新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:斎藤佑樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/30(火) 13:00:23.11 ID:CAP_USER9
    日本ハムは30日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で新垣勇人投手、森本龍弥内野手、大累進む内野手の3選手に対し、来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000050-dal-base
    10/30(火) 12:34配信

    【【執念】斎藤佑樹さん、来年も生き残りそうwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/09(火) 10:30:07.84 ID:CAP_USER9
    プロ8年目の日本ハム・斎藤佑樹投手(30)が、CSで戦力となるべく“原点回帰”を図っている。
    そのヒントとしているのは…同じ甲子園V右腕の“怪物”だった。

    斎藤佑は腰痛が完治した8月中旬以降、2軍でリリーフに回った。
    1軍で今季初の中継ぎ登板となった10月2日・西武戦では、磨きを掛けてきたフォークを武器に八回の1イニングを無安打無失点に抑えた。
    栗山監督も「腕の振れる感じが良かったし、内容的にも良かったですね」と高評価。
    下克上を期すCSに向けて猛アピールに成功した。

    「CSに向けて大事な試合が続くと思う。目の前の打者、一人一人を一生懸命抑えられるようにしたいです」と話していた斎藤佑。
    ここまで状態を上げてきた要因はどこにあるのか-。

    8月中旬。千葉・鎌ケ谷の2軍施設で、真っ黒に日焼けした斎藤佑を取材した。
    投球する上で今最も意識している部分を聞くと「腕を上げること」と説明。そのために「松坂さん(中日)を見ていたら、無理なく腕を上げられているような気がしてね」と、
    38歳シーズンで復活した“平成の怪物”の映像を見て研究していることを明かした。

    変化球主体の投球を続けていると自然と腕が下がり、横振りになりがちだと言う。
    “原点回帰”で縦振りにすることで持ち球のキレが増し、フォークの落ち幅も大きくなる。
    さらに、昨秋キャンプから続けてきた「ステップする際に左肩が上がってしまうこと」についての修正も進んでおり、より体の前でリリースできるようになってきた。

    松坂が夏の甲子園を制した8年後の06年夏、甲子園で同じく頂点に立った斎藤佑。
    記者が見る限り、徐々にその当時のフォームに近づいてきているように思う。このままでは終われない。30歳を迎えた斎藤佑が“怪物”をヒントに、生き残りを懸けて戦っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00000047-dal-base
    10/9(火) 10:01配信

    no title


    http://npb.jp/bis/players/01905133.html
    成績

    【【何度目だ】日本ハム斎藤佑樹がいよいよ瀬戸際に!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/22(水) 12:22:32.22 ID:CAP_USER9
    2018.8.22
    http://www.zakzak.co.jp/smp/spo/news/180822/spo1808220004-s1.html

     今年から夏の甲子園にも延長13回以降タイブレーク制が導入されたが、決勝だけは別だ。タイブレークを採用せず、15回でも決着がつかない場合は再試合(タイブレークあり)を行う。2006年夏、決勝で15回引き分け、翌日の再試合で田中将大(現ヤンキース)擁する駒大苫小牧(南北海道)を破り“伝説”となったのが、早実(西東京)の斎藤佑樹投手(30)=現日本ハム。“ハンカチ王子”があの夏を本音で振り返る。(片岡将)

     「大会中は特に感じなかったんです。終わってからですね、大変なことになっていると分かったのは。人から『ハンカチだ!』って呼ばれるのはイヤなものでしたよ。人を呼ぶ言葉じゃないでしょ? 『ハンカチ』って。使わなきゃ良かったと思ったことだってありますよ、そりゃ」

     12年前の夏、ポケットから取り出した青いハンカチで端正なマスクに光る汗を拭いながら強敵をなぎ倒していく、その姿に人々は酔いしれた。

     そして今年。斎藤の1軍戦登板は2試合で、0勝1敗、防御率8・22(20日現在)。千葉県鎌ケ谷市の2軍球場にいることが多いが、人々はあの夏を忘れていない。

     「高校野球100年ということで取材を受ける回数は増えていますね。記念の年に自分の話が求めてもらえるのは、ありがたいことですよ」

     8月6日に開幕した第88回高校野球選手権大会。早実は大会初日の第2試合で鶴崎工(大分)との1回戦に臨んだ。斎藤は9回に1度マウンドを譲ったが、2番手投手が1死も取れず降板。結局再登板し、13-1で大勝した。

     「西東京大会の決勝が7月30日。その1週間後に開幕日の試合だったので、正直に言えば回復していなかったですね。調子は良くなかった」

     一方、後に日本ハムでチームメートとなる1年下の中田翔内野手(29)が4番に座る大阪桐蔭は、1回戦で同年選抜優勝の横浜(神奈川)を11-6と圧倒。中田はこの試合でバックスクリーン左に飛び込む特大の一発を放つなど勢いに乗っていた。

     「大阪桐蔭との2回戦は、鶴崎工との試合から中5日空いたので回復できました。桐蔭ですか? 強力打線というのは分かっていましたが、僕らは西東京で日大三高とやっている。夏の“三高”ってめちゃくちゃ強いんです。あのレベルを経験していたから、驚くことはなかった」

