新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:和田アキ子

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/12(火) 15:10:47.89 ID:CAP_USER9
    芸能界の“ご意見番”和田アキ子の斉藤由貴イジリが激化している。9月9日放送の「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)で、
    オープニングから「こんばんにゃ」と挨拶した後、「メシがまずい」「一線は越えてません」「階段では必ず手を握ってもらいます」とハイテンション。

    「こんばんにゃ」は同じ「オールナイトニッポンMUSIC10」(同)でパーソナリティーを務める斉藤由貴の冒頭の挨拶のマネ。
    「メシがまずい」は、キス写真が表ざたになった直後の同番組で「メシがまずい毎日を送っている斉藤由貴です」と自虐的に語ったことをおちょくったものだ。

    「このところ副鼻腔炎(蓄膿症)で機嫌が悪いという和田は、『あの年で“こんばんにゃ”はないだろ!? カワイイと思っているんじゃねー!!』
    『私は鼻がムズムズするけど食欲はある。メシがうまい』と言いたい放題でしたね」(放送記者)

    8月3日発売の「週刊文春」で50代の医師とのW不貞疑惑が最初に報じられたとき、和田は会見直後の「いいかげんに1000回」で、
    「両方結婚してるんでしょ? 子供もおるのに夜、2人で映画観る? 不思議だね。何、言うてるか全然わからへんかった。
    ま、人の不貞なんかどうでもいいわ」とバッサリ切り捨てていた。
    さらに、翌日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)でも、医師が斉藤の別宅に週4回も来て、しかも鍵も預けて先に入ってもらうことを聞いて
    、「家族が住む家に来てもらうのが普通やろ。私もヘルニアや腰痛のために週1回、針とマッサージには行きますよ。
    医師が自宅に来るときは旦那がいるとき。鍵は預けられないでしょ」とまくし立ててた。

    ところがネットでは、「おまえも医師を自宅に呼んでいるじゃないか」「芸能界のご意見番って何サマのつもり?」「あんたも酔うとキス魔になるんだろ」と例によって炎上。
    そんなところに、降ってわいた斉藤のキス写真。ここは攻めどころとばかりに、いつも以上に口角泡を飛ばしたというわけだ。

    さらに、返す刀で「ますだおかだ」の岡田圭右夫婦の別居問題を取り上げ、事前に岡田から留守電が入っていたと自慢。「去年の夏前くらいから別居したと言っていた。
    別居生活が1年経つと難しいんじゃないかと思っている」とご意見番らしいコメント。

    斉藤の相手医師が不貞を認めたことで、次の「~1000回」では何が飛び出すか?

    http://news.livedoor.com/article/detail/13599847/
    2017年9月12日 7時15分 アサジョ

    【【ゴッド姉ちゃん】和田アキ子さん、斉藤由貴に猛攻撃wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/07/09(日) 12:43:01.88 ID:CAP_USER9
     歌手生活50周年の記念イヤーを迎える歌手の和田アキ子(67)が先日、アルバムをリリースするなどの“50周年プロジェクト”を発表した。
    それ以外にも50周年を彩るさまざまな計画もあり、イベントやテレビ、ラジオなどへの出演が企画されているが、一つだけオファーを“拒否”しているものがある。
    それがNHKの番組出演だというのだ。

     1968年10月にデビューした和田は、10月から50周年イヤーに突入する。節目の年に和田は、ベストアルバムの発売やツアーなども計画している。
     そんな多様なメディア展開が計画されているにもかかわらず、なぜかNHKからの番組出演オファーには、かたくなに首を縦に振らないという。

    「和田さんは日曜日の昼、20年以上も続く長寿番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)をやっているので、同じ時間帯の『のど自慢』には出演できないとしても
    、いまのNHKはBS放送も合わせると、かなり多くの歌番組を持っている。もちろん和田さんのところにもオファーはいっているんですが、和田さんサイドはかたくなに受けない。
    番組スタッフは頭を抱えていましたね」(同)

     そこまで和田を頑固にさせているのは、昨年の紅白歌合戦だ。
    出場39回を数える和田が落選という憂き目に遭った。落選が決まった際、和田は書面で「40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」とコメントを発表するなど、
    無念の気持ちをにじませていた。

