新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:ショーンK

    1: 名無しさん 2017/04/04(火) 14:55:50.42 ID:CAP_USER9
     ドラマや映画に引っ張りだこで、4月からスタートする『サタデーステーション』(テレビ朝日系)への出演も決まり、いまノリに乗っているディーン・フジオカ(36)。香港や台湾でブレイクして日本に凱旋を果たした「逆輸入」という異色のキャラ設定が注目を集めるが、その詳細はオブラートに包まれていた。そんなディーン・フジオカの経歴について、発売中の『週刊文春』(文藝春秋)が報道。これまで明かされた経歴といくつかの齟齬が浮かび上がった。

     例えば、公式プロフィールではアメリカの大学を卒業とされているが、短大レベルの学校で準学士であることを、『文春』の取材に自ら告白した。また、台湾時代は生粋の日本人であるのに「ハーフで名門・シアトル大卒業」と虚偽経歴でメディアに登場していた。それでも、回ってくるのは脇役クラスの仕事。

     フジオカを特集した昨年1月放映の『中居正広の金曜日のスマたちへ』では、台湾でのブレイクのきっかけとなったドラマ『笑うハナに恋きたる(不良笑花)』(日本テレビ系)が紹介された。この際、視聴率8%と伝えられたが、実際は1.57%と低視聴率番組だったことも明るみに出た。

    「フジオカの現在の所属事務所は、台湾時代の経歴詐称について中国メディアのミスだとしています。何にせよ、これまで持ち上げられたような輝かしい経歴ではなかったことは明らかです」(芸能誌記者)

     インテリ的な雰囲気を醸しだす自称・国際派。そのうえ、ニュース番組に出演。ここで連想するのが、学歴詐称が発覚して『ユアタイム』(フジテレビ系)の降板を余儀なくされたショーンK(49)だ。

    ■いかがわしい人脈に奇行癖も?

     テレビ局社員は次のように指摘する。

    「ニュース番組では、品位を保つために出演タレントには潔癖性が求められる。視聴者やスポンサーから経歴詐称が問題視されれば、人気タレントのフジオカと言えどもクビになりかねません」

    『文春』の取材には、インドネシアで財閥を率いる義父もインタビューに応じ、

    「日本に石炭鉱山を買いたいという人はいないか」
    「放射能を低減させる除染剤」

     など怪しい儲け話を振っていた。

     フジオカ自身も、東京タワーの近くで中国武術の剣を振り回し、職務質問を受けた過去をテレビ番組で披露するなど、珍発言が目立つ。経歴詐称にいかがわしい人脈といった不安要素を抱えるフジオカが、第二のショーンKになってしまうのか。注目される。

    http://dailynewsonline.jp/article/1295551/

    【【愕然】ディーン・フジオカがショーンKに????経歴詐称疑惑が浮上へwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    a7e41658


    1: 名無しさん 2017/01/26(木) 01:16:11.66 ID:CAP_USER9
    元キャスターの滝川クリステル(39)が、また番組の顔として戻ってくる可能性が出てきた。

    現在、フジテレビ放送の深夜11時台のニュース番組『ユアタイム』は、モデルの市川沙椰(29)がMCを務めているが、昨年4月のスタート時から大苦戦。1周年を機に大幅リニューアルして、滝クリを復活させるというのだ。

    「市川はフリーアナでもないので、読みはメチャクチャひどい。MCなのに自分が知らないことだと『私、分かりませんが』と開き直って意見を言う。時折、自説に水をかけられるようなことをコメンテーターに発言されて、顔を真っ赤にして『だって…』と子供の様相で反論する。最初から司会は無理でしたね」(テレビ評論家)

    番組スタート当初、ダブルMCとして予定されていたショーンKが経歴詐称で直前に降板するというハプニングが起こった。

    「急遽、代役はモーリー・ロバートソンで決まりました。しかしモーリーは別に政治、経済の専門家でもなく元DJ、ミュージシャンですからね。勝手に自分流に述べるだけ。それに市川が引っ掛かって、いつも口論みたいになる。二人の“私的番組”のようで、バランスを欠いていると言わざるを得ません」(同・評論家)

    視聴率は今に至るまでずっと低空飛行の2~3%。同時間帯では下位が指定席。

    「市川はかなりたたかれているので、3月で降りる予定。すでに自主降板を申し出ています」(フジテレビ関係者)

