新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:月9

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/19(木) 19:47:04.19 ID:CAP_USER9
    長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。
    かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。

    長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。
    その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

    長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。
    初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

    この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1~3月クールに放送された
    「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

    全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7~9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。
    山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

    だが、後が続かなかった。10~12月の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が6・7%、
    今年1~3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

    かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、
    バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。いずれも20年以上にわたって放送された長寿番組
    「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」を打ち切った。ほかにも「おじゃMAP!!」なども終了させた。

    視聴率が低迷する番組を次々に打ち切るのは、昨年6月に就任した宮内正喜社長の方針だ。
    かつて多くのヒットドラマを手がけた亀山千広氏からトップの座をバトンタッチされた宮内社長は、就任直後から「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

    「そのためには何よりも視聴率アップが大事。これまで、視聴率は低迷しているのに“長い間放送してきた”という理由だけで続けてきた
    『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』の打ち切りを決めたんです」(フジテレビ関係者)

    4月の改編ではバラエティー番組を次々と打ち切ったが、標的はもちろんバラエティー部門だけではない。
    これから先も視聴率が低迷し続ければ、月9も当然、打ち切りの対象になってくるとみられている。

    「今回の月9は、長澤がセクシー路線を全開にしてさまざまなコスプレに挑戦している。
    東スポさんでも“長澤が低迷するフジの救世主に”と書いていたけど、局内でも大きな期待がかかっていた。それがいきなりの低空飛行だから、ショックは大きい」(同)

    また別の同局関係者は「宮内さんの前任である亀山さんは、月9にものすごい思い入れがある。
    そりゃ、そうですよね。キムタクが主演して大人気となった『ロングバケーション』(1996年)を手がけ、
    全話平均29・6%というものすごい視聴率を記録したんだから。亀山さんなら月9を打ち切るなんてことは考えもしなかっただろう」と言う。

    だが、宮内社長は主に編成部門を歩んできた。

    「だから月9に全く思い入れはない。『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』と同様に“数字が悪かったら打ち切る”と判断するでしょうね」(同)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000004-tospoweb-ent


    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524104507/

    【話題】長澤まさみ主演の月9「コンフィデンスマンJP」第2話は7・7% 初回から1・7ポイントダウン★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524035937/
    【視聴率】長澤まさみ主演“月9”『コンフィデンスマンJP』初回は9.4%★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523341266/

    【【悲報】 長澤まさみでも2回連続で1桁でフジ月9絶望wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/10(火) 09:07:44.20 ID:CAP_USER9
     長澤まさみ(30)主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第1話が9日放送され、初回平均視聴率が9.4%だったことがわかった。
    初回は30分拡大で放送された。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

     同ドラマは『リーガルハイ』シリーズで知られる古沢良太氏によるオリジナル脚本。11年ぶりの“月9”主演となる長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、
    小日向文世演じるリチャード、3人の信用詐欺師たちが金融、不動産、芸能、美容業界などさまざまな業界を舞台に騙(だま)し騙されする痛快エンターテインメント
    コメディーを1話完結で描いていく。

     第1話では2003年4月以来15年ぶりの月9枠出演となった江口洋介が演じる悪徳公益財団の会長で“日本のゴッドファーザー”赤星栄介をターゲットに、
    ダー子らが奇想天外な計画を展開。ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測する。

     貨物船舶の船長に扮して赤星に接触するリチャードだったが、なぜかその正体がバレてしまい瀕死の重傷を負う事態に。詐欺師稼業をやめて一度はダー子のもとを
    離れていたボクちゃんは、リチャード入院の知らせを受け、敵を討つべくダー子とともに赤星をだます作戦に乗り出す。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000362-oric-ent

    【【フジ】長澤まさみ主演の月9視聴率いきなりヒトケタwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/02/27(火) 10:20:03.10 ID:CAP_USER9
    フジテレビ系月9ドラマ「海月姫」(月曜午後9時)の26日第7回の平均視聴率が4・9%(関東地区)だったことが27日、ビデオリサーチの調べでわかった。
    初回は8・6%、2回目は6・9%、3回目は5・9%、4回目は7・5%、5回目は5・3%、6回目は5・0%。

    漫画家東村アキコ氏の累計発行部数440万部以上の同名コミックをドラマ化。
    10年には同局でアニメ化され、14年には能年玲奈主演で映画化もされている。
    ドラマ「海月姫」は芳根京子(20)主演で、「女の子は誰だってお姫様になれる」がテーマ。
    クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの“クラゲオタク女子”が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、新感覚の“シンデレラ・コメディー”だ。

    26日のあらすじは、修(工藤阿須加)から告白された月海(芳根京子)は大混乱。
    蔵之介(瀬戸康史)に電話で報告する。
    話を聞いた蔵之介が、修にどういうつもりか尋ねると、プロポーズの意思があることを打ち明けられる。
    しかし蔵之介は、月海のことを案じ、修をいさめる。
    ある日「天水館」に月海宛ての一通の手紙が届く。
    差出人の名前がない手紙を怖がる月海の代わりに封を切ったまやや(内田理央)の動きが止まる。
    蔵之介が奪い取ると差出人は修、内容は月海へのプロポーズだった。

    (全文はコチラ)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180227-00136070-nksports-ent

    【【悲報】フジ月9の視聴率ついに5パー割れ・・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/15(月) 09:03:20.72 ID:CAP_USER9
    苦戦フジ月9「海月姫」で逆襲!