     芸能プロ関係者は「確かに最近はこれというヒット曲もないのに、毎年紅白に出場していたことに批判的な見方はあったが、
    それでも39回も出場した和田は紅白の歴史を作ってきた功労者と言える。落選させるにしても最後に卒業という形にして花道を作ってあげるとか、
    紅白側にそれなりの配慮があってしかるべきだったのでは」と指摘した。

     ここ数年、紅白からは北島三郎(80)や森進一(69)、細川たかし(67)などが“卒業”という形で出場しなくなっている。
    また過去には常連だった美川憲一(71)も2009年を最後に出場していない。小林幸子(63)もスキャンダルの影響で12年に落選。15年には特別枠で出場を果たしたが、まだ正式な“出場歌手”としての復帰はかなっていない。

     そういった意味では、紅白に関して悔しい思いをしてきたのは決して和田だけではないだろう。
    「たとえ紅白に出場できなくなったとしても、NHKの番組への出演オファーが届けば受ける歌手の方が圧倒的に多い。
    紅白出場への条件の一つに“NHKへの貢献度”というものがあるから、特に紅白復帰を目指している歌手は喜んで出演するのが普通。それでも和田は態度を変えない」(同)

     歌手生活50年の足跡をたどると、紅白をはじめとするNHKでの活動は、和田にとってかなり大きなウエートを占めるのは間違いない。
    それでも50周年イヤーにNHKの出演オファーを受けられないほど、紅白落選の悔しさは大きかったようだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13312300/

    【【悲報】和田アキ子さん、せっかくのNHKからのオファーを次々と断ってしまうwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/25(日) 17:17:40.50 ID:CAP_USER9
    日曜日の昼の情報バラエティー番組『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、MCの峰竜太が画面に映る場面が“激減”している。
    これには、6月2日にタレントでアーティストの泰葉が行った記者会見が影響しているという。

    東京都内で開かれたその会見で、泰葉は元夫の小朝から度重なる暴力を受けていたと明かし、夏までに提訴する意志を明らかにした。
    それと同時に、泰葉に対して否定的な発言をした和田アキ子も提訴する意向を示していた。

    「これを聞いた和田は、泰葉の親戚の峰に怒りを露わにしたそうです。楽屋に峰が挨拶に来ても、ろくに返答もしないといいます」(芸能関係者)

    泰葉と和田になぜ確執が生まれたのか。泰葉が元夫で落語家の春風亭小朝を告発すると発表したことを受け、和田が自身のラジオ番組で
    「なにをいまごろ。どうしたの?」、「なんでなんですかね? 金髪豚野郎って言ったときでも小朝さんは反応してないでしょ?」などと発言していた。

    これに対して泰葉は、ブログで《どれほどの 人間が 虐待を 受けているか わかりません そして 義兄 峰竜太の 涙ぐましい 努力 
    アッコにおまかせ 笑わせます 隆太におまかせ なんです》などと投稿した。

    「これを伝え聞いた和田は、『泰葉の野郎をここに連れてこい!』とスタッフに息巻いたそうです」(同・関係者)


    アッコにおまかせ!での峰への仕打ち

    ただし、泰葉は6月15日になって、和田を提訴しない意向を示した。しかし、これで事態は収まらない。

    「峰を見ていると、『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)で石坂浩二が受けた扱いを思い出します。峰は画面にはほとんど出てこないので、
    スタジオにいるのかいないのか分別できないくらいなのです。番組の後半にワイプの窓で笑っている映像が出てくるので、そのときようやく“いたのだな”
    と感じる程度。たいていはルーズショット(全員のショット)のときに画面の左側、和田の後ろにいるのですが、画面としては見切れていますし、
    声も入らない。こうした演出、カメラ割りは、もしかしたら和田の意向と捉えられてもおかしくはないでしょう」(芸能記者)

    同番組は1985年から始まり、30年以上もの歴史を誇る長寿番組だ。日曜日の昼という時間帯を考えれば、視聴率は悪いわけではない。

    「峰のギャラも安くないため、リストラ候補にも挙がっています。現在の峰は、番組にいても誰も話題を振らないし頼らない“いるだけ”
    の存在となってしまいました」(同・記者)

    SNSでは、《夏か秋に敢行するだろう》、《もう峰も和田も目線を合わせない。無理じゃね》など、峰の降板を予想する意見が投稿されている。

    https://myjitsu.jp/archives/24551

    【【報復】「アッコにおまかせ!」で露骨に排除されはじめた峰竜太wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/25(日) 14:20:29.34 ID:CAP_USER9
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/25/kiji/20170625s00041000190000c.html
    2017年6月25日

