新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:フジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/20(金) 10:35:02.50 ID:CAP_USER9
     俳優のディーン・フジオカが主演するフジテレビ系連続ドラマ『モンテ・クリスト伯─華麗なる復讐─』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)
    第1話が19日放送され、初回平均視聴率が5.1%だったこと20日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

     同ドラマはアレクサンドル・デュマによる復讐劇の決定版『モンテ・クリスト伯』を原作に、ディーン演じる主人公・柴門暖が、愛、将来、自由、
    仕事、自尊心のすべてを奪われたことを機に、実直な人間から“復讐鬼”と化し、自分を陥れた3人の男に復讐を果たしていく物語。

     第1話では物語は暖が幸せだった頃、2003年春に遡る。小さな漁師町で漁業を営む暖は同じ町で喫茶店を経営する目黒すみれ(山本美月)と婚約し、
    幸せの絶頂にいた。しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難。暖の後輩・南条幸男(大倉忠義)らが心配するなか、すみれは暖の帰還を信じ、
    努めて明るく振舞っていた。2週間後、『海進丸』は無事帰港。暖もケガはしたが生還を果たすが船長・バラジは亡くなった。実はバラジはテロ組織の
    メンバーではないかと疑われていた人物だった。バラジを調べる刑事の入間公平(高橋克典)がたどり着いた真実がキッカケで、暖の転落が始まる。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000369-oric-ent

    【【視聴率】ディーン・フジオカさん、逝った・・・・・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/19(木) 19:47:04.19 ID:CAP_USER9
    長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。
    かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。

    長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。
    その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

    長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。
    初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

    この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1~3月クールに放送された
    「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

    全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7~9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。
    山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

    だが、後が続かなかった。10~12月の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が6・7%、
    今年1~3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

    かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、
    バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。いずれも20年以上にわたって放送された長寿番組
    「とんねるずのみなさんのおかげでした」と「めちゃ×2イケてるッ!」を打ち切った。ほかにも「おじゃMAP!!」なども終了させた。

    視聴率が低迷する番組を次々に打ち切るのは、昨年6月に就任した宮内正喜社長の方針だ。
    かつて多くのヒットドラマを手がけた亀山千広氏からトップの座をバトンタッチされた宮内社長は、就任直後から「業績を回復する一点に絞る」と明言してきた。

    「そのためには何よりも視聴率アップが大事。これまで、視聴率は低迷しているのに“長い間放送してきた”という理由だけで続けてきた
    『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』の打ち切りを決めたんです」(フジテレビ関係者)

    4月の改編ではバラエティー番組を次々と打ち切ったが、標的はもちろんバラエティー部門だけではない。
    これから先も視聴率が低迷し続ければ、月9も当然、打ち切りの対象になってくるとみられている。

    「今回の月9は、長澤がセクシー路線を全開にしてさまざまなコスプレに挑戦している。
    東スポさんでも“長澤が低迷するフジの救世主に”と書いていたけど、局内でも大きな期待がかかっていた。それがいきなりの低空飛行だから、ショックは大きい」(同)

    また別の同局関係者は「宮内さんの前任である亀山さんは、月9にものすごい思い入れがある。
    そりゃ、そうですよね。キムタクが主演して大人気となった『ロングバケーション』(1996年)を手がけ、
    全話平均29・6%というものすごい視聴率を記録したんだから。亀山さんなら月9を打ち切るなんてことは考えもしなかっただろう」と言う。

    だが、宮内社長は主に編成部門を歩んできた。

    「だから月9に全く思い入れはない。『みなさんのおかげでした』や『めちゃイケ』と同様に“数字が悪かったら打ち切る”と判断するでしょうね」(同)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180419-00000004-tospoweb-ent


    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524104507/

    【話題】長澤まさみ主演の月9「コンフィデンスマンJP」第2話は7・7% 初回から1・7ポイントダウン★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1524035937/
    【視聴率】長澤まさみ主演“月9”『コンフィデンスマンJP』初回は9.4%★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1523341266/

    【【悲報】 長澤まさみでも2回連続で1桁でフジ月9絶望wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/10(火) 09:07:44.20 ID:CAP_USER9
     長澤まさみ(30)主演のフジテレビ系“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』(毎週月曜 後9:00)第1話が9日放送され、初回平均視聴率が9.4%だったことがわかった。
    初回は30分拡大で放送された。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

     同ドラマは『リーガルハイ』シリーズで知られる古沢良太氏によるオリジナル脚本。11年ぶりの“月9”主演となる長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、
    小日向文世演じるリチャード、3人の信用詐欺師たちが金融、不動産、芸能、美容業界などさまざまな業界を舞台に騙(だま)し騙されする痛快エンターテインメント
    コメディーを1話完結で描いていく。