    問題は後任だが、関係者の頭にすぐ浮かんだのが、以前に同時間帯の前身番組『ニュースJAPAN』のMCをやっていた滝クリというわけだ。

    「滝川は2014年に、動物保護・生物多様性保全を目的に『一般財団法人クリステル・ヴィ・アンサンブル』を設立。代表理事として殺処分所から犬や猫を保護する団体を支援する活動をしています。美しい容姿は健在。それに『お・も・て・な・し』のキラキラ感は、ハーフの彼女だから出せた魅力。局も交渉に入っています。口説き文句は『動物保護のコーナーを作り、小動物を流行で飼ってすぐに捨てる人間に警鐘を鳴らしましょう』です」(同・関係者)

    滝クリ復活となれば楽しみ。市川には“裸一貫”でやり直してもらおう。

    2017.01.23 07:30フジテレビ, 
    http://myjitsu.jp/archives/15737

    【【ユアタイム】市川紗椰降板で4月から滝クリ復活wwwww????あれ、ショーンKは????】の続きを読む


    a49c14bf


    1: 名無しさん 2016/11/16(水) 07:04:42.34 ID:CAP_USER9
    「(本業の)経営コンサルタントの仕事は、(騒動前と)変わらず順調そのもの。
    キャンセルしてきたクライアントも、いっさいありません。テレビ、ラジオの仕事やキャスター業の依頼も殺到していますけどね。
    彼が“放送関係は当分やりたくない”というので、事務所のほうで仕事を断っているんですよ」

    ショーンKことショーン・マクアードル川上(48)の現状をそう語るのは、所属事務所の関係者。
    今年3月に経歴詐称疑惑が報じられ、『報道ステーション』(テレビ朝日系)など6番組を降板。
    表舞台から姿を消した。その後は蟄居生活を送っていると思われていたのだが――。

    「暮らしにだって、全然困っていませんよ」(前出の所属事務所関係者)

    所属事務所にも頻繁に打ち合わせに訪れる、と続けた。
    だがショーンの友人の1人はこう話す。

    「僕ら友達やDJ仲間との連絡も途絶えてるんです。
    “都内でウィークリー・マンションを借りて潜んでいるらしい”なんて噂だけが回って、誰も彼の姿を見ていません」

    とても“仕事に飛び回ってるとは考えられない”と言う。
    ところが、前出・事務所関係者からはさらに驚くべき言葉も!

    「だいたいね、あの騒動はショーンこそが被害者なんですよ。彼は嘘もついてなかったし、世間を騙したこともない。
    みんな、マスコミがつくったストーリーじゃないですか。学歴も彼が自分で言っていたことじゃない。
    回りが勝手に書いたり言ったりしてただけ。それが孫引きされたりで、どんどん事実とかけ離れていったんでしょう」

    今年3月、自分のラジオ番組内で「すべての原因はこの私にあります」と泣いて謝罪したのはなんだったの!
    ?この関係者に「それはショーンさんの意思でもあるんですか?」と確かめると、こう答えた。

    「そうですよ。“(マスコミから)まったく話にならない作り話をされた。相手にする気もない”と言ってます」

    騒動から7カ月、“ホラッチョ”は反省ゼロだった――。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161116-00010002-jisin-ent
    女性自身 11/16(水) 6:00配信

    【【ホラッチョ】ショーンKの現在がガチでヤバい状況にwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む


    mig


    1: 名無しさん 2016/06/09(木) 09:34:58.78 ID:CAP_USER9
    4月から始まった深夜の報道番組『ユアタイム』。そのメインキャスターを務めているのが、モデルの市川紗椰(さや)だ。

    10代の頃からモデルとして活動してきた彼女が、お茶の間でも知られるようになったのは2年前。『タモリ倶楽部』に出演し、驚異的な“鉄道オタク”ぶりを見せ、オタク系モデルとして支持されるようになったのだ。

    そして昨年から、フジテレビのネット番組『ホウドウキョク24』でキャスターを務め、ついに今年4月、地上波の報道番組『ユアタイム』のメインキャスターに抜擢(ばってき)された。そんな彼女が、新たな挑戦への思いを語ってくれた。

    ***

    ―『ユアタイム』は深夜の番組ですが、市川さんは元々“朝型”だったそうですね?

    市川 そうなんです。夜の11時まで起きてることなんて、月に2、3回しかありませんでした。まだ夜の仕事はツラいですね(笑)。

    ―毎日、どうやって乗り切ってるんですか?

    市川 とりあえず、局に入ったらコーヒーを飲みます。それでも、10時くらいに必ず眠気に襲われるので、“エスカップ”的な栄養ドリンクを入れてカフェインを補給してます(笑)。

    ―報道番組の難しさは?