    女優の芳根京子(20)が主演を務めるフジテレビ“月9”「海月姫(くらげひめ)」(月曜後9・00)は15日、15分拡大でスタートする。
    昨年4月に30周年を迎えた看板ドラマ枠も、最近2年は期間(全話)平均視聴率1桁(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の作品が相次ぎ、苦戦。
    巻き返しを図る今作。同局編成企画の渡辺恒也氏に企画意図を聞いた。

    1987年4月クールの「アナウンサーぷっつん物語」からドラマ枠となった月9。
    91年1月期「東京ラブストーリー」、91年7月期「101回目のプロポーズ」、93年4月期「ひとつ屋根の下」、96年4月期「ロングバケーション」、
    00年10月期「やまとなでしこ」、01年1月期「HERO」、07年10月期「ガリレオ」など、社会現象になる作品を数多く生み出してきた。

    しかし、16年から視聴率は苦戦。17年7月期「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」は
    期間平均14・8%と7作ぶりに2桁をマークしたが、17年10月期「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜」最終回は月9史上最低の4・6%に沈んだ。

    渡辺氏も「局としても日々議論していますが、月9は今、難しいバランスにあると思います。
    視聴者の皆さんが月9に抱くイメージや期待感は10年前と同じではないですが、かといって完全になくなったとも言えない。
    従来の月9らしさにとらわれすぎるのもよくないと思いますが、局を最も象徴するドラマ枠であることに変わりはありません」と月9の舵取りの難しさを率直に打ち明ける。

    日々公表される視聴率は「世帯視聴率」。若年層を狙った番組より、人口分布の割合が大きいF2(女性35〜49歳)、
    F3(女性50歳以上)をターゲットにした番組の方が一般的には世帯視聴率に結び付きやすい。

    渡辺氏は「ただ、企画の入り口として月9が目指さないといけないのは、まずはティーン(男女15〜19歳)、
    F1(女性20〜34歳)、F2といった若い人たちが中心に楽しめるもの。そこから広がり、上の世代にもリーチしていく。

    極端な話、年配層が見やすいものを最初から狙って企画を発想したら、月9という枠の個性がなくなってしまう。
    制作者は月9のイメージにあぐらをかいちゃいけないのですが、まずは若い人たちが楽しめるものを考え、
    なおかつ、そこに上の世代の方々も楽しめる要素を入れていく。そのやり方は以前から変わっていないと僕自身は思っています」とブレない。

    年配層の取り込み。「海月姫」に照らすと、オタク女子などの個性的なキャラクターが織り成す、一見奇抜な世界に映るが
    「物語を通して“自分らしさを見つけていく”のとはまた少し違って、誰でも“自分のままでいいんだ”ということを、登場人物それぞれが模索するのが、この作品の最終的なテーマだと思います。
    原作は10年前から続いてきた作品ですが、描かれるテーマはむしろ2018年の空気というか、今を生きる人々の意識や価値観にマッチしていると思いました。

    その模索する過程の中に出会いや別れがあり、主人公に関して言えば初めての恋や人間としての成長がある。
    そういった普遍的なテーマを、連続ドラマならではの縦軸としてきちんと描いていきたいと思っています」

    メーン演出は「リーガルハイ」シリーズや「デート〜恋とはどんなものかしら〜」、ヒットの記憶が新しい映画「ミックス。」など、
    数々のコメディータッチの名作を手掛けた石川淳一氏。芳根の体当たり演技や瀬戸の女装など、若いキャストも熱演で応えている。

    月9のラブコメといえば、06年10月期「のだめカンタービレ」など、ヒットの土壌はある。
    渡辺氏は「そこにハマれば、受け入れていただける」と勝算を見いだした。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/15/kiji/20180114s00041000286000c.html

    【ドラマ】フジ月9主演の芳根京子、看板背負い「正直つらい」…「海月姫」制作発表に出席
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1515666965/

    【【起死回生】 オワコンのフジ月9、「海月姫」で逆襲へwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/12/26(火) 09:04:02.28 ID:CAP_USER9
    12/26(火) 9:00配信
    フジ「民衆の敵」最終回視聴率4・6% 

     女優の篠原涼子(44)が主演を務めたフジテレビ“月9”「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(月曜後9・00)の最終回(第10話)が25日、15分拡大で放送され、平均視聴率は4・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが26日、分かった。

     初回9・0%は、月9初回としては「突然ですが…」(8・5%)以来3期ぶりの1桁発進。その後、第2話=7・1%、第3話=7・5%、第4話=7・6%と推移すると、第5話=6・9%、第6話=6・5%、第7話=5・8%、第8話=5・3%と4週連続で自己ワーストを更新。それでも最終回目前の第9話は7・0%とし、盛り返していた。

     月9初主演の篠原演じる平凡な主婦・佐藤智子が新米市議となり、世にはびこる社会問題と腐った政治をぶった斬る市政エンターテインメント。脚本は映画「キャタピラー」「東京女子図鑑」などの黒沢久子氏、演出は金井紘氏、石井祐介氏、相沢秀幸氏。

     最終回は、身に覚えのない不正献金疑惑や「ニューポート計画」反対などで市長・智子(篠原)の人気は急落し、ついには「民衆の敵」というレッテルまで貼られる。和美(石田ゆり子)は、ニューポートを造りたがっているのは、藤堂(高橋一生)の実家ではないかと疑い始める。しかし、智子は藤堂は味方だと信じていた。そんな中、和美が藤堂に呼び出される。藤堂は犬崎会派の政務活動費の領収書コピーを大量に持ってきていた…という展開だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171226-00000073-spnannex-ent
    no title

    【【月9】フジ月9「民衆の敵」、最終回でやっちまったwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