新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:嵐

    1: 名無しさん 2017/06/27(火) 09:11:03.84 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めたフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の
    最終回(第11話)が26日に15分拡大で放送され、平均視聴率は
    9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの
    2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、
    第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%、
    第10話=8・0%と推移。初回以来の2桁復帰はならなかった。

     1987年4月からドラマ枠になり、数々の名作・ヒット作を生んだ“月9”の30周年を飾る作品。
    原作は、日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した2011年の「隻眼の少女」など、
    推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・ 麻耶雄嵩氏(48)の「貴族探偵」
    「貴族探偵対女探偵」(集英社文庫)。己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も
    不明という異色の探偵(相葉)が召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、
    遊びに興じながら優雅に事件を解決に導く姿を描いた。

     リアルタイムの世帯視聴率には結び付かなかったが、本格ミステリーとファンタジックな
    世界の融合した意欲作。最終回は、いつも貴族探偵に出くわし、推理対決を繰り広げた新米探偵・
    高徳愛香(武井)が事件を初解決。愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)の死の真相など、
    伏線が鮮やかに回収されるドラマオリジナルの結末となった。最後の最後に“月9”らしく
    ラブの要素も盛り込まれ、エンドロールで貴族探偵の紋章の謎が明かされるなど、
    凝った作りを貫いた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000078-spnannex-ent

    【【フジ復活へ】相葉主演「貴族探偵」の最終回視聴率が奇跡の大逆転爆上げキタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/20(火) 09:37:39.73 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第10話が19日に放送され、平均視聴率は8・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%と推移。今回は0・4ポイント微減した。来週26日に最終回を迎える。

     1987年4月からドラマ枠になった“月9”の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第10話は、貴族探偵(相葉)と対峙した高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を殺害したのはあなただと突きつけた。しかし、貴族探偵は証拠が何もないと一蹴。愛香の事務所に、シンガポールを拠点に武器商人として財をなす具同家からの依頼書が舞い込む。貴族探偵のワナを疑いながらも、愛香は具同家の別荘へと向かう…という展開だった。

    2017年6月20日 09:32
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/20/kiji/20170612s00041000215000c.html

    【【悲報】嵐・相葉主演の月9、もはや空気状態にwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/23(火) 09:27:54.06 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ「貴族探偵」(月曜後9・00)の第6話が22日に放送され、平均視聴率は7・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが23日、分かった。

     初回は「月9」としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、第5話8・0%と推移し、今回は自己最低を更新。2桁復帰はならず、苦戦が続いている。

     1987年4月からドラマ枠になった同局の看板枠「月9」の30周年を飾る作品。原作は麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。相葉が15年4月クールに主演した同局「ようこそ、わが家へ」のスタッフが再集結した。

     第6話は、貴族探偵(相葉雅紀)と高徳愛香(武井咲)が立会人となった桜川家、婿選びの儀式で、凄惨な連続殺人が起きてしまった。儀式は桜川家当主、鷹亮(竜雷太)の孫娘、弥生(北香那)の婿を決めるもの。莫大な財産と権力を引き継ぐことになるので、鷹亮はこのような事態が発生することを懸念していた…という展開だった。

    2017年5月23日 09:13
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/23/kiji/20170522s00041000297000c.html

    【【悲報】嵐・相葉主演の月9ドラマがまたもや歴史的惨敗へwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/10(水) 20:23:43.62 ID:CAP_USER9
    2018年公開予定の映画「検察側の罪人」にて、元SMAP・木村拓哉と嵐・二宮和也が共演するとして大きな注目を集めている。
    監督を務める原田眞人によると、2人の起用は以前から考えていたという。

    「監督は、木村の起用に関して『(映画の)世界観にぴったりはまるのは木村拓哉だと思った』『いつか一緒にフィルム・ノアールをやりたいと思っていた』と説明。
    また二宮に関しては、『「硫黄島からの手紙」以来、ずっと狙っていた』と、2006年に彼が出演したハリウッド映画の熱演が起用のキッカケだったと語っています」(映画ライター)

    そんな「硫黄島からの手紙」といえば、二宮はオーディションによって重要な役を勝ち取っている。
    当初、その役は30代後半という設定だったものの、彼の演技を見た監督のクリント・イーストウッドは「類まれなる才能」と絶賛し、二宮のために台本を書き換えて起用した。

    しかしこの時、大きな屈辱を味わったのが先輩の木村だったという。

    「『硫黄島からの手紙』の時、実は木村もオーディションを受けていたのです。
    しかし彼が狙っていた役は、後輩の二宮が勝ち取り、木村は落とされてしまった。
    するとその屈辱からか、当時の木村は仕事場で、かなりのピリピリムードになっていたとも言われています。
    そのため今回、因縁の二宮との共演が実現したことで、木村は“今度こそ負けられない”とばかりに、
    現場が一触即発の空気に包まれる可能性があるのです」(前出・映画ライター)

    映画やドラマの現場では、共演者との間でいつも独特の緊張感を漂わせるという木村。
    今回は、11年前のリベンジということもあり、二宮と激しい演技バトルが繰り広げられることになりそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1308993/
    2017.05.10 15:05 アサ芸プラス

    【【哀報】キムタク&嵐・二宮共演、過去の因縁が原因で一触即発の危機へwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/08(月) 11:11:45.83 ID:CAP_USER9
    5月1日に放送された嵐・相葉雅紀主演のテレビドラマ「貴族探偵」(フジテレビ系)第3話の視聴率が、9.1%だったことがわかった。同ドラマは、前回から数字を上げたという。

    「前回の8.3%から0.8%アップしたとはいえ、依然として1ケタ視聴率であることは変わりません。
    豪華キャストを揃え、1話1億円もの制作費をかけていると噂されるドラマですから、フジとしては、到底納得できない数字でしょうね」(テレビ誌記者)

    そんな苦戦続きの月9だが、主演を務める相葉の周辺も不穏な空気が漂っている。

    4月26日発売の「週刊新潮」が、相葉の伯母(父の姉)が経営するというエステ店の、潜入取材の様子を掲載した
    。記事によると、そのエステ店は通常の施術とはかけ離れたことをされるのだという。

    「今回、ヒーリングコースを体験した『週刊新潮』の記者によると、相葉の伯母はこちらの悩みを聞いてきた後、手を被せてくるそうです。
    そしてそのまま彼女が目を閉じると、悩みを解除するイメージが見えるそうで『ああ、イルカと一緒に泳いでいました。
    はい、置き換えました』と言い、10分で5000円の料金を請求されたとのこと。
    さらに『コレクトヒーリング』という施術は、あらかじめ日時を決めておき、
    後で相葉の伯母が遠隔でエネルギーを送ってくれるという、かなりオカルト的なサービスだったと伝えています」(芸能記者)

    また、それらの施術はジャニーズファンだけでなく、相葉自身も受けており、月1で店を訪れているという伯母のコメントも掲載されている。

    にわかには信じがたい特殊能力であるが、今後、それが相葉を巻き込んで、大きなトラブルに発展しなければいいのだが‥‥。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13032721/
    2017年5月8日 11時0分 アサ芸プラス

    【【仰天】嵐・相葉雅紀が通う怪しすぎるエステが「貴族探偵」の爆死よりもヤバイ!?】の続きを読む

    このページのトップヘ