新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:朝ドラ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/03/30(土) 11:03:49.35 ID:9F2NjaVP9
    NHK連続テレビ小説100作目となる「なつぞら」が、4月1日から始まる。ヒロインを演じるのは広瀬すず(20)。
    昨年6月から北海道十勝地方でロケをスタートし、これからは東京のスタジオが撮影の中心となる。

    「9月上旬まで、広瀬は月~金は早朝から夜遅くまで東京のスタジオで撮影漬けの日々になります。
    その間の過ごし方に関して、NHKが神経を尖らせているというのです」(関係者)

    どうやら、大河ドラマ「いだてん」の主要キャストだったピエール瀧が逮捕された影響もあるようだ。
    NHKの“取材力”をもってしても役者の細かいプライベートまで把握することは難しいことがハッキリした。

    朝ドラ撮影の半年間は、若手女優にとって本当に過酷なため、どこかで“息抜き”も必要になってくる。
    過去には「純と愛」(2012年下半期)で主演を演じた夏菜(29)が、朝ドラ開始直前にサッカー選手との熱愛をフライデーされた。放送後にも恋人役として共演した風間俊介(35)との密会を撮られた。

    「あれ以降、主演女優の所属事務所はさらに監督を強化するようになりました。
    『あまちゃん』主演の能年玲奈(現在のんに改名)や『まれ』の土屋太鳳、『ひよっこ』の有村架純は皆、撮影中はNHKの近所に住んでいました。
    それでも、有村は自宅近くのスーパーで買い物姿を撮られたり、『半分、青い。』の永野芽郁も“街ブラ”を撮られています。
    朝ドラの主演女優は常に芸能マスコミに狙われていると思った方がいいでしょう」(芸能ライター・弘世一紀)

    「花子とアン」(14年上半期)に主演した吉高由里子(30)にもNHK側は細心の注意を払っていたという。

    「NHK側が最も恐れたのが、お酒のトラブルと恋愛スキャンダルだったといいます。吉高は当時、人気バンド『RADWIMPS』のボーカル・野田洋次郎と交際しており、何度か週刊誌に撮られました。
    それ以前も俳優の生田斗真との“カラオケ&手つなぎデート”を撮られています」(弘世一紀氏)

    ■「杞憂では…」の声も

    もっとも、広瀬はこれまで一度も熱愛をスクープされたことがないし、プライベートショットすら撮られたことがない。

    「それでもNHKは記念すべき100作目の朝ドラをスキャンダルで絶対に汚したくないというスタンスです。
    現在、広瀬は、姉のアリスと母親の3人で暮らしています。これについてはお目付け役としてアリスに“監視”をお願いしているという声がもっぱらです」(NHK関係者)

    広瀬は自己管理が徹底した女優として知られている。NHK内部では“杞憂ではないか”という声もあるという。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-233729/
    2019年03月30日 09時26分 日刊ゲンダイDIGITAL

    【【困惑】広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/12/24(月) 07:39:31.44 ID:CAP_USER9
    2018.12.24 07:00
    平成のNHK朝ドラ視聴率トップ20発表、20位は『あさが来た』

     ここ数年は「ブーム」と呼ばれるほどに人気が高まっているNHKの連続テレビ小説。
    歴史を振り返ってみると、平成前期は視聴率30%台が当たり前だったが、中期から不振となり、放送時間を15分早め、有名女優を起用するなど、改革を行っている。
    そこで、約30年の平成の時代に高視聴率を獲得した人気朝ドラベスト20を紹介しよう。朝ドラは年2本放送される。

    【NHK連続テレビ小説 期間平均視聴率】
    第1位 『おんなは度胸』1992年 38.5%
    第2位 『青春家族』1989年 37.8%
    第3位 『ひらり』1992年 36.9%
    第4位 『京、ふたり』1990年 35.6%
    第5位 『ええにょぼ』1993年 35.2%
    第6位 『凛凛と』1990年 33.9%
    第7位 『和っこの金メダル』1989年 33.8%
    第8位 『かりん』1993年31.4%
    第9位 『君の名は』1991年 29.1%
    第10位 『ふたりっ子』1996年 29.0%
    第11位 『あぐり』1997年 28.4%
    第12位 『天うらら』1998年 27.7%
    第13位 『甘辛しゃん』1997年 26.6%
    第14位 『すずらん』1999年 26.2%
    第15位 『ぴあの』1994年 25.5%、『ひまわり』1996年 25.5%
    第17位 『春よ、来い』1994年 24.7%
    第18位 『あすか』1999年 24.4%
    第19位 『私の青空』2000年 24.1%
    第20位 『あさが来た』2015年 23.5%

