新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:ロシアW杯

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/16(月) 13:32:05.38 ID:CAP_USER9
    「サムライブルーは堂々と大会を駆け抜けた」

    フランス代表の20年ぶり2度目の優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップ。
    FIFA(国際サッカー連盟)のジャンニ・インファンティーノ会長が「史上最高の大会だった」と評するのも納得できるほど、クオリティーの高いプレーとゲームが続出した。
     
    そんななか、大会を通して純然たるチームパフォーマンスで算定する「出場国パワーランキング」を随時更新していたのが、米スポーツサイトの『Bleacher Report』だ。大会閉幕を受けて、出場32か国の“最終格付け”を発表した。

    トップに輝いたのは王者に輝いたレ・ブルー(フランス代表の愛称)。「彼らは決勝でとりわけ良いプレーはしたわけではなかった。ミスが多かった。
    ベストプレーヤー(エヌゴロ・カンテ)が驚くほど低調だった。ゴールキーパーはとんでもない過ちを犯した。それでも、フランスは勝つ術を知っていたのだ。途轍もなく強力な闘う集団だった」と持ち上げた。
     
    2位が準優勝のクロアチアで、3位がベルギー、4位がイングランドと実際の順位に準じた。しかしこれ以降は5位ブラジル、6位ウルグアイと8強を逃がした南米勢が食い込み、メキシコが9位、コロンビアが10位の評価を得ている。

    では、ベルギーとラウンド・オブ16で死闘を演じた日本代表はどうか。結果は15位。しかし最高の褒め言葉を使って、サムライブルーの健闘を激賞している。
    「日本は世界中のファンにとって“2番目に贔屓”のチームとなった。いつも笑みを浮かべながら、テクニカルでスピーディーなフットボールを貫いたのだ。

    タカシ・イヌイ(乾貴士)とガク・シバサキ(柴崎岳)が中盤で幅を利かせた。衝撃的な快進撃を見せ、ベルギー戦でも2点のリードを奪ってみせたが、力尽きてしまった。
    監督交代など大会前は曇り切っていたムードを払拭し、サムライブルーは堂々と大会を駆け抜けたのである」
     
    細かい説明は割愛されているが、“2番目に贔屓”のチームという表現が面白い。ファンは誰しも自国代表チームやお気に入りの代表チームがあるものだが、
    日本は世界中の誰もが魅了されるフットボールを披露して、セカンドベストになったと称えているのだ。これ以上の賛辞はないのかもしれない。

    ●日本はアルゼンチン、ドイツ、韓国より上位に
     以下が、『Bleachers Report』によるロシア・ワールドカップ出場32か国の“最終格付け”である。
     
    1位 フランス
    2位 クロアチア
    3位 ベルギー
    4位 イングランド
    5位 ブラジル
    6位 ウルグアイ
    7位 ロシア
    8位 スウェーデン
    9位 メキシコ
    10位 コロンビア
    11位 スイス
    12位 スペイン
    13位 デンマーク
    14位 ポルトガル
    15位 日本
    16位 アルゼンチン
    17位 セネガル
    18位 セルビア
    19位 イラン
    20位 韓国
    21位 ペルー
    22位 ナイジェリア
    23位 ドイツ
    24位 モロッコ
    25位 オーストラリア
    26位 ポーランド
    27位 アイスランド
    28位 チュニジア
    29位 サウジアアラビア
    30位 コスタリカ
    31位 エジプト
    32位 パナマ

    サッカーダイジェスト 7/16(月) 6:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180716-00044026-sdigestw-socc&p=2
     
    写真
    no title

    【【朗報】サムライブルー、汚名返上へwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/14(土) 00:39:30.03 ID:CAP_USER9
    母国イングランドがベルギーと3位決定戦を戦うが、ツイッターで開催意義に疑問符
     
    1カ月間にわたって激戦が繰り広げられてきたロシア・ワールドカップ(W杯)も、決勝戦と3位決定戦を残すのみとなった。
    現地時間15日の決勝戦は、20年ぶりの栄冠を狙うフランスと初の決勝進出を果たしたクロアチアが対戦。3位決定戦ではFIFAランキング3位のベルギーと28年ぶりに4強入りしたイングランドが激突する。

    そうしたなか、イングランドの伝説的ストライカー、アラン・シアラー氏は自身のツイッターで3位決定戦について「全く愚かなもの」「選手はやりたくない」と綴り、異を唱えている。

    出場32カ国中、平均年齢が3番目に低い若手主体のチームで臨んだイングランド。ベルギーと同居したグループGを2位で突破すると、
    決勝トーナメントではコロンビア、スウェーデンを立て続けに撃破。準決勝ではクロアチアに競り負けたが、28年ぶりのベスト4進出と躍進した。

    グループリーグで対戦したベルギーとの3位決定戦に臨むことになったが、代表OBのシアラー氏はその試合の存在自体を全否定した。

    「3位と4位のプレーオフは全く愚かなものだよ。選手はやりたくない」

    「準優勝のメダルを首に下げたままの選手も見たことない」
    自身のツイッターでこのように持論を展開したシアラー氏。さらに、「準優勝のメダルを首に下げたままの選手も見たことないのだから、3位なんて言うまでもない」という返信に対しても「Agreed」と同調した。

    W杯のレギュレーション自体に一石を投じたシアラー氏のツイートは大きな反響を呼んでいる。

    「世界で最も無駄な試合」「確かに、前回のW杯でどこが3位だったか誰も気にしてない」「時間の無駄」などとシアラー氏への同意コメントが次々と到着。
    一方で「メダルがないよりはブロンズメダルがあった方がいい」「同意できない。オリンピックなら3位は大きな成功」「勝って終われるチャンスがある。私は好きだ」などと否定派も多く、賛否を巻き起こしている。

