新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:ジャニーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/18(木) 10:01:49.24 ID:CAP_USER9
    2018-10-18 05:00
    岡田准一主演で名作『白い巨塔』ドラマ化 2019年5夜連続放送

     俳優の岡田准一(37)主演で、数々のベストセラー小説を世に残した作家・山崎豊子(1924-2013年)の代表作『白い巨塔』(新潮文庫)が、新たにドラマ化されることがわかった。
    山崎豊子作品初出演となる岡田は「やるからには財前五郎を味わい尽くす」と意気込む。同ドラマは、平成から新たな元号に変わる2019年に、テレビ朝日開局60周年記念作品として5夜連続で放送予定。

     同小説は、雑誌に連載された後、1965年に単行本化。その続編が69年に刊行されてから来年で50年を迎える。66年の映画化以来、幾度となく映像化もされてきた不朽の名作。
    大学病院という組織の中で繰り広げられるし烈な権力争いと腐敗、「命の尊厳とは何か?」を問いかけ、時を経た今も、その普遍的なテーマは多くの人をひきつける。
    今日、多く制作されている医療ドラマの原点とも言える金字塔的な作品だ。

     今回のドラマ化に当たっては、原作で描かれた昭和30年代(1955~64年)の設定を今に置き換え、目覚ましい進歩、変化を遂げる現代の医療・医学界を舞台に、人間ドラマを描いていく。
    「今回“医師役”にも初めて挑戦しています。医学の進歩にともなって、今の時代だからこそできる『白い巨塔』になると思います」と岡田。

     主人公・財前五郎については「現代にはなかなかいないキャラクター。何かに慮っていないと生きづらい世の中にあって、財前は絶対の自信と揺るがない信念を持ち続け、
    野心を抱きながらギラギラとエネルギッシュに生きています。医師として、この“白い巨塔”を登っていこうとあがき、もがく男なのだと思います」。
    現代劇、時代劇、アクション、コメディー、ハードボイルド…とジャンルを問わず多彩にキャラクターを演じ分ける岡田が、今作では自身初となる医師役で、野心家の天才外科医を魅力たっぷりに演じてくれるに違いない。

     財前を取り巻く、ライバルの里見医師、上司の東教授、大学病院の医師たち、財前の愛人のケイ子、義父の又一や財前の妻の杏子、そして裁判に登場する弁護士や被害者家族など、そのほかの出演者は今後の発表となるが、
    「かつてない豪華な俳優陣が集結したオールスターキャスト」(船津浩一プロデューサー)になっているいう。

     「撮影は始まったばかりですが、現場はとても楽しいです。難しいシーンばかりでどのシーンも気が抜けないのですが、ほかの出演者の方々もどんな芝居をするのか模索されたり、楽しみながら撮影に臨んでいらっしゃるのを感じています」。

     監督は、『警官の血』『松本清張~坂道の家』(ともにテレビ朝日)など、数々の名作ドラマを手掛け、近年は映画界(『後妻業の女』『のみとり侍』など)でも活躍し、紫綬褒章、旭日小綬章を受賞した鶴橋康夫氏。
    脚本は、映画『フラガール』『パッチギ!』、連続テレビ小説『マッサン』(NHK)、武井咲が主演した2017年版『黒革の手帖』(テレビ朝日)などを手がけた羽原大介氏ほかが執筆する。

     「『白い巨塔』という作品を制作することも、僕が財前五郎という人物を演じることも、“今やること”に何らかの意味や意義があると思います。それを探し、見つけながら、監督はじめ、みんなでエネルギーをぶつけて『白い巨塔』と戦っています」と、頼もしく語っている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    初の医師役に挑戦する岡田准一、山崎豊子さんの代表作『白い巨塔』を新たにドラマ化。
    https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20181018/2121706_201810180776475001539806411c.jpg

    https://www.oricon.co.jp/news/2121706/full/


    【【ジャニーズ】岡田准一主演で『白い巨塔』がまたドラマ化!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/15(月) 22:06:05.28 ID:CAP_USER9
    滝沢秀明によるジャニーズ事務所の新体制が、いよいよ“恐怖政治”に移行しつつあるようだ。

    何と所属のタレントに「50歳定年」を徹底させ、活動を終了させるという。

    「滝沢は来年から子会社の社長になるという話もあります。そこでプロデューサーとして演出と営業を受け持つ。だから50歳で肩たたきです。もっとも、これは名目で、嫌いな人間は売らないという意思表示です。メンバーたちの活動の実権を握るのですから、売る、売らないは彼の勝手。そうすることによって滝沢の権力は、より強大になるのです」(ジャニーズライター)

