新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:元SMAP

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/16(火) 12:03:17.59 ID:CAP_USER9
    https://www.narinari.com/Nd/20181051642.html
    2018/10/15 22:30

    タレントでコメンテーターのデーブ・スペクター(64歳)が10月15日、自身のTwitterで「元SMAP」を連呼している。

    どうやら「元SMAP]という名称を使って欲しくないようで
    メディアに通達したそうです。あそうですか?じゃ分かりました。
    元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP
    元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP
    元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP 元SMAP!
    https://cdn.narinari.com/site_img/photox/201810/15/20181014036.jpg

    これにTwitterなどネットでは「いいぞもっとやれ」「私もどんどん言おう。SMAP SMAP SMAP SMAP」「元SMAPがダメならSMAPにしましょう」などの盛り上がりを見せている。


    【【抵抗】デーブ・スペクターが“元SMAP”21回連呼!!!!!!!!!!!! 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/15(月) 15:24:38.13 ID:CAP_USER9
    元SMAPの草なぎ剛が12日、都内で吹き替えを務めたアニメーション映画「ムタフカズ」の初日舞台あいさつを行ったことを、各スポーツ紙などが報じた。

     各紙などによると、同作は日・米・英同時公開で、アメリカでは日本語吹き替え版が英語字幕で上映されることも決定。

     草なぎは「世界中に拡散をお願いします。僕たちの声がUSAに!」と呼びかけ、DA PUMPの「U.S.A.」で人気の親指を上下に振る「いいねダンス」を披露したという。

     「昨年9月、ジャニーズ事務所から元SMAPの香取慎吾、稲垣吾郎とともに独立した草なぎ。独立から1年経過して3人の仕事は順調そのもの。そのせいもあってか、最近の草なぎは公の場でやたらハイテンションだそうで、この日も勢いで『いいねダンス』を披露したそうです」(ワイドショー関係者)

     動画投稿サイト・YouTubeで公開したMVから火が付き、今年の音楽界を席巻中の「U.S.A.」だが、DA PUMPはかつてSMAPらジャニーズ事務所勢の強力なライバルと目されていたという。

     「ファン層がかぶるので、ジャニーズが圧力をかけ、DA PUMPはなかなか音楽番組に出られず苦戦しました。しかし、テレビ各局は今の勢いを無視できず、今年の紅白は当確と言われています」(レコード会社関係者)

     草なぎなら独立後、ジャニーズ時代はご法度だったSNSを有効活用。そのおかげもあって活動が軌道に乗っているが、DA PUMPとの共演もありそうだというのだ。

     「元SMAPの3人は、AbemaTVの毎月第1日曜日に放送している7・2時間の生放送特番に出演。その番組ではライブコーナーがあるので、そこにDA PUMPを呼び共演する流れになりそうだ」(芸能記者)

     元SMAPとDA PUMPの共演が実現すれば大いに話題になりそうだ。

    https://npn.co.jp/article/detail/37953739/

    【【驚愕】かつてのライバルDA PUMPと元SMAPの夢の共演がついに実現か??????????????????????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/06/10(日) 20:55:04.75 ID:CAP_USER9
     もはや記憶のかなたに行ってしまった感があるが、昨年6月、元SMAPの3人(草彅剛、稲垣吾郎、香取慎吾)はジャニーズ事務所に契約更新の意思がないことを伝えた。そして9月の契約満了をもって独立。今年もその時期がやってきた。現在、残っているのは木村拓哉と中居正広の2人。

     木村に関しては、今さら独立話などなさそうだが、問題は中居だ。

     昨年6月、独立した3人と一緒に中居も事務所を飛び出すものと、誰もが疑わなかった。それがどうだ。フタを開けてみたら、中居は残留を決めた。おかげで、木村同様“裏切り者”の汚名を着せられることになってしまった。

