する形となった。
    だが、大台と呼ばれる20%台がなかなか出ない。たとえば第3週の平均視聴率は19.3%で、『まれ』19.7%、『あさが来た』21.4%、『とと姉ちゃん』23.0%、『べっぴんさん』が20.3%など、過去作品の同週視聴率と比較しても低い数値なのだ。

    これを受け、ネット上でははやくも原因・戦犯を探す動きが見られ「イケメンが出ていないせいでミーハー視聴者が獲得できていない」などの指摘も確認できる。だが、本当にそうなのだろうか?
    しらべぇ編集部では、この声について朝ドラファン3名に話を聞いてみた。

    >>2以降につづく

    2017/4/25 07:00 しらべぇ
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170425-06150617-sirabee

    【【悲報】有村架純主演の朝ドラ『ひよっこ』、低視聴率の原因「イケメン不在説」にファンが物言いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/23(日) 16:46:26.95 ID:CAP_USER9
    ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

    NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、素晴らしい作品だと、とても評価が高いですが、平均視聴率は、ほぼ19%台と、20%を超える日が少ないのはなぜなのか。

    よく言われるのは、前作「べっぴんさん」の影響。終盤、20%を下回ることが多く、その流れを受け継いでいる可能性があるということ。

    ある視聴者は「べっぴんさん」を見たいという気持ちが終盤、薄れてしまったけど、最後が気になるので“頑張って見た”と話していました。頑張って見た人は今、朝ドラから解放された状態かも。

    さらに、もう1つ大台に届かない要因として考えられるのは、これまで好調な作品にはあったけれども「ひよっこ」にはないものです。ズバリ若いイケメンです。

    「べっぴんさん」には永山絢斗、高良健吾が出演。「とと姉ちゃん」には坂口健太郎、「あさが来た」では玉木宏、ディーン・フジオカ、「まれ」には山崎賢人。

    イケメンがイケメン役で出演し、女性視聴者のハートをつかんでいました。

    「ひよっこ」では、女性の間で話題となるイケメンは今のところ登場していません。NHKの木田幸紀放送総局長は、先日の定例会見で視聴率が20%の大台を記録する時は

    「60、70代の視聴者だけでなく、40、50代と、分厚くリアルタイムで見ている時」と話していました。

    4月3日のスタートから大台はまだ数回しか記録していません。ステップアップのカギは40代、50代の主婦層の心をつかむイケメンではないかと思います。

    日刊スポーツ 4/23(日) 13:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01810893-nksports-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170423-01810893-nksports-000-view.jpg

    【【苦戦】朝ドラ「ひよっこ」の視聴率が伸び悩む理由って???????????????】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/20(木) 14:05:19.06 ID:CAP_USER9
    今秋朝ドラ『わろてんか』追加キャストに松坂桃李、高橋一生ら

     女優の葵わかな(18)が主演する平成29度後期の朝の連続テレビ小説第97作目『わろてんか』(月~土 前8:00 総合ほか)の
    追加キャストが20日、発表され、松坂桃李(28)、高橋一生(36)らの出演が決定した。

     物語は、明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪。戦火で全て灰じんに帰するという中で、
    ヒロインの藤岡てん(葵)が、ひょんなことから小さな寄席経営をはじめ、
    ついには日本で初めて“笑い”をビジネスにした女性と言われるまでになるまでのストーリーを描く。

     松坂は、てんの夫で大阪船場の老舗米問屋「北村屋」の長男・北村藤吉役。
    家業を継ぐのがイヤで旅芸人一座にまぎれ込んでいた時、てんと出会い恋に落ちる。
    笑いが大好きだが芸の才能はなく、てんと結婚するため船場に戻って家を継ごうと決心する。

     てんの従兄で、彼女に思いを寄せる武井風太には濱田岳(28)が決定。
    てんの実家である京都の老舗薬問屋「藤岡屋」の親戚の子で使用人として働いている。
    幼い頃からてんと一緒に育てられ、仲の良い兄のような存在だが、てんからは常に弟扱い。
    てんが藤吉と一緒になって以降も、彼女のために身を粉にして働くことをいとわず、終生の忠誠を誓う一本気さがかわいいい男。

