新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:月9

    1: 名無しさん 2017/07/18(火) 09:06:31.47 ID:CAP_USER9
     俳優で歌手の山下智久(32)が主演を務めるフジテレビ“月9”「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」
    (月曜後9・00)が17日に30分拡大でスタートし、初回の平均視聴率は16・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

     ドクターヘリに乗り込む「フライトドクター」たちの姿を中心に描く人気医療ドラマの第3シーズン。1stシーズン(2008年7月期)、
    2ndシーズン(10年1月期)に続き、7年ぶりに復活。藍沢耕作(山下)ら5人の医師・看護師が10年以上のキャリアを積み、人生の新たな局面に立つ。

     今回も山下をはじめ、新垣結衣(29)戸田恵梨香(28)比嘉愛未(31)浅利陽介(29)の5人が勢揃い。山下の“月9”主演は5回目になり、
    歴代3位タイ。今シリーズから脚本は「大切なことはすべて君が教えてくれた」「リッチマン、プアウーマン」「失恋ショコラティエ」などの安達奈緒子氏に
    変更。演出は第1シーズン、第2シーズンも担当した西浦正記氏ほか。

     1stシーズンの初回は21・2%、2ndシーズンの初回は18・8%。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170718-00000079-spnannex-ent

    【【フジ復活】月9「コード・ブルー」の視聴率が大勝利!!!!!!!嵐・相葉の失態を山Pが補填wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/07/06(木) 20:49:28.31 ID:CAP_USER9
    7月5日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)は、『豪華新ドラマ俳優、女優陣禁断モテテク披露スペシャル』と題し、7月スタートのドラマに出演する人気俳優が多数出演した。
    そのなかでも注目されたのが、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が大きな話題になり、7月からは『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』に出演する新垣結衣だった。

    番組では、女性がするとかわいい仕草を紹介。

    《彼が服をパタパタさせて暑い仕草をしている時は、息を首筋に吹く》や、《待ち合わせ場所で会った時はハグすると見せかけてフェイントする》など、一部を新垣が実演し、スタジオの男性出演者を虜にしていた。
    これにはツイッターでも《ガッキーのフェイントハグかわいすぎる》、《ガッキーのダブルウインクかわいすぎ》など、絶賛するつぶやきが多数投稿されていた。

    ■コード・ブルーが恋愛ドラマになってしまう?

    その新垣が出演するコード・ブルーは、今回で第3シリーズを迎える。
    第1シリーズの平均視聴率は15.9%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)、第2シリーズが同16.6%と、いずれも同時期に開始したドラマのなかでトップの数字を誇っている。

    不振にあえぐフジテレビにおいて、夏の視聴率の期待を一身に背負っているが、脚本家が前作までとは変わり、安達奈緒子氏となることに不安の声が出ている。
    安達氏は『大切なことはすべて君が教えてくれた』や『リッチマン、プアウーマン』、『失恋ショコラティエ』など、“月9”での実績もあるが、すべて恋愛ドラマだ。

    ここ数年の月9は、『ガリレオ』や『信長協奏曲』など非恋愛作品が人気になる傾向があり、一部のファンからは、山下智久の”彼女”の座を新垣と戸田恵梨香が争うような恋愛要素が強くなると、面白さが半減するのではないかと心配の声が出ている。
    月9は、コード・ブルーのあとには、篠原涼子が主役の連続ドラマ『アンフェア』のシリーズが放送されることが内定した。

    しかし、6月にドラマ制作出身の亀山千広社長が退任しており、今回のコードブルーが不振になるようなことがあれば、来年3月で30年以上に渡って続いた月9のドラマ枠が廃止されるかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/25660

    【【主役空気】月9の命運を握る『コード・ブルー』のヒットがガッキー頼みwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/27(火) 09:11:03.84 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めたフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の
    最終回(第11話)が26日に15分拡大で放送され、平均視聴率は
    9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの
    2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、
    第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%、
    第10話=8・0%と推移。初回以来の2桁復帰はならなかった。

     1987年4月からドラマ枠になり、数々の名作・ヒット作を生んだ“月9”の30周年を飾る作品。
    原作は、日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した2011年の「隻眼の少女」など、
    推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・ 麻耶雄嵩氏(48)の「貴族探偵」
    「貴族探偵対女探偵」(集英社文庫)。己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も
    不明という異色の探偵(相葉)が召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、
    遊びに興じながら優雅に事件を解決に導く姿を描いた。

     リアルタイムの世帯視聴率には結び付かなかったが、本格ミステリーとファンタジックな
    世界の融合した意欲作。最終回は、いつも貴族探偵に出くわし、推理対決を繰り広げた新米探偵・
    高徳愛香(武井)が事件を初解決。愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)の死の真相など、
    伏線が鮮やかに回収されるドラマオリジナルの結末となった。最後の最後に“月9”らしく
    ラブの要素も盛り込まれ、エンドロールで貴族探偵の紋章の謎が明かされるなど、
    凝った作りを貫いた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000078-spnannex-ent

    【【フジ復活へ】相葉主演「貴族探偵」の最終回視聴率が奇跡の大逆転爆上げキタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/15(木) 12:59:30.20 ID:CAP_USER9
    6/15(木) 11:30配信 AERA dot.