    「残った理由はいろいろ取りざたされていました。一番には、計算高い中居君のことだから、いま出てしまったらメリットが何もないと考えたのではないかということ。確かに、新しいCMも入っていましたし、事務所から特に冷遇されてもいないし、解散したから、肌の合わない木村と一緒に仕事することもないだろうし」(スポーツ紙記者)

     ほかには、出ていった3人のレギュラー番組が、次々と打ち切りになっていたため、自分もそうなるのではと危惧したとか、後輩グループ「舞祭組」が独り立ちできるまで面倒を見るのだろうといった見方もあった。

     中居が一切何も語っていないため、その真意は分からないが、実は今でも“中居独立説”が根強く残っている。

    「昨年6月の時点でも、来年は必ず独立する、という話がマスコミの間で流れていて、そのまま引きずっています。独立した3人は順調とは言えないまでも、芸能活動は続けられていますし、中居君のポジションも安定しているように見えます。いま独立しても、事務所の横やりが入る心配もなさそうだし、状況が悪化するとは思えません。可能性は少なくないでしょう」(芸能プロ関係者)

     もし彼が事務所を出たら、3人と合流するのだろうか?

     最近発売された女性誌には、中居が香取と食事していたという報道があった。

    「3人とケンカ別れしたわけではなく、あのときは餞別も渡しています。今でも仲がいいのに変わりはなく、連絡も取っているようです」(前出のスポーツ紙記者)

     ただ昨年、3人が退所する時、中居は「(マネジャーだった)飯島三智さんとは合流しない」と告げたという。中居と飯島氏の間に何があったか分からないが、どちらにせよ今月中に答えは出るだろう。

     また独立した3人に関して、「独立前に比べ、活躍の場が減っていますが、それはマスコミが指摘するような事務所の圧力やテレビ局の忖度があるからとは限りません。芸能界は下克上。彼らの代わりになる人が次々に出始めています。逆にこれまで華々しく活躍できたのは『SMAP』というグループによる人気と、ジャニーズ事務所の力が大きかったからだと言えます」(前出の芸能プロ関係者)。

     これからは本当の実力が問われることになる。

     それにしても、あれほど世間を騒がせ、社会現象にもなった“SMAP騒動”。1年もたてば口にする人も少なくなった。これが芸能界の常なのだ。

     さて、今、中居が事務所を飛び出したとして、さらなる飛躍は期待できるだろうか。逆に残留を選んだとしても、明るい未来が待っているとは限らない……。

    (取材・文/芸能ジャーナリスト 佐々木博之)

    日刊ゲンダイDIGITAL2018年6月10日09時26分
    https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_466859/

    【【決断へ】中居正広の今後wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/23(月) 21:23:09.17 ID:CAP_USER9
    中居正広が『SMAP』の元マネジャーのI氏と和解するために会ったという情報が出てきた。I氏は現在、稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾らのファンサイト『新しい地図』などを運営中している。

    「I氏は稲垣たちのプロデュースを手掛けるだけで、3人がI氏の会社に所属しているというわけではありません。だから中居が仕事の相手になるなら拒否する理由もない。そこを中居は狙ったようです」(ジャニーズライター)

    中居がI氏に接触した理由は、次のように推測されている。

    「稲垣たちはインターネットの仕事を中心に自由に芸能活動しており、好きなようにSNSでメッセージを発信し、自分たちで映画も作る。ジャニーズでがんじがらめにされている中居はこれがうらやましくてしょうがないのです。
    中居にはすでに100億円近い財産があるとされ、現実にはいつ事務所を辞めてもいい。それに中居は“裏切り者”のイメージを払拭したいのです」(芸能プロダクション関係者)

    https://myjitsu.jp/archives/49766

    【【驚愕】中居正広が元SMAPマネジャーに急接近か????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/12(月) 05:52:38.030 ID:IF3+9QC30
    いよいよ芸能界を追放される模様

    【【危機】元SMAPの香取慎吾、草彅剛のレギュラー番組が今月に全終了 】の続きを読む

    このページのトップヘ