    7/13(金) 21:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180713-00121642-soccermzw-socc

    写真
    no title

    【【波紋】元イングランド代表FWがW杯3位決定戦に不要論を唱える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/07(土) 09:44:59.61 ID:YPOWtvNza0707
    作ったれや

    【【快進撃】ベルギー代表には「無敵艦隊」とか「スター軍団」みたいな異名ないの???????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/07(土) 08:16:24.62 ID:CAP_USER9
    1-2で敗れた8強ベルギー戦でもエリア内で“ダイブ”
     
    ブラジル代表FWネイマールは、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝のベルギー戦でも、今大会で物議を醸している
    “過剰演技”を行い、元イングランド代表MFから「恥」と酷評されている。英紙「ザ・サン」が報じた。

    ネイマールはベルギーに0-2とリードを許して迎えた後半9分、
    敵陣ペナルティーエリア内でMFマルアン・フェライニとほとんど接触がなかったにもかかわらず、自らピッチに身を投げ出した。

    英公共放送「BBC」の解説者で、元イングランド代表MFダニー・マーフィー氏は「ネイマール、恥だ。あんなに素晴らしい才能があるのに。
    彼は人々を騙し続けなければいけないと感じているようだ。彼はフェライニを蹴りつけようとして、ペナルティーを獲得しようとした」と断罪したという。

    同紙の記事でも「ネイマールはまたも炎上した。ベルギー戦で愚かなダイブをしたことで視聴者から批判されている。
    ブラジルのエースは準々決勝で、ピッチに身投げした」と酷評されている。

    そして今大会で大きな話題の一つとなっているネイマールの過剰演技と、それに対してイエローカードを提示しなかったミロラド・マジッチ主審に対し、
    ツイッター上で世界のサッカーファンから怒りの声が上がっていると、コメントを引用して紹介した。

    「この男は毎回リスペクトを失い続けている」とSNS上も炎上
    「レフェリーはなぜダイブだと分かっているのに、ネイマールは警告を受けないんだ。自分が見逃したのか」
    「ブラジルはベルギーに2-0でリードされ、ネイマールはペナルティーを手にするためにダイブに賭けた」
    「今、バーではネイマールのダイブのたびにビール一杯タダで振舞っている。破産寸前だ」
    「ブラジル戦でネイマールがいつものダイブ。この男は毎回リスペクトを失い続けている」
    「親愛なるネイマール、以前見た時にあなたはフットボーラーでスイマーではなかった。ピッチはプールでもない。マイケル・フェルプスの世界記録を破ろうとしているのか?」

    優勝候補筆頭と大会前に呼び声の高かったブラジル。
    王国の威信を背負ったはずの背番号10だが、審判を欺こうとする過剰演技とベスト8敗退により、ロシアの地に汚名を残すことになってしまった。

    7/7(土) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00119923-soccermzw-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<ネイマールの夏が終わる…>ブラジルが姿が消して南米勢全滅!残るは欧州勢のみ/ロシアW杯
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530910260/

    【【愚行】ネイマールに批判殺到wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/06(金) 19:24:56.67 ID:CAP_USER9
    ロシア・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦のコロンビア対イングランドは、「ややヒートアップし過ぎた一戦」として議論を呼んだ。

    コロンビアの主将ラダメル・ファルカオは、アメリカ人のマーク・ガイガー主審が、「五分五分のプレーで常にイングランド有利の判定をしていた」と主張。
    同主審のレフェリングが、「恥ずべきものだった」と怒りを露にした。

    また、元アルゼンチン代表FWのディエゴ・マラドーナも、ベネズエラのメディアで、ガイガー主審を批判。
    イングランドの勝利は、「とてつもない強盗」と表現した。
    このサッカー界を代表するレジェンドの発言に、FIFAが「完全に不適切」、「まったく根拠がない」、「非常に遺憾」と逆非難したのは、周知のとおりだ。

    FIFAからの“お小言”を受け、マラドーナは7月5日、SNSでジャンニ・インファンティーノ会長とあいさつした際の写真を掲載。
    「自分の発言のいくつかは受け入れられないものだったと認める」と、謝罪した。
    「一部の判定に反対の意見を持つことがあるにしても、私は協会や審判たちの簡単ではない仕事に対して絶対の敬意を払っている」

    だが、いまだイングランド戦の判定に納得していないコロンビアのサポーターは少なくない。
    署名サイト『change.org』では、大学で法律を学んでいるというコロンビア学生が、FIFAに再試合を要求する署名を募集した。
    この学生は、カルロス・サンチェスがハリー・ケインを倒してイングランドにPKが与えられた場面と、カルロス・バッカのゴールが認められなかった場面の判定が誤審だったと主張。
    「フェアプレーの前例」をつくるためにも、FIFAが2つの場面を見直すべきだと要求している。

    FIFAが試合のやり直しを命じることはないだろう。
    ただ、同募集開始から2日で27万人以上が賛同していることからも、コロンビア・ファンの不満が大きいのは想像に難くない。
    両チームの選手からも互いを非難する声も上がっており、今後に向けて禍根が残らないかが、懸念される。



    ガイガー主審に異議を唱えるコロンビア代表の面々。その母国代表の戦士たちを見て、国民も動き出している。 (C) Getty Images
    no title



    2018/7/6 18:31
    gooニュース
    https://news.goo.ne.jp/article/soccerdigestweb/sports/soccerdigestweb-43540.html

    【【怒報】コロンビア人さんイングランド戦にブチギレでFIFAに再選要求】の続きを読む

    このページのトップヘ