     西東京大会決勝で日大三を相手に延長11回を投げ抜き、5-4でサヨナラ勝ち。ライバルとの激闘が経験値となり、中田から3三振を奪うなど2失点完投勝利。11-2の大勝で優勝候補を撃破した。涼しい顔で強敵をなぎ倒していく姿は、1年生エースとして早実を甲子園準優勝に導き“大ちゃんフィーバー”を巻き起こした先輩、荒木大輔さながらだった。

     西東京大会から使用していた青いハンカチタオルが、甲子園でにわかに脚光を浴びた。大阪市・中央区に本社を置く「ニシオ株式会社」が製造元の「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」のロゴが入った縦横25センチのハンカチは、前年の9月に生産を終了していた。

     斎藤の活躍とともにネット市場で値段が上がり続け、定価400円の25倍の1万円にまで暴騰。株式市場でハンカチ関連銘柄が買われるなど、社会現象は広がり続けた。

    【【悲劇】日本ハム・斎藤佑樹「ハンカチ使わなきゃ良かった」 “ハンカチ王子”があの夏を本音で振り返る 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/12(木) 00:59:13.79 ID:rESNezuh0 BE:114497724-PLT(12345)

     甲子園のアイドル“ハンカチ王子”として日本中を熱狂させた、北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹がついに三十路に突入した。

     2011年、鳴り物入りでプロ入りした斎藤だったが、ここ数年はまったく結果が出ず、毎年“背水の陣”と言われている状況だ。
    入団8年目の今年も、1軍登板はわずかに2回。12日の阪神タイガース戦では、30歳になって初めて先発のチャンスを得たが、4回8安打7失点の大炎上で降板した。

     引退の2文字が現実味を増すばかりだが、当の本人は“どこ吹く風”なのだという。

    「6月6日が誕生日の斎藤投手は、都内のバーで30歳のバースデイパーティを開いたそうです。
    これがシーズン中にもかかわらず、お笑い芸人や現役の女性アイドルを何人も呼び出して、そうとう派手にやってたようなんですね。
    今季はずっと2軍暮らしなのに、いまだにスター気分かと球界関係者はあきれていますよ」(芸能プロ関係者)

     プロ野球はもうすぐ前半戦が終了。後半戦、このまま2軍暮らしで終わるようであれば、30歳の結果が出ない投手に、厳しいオフが待っているのは間違いない。

    「斎藤は、今オフの放出が濃厚のようです。その場合、かねてから興味を示していた東京ヤクルトスワローズが獲得に動くのでは、と目されています。
    ヤクルトは移籍してきた引退間近の選手が次々と大活躍するため、“再生工場”とも呼ばれる球団。早稲田大出身の斎藤は、神宮のスターでもありましたから、最後の花道を飾るにふさわしい場所かもしれません。
    斎藤にしてみても、東京に来ることでメディアや芸能界がより近くなりますから、願ったり叶ったりじゃないですか」(スポーツ紙記者)


    https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_60238/?ptadid=

    【【驚愕】斎藤佑樹「引退間近」で第2の長嶋一茂に???????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/06/12(火) 19:59:26.78 ID:CAP_USER9
     ◇交流戦 日本ハム―阪神(2018年6月12日 札幌D)

     日本ハムの斎藤佑樹投手(30)が12日に出場選手登録され、同日行われた阪神との交流戦(札幌D)で先発登板。4回、高山に3ラン、中谷に2ランと2本の本塁打を浴びるなど4回8安打7失点で降板した。

     斎藤は4月7日のロッテ戦(東京D)以来今季2度目の登板。ロッテ戦では3回2/3をノーヒットながらも8四死球と大荒れで1失点降板していた。66日ぶりの1軍マウンドは初回、1番・糸原をいきなり四球で歩かせる不安なスタートとなったが、無失点。だが、2回に3安打を打たれて先制を許すと、3回には犠牲フライで2点目を失った。そして迎えた4回、1死二、三塁で高山に右越え3ランされると、2死三塁から中谷に左越え2ランを浴びた。

     斎藤はこの回を投げ切ったものの、5回のマウンドへは上がらず降板。投球内容は4回で104球を投げて8安打7失点、奪った三振は1つで、与えた四死球は5つだった。

     斎藤は6月6日に誕生日を迎え、この日が30歳での初登板。だが、28歳ラスト登板だった昨年5月31日のDeNA戦でプロ通算15勝目を挙げて以来1年ぶりの白星はならず。打線は4回に1点を返し、1―7で迎えた5回のマウンドには2番手・鍵谷が上がっている。

    今季2度目の先発マウンドに上がったが、四球で苦しむ投球は変わらず
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000127-spnannex-base


    日本ハム斎藤佑樹、大炎上で4回KO また四球連発で8安打6四球7失点

     今季2試合目の先発となった斎藤。今季初先発となった4月7日のロッテ戦では相手打線を無安打に抑えながら、6四球2死球と制球を乱して1失点で4回途中でノックアウトされていた。この日も4回8安打2本塁打6四球7失点の大炎上。4イニングのうち、3イニングで先頭打者を四球で出塁させており、前回と変わらぬ背信の投球となった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00137198-fullcount-base

    【【悲報】斎藤佑樹さん、今年も終わる・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