新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:大相撲

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/28(日) 13:33:32.76 ID:TOltUIIg0
    何があるのか

    【ジョージアとかいう誰も知らない国・・・・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/26(水) 07:06:06.95 ID:CAP_USER9
     貴乃花親方に対する日本相撲協会の対応をめぐって2018年9月25日、「ひるおび!」(TBS系)に出演していた八代英輝弁護士が、「公益財団法人なのに、『どこかの派閥に属していないとクビです』というのはやっていいわけがない」と痛烈に批判した。

    ■「これはもうただのイジメ」

     特定の一門に属していない貴乃花親方をめぐっては、27日までに5つある一門(出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜)のいずれかに所属しなければならないことが、7月に相撲協会の理事会で決められた。所属先が見つかる見込みがない貴乃花親方にとっては退職届を出さざるを得ない状況となっていた。

     この点ついて八代弁護士は、「(相撲協会が)任意団体ならいざ知らず、公益財団法人なのに、『どこかの派閥に属していないとクビです』というのはやっていいわけがない」と協会を非難。

     さらに、所属先がなくなる力士たちを絡めつつ、「阿武松グループの皆さんは受け入れて、貴乃花親方を受け入れないとしたら、これはもうただのイジメじゃないですか」とバッサリ。法律家の観点からは、「(受け入れを拒否された)結果として退職となれば、法廷で争えばほぼ間違いなく貴乃花親方は勝てる」とも指摘した。

     また、騒動のきっかけとなった貴ノ岩の暴行問題についても、「貴ノ岩は被害者ですから、貴乃花親方がとった対応は大人ではなかったかもしれないが、法律的には何も間違ったことはしていない」と擁護した。

    9/25(火) 19:30
    J-CASTニュース
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537667907/

    ★1が立った時間 2018/09/25(火) 19:40:47.21
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537872047/

    【【正論】八代弁護士、「貴乃花親方退職騒動」で「これはもうただのイジメ」!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/25(火) 20:25:00.36 ID:CAP_USER9
    no title


     大相撲の貴乃花親方が2018年9月25日、日本相撲協会に退職届を提出した。貴乃花親方の退職届は25日20時時点で日本相撲協会によって受理されたか確認されないが、このまま退職となる可能性が高い。

     貴乃花親方はこの日17時から都内で会見を開き、日本相撲協会を退職する理由を赤裸々に語った。その理由を語る口調こそ冷静だったものの、内容は強烈に協会を批判するもので衝撃的な事実も含まれていた。

     退職を決意する直接の要因となったのは、弟子の貴ノ岩が当時の横綱・日馬富士から受けた暴行事件だった。貴乃花親方は、今年3月に一連の事件において協会の対応に問題があったとして内閣府に告発状を提出。これに協会内から強い反発を受け、3月28日付で告発状を取り下げた。

    ■貴乃花親方が抱いた協会への強い不信感

     これに関して、協会から強い圧力がかかったという。8月7日、協会からの見解が書面で届いた。その中で貴乃花親方の告発状は「事実無根な理由に基づいて出されたもの」とされ、これに対して貴乃花親方は書面で事実無根でないことを説明してきたという。

     また、貴乃花親方が事実無根であることを認めない場合、「親方を廃業せざるをえないという有形無形の要請」を受け、他の一門に属する条件として、協会は、事実無根なことに基づいて出されたものとして認めるよう要請したという。

     協会はなぜ貴乃花親方を「追放」するような形で追い払ったのか。横綱千代の富士の引退後、若貴フィーバーで一時代を築き、角界の屋台骨を支えてきた貴乃花親方。その功績が認められ、現役引退後は、大鵬、北の湖に続く史上3人目の一代年寄「貴乃花」が与えられ、2010年には理事に就任。次期理事長候補の筆頭だった。
    .
    ■一門制度が絶対的な存在

