新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:フジ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/16(火) 21:45:19.06 ID:CAP_USER9
     フジテレビの看板アナウンサーとして「FNNプライムニュース α」、「Mr.サンデー」などに出演中の椿原慶子アナ(32)が入籍し、
    12月に結婚式を挙げる予定であることが「週刊文春」の取材で判明した。

    「相手は老舗の総合設備会社で社長を務めるI氏(38)です」(芸能記者)

     二人の交際が始まったのは、2017年4月頃だという。

    「すでに入籍は済ませており、12月22日に都内の高級ホテルで挙式する予定です」(I社長の知人)

     フジテレビに問い合わせたところ、「プライベートについてはお答えしておりません」と回答した。

     10月18日(木)発売の「週刊文春」では椿原アナと結婚相手のI社長の人物像、結婚に至る経緯などについて詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年10月25日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00009355-bunshun-ent
    no title

    【【プライムニュース】フジテレビ椿原慶子アナがセレブ社長と入籍へ!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/23(木) 16:06:15.42 ID:CAP_USER9
     テレビ朝日の看板番組『報道ステーション』のアシスタントに、10月から元テレ朝で現在フリーの徳永有美アナ(43)が起用されることが発表された。
    徳永は2003年に現夫である内村光良との不倫温泉旅行が発覚。2005年に内村との結婚を機に退社してから、13年ぶりの電撃復帰となる。

     徳永と同じく不倫騒動が取り沙汰された女子アナでも、復活の気配すら見えないのが、フジテレビの秋元優里アナ(34)だ。

     後輩の生田竜聖アナと結婚していた秋元アナだが、今年1月、妻子ある40代の同局プロデューサーとの“W不倫デート”が報じられた。竹林にある
    小屋のような場所に車を駐め、30分ほど過ごしていたという衝撃的な報道だった。

     4月に生田との離婚が成立したが、復帰のメドは立っていない。

    「秋元の場合、一度疑惑が報じられた時にはきっぱり否定したのに、その後に密会をしている決定的証拠が出てしまった。あまりにイメージが悪かったため、
    テレビ復帰は遠いと言われている」(フジ社員)

    ※週刊ポスト2018年8月31日号

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180823-00000016-pseven-ent

    【【窮地】竹林不倫疑惑・秋元優里アナの現在wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/13(月) 18:46:29.37 ID:CAP_USER9
    土日2日間(8月11日~8月12日)の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、人気ドラマを映画化した『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』が3週連続の1位を獲得した。

     トム・クルーズ主演の人気シリーズの第6弾『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が2週連続の2位に、ディズニー/ピクサーの『Mr.インクレディブル』の14年ぶりの続編『インクレディブル・ファミリー』が2週連続の3位という結果になった。夏休みの時期にあわせて大作が多く公開されているなか、3週連続で首位となった『コード・ブルー』が、どこまで記録が伸びるのか注目を浴びている。

     公開から5週目を迎えた『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が4位になり、先週6位からのランクアップ。『ジュラシック』シリーズが、根強い人気を誇っていることを証明した。5位には、犯罪チームの活躍を描いた大ヒット映画シリーズ『オーシャンズ』の第4弾となる『オーシャンズ8』が初登場。アン・ハサウェイら豪華出演者たちが、女性だけの犯罪チームを演じている。

     また、口コミなどで評判が広がり全国で拡大公開中となっている『カメラを止めるな!』が11位。先週の10位から順位を1つ下げたが、今後、さらに上映館が増えることが決定しているため、再びランクインするのか期待が高まる。

     今週は『銀魂2 掟は破るためにこそある』『タリーと私の秘密の時間』『ペンギン・ハイウェイ』『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』『チャーチル ノルマンディーの決断』『閃光少女』などが公開される。(編集部・梅山富美子)

    【2018年8月11日~8月12日の全国映画動員ランキングトップ10(興行通信社調べ)】>>0�)内は先週の順位

    1(1)『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』:3週目
    2(2)『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』:2週目
    3(3)『インクレディブル・ファミリー』:2週目
    4(6)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』:5週目
    5(初)『オーシャンズ8』:1週目
    6(7)『未来のミライ』:4週目
    7(4)『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』:2週目
    8(5)『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』:2週目
    9(8)『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』:5週目
    10(9)『センセイ君主』:2週目

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000018-flix-movi

    【【興収】 『コード・ブルー』いくらなんでも強すぎだろ!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/10(金) 18:01:51.03 ID:CAP_USER9
    業績不振に沈むフジテレビ、産経新聞の親会社であるフジ・メディア・ホールディングス(フジHD)の株主総会が、社員の内部告発に基づく爆弾質問・動議で大揺れとなった。他メディアでは報じられない疑惑が浮上した。

    壇上に居並ぶ経営陣は全員、顔面蒼白となり、1242人の株主が参加した会場は凍りついたように静まり返った。6月27日、強風が吹き抜ける東京・台場で開催された総会は、フジサンケイグループ全体の窮状を浮き彫りにするかのように文字通りの「大荒れ」となった。

    株主への内部告発

    筆者を含む株主に寄せられた内部告発によると、2017年の夏休み期間中、1カ月半にわたって東京・台場で開催された参加型イベント「お台場みんなの夢大陸2017」で〈来場者が実際の3倍以上に水増しされている〉という。

    〈有料入場者収入はたった12億円。料金で頭割りにすると100万人も来ていない。これに無料優待入場者20万人弱を加えても、合計112万人にすぎない〉
    のが事実だと暴露。

    また、〈(15年の開催初年度から)毎年、スポンサーに400万人超来場といって騙し、400万人分の広告出稿料(広告料金)を貰っている。そんな不正をしても、なお6億円の赤字だ。水増しの方法は、来場者を計測する地点を4カ所つくり、それを合算する超古典的改竄方法。要は同じ人間を何度も数えるやり方での改竄だ。ガラガラの会場を見れば誰にも、それがウソだと分かる。スポンサーの広告出稿料契約は400万人だから、完全に不正水増しだ〉
    と糾弾している。

    さらに、〈このイベントには、電通にいる日枝久代表(80歳)の息子が以前、絡んでいた。フジ社内では『今の時代、さすがにヤバイよ』との空気もあったが、日枝代表本人への忖度に加えて、将来、フジの社長・会長・代表になる日枝の息子が絡むから誰も手を出せないでいる。この改竄は、お台場での夏休みイベントに関して、長期間行なわれていた。神戸製鋼所、スバル、三菱マテリアルのデータ改竄と互角の不正だ〉としている。

    会社側まともに答えず

    筆者は、告発内容を紹介した上で

    「イベントは東京都港湾局という公的な機関が共催となっており、オフィシャルパートナーにスバル、コカ・コーラ、特別協賛に旭化成、キリンビールなど大企業も加わっている。告発内容が事実かどうか、嘉納修治会長(68歳、総会議長)自身か、宮内正喜社長(74歳)か、日枝代表に答えてもらいたい」
    と回答を求めた。

    これが事実とすれば、スポンサー企業を騙して、虚偽の入場者数に基づいて高く設定した広告料金を支払わせるという“詐欺商法”がまかり通っていたことになる。広告料金の基準となるテレビ視聴率や新聞販売部数を偽装するに等しく、メディア企業には絶対許されない背信行為だ。

    しかし、嘉納議長は「機関として答える」として、金光修専務(63歳)を指名。同専務は「入場者数は、有料、招待、無料エリアの入場者を含めたものだ。その合計が400万人で、水増しにはあたらない」と述べて、その詳細な内訳などの実態を明らかにしなかった。

    会場からは「ちゃんと答えろ!」との声が飛んだが、専務は水をゴクリと飲むばかりで、再答弁には応じなかった。

    その金光専務に関する衝撃的な内部告発も筆者を含む株主に寄せられていた。

    セクハラ疑惑も飛び出す

    告発の内容は、〈金光専務のセクハラは社内でも関心が高い。専務は、気に入った女性を自分の担当部門に採用、出張時に同宿するなどしてセクハラが疑われている。(被害者)本人は、社内の相談窓口や労働基準監督署に訴えると言ったが、専務が思いとどまらせてしまった〉などというものだ。

    筆者は、会社提案の第2号議案(取締役17名選任)の修正動議の中でこの問題を取り上げ、「金光専務には社内の女性に対するセクハラ疑惑があるとの内部告発が寄せられている。それが真実かどうか不明だが、疑惑をかけられること自体が問題だ」と指摘。

    また、「フジサンケイグループ代表の日枝取締役相談役は昨年6月まで社長・会長のトップの座に29年間も在職、取締役在任は今年で35年に及び、フジテレビの視聴率低落、産経新聞社の赤字転落を招いた。嘉納会長、宮内社長も日枝氏の秘書上がりで、日枝代表の「院政」支配が続いている。遠藤龍之介取締役(62歳)は、安倍政権が強行したカジノ法について『いよいよ始動する』と評価し、お台場への誘致に力を尽くす、と揚言。清原武彦取締役(80歳、産経新聞社相談役)は、報酬を赤字の産経新聞社に寄付すべきだ」などとして、議案そのものを削除するよう求めた。

    全文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180809-00010001-kinyobi-soci

    【【騒動】フジテレビに偽装疑惑で株主総会が大荒れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/08(水) 09:48:01.06 ID:CAP_USER9
     8日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で7日の同番組で日本ボクシング連盟の山根明会長(78)の生まれを誤って放送したとして訂正し、謝罪した。

     ボクシング連盟の臨時理事会の特集の最後に同局の伊藤利尋アナウンサー(46)が「ひとつ訂正があります」とし「昨日の放送で山根会長は韓国生まれという風にご紹介したんですが、山根会長によりますと、生まれは大阪府堺市でその後、母親と共に韓国に渡り、10歳の時に日本に帰国されたということです。訂正してお詫びいたします。大変失礼いたしました」と謝罪していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000104-sph-fight

    【【真実は】フジ「とくダネ!」山根会長を「韓国生まれ」と報道へwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