新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/19(金) 07:10:01.18 ID:CAP_USER9
     シーズン途中に、巨人の高橋由伸監督が電撃辞任を表明。後任は、“ジャイアンツ愛”を掲げる原辰徳の再登板となった。球団にとっての第1希望は松井秀喜と言われるが、当の本人はまるでその気がないという。なぜ、松井は監督就任を断るのか。理由は“家族愛”のようで……。

     高橋監督の辞任が発表されたのは、10月3日のこと。就任から3シーズン経っても5奪回が出来ない以上は、やむを得ないということなのだろう。しかし、後釜がまた原辰徳では、新鮮味に欠けるというものである。

    「球団としては、本来、一番にやってもらいたいと思っているのは松井です」

     とは、さる運動部記者。

    「彼には常にオファーをしていて、3年前もそうでした。松井に断られ、仕方なく高橋にお鉢が回ったのです。今シーズンが始まる前、松井が宮崎キャンプを訪問するために来日した際にも、高橋の次ということで、GMや球団担当者が打診しています」

     無論、そこでも断られ、辿り着いたのが今回の人選。スポーツ紙記者によると、

    「昨年13連敗のワースト記録を作った頃から、次期監督に阿部慎之助の名が浮上していましたが、彼が現役に拘ったために失敗に終わった。そうこうしているうちに、神奈川の東海大出身ということで、横浜DeNAが原に食指を動かしていることが分かったんです」

     敵に獲られるぐらいならと先手を打った。その結果、前回の就任中に女性スキャンダルも暴かれ、決して紳士とは言えないが、原に決定したというのだ。

    資産は40億円

     それにしても、松井がそこまで巨人の監督就任を固辞するのは、なぜなのか。

    「メジャーに行く際、ナベツネさんが好条件を提示して慰留しました。それでも気が変わらないため、“ここまでしてなんで頭を下げないんだ”と激怒したのです。以来、松井と読売との間には軋轢があると言われてきました」(前出の運動部記者)

     この点については、時間も経っているゆえに、恩師である長嶋茂雄終身名誉監督が動けば話は別だが、球団関係者によれば、

    「長嶋さんは今夏に黄疸が出て倒れて入院しました。現在は、一時の危機は脱し、特別室の中に器材を運び入れて、リハビリしています」

     頼みの綱は、長引く入院で体力的に衰え、説得や交渉が出来る状態ではないという。そのうえ、メジャー通の記者によれば、

    「米国暮らしが根付いているんです。2人いる息子のうち、長男は幼稚園に通っていますから、なかなか環境を変えるわけにはいきません。しかも巨人で監督をするとなると、プレッシャーに晒される。松井は資産40億円と言われ、金に困っていません。ヤンキースの1軍コーチを打診されたのに、家族を優先するためにGM特別アドバイザーになったぐらいですからね」

     いずれ監督になるにせよ、子供が成長するまでは、巨人のユニフォームに袖を通すことはなさそうなのだ。

    「週刊新潮」2018年10月18日号 掲載


    10/19(金) 5:58配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181019-00550233-shincho-base

    【【野球】松井秀喜が読売巨人を遠ざける理由wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/09(火) 21:36:31.61 ID:CAP_USER9
    お笑い芸人の土田晃之が、巨人こと読売ジャイアンツの監督選考を巡って「ダサい」と発言し、波紋を呼んでいる。

    10月7日放送のラジオ番組「土田晃之日曜のへそ」にて土田は、10月3日に辞任を表明した高橋由伸監督の後任に、
    2015年まで監督を務めていた原辰徳氏の名前が挙がっていることについて言及。
    ここで「生え抜き、古くない?本当にさ、そういうのダサいんだけど」と指摘したのである。

    「土田は巨人生え抜きの原氏を念頭に『生え抜きである必要は全然ないと思う』と批判しました。
    しかし生え抜き批判はまだわかるものの、監督選考にダサいもダサくないも関係ないでしょう。
    しかも批判の理由に『スター選手が名監督ではないってことぐらい、みんなわかるじゃん』と指摘していますが、
    原氏は06~15年の第二次監督時代にセリーグ優勝6回、日本一1回の実績を残しています。
    その実績を前に『スター選手が名監督ではない』という批判は的外れにもほどがあるというものです」(スポーツライター)

    その土田には、普段からサッカー好きをアピールしていることから「野球について語るな!」との批判もあるようだ。
    もっとも土田自身は同番組で野球について触れることも多く、決して野球について無知というわけではなさそう。
    ところが今回の発言に対しては、当のサッカー好きからも批判の声が出ているというのだ。

    「サッカー好きにしてみれば、土田が何か言うたびに『サッカーファン代表』と思われるのが不愉快でなりません。
    今回の発言ではその的外れぶりが指摘されていますし、しかもサッカー好きから見れば土田はビジネスサッカーファンに過ぎないので、『お前こそダサい』と苦言を呈されています。
    彼にはヴィッセル神戸のイニエスタを『イエニスタ』と連呼し続け、『イエニスタ土田』とヤユされた過去もあるほど。
    それゆえ土田が野球について語るたび、野球ファンからは『無知をさらすな!』と怒号を浴び、
    サッカー好きからは『サッカーに泥を塗るな!』と恨まれるという、四面楚歌状態になっています」(前出・スポーツライター)

