新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:安倍晋三

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/20(金) 15:43:53.94 ID:GWXCl/Vo0 BE:292723191-PLT(19081) ポイント特典
    安倍晋三首相(自民党総裁)が衆院選の遊説を21日午後に東京・JR秋葉原駅前の
    街頭演説で締めくくることが20日、分かった。
    首相は、自民党が大敗した7月の東京都議選時にも秋葉原で応援演説を行っており、因縁の土地だ。

    与党関係者が明らかにした。7月の秋葉原演説で、森友・加計学園問題などで批判が強まる中、
    聴衆から「帰れ」「安倍辞めろ」のコールが起きた。
    首相は「こんな人たちに私たちは負けるわけにいかない」と感情的になって反論し、
    その後の国会審議で批判された。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102000671&g=pol
    no title

    【【最終章】安倍総理、最後の街頭演説で再びあの因縁の秋葉原へ!!!!!ついにパヨクと最終決戦へ!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/16(月) 13:22:15.327 ID:UUm2sdtEx
    さすがに無理があるだろ…

    【【悲報】アベノミクスが失敗ということにしたい勢力wwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/02(月) 17:29:40.936 ID:2qbjjF4A0
    no title

    【【画像あり】安倍首相、遂に首相になる!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/24(木) 21:48:40.76 ID:se//VagQ0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    安倍首相の静かな夏休み 私邸で北朝鮮警戒

     安倍晋三首相が静かな夏休みを過ごしている。恒例となっている山梨県鳴沢村の別荘には滞在したものの、
    趣味のゴルフは自粛し滞在期間も短縮。東京都内に戻ってからもジムでの運動以外、ほとんど外出せずに私邸にいる。
    緊迫する北朝鮮情勢への警戒が背景にあるとみられるが、首相周辺は「休めるときに休んでもらいたい」と話している。

     昨夏の首相は7~8月にかけて3回にわたり別荘に滞在し、友人らとゴルフやバーベキューを楽しんだ。
    だが、今年の滞在は今月15~18日と短く、移動日を除けば実質2日間だった。

     15日夜には、鳴沢村にある日本財団の笹川陽平会長の別荘で森喜朗、小泉純一郎、麻生太郎の歴代首相らと夕食を共にした。
    笹川氏は23日に自身のブログに、リラックスした首相と歴代3首相の写真を掲載した=写真。

     ブログで笹川氏は「大事の決断を絶えず求められる一国のリーダーにとって、最も大切なのは肉体と精神のバランスがとれた健康管理である」と指摘。その上で

    no title

    http://www.sankei.com/photo/daily/news/170824/dly1708240009-n1.html

    【【唖然】こんな重鎮ばかりの会食にお呼ばれしたらどうするよ????????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/07/28(金) 09:52:43.69 ID:CAP_USER9
    支持率墜落で苦しんでいる安倍晋三首相が、「いま首相にふさわしい人物」を尋ねるアンケート調査でも2位に押し出される屈辱を受けた。25日、産経新聞が公表した調査結果によると、「いま首相にふさわしい人物」に自民党の石破茂前地方創生担当相が20.4%を得て1位になった。安倍首相は19.7%で2位だった。昨年12月の同じ質問では、安倍首相が34.5%で石破議員の10.9%を大きくリードした。

    石破氏は、自民党内で安倍首相に対して反対の声を出す数少ない人物とされる。安倍首相が5月に改憲ロードマップを出したことに対して批判し、7月の東京都議選の惨敗後「党本部が選挙の敗北に対して反省しなければならない」と主張した。

    第2次安倍内閣発足のきっかけになった2012年9月の自民党総裁選挙では、党員投票で安倍氏を退けて1位になったが、国会議員を対象にした決選投票で敗北した、安倍氏の「最大のライバル」でもあった。昨年8月の内閣改造で、「安倍政権もいつか終わる。誰かがその後を準備しなければならない」とし、安倍氏の農林水産相の提案を断って党に復帰した。

    同調査では、小泉純一郎元首相の息子で大衆的な人気の高い33歳の小泉進次郎・自民党農林部会長が9.0%で3位、小池百合子東京都知事が8.9%で4位を占めた。「ポスト安倍」の1人である岸田文雄外相は5.3%にとどまった。

    安倍内閣の支持率は最近の各種世論調査で前月に比べて約10ポイント下落し、政権発足以来の最低を記録している。産経新聞の調査でも、先月より12.9ポイント下がった34.7%を記録した。「支持しない」という回答は56.1%で半数を超えた。安倍首相は前日に続き25日にも国会に出席し、関与疑惑を受けている「加計問題」に対して、「関与したことはない」で否定しながらも、これまでこの問題に対応する自身の態度に問題があったと謝罪した。

    http://japanese.donga.com/List/3/03/27/1005597/1

    【【希望】次期首相にふさわしい輩wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