     このランキングについて、テレビ解説者でコラムニストの木村隆志さんはこう話す。

    「録画して朝ドラを見る人が増えたのが平成。20位の『あさが来た』は2015年の作品なので、録画視聴率を含めたら、実質30%を超えるのではないでしょうか。
    1位の『おんなは度胸』など前期の視聴者は、中高年の主婦が中心でしたが、今は若者も見ている。
    また従来の録画をはじめ、1週間分をまとめた放送やBSの先行放送など、視聴方法も多様化しており、昔に比べ、視聴率が分散しているのが現状です」

    ※女性セブン2019年1月3・10日号


    https://www.news-postseven.com/archives/20181224_830638.html

    【【発表】平成のNHK朝ドラ視聴率トップ20wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/10(金) 09:24:18.21 ID:CAP_USER9
    『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施した。NHKの朝ドラこと「連続テレビ小説」は、1961年の開始以降、その時代に輝くスター女優を輩出してきた。アンケートの結果、1位に『ひよっこ』(2017年)の有村架純、2位に『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)がランク入り。3位に食い込んだのは、シニア世代の読者から圧倒的な支持を得て『おはなはん』(1966年)の樫山文枝。

     夫を病で失ったおはなはんが、女手ひとつで子どもたちを育てながら、明治中期から戦後までの激動の時代を生きていく──そんな物語を描いた同作は、最高視聴率56.4%を記録し、放送中は全国の水道利用量が急激に減ったという逸話を持つ。

    「まさにかじりつくように見ていました。樫山文枝の演じるおはなはんは、どんな苦境でも決して笑顔を忘れない。天真爛漫で本当に可愛くて、それでいてたくましかった」(72・無職)

     4位、5位は『とと姉ちゃん』(2016年春)の高畑充希、『まれ』(2015年春)の土屋太鳳と近年のヒロインが続いたが、6位には『澪つくし』(1985年春)の沢口靖子がランクイン。『澪つくし』以前は映画『刑事物語3』に出演したことがあるだけで、主演も連ドラも初めてだった沢口は、文字通り朝ドラを入り口にスター女優へと駆け上がった。同作の脚本を担当したジェームス三木氏が語る。

    「彼女を朝ドラに推したのは、僕なんです。『刑事物語3』を観たら、演技はイマイチだけど、それを吹き飛ばす瑞々しい魅力があってね。NHKのプロデューサーに『端役でもいいから使いなよ』って話したら、オーディションであれよあれよという間にヒロインの座を射止めちゃった。

     彼女には思わず応援したくなる“健気な可憐さ”があった。演技力は発展途上なのに、否応なく引き込まれるんです」

     7位は『はね駒』(1986年春)の斉藤由貴。沢口とは対照的に、すでに『スケバン刑事』(1985年)に主演するなどアイドルとして人気絶頂だった彼女は、多忙を極めるなかで半年間、ヒロインを演じ切った。テレビドラマに詳しいフリーライターの田幸和歌子氏が語る。

    「彼女が演じた“りん”は女性記者の草分け的存在で、許嫁との結婚を自ら破談にして福島から上京するという、当時としては思い切った役どころでした。『はね駒』はお転婆娘という意味ですが、りんのお転婆な可愛さと斎藤さんの大きな目、エネルギッシュなイメージがぴったりでした」

    ※週刊ポスト2018年8月17・24日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180810-00000007-pseven-ent

    【【ドラマ】朝ドラ歴代最高ヒロインの調査結果wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/09(木) 10:36:52.44 ID:CAP_USER9
    女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第111話が8日に放送され、平均視聴率は番組最高の24・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが9日、分かった。
    第67話(6月19日)と第82話(7月5日)の23・2%を1・3ポイント上回り、自己最高を更新した。

    今回の24・5%は、放送時間が午前8時になった2010年以降、10年前期「ゲゲゲの女房」の番組最高=23・6%、10年後期「てっぱん」の番組最高=23・6%、17年前期「ひよっこ」の番組最高=24・4%を上回った。

