新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:宮迫博之

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/25(金) 13:13:22.65 ID:CAP_USER9
     8月22日に放送される『火曜サプライズ』(日本テレビ系)で、不倫疑惑が報じられている雨上がり決死隊の宮迫博之(47)に代役が立てられ、出演が見送られることが分かった。
    すでに番組の収録は済ませているが、『週刊文春』(文藝春秋)によって報じられた二股不倫報道の影響を鑑みた結果、宮迫を起用するリスクは高いと判断された。
    代役には、ANZEN漫才のみやぞん(32)が抜擢されるという。

     また宮迫は、これまでイメージキャラクターをつとめてきた、大手保険会社「アフラック」とのCM契約の解除も伝えられている。
    2014年からCMキャラクターに起用されており、がん保険をPRするCMが昨年の6月まで放送され、その後はホームページ上で動画が公開されていた。
    CMの契約料は1000万円以上とも言われており、宮迫はこれらを年々返還する可能性があるようだ。
     さらに新たに浮上しているのが、今月26日・27日放送の『24時間テレビ40 愛は地球を救う』(同)の出演降板だ。
    所属事務所では降板に関しては否定しているが、VTRでの出演や、登場シーンの差し替えなどの措置がとられるのではないかという声もあがっている。
     宮迫自身は11日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で騒動に関して謝罪しているものの、想像以上に尾を引いているようだ。
    「今や芸人であれ、不倫は仕事に大きく影響するご法度な行為です。真っ白ではなく『オフホワイト』と主張したことから、ことのほかメディアが面白がって取り上げるようになりました。
    CMはタレントイメージが生命線でもあるため、早々に手を引いたのでしょう。
    また、チャリティーの部分が大きい『24時間テレビ』も同様の理由で、宮迫に対する待遇を変更することが予想されるでしょうね」(芸能記者)
     円満解決を強調した宮迫にとっては、予想外の事態となっている。

    ■芸人きっての“遊び人”として知られていた宮迫の今後は?
     こうした状況において、宮迫からはどんどん業界関係者が離れてしまっているという。こうした事態は、自身の番組にも影響が及ぶだろうとされている。
    「『火曜サプライズ』も出演が見送られた背景には、大手保険会社のスポンサーがついているため、その意向が強いと言われています。これは以前のベッキー(33)と同じ話。
    スポンサー企業に直接宮迫に関するクレームが来ることもあるようで、こうした影響を受けてスポンサーが局側に出演を取りやめよう迫るという流れになっているようです。
    業界全体が宮迫排除へ向かっているのは間違いない。宮迫のレギュラー番組に関しても、今後同様のことが起こるのではないでしょうか」(前出・芸能記者)
     また宮迫については、今回の報道以前も『女遊び好き』に関する噂は絶えなかった。こうした過去の女性問題も、今後掘り返されるのではないかと関係者は語る。
    「女性問題については、以前から事務所もかなり注意していたと言われています。
    これまでは宮迫が上手く立ち回っていたことや、芸歴が上がるにつれ周囲も黙認していたがそれが裏目に出た。
    過去にも不倫疑惑が何度も報じられ、今回も複数女性と疑惑を振りまいた。テレビ業界の関係者の間では宮迫は完全に信頼を失った。もう危なかったしくて使えないという判断が広まりつつあります」(同・記者)
     不倫の重すぎる代償はまだ始まったばかりなのかもしれない。

    https://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1347029?ptadid=

    【二股不倫の宮迫の現状がシャレにならないくらいヤバい!!!!テレビから消える日も近い???????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/16(水) 09:18:10.38 ID:CAP_USER9
    2人の女性との不倫疑惑が報じられた雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が出演している保険会社「アフラック」のCM動画が16日までに公式サイトから削除された。

    昨年3月に始まった「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の「野菜ジュース篇」。アフラック公式サイトのCM紹介ページには6つのコーナーがあったが、
    この「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の部分が削除され、現在は5つになっている。

    今月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報道。宮迫は11日、金曜MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演し、不倫は否定した。
    しかし下心があったことは認め「(女性と)2人きりになったのは事実。もしかしたら(性行為が)できるかもと魔が差しまくった」などと釈明した。

    妻には「おまえ、何回目やー、と。信じられないくらい」激怒され「(下心があった)僕が100%悪いので。『ごもっともです』という言葉を一生分言ったくらい。
    家族が一番大事だということが再認識させられたので、本当に一生守っていきますし、本当に一生をかけて償います」。
    2012年に見つかった胃がん闘病を支えた妻への感謝と反省を語ると、涙ぐんだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13478429/
    2017年8月16日 8時28分 スポニチアネックス

    【【ゲス不倫】アフラック、ついに宮迫を追放へ!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/11(金) 14:31:27.18 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が11日、フジテレビ系「バイキング」に出演し、生放送で不倫報道について釈明した。
    宮迫は番組の中で、ホテルで女性と二人きりになったことを認めたが「何もないです」と不倫関係を否定した。

     宮迫は妻と今回の一件を話し合ったことを明かした上で、妻から「30年近い芸人の能力をかけて誠意をもってしゃべってこいと言われた」と説明。
    今後、女性たちとは距離を置く考えを示した。「家族が一番大事。一生かけて償います」と謝罪。「オレにもう来シーズンはない」と謝罪した。

     宮迫は今週発売の「週刊文春」にモデルと別の女性との二股不倫疑惑を報じられた。

     番組の冒頭で、司会の坂上忍(50)が「本当に申し訳ございませんでした」と語ると、隣にいた宮迫は、視聴者に向かって二度、三度と深々と頭を下げた。
    宮迫は「(今日は番組に)来たくはなかったけど、嫁に行ってこいと言われた」と釈明した。坂上から「今日は深掘りする」と予告されて番組がスタートした。

     坂上は出演者に「今回の騒動は白ですか、黒ですか」と問いかけたが、アンガールズ田中は「アウト!」と絶叫。坂上は「プロの手口ですね」と笑わせた。宮迫は終始硬い表情だった。

     7月に、女性とホテルで一緒に過ごしたと報道された「疑惑の3日間」について、宮迫は「事実です。僕は酔っぱらって泥酔していた。
    酔うとホテルに行くことは何度もやっている。今回は2人きりなった」とホテルに宿泊した事実関係については認めた。

     番組は、芸能界に渦巻く数々の不倫疑惑について討論してきた経緯もあり、金曜日のMCを務める宮迫の疑惑について不問にすることはできなかったものとみられる。

     坂上は前日から宮迫の騒動について取材を受けており、この日の出演について「明日休みたいよ」と話していた。

    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1870465_m.html?mode=all

    【【深刻】宮迫の公開釈明が酷いwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/09(水) 13:07:39.34 ID:CAP_USER9
     お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)が9日発売の「週刊文春」に
    不倫疑惑を報じられた。スポニチ本紙の取材に宮迫の所属事務所は「本人が否定しているとおり」
    とした。

     関係者によると、宮迫は今月4日に同誌の直撃取材を受けたあと、不倫疑惑が報じられることを
    夫人に報告したところ激怒され、一時都内の自宅を追い出された。数日、外泊したあと、
    最近になってようやく自宅に戻る許可を得たという。

     関係者は「騒ぎを引き起こしたことを本当に反省している様子で、仕事場でも収録以外では
    言葉数も少ない」と落ち込みぶりを語った。宮迫は11日に生出演するフジテレビ
    「バイキング」(前11・55)で騒動に言及する意向だ。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000089-spnannex-ent

    【【恐妻】不倫疑惑の宮迫に夫人がガチギレで自宅から追放へwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