    現在、事務所の序列1位は近藤真彦で54歳、2位が東山紀之で52歳。滝沢は、まだ36歳だ。

    「滝沢としては、近藤と東山はしょうがないという気持ちです。もともとキャリアも年齢も違い過ぎる。でも、天敵の中居正広などは早めに駆逐したい。できれば事務所に従順な木村拓哉だって、いつまでも現役でいてほしくない。そのための定年規定でしょう」(同・ライター)

    まさしく“滝沢恐怖体制”だが、これは「至極当然」だという見方もある。

    「『TOKIO』は全員年上だし、『嵐』だって大野智は1年先輩。滝沢は近い将来、事務所の大幹部になる人間。年長者がゾロゾロいても困るわけです。普通の会社だって名目を付けてリストラしますし、ましてや男性アイドルが売り物の事務所。自分より年上を追い出そうとするのは当たり前」(芸能プロ関係者)

    https://myjitsu.jp/archives/64620

    【【衝撃】滝沢秀明の“恐怖政治”がスタート????実力ない奴は50歳で定年か??????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/13(土) 10:24:47.98 ID:CAP_USER9
     TOKIOの元メンバー、山口達也氏(46)のわいせつ事件で、司会を務めたNHK Eテレ「Rの法則」が5月に打ち切りとなったことをめぐり、同局が山口氏の所属したジャニーズ事務所に対し求めてきた損害賠償問題が決着したことが12日、同局定例会見で明らかになった。

     同席した編成局計画管理部の山内昌彦部長が「内容や請求額については差し控えるが、事務所には誠実に対応していただいた」と発表。

    事務所からNHKに対し支払うものとみられる。合意時期は先月からこの日までの間で、山口氏が支払うかどうかは明言しなかった。損害賠償の中身は制作会社への制作費や共演者のギャラなどとみられる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000027-sanspo-ent

    【【Rの法則】NHK、ジャニーズ、山口達也がやらかした問題で決着へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/24(月) 16:15:47.90 ID:CAP_USER9
     先日、芸能界からの電撃的な引退を発表した、滝沢秀明。

     タッキー&翼の解散と同時に発表された自らの文書によると、《ジャニーズJr.の育成や舞台、コンサート等のエンターテイメントをプロデュースする仕事に専念》とあり、来年以降は、裏方としての役回りになるという。

     その衝撃の熱も冷めやらぬままに発表されたのが、12月から帝国劇場でおこなわれる舞台『ジャニーズ King & Prince アイランド』だ。

    「製作発表の際に、ジャニー社長が、『本人(滝沢)には言っていない』としたうえで、この舞台に、彼にも大きな関わりを持たせると明言したんです。

    ※省略

    ■所属タレントへの影響

    「ジャニーさんには長年の夢であった、未来のタレント達を育成する養成所をつくる計画があり、その中心となるのがタッキーだとされています。

     彼はジャニーさんの考えをよく理解していますし、“ミニジャニーさん”と呼ばれていたほどなので、多くを任せていい、という判断でしょうね」(前出・スポーツ紙記者) 

     プロデューサー・演出家のような裏方として重要なポジションに収まることにより、今後、所属タレントたちに、大きな影響はないだろうか。芸能ジャーナリストが分析する。

    「タッキーを後継者にするということ自体、もともとメリーさんとジュリーさんは反対していました。そこをジャニー社長が押し切ったような形ですが、ジャニーさんが考えている構想は、あくまでも自身がプロデュースする舞台と、ジャニーズJr.の育成。

     言ってみれば、テレビやコンサートを中心に活躍するタレントたち、特に、それまで“ジュリー班”“メリー班”と言われたような人たちは、ジャニーさんの元から巣立ったともいえます」

     嵐やTOKIO、関ジャニ∞などの活動に関しては、滝沢体制下での影響はこの先もないとみる。

    「タッキーが舞台をプロデュースするといっても、『Endless SHOCK』シリーズを自ら手がけている堂本光一にとっては、何の影響もないはずです。何年も連続して舞台出演している、ふぉ~ゆ~も同じではないでしょうか」(前出・ジャーナリスト)

    ■損するジャニタレは?