    第109話(8月6日)から「岐阜出戻り編」がスタート。
    第109話こそ午前8時からの「平成30年 広島平和記念式典」生中継のため、放送開始が通常から38分遅れの午前8時38分に変更になったことが影響したとみられ、自己ワーストの14・6%だったが、第110話(8月7日)は22・5%と1日で大台に回復。
    佐藤健(29)演じるヒロインの“運命”の幼なじみ・律らの再登場に注目が集まっている。

    朝ドラ通算98作目。
    フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。
    岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

    第111話は、草太(上村海成)のカツ丼がヒットし、つくし食堂は大繁盛。
    楡野家の台所事情もよくなり、鈴愛(永野)は養ってもらおうと企んでいたが、それを見抜いた晴(松雪泰子)から仕事を見つけるように促される。
    困った鈴愛は大手メーカーに勤める律(佐藤)や不動産業を営むブッチャー(矢本悠馬)らに相談。
    しかし、仕事は見つからない。
    その頃、涼次(間宮祥太朗)が監督を務める映画が完成し、試写会の開催が決定する。
    そして、ユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)が岐阜を訪れる…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000082-spnannex-ent

    「半分、青い。」 永野芽郁
    no title

    【【驚異】朝ドラ「半分、青い。」の視聴率が爆上げで「ゲゲゲの女房」「ひよっこ」超えへ!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/01(水) 18:55:02.33 ID:CAP_USER9
     NHKの「朝ドラ」の現場がピリピリしているという。来年4月スタートの朝ドラ『なつぞら』で、ヒロインを務める広瀬すず(20)が、共演する松嶋菜々子(44)からパワハラ攻撃を受け、早くも爆発寸前の状態に突入しているというのだが…。
     「松嶋の“パワハラ疑惑”は7月10日発売の『女性自身』が報じて表面化しました。『なつぞら』は、NHK朝ドラ100作目となる記念的大型作品で、広瀬演じる、高度経済成長期にアニメーターを目指して北海道・十勝から上京する少女の人生を描きます。松嶋は広瀬の義理の母役なのですが、現場で初顔合わせした際、広瀬に“ちゃんと台本読んできてね”と、お局色丸出しの痛烈忠告をし、現場が凍り付いたというのです」(芸能記者)

     確かに松嶋は、'96年『ひまわり』でヒロインを務めており、NHK朝ドラの大先輩ではある。
     「そんな松嶋から頭ごなしに忠告をされたら、このご時世、“パワハラ”と感じてもおかしくない。その後も松嶋は、先輩風を吹かせつつ、広瀬に指導するなどし、妙な空気になっているそうです。広瀬は親しい関係者に怒りを訴えており、もはや“ブチキレ5秒前”状態だそうですよ」(同)

     だが、彼女いわく、台本は1回読めば暗記できるのだという。ゆえに、台本には何も書き込まず、撮影現場でも台本を読まない主義だというのだが、そういう態度も松嶋の気に障ったのかも…。

     そうした状況の中、周囲が心配しているのが、広瀬のプッツン暴走だ。
     「もともとヤンチャな性格で知られる広瀬だけに、松嶋の攻撃が続くと、いつブチ切れるか分かりません。特に彼女は、キックボクシングで鍛えており、格闘家並みの戦闘能力を持っている。どんなきっかけで、松嶋にパンチやキックの報復をするか、周囲はヒヤヒヤです」(芸能関係者)

     最近、“三重苦”に見舞われているだけに、なお一層、プッツンリスクは高い。1つ目は、『なつぞら』ヒロインが決まったため、放送終了の来秋まで男問題が絶対NGになったことだ。
     「それだけでも爆発寸前なのに、1月には実兄が地元静岡で酒気帯び運転容疑で逮捕され、広瀬まで謝罪コメントを出すハメに。さらに1月期の主演連ドラ『anone』(日本テレビ系)が平均視聴率6.1%と大惨敗した。そうした中、朝ドラを成功させるプレッシャーは相当で、松嶋に暴行を加えてそのまま投げ出し降板する、という可能性はゼロではない。また、懸念されるのは、ブチ切れて、岡田将生、山田裕貴、吉沢亮ら『なつぞら』のイケメン共演陣を食べてしまうこと」(放送記者)

     以前、ファンの質問に、「私こう見えてもメンタルだけは無敵なんです」と言い切った広瀬。NHKさん無事に放送開始できればいいですね。

    https://wjn.jp/article/detail/0862608/
    no title

    【【勃発】広瀬すずが松嶋菜々子のパワハラにガチギレ寸前wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