新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:フジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/04(金) 13:08:09.81 ID:CAP_USER9
    女優天海祐希(49)が主演するフジテレビ系ドラマ「Chef~三ツ星の給食」(木曜午後10時)の3日の平均視聴率が4・9%(関東地区)だったことが4日、ビデオリサーチの調べでわかった。

    初回が8・0%、2回目が7・0%、3回目で6・2%だが、さらに低下した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-01733538-nksports-ent

    【【フジ涙目】 天海祐希主演ドラマの最新視聴率がガチでやべええええええええ!あの女優も共演で相乗爆死クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/03(木) 23:50:19.06 ID:CAP_USER9
    女優・市川紗椰が3日、フジテレビ系「アウト×デラックス」(木曜、後11・00)に出演。

    ショーンKが経歴詐称で降板後、同局系ニュース情報番組「ユアタイム」の単独メーンMCとして、原稿を読むことになり、急きょアナウンスレッスンを受けたこと、それでも原稿を噛みまくり、野島卓アナウンサーから「死ねば」という目で一瞬にらまれる、ことなどを明かした。

    メーンMCを務めるショーンKの降板により、4月から始まった「ユアタイム」で1人MCとして奮闘することになった市川。

    「それで急きょ思ってたより原稿読まなきゃいけないから、急きょアナウンスレッスンを受けたんですよ。一応、あれで」と自虐的にバタバタぶりの裏側を明かした。

     番組当初は特に、原稿読みに慣れていない市川のたどたどしい読み方や噛み癖、目が泳ぐ様子がネット上などで話題になったが、

    市川は「でも私、元から噛む人で。一応(スタッフに)言ったんです。『めっちゃ噛みますよ』って」とキャスター業に不安を訴えていたことを打ち明けた。

     噛むのには癖がある、それを治せば大丈夫、とアナウンスレッスンを受けることになったものの、結果的には「私、全部噛むんです」と効果はなかったという。

     マツコデラックスからは「あんだけの事件があったんだから。本来はあの人がニュースを読む予定だったんだから。(あなたは)ニュース読む予定じゃなかったんだから」と同情され、市川は「そうですね、そうですね」とうなずいていた。

     また、山里亮太からは、原稿を噛んだ時に「辛そうな顔をする」と指摘され、市川は「隣で野島さんが、一瞬、『死ねば』ってなる(顔をする)」とビビリまくっていることを告白していた。

    デイリースポーツ 11/3(木) 23:33配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000112-dal-ent

    【【悲報】「ユアタイム」市川紗椰、原稿噛むと野島アナが「死ねば」の顔、と暴露wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/11/03(木) 14:03:36.43 ID:CAP_USER9
    かつてテレビ業界の王者として君臨したフジテレビ。しかし、今、かつての勢いはなくなり、ドラマの代名詞であった「月9」の視聴率も振るわず、
    直近の2016年3月期の決算におけるメインの放送事業では、売上高3,189億円(前年比▲6.7%)、営業利益807億円(前年比▲39.4%)という厳しい結果に終わっています。

    なぜ、このような事態に陥ったのか。番組プロデューサーとして23年間席をおいていた筆者が70年代まで遡り、
    社員へのインタビューなど交えながら客観的に分析したのが「フジテレビはなぜ凋落したのか(吉野嘉高・新潮新書)」です。

    本書は、1955年に開局したフジテレビを70年代まで遡り、以降実施された番組改革や組織改革を当時の社会状況も踏まえながら多面的に分析。
    視聴率に代表される業績を常に左右したのが改革によって移り変わる「社風」という空気であると捉えています。ここでは、大きく社風を変化させた改革や出来事について4つご紹介します。

    ■フジテレビの黄金期を創った「80年改革」
    1981年、開局当初の「母と子のフジテレビ」に取って代わって、「楽しくなければテレビじゃない」がキャッチフレーズとなった。お祭り好きで、元気で陽気。
    そのような“ラテン系”テレビ局のイメージが、社内だけでなく世間でも認知されるようになった始まりはここにある。
    その後この言葉は、キャッチフレーズを超えた会社の「最高規範」「憲法」あるいは「呪文」のように働き、社員の意識や番組作りを方向づけていった。(P39)

    標語やキャッチフレーズは単なる言葉ではありません。社内に限らず、様々な空間でその言葉に応じた「空気」を創り出す呪文でもあります。

    作り出された空気は、目に見えずそこにいる人間たちを支配します。
    ビジネスの現場では、この空気によって「判断」され、ときに「違う意見」が通らない、黙殺されるといった現象が起こります。

    ■権威をぶち壊せ!
    八十年代のフジテレビは、既存の番組作りの手法を“ぶち壊し”ながら、新たなエンターテインメントの地平を切り開いてきた。
    フジテレビがこの時代に“ぶち壊した”ものは、一言でいうならば、テレビの「権威」だろう。「権威」をぶち壊すことで、常識や垣根を取っ払い、リアルを追求するところに他局に勝る強みがあったのだ。(P60)

    自分たちがどのような社会的役割を担っているのか。このことがはっきりと示されるとき、ビジネスの現場において大きな原動力となります。
    モチベーションの向上です。そして、そのまま数字へと反映されるでしょう。