     フジテレビ系の「月9」枠で7月からドラマ「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~ THE THIRD SEASON」が放送される。
    ドクターヘリをテーマにしたシリーズで、歌手で俳優の山下智久(32)が主演を務め、シーズン1は2008年、シーズン2は10年に放送された。
    山下のほか、新垣結衣(29)や戸田恵梨香(28)らがフライトドクターを目指して奮闘する姿は好評を博し、シーズン1は
    平均視聴率15.9%と同クールの連ドラでトップの数字を記録。月9枠となったシーズン2も平均16.6%と高視聴率を叩き出した。

     一方、最近の「月9」では毎クールの低視聴率が話題となっている。16年1月期の
    「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」以降、平均視聴率は1ケタ台が続き、
    今年1月~3月まで放送されていた「突然ですが、明日結婚します」では史上最低の5.0%を
    記録した。月9ドラマ30周年記念作品となった4月期の「貴族探偵」も1ケタ台を連発し、
    期待に応えることができなかったようだ。そんな中、人気ドラマの続編がいよいよ放送されると
    いうことで話題を集めているが、果たして今作で低迷を脱することができるのだろうか?

    「何より山下や新垣、戸田など前作と同じメインキャストが再集結するのが大きい。しかも、
    シーズン1から9年がたちましたが、それぞれが第一線どころか主役級として活躍して
    いますからね。役者たちも復活を喜んでおり、新垣なんて『大きな縁と使命を感じています』と、
    かなり意気込んでいるようです。主題歌も前作と変わらずMr.Childrenが担当しますし、
    大コケするというのは考えづらい」(テレビ情報誌の編集者)

     確かに、この主要キャストたちの名前を見ると、前作を知らない視聴者でも興味が
    湧いてくるだろう。だが、「初回の視聴率は良いかもしれませんが、その後の展開によっては……」
    と危惧するのはスポーツ紙の芸能担当記者だ。

    「今作は、フライトドクター候補生だった山下や新垣が“一人前”となり、
    救急救命の最前線で活躍するという話。昔の自分たちと同じようにフライトドクターを
    目指す若者も登場し、彼らをどう指導するかという部分も見どころです。そして、
    その若者を演じるのがHey! Say! JUMPの有岡大貴(26)や、人気急上昇中の
    成田凌(23)などの新キャストたち。もちろん、彼らにスポットが当たることも
    多くなると思いますが、あまりにも新キャストをメインに据えてしまうと、
    昔のファンが離れてしまう可能性はあります」

     しかし、新キャストはさほど視聴率に関係しないと予想する声もある。
    前出の編集者は予測する。

    「そもそも、医療ドラマはターゲットが幅広く、患者の命がかかったドキドキ感も
    味わえるので人気があるんです。16年の冬に放送されていた米倉涼子(41)主演ドラマ
    『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の第4シリーズは平均視聴率20%を
    超えていますし、今年1月期のトップは木村拓哉(44)主演『A LIFE ~愛しき人~』
    (TBS系)で、これも医療ドラマでした。『コード・ブルー』も同じく医療ドラマで、
    かつキャストも豪華。さらに、7月期のドラマには今のところ、他に話題作がありません。
    そんな好条件が揃っているので、『月9』復権の起爆剤となる可能性は高いでしょう。
    逆に、これで視聴率が低迷したら『完全に月9は終わった』と言われても仕方ありませんが…」

     まさに、「月9」枠の命運を握っていると言っても過言ではない「コード・ブルー」。
    前作、前々作のように安定した視聴率を確保することができるか? 注目したいところだ。
    (ライター・丸山ひろし)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170614-00000069-sasahi-ent&p=2

    【【コードブルー】フジが全勢力をあげて挑む夏の月9wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/23(火) 09:27:54.06 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)の第6話が22日に放送され、平均視聴率は7・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

     初回は「月9」としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話8・0%と推移し、今回は自己最低を更新。2桁復帰はならず、苦戦が続いている。

     1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠「月9」の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第6話は、貴族探偵(相葉雅紀)と高徳愛香(武井咲)が立会人となった桜川家、婿選びの儀式で、凄惨な連続殺人が起きてしまった。儀式は桜川家当主、鷹亮(竜雷太)の孫娘、弥生(北香那)の婿を決めるもの。莫大な財産と権力を引き継ぐことになるので、鷹亮はこのような事態が発生することを懸念していた…という展開だった。

    2017年5月23日 09:13
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/23/kiji/20170522s00041000297000c.html

    【【悲報】嵐・相葉主演の月9ドラマがまたもや歴史的惨敗へwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