     では、タッキー体制となって“得する”のは、どのジャニーズなのだろうか。前出の芸能ジャーナリストは言う。

    「『滝沢歌舞伎』シリーズに出演しているSnow Manは、とりわけタッキーのお気に入りだと言われています。今後『滝沢歌舞伎』がどうなるかは不明ですが、新たな演目を行うにしても、『滝沢歌舞伎』のDNAを受け継いだ新作を、タッキーが手がけるのではないでしょうか。

     そのときはSnow Manが残留し、大きく関わる可能性は高いですね。昨年の作品は、東京五輪を意識したパフォーマンスになっていましたが、五輪に大きな情熱を持ったジャニーさんの意志を意識した作品になりそうです」

     ジャニーさんが社長である以上、今後も決定権はジャニーさんにある。しかし、タッキーの“人選”に興味があるのも事実だ。SnowMan以外に考えられるグループは、まだ他にもあるという。

    「『滝沢歌舞伎』に小学生のころに出演し活躍した、ジャニーさんのお気に入りのHiHi Jetsの2人、橋本涼と井上瑞稀も、キャリアによる実力の高さから再登場という可能性がありそうです。

     また、Jr.時代に出演していた、キスマイやA.B.C-Zのメンバーも、気心が知れ信頼できる後輩なので、声がかかる可能性は高い。好奇心の高いジャニーさんですから、タッキーの人選には、興味津々にだと思いますよ」

     では一方で、タッキー新体制によって、“損する”ジャニーズはいるのだろうか。

    「『滝沢歌舞伎』に3年連続出演していた、V6の三宅健がどうなるかですね。今年は共演がきっかけでユニット『KEN☆Tacky』としてCDデビューし、スマッシュヒットを記録しました。

     集客力のある三宅を、新作舞台でも重要な役割として残したいという思いがあるかもしれませんが、現時点では全くの白紙。同舞台は“春の恒例”になりかけていたのに、なくなってしまう可能性すらあります。

     また、“得する”ジャニーズでも名前を出しましたが、『タッキーはSnow Manを贔屓している』と言われたくないため、逆に彼らを外す可能性も否定できません」(同前)

    2018年9月23日 17時0分
    週刊女性PRIME
    http://news.livedoor.com/article/detail/15347396/

    【【激動】ジャニーズ滝沢体制で得する・損するタレントは?????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/22(土) 18:55:53.75 ID:CAP_USER9
    9月18日、ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が都内で、作・構成・演出を手掛ける舞台『ジャニーズKing&Princeアイランド』の製作発表後、報道陣からの取材に応じた。

    年内いっぱいで芸能活動を引退し、裏方に専念することを滝沢秀明が発表しているため、来年1月から同舞台に滝沢が関わるのか質問が飛んだ。
    するとジャニー社長は「何らかの形で関わる程度では失礼になる。滝沢が旗を振ったら、すぐみんなが従うような形で何かをやらせたい」とコメント。早速、滝沢に大きな決定権を持たせる構えだという。

    しかし滝沢にはまだその旨を伝えておらず、何かが具体的に決まっているわけでもないそうだ。また、滝沢とは今年4月に進路について話したと明かし、「僕はタレントをやりながら裏方も…と提案していた」「何かビジョンがあったから、引退を決めたんでしょう」と語っている。

    さらに2020年に開催される東京五輪については、「スポーツを世界の人が見に来る中、日本の誇るべきエンターテインメントを見せ、こういうものがあるのかと再認識してもらいたい」と、何かしらジャニーズが関わることをニオわせた。


    おっさんアイドルに世界はドン引き

    ジャニー社長が明かした壮大な夢だが、ネット上では、

    《オリンピックには切実に関わらないでほしい。世界の恥さらしになる》
    《ジャニーズみたいな学芸会集団が、オリンピックとか絶対にやめて》
    《世界基準だと日本アニメはすごいけど、アイドルは見てられないレベルだから》
    《お遊戯会に毛の生えたレベルでオリンピックに絡めるのはあまりにも恥ずかしい。ジャニオタ向けにだけ頑張ってください》
    などといった辛辣な声が上がっている。

    「かねてジャニーズが東京五輪に関わることはウワサされ続けていました。2016年から『NHK紅白歌合戦』の司会を『嵐』のメンバーがリレー方式で務めているのも、『嵐』を国民的アイドルに仕立て、東京五輪にゴリ押しする布石を打っているともっぱらです。
    しかし2020年の『嵐』はアラフォー5人組のおじさんグループ。世界的に見ておじさんがアイドルをやっている国なんて日本くらいですし、ドン引きされることは間違いないでしょうね」(芸能記者)

    2020年、わざわざ世界中に“衝撃の『嵐』”を巻き起こすこともなかろうに…。

    https://myjitsu.jp/archives/62590

    【【衝撃】2020年東京五輪で“おっさんアイドル”が世界中にさらされる???????????????】の続きを読む

    このページのトップヘ