    何事につけ、生半可な知識で語るとロクなことにならないということのようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1536920/
    2018.10.09 17:58 アサ芸プラス

    【【予想通り】巨人を「ダサい」と断罪した土田晃之、やはり批判の対象にwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/03(水) 22:51:50.26 ID:+ErTHeks0
    老後 楽しみ方

    【【辞任】高橋由伸さんが今頃ネットで調べてそうなこと 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/12(水) 16:57:43.62 ID:CAP_USER9
    巨人が高橋由伸監督(43)に来季の続投を要請する可能性が高まった。12日、都内でのオーナー会議後に山口寿一オーナー(61)が
    今季で3年契約最終年を迎える指揮官の評価について言及した。

    「(若手で台頭の)岡本、吉川尚は本人たちの努力ももちろん大きいけど、かなりの成績を残しているのは監督やコーチ陣が力を合わせて、
    若手を育てようとしたのも大きかったと思う。キャンプが始まったころからそういった姿勢を貫いているのは、私としては評価しています。
    そうしたことを踏まえると、まだペナントレース途中だから、この先のことはあれこれ言える時期じゃないけど、十分にチームを整えて
    監督には腕をふるってもらいたいなと私は考えている」と話した。シーズンも佳境を迎え、3位でCS圏内を争っていることもあり
    「連日試合が続いてますから、監督とはそういった話もできていない。今の時点での私の一方的な考えだということ」と
    現時点の考えであることを強調したが、19年も4年目のタクトを託す方向性といえる。

    もちろん、3年連続のV逸は決定的で現状には満足していない。「3年間、優勝から遠ざかっている。優勝できてないというだけじゃなくて、
    優勝争いから遠ざかっている。巨人として強い危機感を持っている」と厳しい言葉も並べた。

    かねて高橋監督を高評価している渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆の考えについて聞かれ、山口オーナーは
    「かねてから高橋監督の力を認めている。同じ考えだろうとは思う」と同調であると話した。

    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201809120000557_m.html?mode=all
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/img/201809120000541-w500_0.jpg

    【【危機】高橋由伸さん、来年も巨人の監督をやらされることになってしまうwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/09(日) 09:51:59.45 ID:CAP_USER9
    「球団は、かなりピリピリしていますね。丸の件に関して話すのはタブーになってます」

    スポーツ紙デスクが声をひそめるのは、8月半ばに国内FA権を取得した広島カープの丸佳浩外野手(29)が来季、どう動くのかということだ。

    優勝マジック10(9月7日現在)と、セ・リーグを独走するカープを中軸打者として牽引する丸。
    走攻守三拍子揃った巧打者だが、昨季23本だった本塁打が現時点で31本と長打力も加わった。
    さらに出塁率も4割8分超とダントツで、王貞治氏以来となる5割超えも夢ではない。

    「元々左投手を苦にしないタイプだが、今年は左投手からの本塁打が12本(昨季1本)と急増。
    本人は『自分のスイングができている』と言うだけですが(笑)」(担当記者)

    そんな丸がFA宣言すれば争奪戦は必至。
    本人も夫人も千葉県出身で「巨人ファンだったらしい」(ベテラン記者)ということと、資金力の面から「移籍するなら巨人」と見る向きが専らだが、本人はかなり悩んでいるらしい。

    抜群の選球眼でどこの球団を選ぶ? c共同通信社

    「カープは基本的に宣言残留を認めないから、『他の球団の評価も聞いてみたい』は許されない。
    また地元のために、という意識が非常に強いので、かつて巨人にFA移籍した江藤智は『裏切者』と呼ばれた。
    新井貴浩ですら、復帰した時に選手達が催した歓迎会は『どの面下げて帰って来たんですか会』だったほどです(笑)」(前出・ベテラン記者)

    もちろん、球団サイドは引き留めに必死のようだ。

    「松田元オーナーは『それなりのものを用意する』と話し、“3年12億円”という大型契約もあると囁かれている。
    その一方で現場には『出て行ってしまうかもしれないから、そこは覚悟して補強はしっかりやるように』と伝えているそうです」(前出・デスク)

    だが、記者たちの間では、「義理堅い男なので残留するのでは」という声も多い。

    「西日本豪雨の時も、個人で被災者への義援金として1000万円を寄付するなど、広島という街、カープという球団に恩義を感じているようです。
    それに彼は、野球以外はギャンブルと家族にしか興味がなく、家族の生活環境が変わるのを気にしてるそうですから」(前出・ベテラン記者)

    FA権取得時には「何も考えていない」と答えていた丸。果たして丸く収まるか――。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月13日号)

    http://news.livedoor.com/article/detail/15278767/
    2018年9月9日 7時0分 文春オンライン

    【【プロ野球】FA権取得の広島・丸佳浩、「巨人移籍」か「広島残留」か 】の続きを読む

    このページのトップヘ