    市川 “自分自身の立ち位置”ですね。当初、ショーンKさんと一緒にやるはずだったので、私はもっとゆるく喋る役割かなと思っていて。

    ―ショーンKさんの降板を受けて、市川さんがひとりでメインキャスターを務めることになったんですよね。

    市川 はい。隣に落ち着いて一緒にメインキャスターを務めてくれる方がいたら、私はもっと自然体でいられたと思うんですけど。そもそもあんまり常識的なことを喋れない人間なので、気を使います(苦笑)。

    ―この番組はスポーツコーナーがマニアックなので、ついていくのが大変じゃないですか?

    市川 いえ、逆にスポーツのコーナーは自然体でいられるんですよ。田中(大貴アナウンサー)さんがシャキシャキ進行してくれるので、私は気楽に喋れます。この間も「市川さんにとってのヒーローは誰ですか?」と聞かれて、「『新機動戦記ガンダムW(ウイング)』のヒイロ・ユイですね!」って答えました(笑)。

    ―今後の抱負は?

    市川 個人的には、ちょっとカルチャー要素を入れたいなって思います。気になってる本や音楽を紹介するコーナーもやってみたいですね。


    ●市川紗椰(いちかわ・さや)
    1987年2月14日生まれ。アメリカと日本のハーフ。『ユアタイム』にメインキャスターとして出演するほか、モデルとしても活躍中。本誌で新連載『市川紗椰のライクの森』がスタート。公式ホームページもチェック!

    ●『ユアタイム~あなたの時間~』
    フジテレビ系列(月曜~木曜 午後11時30分~ 金曜 午後11時58分~)毎日の「気になること」を掘り下げる深夜の報道番組。キー局の報道番組としては最も遅い時間帯のニュース番組として、最新の情報を取り上げる。メインキャスターの市川紗椰の他、ニュースコンシェルジュとしてモーリー・ロバートソン、岡本行夫らが出演

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160609-00066448-playboyz-ent

    【【悲報】 市川紗椰「ホラッチョさえいれば・・・・」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/05/24(火) 05:23:09.60 ID:CAP_USER9
    スポーツ報知 5月24日(火)5時4分

    フジテレビ系新報道番組「ユアタイム~あなたの時間~」(月~木曜・後11時半、
    金曜・後11時58分)のメインキャスターを務めるモデルの市川紗椰(29)がこのほど、
    スポーツ報知のインタビューに応じた。

    経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(48)とコンビを組むはずが、
    経歴詐称疑惑で出演を取りやめたことから、急きょ、単独でMCを担当。
    番組開始から1か月半、手応えを聞いた。

    4月4日に番組がスタートして、1か月半あまり。
    人気モデルの市川はすっかりフジテレビの“夜の顔”になった。

    「日々、試行錯誤しながらやってます。課題が山積みですね。
    進行や仕切り、読み、番組全体の雰囲気作り、自分のコメント、挙げればキリがないです。
    原稿とか関係なく日頃からよく、かむんです。もともとは英語の方が得意で、自分の名前もかむタイプなので…」

    鉄道やアニメ、相撲、ハンバーグなどに精通した“美人すぎるオタク”として人気を集める中、
    メインキャスターに大抜てきされた。

    「最初は光栄でしかなかったです。でもその次から自分で大丈夫なのかって不安でした。
    情報番組じゃなくて報道ですからね。そういうプロの方がやった方が伝わるし、
    私は単純に夜がそんなに得意じゃないし」

    川上氏との2枚看板で大々的に番組開始が告知され、さあいよいよ、という時に経歴詐称疑惑が勃発した。
    川上氏はまさかの出演取りやめ。開始まで3週間を切っていた。

    「実はまだ顔合わせ前で、お会いしてなかったんです。
    ポスターも別撮りだったし。出演取りやめはネットで知りました。だから皆さんと一緒です。
    『何か起きたらしい』という連絡があって、検索してみたら、あらって」

    局内は大混乱。結局、一人でメインキャスターを務めることになった。

    「ショーンさんは皆さんが聞きたいような、前提となるようなコメントをしてくれるタイプで、私はそうじゃない。
    でも誰かがその前提のことを言わないと、そこから広がらないじゃないですか。
    だから私が言わなきゃいけないのかなって。課題が1個、増えたなと思いましたね」

    >>2以降につづく)


    no title

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160523-OHT1T50252.html

    【【悲報】市川紗椰 共演寸前“ショーンK”疑惑を「ネットで知った」】の続きを読む

    このページのトップヘ