     高橋が演じるのは日本にショービジネスを根づかせる青年実業家・伊能栞。
    大阪の伊能薬品社長の息子だが正妻の子でないため、神戸で貿易会社を興して実家とは距離を取っている。
    てんの結婚相手になるはずだったが、てんが藤吉を好きだと知って、後押ししてやる度量の広い男でもある。

     そのほか、てんの父・藤岡儀兵衛を遠藤憲一、母・しずを鈴木保奈美、祖母・ハツを竹下景子が務める。
    また、朝ドラ初出演のキャストとして、てんの兄・新一に千葉雄大、妹・りんに堀田真由の起用も決定した。
    てんに付く女中・トキは徳永エリが演じる。

     追加キャスト第2弾も近日、発表予定。てんの天敵(?)となる藤吉の母・北村啄子(きたむら つえこ)や、
    てんをとりまく大阪の漫才師など彩り豊かな登場人物が数多く控えている。

    http://www.oricon.co.jp/news/2089460/full/
    news/20170420/2089460_201704200556195001492663751c.jpg

    【【NHK】今年秋からの朝ドラのキャストWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む


    no title


    1: 名無しさん 2017/02/08(水) 10:49:01.46 ID:CAP_USER9
    現在放送中の朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK)の主役を務めている芳根京子に、不可思議な現象が起きている。

    同ドラマは現在、ここ数週間の週単位の視聴率が20%台と21%台を行ったり来たりしている。

    「残り放送期間もあと3カ月となり、これから正念場を迎えます。テレビ小説は20%台が合格ラインで、21%台が人気作と位置づけられます。この格付けは、のちのちに意外と大きく影響します。視聴率の数字的は順調にきているのに、芳根自身がさっぱり話題になっていないのが、今作の腑に落ちないところなのです。彼女は視聴率22%を超えた『花子とアン』にも出演していたにもかかわらずです」(NHK関係者)

    ドラマは昨年の10月3日から放送が始まっている。内容については多くのメディアなどで紹介されているため省略するが、最近の週では、母親のすみれ(芳根)は思春期を迎えた娘のさくら(井頭愛海)が夜遊びに走り、心配のたねになっている。

    「芳根はいま、30代半ばから後半に差し掛かる年齢の役を演じています。芳根は2月28日の誕生日でようやく20歳を迎えるのですが、妙に役柄に合っていて、年相応に見えるのです。娘役の井頭とは4歳差しかないのですが…。落ち着いてどんな役もできる、と言えば聞こえもいいのですが、中年女性の役が似合うというのも妙な話です。年齢を超えた役柄を器用にこなすところが、かえってマイナスにもなっているようです」(アイドルライター)

    その理由は、各所で囁かれている。

    「自分らしい個性の演技がないため、メイク次第でどんな年代にも合ってしまうのが災いしているのでしょう。整った顔ですが、個性が乏しいかな、という印象を受けてしまいがちです」(同・ライター)

    芳根は、2月5日に開催された男性出演者中心の公開トークショー『“べっぴんさん”ファン感謝祭~THE男会~』にスペシャルゲストとして登場した。その際に、会場は大拍手となったのだが…。

    「ステージに現れた出で立ちは、白のロングコーディガンを羽織り、白のワンピース姿で、ノーメイクの黒髪の少女でした。そのためか、最初は場内でも誰だか分からなかったのでしょう。名前が呼ばれて初めて、会場がどよめき出したのです。“べっぴんさん”の“すっぴん”は、普通っぽい顔で地味でした」(テレビ雑誌編集者)

    視聴率は堅調なため、批判や疑問は抱かれていないが、

    「週刊誌やスポーツ紙でも彼女が取り上げられることは滅多にありません。前作の『とと姉ちゃん』は、主演の高畑充希のルックスに特徴があったため、話題に上がることもありましたが…。放送中なのに、次作で出演予定の有村架純が話題になっているくらいです。芳根に対する評価はその状態が物語っている気がします。」(同・編集者)

    時間が経てば再評価されることもあるだろう。本当の名女優とは、案外そういうものなのかもしれない。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-16665/

    【朝ドラ「べっぴんさん」の主人公って誰??????????????】の続きを読む

    このページのトップヘ