新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:テレ朝

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/03(火) 15:57:23.34 ID:CAP_USER9
    no title


     『テレ朝』が2つの人気ドラマの今後に苦慮している。
     「3月14日が最終回だったシーズン16の平均視聴率は15.2%で、辛うじて15%を維持しましたが、視聴者からは、反町に“元法務省キャリア”という役が合っていないとの反発が強い。そこで、秋から始まるシーズン17での相棒交代が噂されているんです」(テレ朝関係者)

     水谷豊主演の人気ドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)の新シリーズに、今夏に出産予定の仲間由紀恵(38)の代役として武井咲(24)が急浮上しているという。

     2002年にシリーズ化された『相棒』は、初代“相棒”を寺脇康文、2代目を及川光博が務め、20%前後の高視聴率を記録。しかし、3代目の成宮寛貴で次第に下降し始め、4代目の反町隆史では回によって15%を切るまでに至った。
     5代目の相棒には、もともとシーズン13から“警視庁総務部広報課課長”として出演している仲間の名前が挙がっていたが、3月に入り妊娠を発表したことで立ち消えとなり、水谷の親友でもある、『とんねるず』の木梨憲武の名前も挙がっている。
     「『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了した木梨は今後、俳優業に力を入れると見られるため、それが現実味を帯びている」(ドラマ関係者)

     一方、テレ朝では『相棒』より高視聴率の米倉涼子主演の『ドクターX~外科医・大門未知子~』の続編に固執しており、これが『相棒』のキャスティングに影響を与えそうだという。
     「米倉は昨年、『ドクターX』の第5期が始まる際に『最後のつもりで』と意気込みを語っており、続編はやる気がない。しかし、諦めきれないテレ朝は、米倉を説得するために、米倉と同じ事務所の武井を『相棒』の仲間の代役に抜擢することで、『ドクターX』の続編を狙っているようなのです」(芸能記者)

     当の武井は日本テレビの主演ドラマ『今からあなたを脅迫します』が放送される直前の昨年9月、『EXILE』のTAKAHIROと“できちゃった結婚”。3月に出産したことで、ドラマ関係者の間に混乱をもたらした。
     「『今からあなたを脅迫します』の平均視聴率は6.1%に終わり、やはり電撃婚は少なからず影響したと見られている。武井を名誉挽回させたい事務所側と、テレ朝側の思惑が合致する可能性は高い」(同)

     なりふり構わぬ『テレ朝』の執着は実現するか?

    2018年4月3日 15時0分
    週刊実話
    http://news.livedoor.com/article/detail/14525657/

    【【駆け引き】武井咲の『相棒』起用で、テレ朝が画策する『ドクターX』続編へのなりふり構わぬ執着 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/09(金) 09:29:10.61 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉(45)が1年ぶりにドラマ主演を務めるテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)の第8話が8日に15分拡大で放送され、平均視聴率は16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。
    前回から0・6ポイント上昇し、2週連続して番組最高を更新。
    15日の最終回(第9話)を前に数字を上げ、最高潮のムードでフィナーレを迎える。

    初回は15・7%。TBS「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の15・1%を上回り、1月クールの民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち、1位の好発進。

    その後も、第2話=15・1%、第3話=13・4%。第4話=13・6%、第5話=14・0%、第6話=14・8%と好調に推移。
    第7話=15・8%と自己最高をマークしたが、今回は16・4%と、さらに上回った。

    第6、7話には、女優の山口智子(53)が主人公の別れた妻・仁美役で出演。
    木村と山口のドラマ共演は1996年に大ヒットしたフジテレビ「ロングバケーション」以来22年ぶりとなり、大きな話題を集めた。

    脚本はフジテレビ「昼顔」などで知られる井上由美子氏の完全オリジナル。
    ある出来事を機に工事現場の警備員になっていた主人公・島崎章(木村)が民間警備会社のボディーガードに復帰し、警備対象者を守るために戦う姿を描く。
    美容師、検事、パイロット、外科医とさまざまな“職業”に挑戦してきた木村がボディーガード役に初挑戦している。

    第8話は、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の会食の場で発生した発砲事件。
    撃たれた村田(上川隆也)への世論は「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」と否定的。
    現場にいた愛子や五十嵐、そして警視庁のSPたちも保身のために真実を語ろうとはしなかった。
    何とか村田の汚名をそそぎ、民間ボディーガードとしての名誉も回復したい章(木村)たち身辺警護課のメンバーだが、警察さえも真実を明かさない現状に為す術もない。
    従来通りの業務を続けようとする章に対し、高梨(斎藤工)は「泣き寝入りするのか」と反発。
    さらに沢口(間宮祥太朗)が「ボディーガードを辞めたい」と言い出す…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000088-spnannex-ent

    【キムタク主演ドラマ、最終回を前に視聴率爆上げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/19(金) 09:14:04.08 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉(45)の1年ぶりの主演ドラマとなるテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後10・00)が18日、15分拡大でスタートし、平均視聴率は15・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。

