新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:月9

    1: 名無しさん 2017/05/23(火) 09:27:54.06 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)の第6話が22日に放送され、平均視聴率は7・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

     初回は「月9」としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話8・0%と推移し、今回は自己最低を更新。2桁復帰はならず、苦戦が続いている。

     1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠「月9」の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第6話は、貴族探偵(相葉雅紀)と高徳愛香(武井咲)が立会人となった桜川家、婿選びの儀式で、凄惨な連続殺人が起きてしまった。儀式は桜川家当主、鷹亮(竜雷太)の孫娘、弥生(北香那)の婿を決めるもの。莫大な財産と権力を引き継ぐことになるので、鷹亮はこのような事態が発生することを懸念していた…という展開だった。

    2017年5月23日 09:13
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/23/kiji/20170522s00041000297000c.html

    【【悲報】嵐・相葉主演の月9ドラマがまたもや歴史的惨敗へwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    http://contents.gunosy.com/5/1/650fc648e374fbef710f3a335571bba1_content.jpg

    1: 名無しさん 2017/05/08(月) 19:29:04.54 ID:CAP_USER9
    嵐の相葉雅紀主演ドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)第3話の平均視聴率9.1%と前週より0.8ポイントアップした。

    この日のゲスト出演者は、女子高生・垂水遥役の橋本環奈。
    垂水と恋愛関係にある高校教師が、無実の罪をかぶせられ、その解決のために探偵が謎解きをするというもの。
    そして、武井咲演じる女探偵の高校時代の過去も明かされる。

    視聴者は、高校生役の橋本の制服姿に「環奈ちゃん、かわいい!」と歓喜した。しかし、武井の高校時代の回想シーンになると
    「制服がめっちゃ、安っぽい衣装みたいで似合ってない」「さすがに武井さんの女子高生役は無理があるでしょう」など不評だった。

    テレビ誌ライターも「まるで公開処刑のようだった」と苦笑い。

    「武井はまだ23歳なのに、高校生役の違和感が半端なかった。
    まして18歳の橋本が出演していましたから、よけいに武井の高校生姿はきつかったですね。
    先日、『女囚セブン』(テレビ朝日系)で、35歳の安達祐実がセーラー服姿を披露して絶賛されたばかりだったから、よけいに悪目立ちしてしまいましたね」

    高校生役がきつかったということは、それだけ武井が成熟した女性の面立ちに成長したということだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1308286/
    2017.05.08 18:15 アサジョ

    no title

    no title

    【【悲報】橋本環奈が武井咲を公開処刑wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/02(火) 17:11:42.63 ID:CAP_USER9
    1日に放送されたジャニーズ事務所の人気グループ・嵐の相葉雅紀主演のフジテレビ系月9ドラマ「貴族探偵」の第3話の平均視聴率が9.1%だったことが
    2日、ビデオリサーチ(関東地区、以下同)の調べで明らかになった。

    同ドラマは主人公は、相葉演じる使用人に推理をさせ、謎解きをすることが趣味の「貴族」。本名不詳、年齢も住所も家族も不明で、趣味は探偵という設定。
    事件に出合うと、中山美穂演じるメイドや松重豊演じる執事に命じて捜査・推理をさせ、武井咲演じる新米女探偵と競い合う形で事件の謎に挑む。

    1987年4月開始の月9ドラマ30周年という節目の作品。ほかにも井川遥、滝藤賢一、生瀬勝久ら豪華キャストをそろえ鳴り物入りでスタートした。

    「1話あたりの制作費は異例の1億円とも言われている。それだけに、視聴率は最低でも全話平均で15%超えが目標と制作サイドは意気込んでいた」(フジ関係者)

    月9では3クールぶりの2桁スタートを切ったものの、第2話は8.3%にダウン。第3話は0.8ポイントアップしたものの、2桁に回復することすら難しい状況となってしまった。

    「数字は下がっているものの、各スポーツ紙などはジャニーズ事務所との関係があるだけに、おおむね好意的な記事の書き方。
    それによると、原作ファンには好評で、キッズ、F2層(女性35?49歳)、F3層(女性50歳以上)の支持を得ているというが、
    ネット社会のこのご時世にヒット作となるには、SNSの発信力がある若者世代に支持されないとなかなか数字は伸びない。
    そのあたりにアピールする戦略が徹底されていないのでは」(芸能記者)

    先日、フジの亀山千広社長は定例会見で「タイムシフト(録画)の数字もいいように聞いている」と発言。危機意識がかなり低いようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1306625/
    2017.05.02 11:44 リアルライブ

    【【月9】ジャニーズが主演のドラマだと低視聴率でも全く叩けない大手メディアwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/25(火) 09:38:32.00 ID:CAP_USER9
     フジテレビ“月9”ドラマ「貴族探偵」(月曜後9・00)の第2話が24日に放送され、
    平均視聴率は8・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。

     初回は11・8%。「月9」初回としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来、
    3クールぶりの2桁スタートを切ったが、第2話で1桁台に数字を下げた。

     原作ファンには好評。キッズ、F2層(35~49歳女性)、F3層(50~64歳女性)の
    支持を得ており、巻き返しが期待される。

     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務め、1987年4月からドラマ枠になった「月9」の30周年を
    飾る話題作。原作は、2011年に「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞に輝くなど、推理小説の
    常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩(まや・ゆたか)氏の「貴族探偵」
    「貴族探偵対女探偵」。主人公は召使いに推理をさせ、本人は何もしないという異色の探偵。
    己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も不明という謎の青年(相葉)が
    「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、自分は
    事件関係者の女性との会話を楽しみ、遊びに興じながら事件を解決に導く。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000086-spnannex-ent

    【【悲報】嵐・相葉のフジ月9の視聴率が急降下wwwwwwwwwwwいつものフジの視聴率に戻るwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 09:48:32.72 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 3/21(火) 9:43配信

     フジテレビの連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の最終回(第9話)が20日に放送され、平均視聴率は6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

     全9話の期間平均視聴率は6・7%。「月9」のワースト記録を塗り替えた。「月9」全話平均の従来の最低は「カインとアベル」(昨年10月クール、全9話)の8・2%。これを下回った。

     第4話=6・6%、第5話=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新。第6話=5・0%と、月9史上初の5%台に落ち込み、3週連続して月9ワースト記録を記録を塗り替えた。

     テレビ視聴のスタイルの変化もあり、人口の少ない若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくく、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦。一方、それを裏付けるかのように、FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)は若年層に圧倒的に支持された。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=
    OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は
    並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000086-spnannex-ent

    【【視聴率】西内まりや主演の月9逝った・・・・またもや史上ワーストを更新】の続きを読む

    このページのトップヘ