     タレントの出川哲朗(53)が25日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。番組MCの和田アキ子(67)の“悪行”に抗議した。

     番組では、秘書への暴言、暴力行為を報じられ、で自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員(42)のニュースを取り上げた。
    元秘書があて名を間違えたことに豊田議員が激怒したと言われていることに、和田は「名前を間違うっていうのはものすごい失礼。だから、怒るのはわかる」に理解を示しつつも、「イライラする」と不快感をあらわにした。

     そんな和田に対し、出川がかみついた。「聞いてて、凄い他人事のように言っているけど、俺は心の中では『あんたも同じだよ!』って思っていた。だって、殴るのだけは!って、俺なんかビニール傘でされたんですよ」とまさかの告白で抗議した。

     和田が「お酒飲んだ時によくお箸とかで君らに注意するけど…」と口を開くと、出川だけでなく、タレントの勝俣州和(52)、カンニング竹山(46)も口をそろえ「注意!?」を総ツッコミ。
    タレントのヒロミ(52)も「あれは注意じゃないからね!」とバッサリ。出川は「それまで散々、俺たちに箸の使い方が!って。お前たちは日本の心を知らないのか!って。箸をちゃんと使えって言いつつ、箸で人を刺す!」とまくし立てた。
    さらに「この人の凄いのは、防犯カメラがないのを確認して、『出川こっち来い』ってそこで刺される」と続けた。

     和田が「ごめんなさいね~そんなつもりはないんです~」とミュージカル調に謝罪すると、共演者から総ツッコミ。「知らない人は本気にするだろ」とコメントしていた。

    【【豊田議員も真っ青】和田アキ子の過去の暴力行為を出川が告発wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/06/19(月) 09:18:46.00 ID:CAP_USER9
     俳優の長谷川博己(40)が主演を務めるTBS日曜劇場「小さな巨人」(日曜後9・00)が18日に最終回を迎え、平均視聴率は自己最高の16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

     初回13・7%と好スタート。第2話=13・0%、第3話=11・7%、第4話=13・5%と推移し、第5話では初回を上回る13・9%を記録した。以降、第6話13・5%、第7話12・1%、第8話13・6%、第9話13・7%と推移。最終回も自己最高をマークしての有終の美を飾った。

     警視庁と所轄の確執や警察内部の闘いを軸とした警察エンターテインメント。事件の謎解きのみならず、出世や人事も含めたリアルな警察、警察官の姿を描く。

     「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット」などのヒット作を生んだ伊與田英徳プロデューサー(49)、福澤克雄監督(53)が再びコンビ。今回、福澤監督は監修に回り、田中健太氏(37)渡瀬暁彦氏(36)池田克彦氏(35)が演出を担当。伝統ある同枠において30代トリオが演出を務めるのは極めて異例。脚本はTBS「TAKE FIVE?俺たちは愛を盗めるか?」フジテレビ「無痛」などの丑尾健太郎氏(40)。「半沢直樹」などの八津弘幸氏(45)が脚本協力を務める。

     長谷川が演じるのは、東京の治安を根底から支える警視庁「捜査一課」の刑事・香坂真一郎。将来は、警視庁4万人の現場警察官の頂点に立つ最高指揮官「捜査一課長」を期待されるエリートだったが、ある事件を機に人生が一変。所轄の警察署に左遷される。出世街道から外れる一方、懸命な所轄の同僚たちを目にし、刑事としての使命に悩みながらも、自らの正義を信じて悪に立ち向かう。香坂のライバル・山田春彦を岡田将生(27)、香坂の最大の敵となる捜査一課長・小野田義信を香川照之(51)が演じる。

     最終回は、警察と学園の不正の証となる裏帳簿に、香坂(長谷川博己)の父の名前が載っていた。父も17年前の不正に加担していたのか?衝撃を隠せない香坂は、もう一度過去の事件と向き合う。さらに江口(ユースケ・サンタマリア)警部殺害の真犯人像として、新たに小野田(香川照之)一課長が浮かぶ…という展開だった。

    2017年6月19日 09:11
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/19/kiji/20170618s00041000349000c.html

    【【日曜顔芸劇場】「小さな巨人」最終回の視聴率wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