     第1話では2003年4月以来15年ぶりの月9枠出演となった江口洋介が演じる悪徳公益財団の会長で“日本のゴッドファーザー”赤星栄介をターゲットに、
    ダー子らが奇想天外な計画を展開。ダー子は、国税庁からマークされている赤星が、莫大な現金資産を海外に持ち出そうと目論んでいると推測する。

     貨物船舶の船長に扮して赤星に接触するリチャードだったが、なぜかその正体がバレてしまい瀕死の重傷を負う事態に。詐欺師稼業をやめて一度はダー子のもとを
    離れていたボクちゃんは、リチャード入院の知らせを受け、敵を討つべくダー子とともに赤星をだます作戦に乗り出す。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180409-00000362-oric-ent

    【【フジ】長澤まさみ主演の月9視聴率いきなりヒトケタwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/08(日) 21:02:01.75 ID:CAP_USER9
    不定期の深夜特番として放送されているフジテレビの飲食店紹介番組『寺門ジモンの取材拒否の店』に“やらせ疑惑”が浮上している。

    この番組は、お笑いトリオ『ダチョウ倶楽部』の寺門ジモンが、マスコミからの取材を一切受けないという飲食店を直接に訪ね、取材依頼するというグルメ番組だ。
    交渉する店は和食をはじめ欧州料理、中華、焼肉、ステーキ、ラーメン、定食店など多岐にわたる。

    「ジモンは肉の知識に精通しており、焼肉店、ステーキ店が特に多く登場しますが、あくまでもジモンが選んだ取材拒否店というのが番組のコンセプトです」(テレビ雑誌編集者)

    ジモンはスタッフと一緒に店へ行って交渉し、店名や場所を明かさないことを条件に取材の許可を得る。
    店の詳細を分からなくするように、料理やジモン以外の天蓋と店内の風景にはモザイクをかけて放送されている。

    4月1日深夜に最新回が放送されたが、インターネット上では《内容がうさんくさい》という書き込みが多くみられた。

    https://myjitsu.jp/archives/48374

    【【フジ】「寺門ジモンの取材拒否の店」にやらせ疑惑浮上?????????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/06(金) 05:04:58.47 ID:CAP_USER9
    4/6(金) 5:00配信
    yahoo!ニュース スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180406-00000002-spnannex-ent

     ビートたけし(71)の独立問題で、フジテレビの情報番組「直撃LIVEグッディ!」が5日、
    「オフィス北野の現役社員」と名乗る男性のインタビューを放送し、オフィス北野の森昌行社長(65)から「偽者だ」と猛抗議を受ける騒動が起きた。
    フジテレビは「調査中」と説明。テレビ界屈指の大物を巡る騒動だけに報道合戦の過熱ぶりが生んだトラブルといえそうだ。

     グッディ!が「独自 オフィス北野現役社員語った」と題して報じた、問題の男性にインタビュー取材したのは3日午後8時ごろ。場所はオフィス北野が入る東京・赤坂のビル付近だった。

     オフィス北野側に確認せずに、男性が名乗った「オフィス北野現役社員」という肩書そのままに街頭でのインタビューを放送した。
    男性の顔にはボカシが入っていたが、森社長を「オヤジ」と呼び、酔っているのか陽気な感じに映った。

     ――事務所が赤字という事実は間違っている?

     「オヤジがやっていて赤字のわけないじゃん。あれだけ稼いでいるのに、ねえ。お願いしますよ」

     ――スタッフの給料が凄く高くて芸人の給料が低いというのは?

     「みんな高くて当たり前じゃん。あんたたちだって給料もらった方がいいでしょ。でも、それ以上に稼いでいるんだからさ」

     この映像を見た森社長はスポニチ本紙の取材に「本物の社員でないことを確認した」と明言。
    社員に「報道の個別取材には受けないように」と通達し、森社長を「オヤジ」と呼ぶ社員はいないことからニセ社員と確信しフジテレビに抗議、事情説明を求めたことを明かした。

     「これは“ねつ造”じゃないですか。公共の電波を使ってありえない。
    なりすましの男性のいいかげんな対応を見て、本物のオフィス北野の社員と信じた人たちもいて、ネットなどで騒ぎになっている」と“実害”が出ていることも明かした。

     「たけし軍団」が1日にブログなどで、森社長の“裏切り行為”を告発する声明文を公表して表面化した内紛劇。
    フジテレビは本紙の取材に「抗議はいただいております。現在事実関係を調査中です」と答えた。
    森社長の指摘通りニセ社員までが登場したとなると、騒動の火は当事者たちの場外にまで広がっており、鎮火する気配が見られない。

    【【捏造】フジ「グッディ!」がオフィス北野のニセ社員を登場させてしまうwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