     近年、元横綱の協会離れが目立つようになった。平成になって旭富士をはじめとし10人が横綱に昇進した。現役の白鵬、鶴竜、稀勢の里を除く7人が引退しているが、協会に残っているのは、旭富士と武蔵丸の2人だけ。平成に入ってから引退した横綱7人中5人が協会を去っている。

     朝青龍と日馬富士に関しては、それぞれ暴行事件を起こして半ば強制的に引退に追い込まれたが、曙、若乃花、貴乃花親方は「自主的」に退職の道を選択している。

     引退してから2年間、部屋付きの親方として協会に残った曙は、親方株が入手のメドが立たず、将来の人生設計に不安を覚えたという。これに加え、協会の古い制度に疑問を抱き、格闘家への転向を決意した。

     若乃花は協会よりも芸能界を選択。当時、貴乃花親方との不仲が表面化していたこともあったが、依然として古い体質がはびこる協会よりも芸能界の方が魅力的だったのだろう。

     そして、今回の貴乃花親方である。この日の会見で明らかになった協会の閉鎖的な体質。これこそが貴乃花親方を退職へと追い込んだといっても過言ではないだろう。

      「角界には、今回の貴乃花親方の退職届の一因となった一門制度が絶対的な存在としてある。各派閥に分かれていて、ほとんどの親方は何らかの派閥に属している。角界は厳然たる縦社会で、いくら元横綱だといっても派閥の中で出世しなければ協会の要職につくことが出来ません。すべて身内で完結してしまう閉鎖的とも言える体質ですから、曙や若乃花はそんな古い体質に嫌気がさして協会を去ったのでしょう。今日の会見でのコメントを聞く限り、貴乃花親方も、協会の体質に我慢出来なかったのでしょう」

     以上のように全国スポーツ紙のデスクが指摘するように、元横綱が協会を去っていく大きな要因にあるのは、協会の体質にあるのかもしれない。

    9/25(火) 20:11
    J-CASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000016-jct-soci

    【【ガチ暗黒】次々と相撲協会を去っていく元横綱たちWWWWWWWWWWWWWWW】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/25(火) 21:35:23.88 ID:CAP_USER9
     日本相撲協会が25日、貴乃花親方(元横綱)が退職を表明し会見を開いたことについて、芝田山親方(元横綱大乃国)が貴乃花親方が「引退届」や、所属力士の千賀ノ浦部屋への所属変更願いを受理していないと発表した。書類に不備があるためとしている。

     まず、引退届については、協会として必要な書類は「退職届」であるとし、「仮に同じ意味合いだとしても退職届を提出してもらう必要がある」とした。

     また弟子の所属変更願について、千賀ノ浦親方の捺印が書類になかったと報告。「このままでは受理することができない」とした。協会は千賀ノ浦親方にも確認をし、これらの書類が提出される30分ほど前に電話で話あっただけで、詳細な打ち合わせがなかったことを確認した。

     2点の書類について、「これは受理することでもないし、転属届にしたって、ちゃんとした書類がそろってないとなりますから、どうこう言える状況じゃないということです」と受理できないと語った。

     つまり、貴乃花親方は25日の時点では相撲協会に籍を残したままとなる。芝田山広報部長は「会見でご本人は協会から身を引きましたとおっしゃっていました。書類も整っていなければ受理をしたわけでもない。順を追っていただかなければ。明日も出ていただくのが通常であると私は思います」との見解を示した。

    9/25(火) 21:26
    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000143-dal-spo

    【【腐報】貴乃花親方の「引退届」を結局受理しないおスモウ協会wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/05(木) 00:06:59.66 ID:CAP_USER9
     日本相撲協会の八角理事長は4日、京都府舞鶴市で行われた春巡業の土俵上で市長が倒れた際、救命処置を施した女性に土俵から下りるよう場内放送で促した件について「人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」との謝罪のコメントを発表した。

    https://this.kiji.is/354278645830829153

    【【仰天】八角理事長がついに謝罪へ!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