    しかし、この原動力はエネルギーを過剰に帯びすぎると、時として誤った方法へと暴走する危険性もあります。
    作られた空気の中、摩擦力はさらに低下し、だれも止めることが出来なくなる危険性も包含しています。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161103-00010003-scafe-bus_all
    シェアーズカフェ・オンライン 11/3(木) 8:03配信

    【【落日】フジテレビはなぜ凋落したのか??????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/10/23(日) 07:50:52.71 ID:CAP_USER9
    フジテレビの三田友梨佳アナウンサー(29)が、来春にも埼玉西武ライオンズの金子侑司内野手(26)と結婚し、寿退社する方向で調整に入っているという。

    「三田アナは2013年春に、『めざましテレビ』の取材で金子と知り合い、翌年8月に交際が報じられました。
    金子は堂々と交際を認めましたが、今年2月、一部スポーツ紙上で2015年末に破局していたと報じられていたのです。
    しかし、10月14日に発売された『週刊ポスト』で、交際が続いていたと掲載されていたのです」(スポーツ紙記者)

    同誌によると、10月上旬に三田アナの甥っ子が誕生した病院で両者が合流し、自動車で焼肉店へ食事に行ったという。
    その3日後にも、三田アナは金子宅を訪れていると報じられた。

    「実際に、昨年末ごろは破局していたようなのですが、その後に復縁したことで、さらに愛が深まったというのが現状のようです」(同)

    そうしたなか、三田アナは周囲に金子との結婚と、フジテレビ退社の計画を打ち明けているという。

    「今春にフジテレビから退社して独立した加藤綾子アナなどの信頼する先輩や、親しい友人らに『金子さんと近々の結婚を考えています』と報告しています。
    三田アナは、来年5月23日に30歳になりますが、そのタイミングで退社する意向のようです。
    加藤アナが『30歳の節目で独立して絶対に結婚したほうがいいわよ』と強く勧めていることも大きく影響しているようです」(同)

    三田アナは昨春、早朝の『めざましテレビ』を降板し、午後の情報番組『直撃LIVEグッディ!』
    にレギュラー出演を務めているが、かつてほど目立つ立場で仕事をしていない。

    「三田アナと金子は、交際当初から早い段階での結婚を真剣に考えていましたが、明治座の社長でもある三田アナの父親が、
    収入が不安定なプロ野球選手との交際に強く反対していました。
    金子も一軍と二軍を入ったりきたりしている選手で、成績もふるわなかったことから、結婚は先延ばしになっていました」(フジテレビ関係者)

    しかし今年、金子はパ・リーグの盗塁王のタイトルを獲得し、シーズンを通じて活躍した。

    「年末か年始に入籍をし、そして来年3月末に退社という流れが現実的だと思われます。
    三田アナの父親も、盗塁王になるほど頑張っている金子選手を見て、態度を軟化させているようです。
    三田アナは結婚し、フジテレビを退社後もフリーのアナウンサーとして活動を継続したい意向だといい、
    所属先は加藤アナがいる『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』になることが内定しているそうです」(芸能事務所幹部)

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-10810/
    2016年10月22日 19時00分 まいじつ

    no title

    no title

    no title


    【【女子アナ】フジテレビの三田友梨佳アナが寿退社で独立へwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2016/10/18(火) 09:21:02.44 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 10月18日 9時18分配信

     Hey!Say!JUMPの山田涼介(23)がフジテレビ“月9”初主演を務める
    「カインとアベル」(月曜後9・00)が17日に15分拡大でスタートし、
    初回の平均視聴率は8・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、
    分かった。

     昨年7月期「恋仲」の9・8%を下回り、数々のヒット作を生み出した看板ドラマ枠
    「月9」の初回最低を更新した。

     最近の月9初回は今年7月期「好きな人がいること」が10・1%、4月期
    「ラヴソング」が10・6%、1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が
    11・6%、昨年10月期「5→9~私に恋したお坊さん~」が12・9%、
    昨年7月期「恋仲」が9・8%。

     兄(桐谷健太)と比較され、何をやっても認めてもらえない主人公の優(山田)が、
    仕事や恋に悩むヒューマンラブストーリー。旧約聖書の兄弟の物語「カインとアベル」が
    原案で、ジェームズ・ディーン主演の米名作映画「エデンの東」の基になったことでも
    知られる。

     山田の同局ドラマ出演は、2008年6月に放送された単発作品「古畑中学生」以来。
    脚本は「東京DOGS」「マルモのおきて」などを手掛けた阿相クミコ氏。演出は
    「神様、もう少しだけ」「電車男」「のだめカンタービレ」などで知られる武内英樹氏ほか。

     初回は、優(山田)は父・貴行(高嶋政伸)が社長、兄・隆一(桐谷健太)が
    副社長を務める会社で働いている。その創立50周年記念パーティーが行われている中、
    抜け出した優は、1人でシャンパンを飲もうと栓を開けた。すると、通り掛かった梓
    (倉科カナ)のドレスに飛んでしまい、優は慌てて謝る…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161018-00000080-spnannex-ent

    【【オワコン悲報】ジャニ次世代エース主演ドラマ惨敗、月9初回最低視聴率を更新へ!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