    木村にとって、TBS日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(日曜後9・00)以来、1年ぶりの連続ドラマ主演で、15年4月期の「アイムホーム」以来の同枠主演。

    今クールは、木村と同じジャニーズ事務所所属のタレントが主演するドラマが並んだことでも話題に。
    それぞれの作品の初回視聴率は、「嵐」松本潤(34)主演のTBS「99・9」は15・1%、「KAT-TUN」亀梨和也(31)がアクション満載の復讐劇に挑んだフジテレビ「FINAL CUT」は7・2%、「Hey!Say!JUMP」山田涼介(24)が6年ぶり主演の日本テレビ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことにして」は13・3%だった。

    脚本はフジテレビ「昼顔」などで知られる井上由美子氏の完全オリジナル。
    ある出来事をきっかけに工事現場の警備員になっていた主人公が民間警備会社のボディーガードに復帰し、同僚や警視庁のSP、依頼人らの思惑が交錯する中で警備対象者を守るために戦う姿を描くヒューマンドラマ。
    これまで美容師、検事、パイロット、外科医とさまざまな“職業”に挑戦してきた木村がボディーガード役に初挑戦している。

    そのほか、江口洋介(49)、石田ゆり子(48)、上川隆也(52)、斎藤工(36)など実力派が共演。

    初回は、かつて敏腕ボディーガードだった島崎章(木村)は、ある出来事をきっかけに第一線から身を引き、民間警備会社で工事現場の警備員をしている。
    しかし、社長・今関(永島敏行)から身辺警護課の新設と着任を打診され、復帰を決意する。
    章は新人ボディーガードとして、各課から身辺警護課に集まった高梨(斎藤)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮)、そして課長・村田(上川)と共に初任務に就く…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000080-spnannex-ent

    【【注目】キムタク主演ドラマ初回視聴率wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/01/01(月) 23:00:38.68 ID:CAP_USER9
    お笑い界で栄華を極めた、とんねるずの石橋貴明(56)、木梨憲武(55)が終わりの時を迎えようとしている。

    唯一の冠番組だった『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が来年3月をもって打ち切りになることが正式発表された。気になる2人の今後だが…。

     「正直、厳しいの一言です。今さら2人を起用して新番組を立ち上げようなんてテレビ局はどこにもありません。あれだけ仲のよかったフジ上層部でさえ、見て見ぬフリをしているんです」(制作会社幹部)

     打ち切りになった衝撃は、他のテレビ局にも波及し始めている。唯一のレギュラー特番だったテレビ朝日の『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』も制作費の高騰を理由に打ち切りが検討され始めたのだ。

     「この番組が終了すれば、本当に終わりになる。かなりやばい状態に追い込まれています」(芸能事情通)

     とんねるずが各テレビ局からここまで敬遠される理由は、高騰し続ける番組制作費。フジでさえも最終的には番組視聴率ではなく、赤字制作費がネックになったと言われているのだ。

     「噂だが、'97年6月から始まった『~みなさんのおかげでした』はこの約30年の間に10億円の累積赤字が計上されたそうです。バラエティー番組なのに1本の制作費は5000万円超え。最近は、石橋のワガママで海外や地方ロケが相次ぎ、7000万円を超えたこともあるらしい」(テレビ関係者)

     加えて、フジがメスを入れたのが出演料だ。今やお笑い界でとんねるずは日本一高額な芸人だそうだ。

     「とんねるずは出演料のほかに企画や構成という名目でもギャラを要求してくる。『~みなさんのおかげでした』は何だかんだで800万円~1000万円近くを請求されていたという話。これが事実なら、他局は絶対に声を掛けない。いや、掛けられませんよ」(放送作家)

     今回の打ち切りで、一気に年間5億円近い収入が消えてしまうとんねるず。
     このままテレビから消えてしまうか?

    2018年1月1日 15時0分 週刊実話
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14105439/

    【【終焉】またもやとんねるずの番組に打ち切り説が浮上wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/11/13(月) 09:11:29.95 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日で12日に地上波初放送した大ヒット映画「シン・ゴジラ」(日曜後9・00)の
    平均視聴率が15・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。
    放送開始直後に「Yahoo!リアルタイム検索 話題のキーワード」で1位になるなど
    高い注目を集めた。

     昨年7月に公開され、興行収入82・5億円で同年の実写邦画ランキング1位に輝いた作品。
    東宝が12年ぶりに製作したシリーズ29作目で、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズで知られる
    庵野秀明氏(57)が脚本、編集、総監督を務めた。東京湾、鎌倉、川崎市街などに出没したゴジラと
    日本国との戦いを描いた。

     第40回日本アカデミー賞では最優秀作品賞や監督賞など最多の7部門で最優秀賞を受賞し、
    毎日映画コンクールやブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000080-spnannex-ent

    【【驚異】「シン・ゴジラ」視聴率がとんでもないことにwwwwwwwwww小出恵介出演シーンはもちろんカット・・・・・・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