新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:キムタク

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/05/28(月) 09:44:12.78 ID:CAP_USER9
    あの頃の未来に立っているのかな
    no title


    6月が近づき、中居正広(45)と木村拓哉(45)の動向が注視されている。ジャニーズ事務所の契約更新確認が毎月6月に行われるためだ。5月24日発売の「女性セブン」(小学館)は、中居正広が香取慎吾(41)と東京都内の飲食店でリラックスした雰囲気で食事をしていたという目撃談から「このタイミングなのでなにかあるのかなと勝手に勘ぐってしまう」としつつ、今年も中居は独立せず契約を更新すると報道。メイン司会者を務めるレギュラー番組を多数持っている中居は、スタッフたちに迷惑をかけないよう昨年のジャニーズ事務所残留を決断しており、今年もその状況に変わりはないようだ。

     今年2月の時点では、中居正広は今年こそ独立し、新しい地図の三人に合流するのではないか――という噂もあった。しかし、民放テレビ局への登場がほとんどなくとも様々な新規取組みで活動の場を広げている香取慎吾や草なぎ剛(43)、稲垣吾郎(44)と違い、中居の現在の仕事はすべて民放テレビ局でのもの。ジャニーズ退所は、現在の番組がすべて終了することを意味してしまう。

     もちろん、ジャニーズ事務所が「退所や移籍をしても、中居の番組は継続してください」という態度に出れば話は別だが、新しい地図の現状を見るにそうはいかない。それゆえ、中居がたとえいつか独立するにしても、タイミングは今ではないと考えていいだろう。

     しかし一方の木村拓哉には、妙な動きがあるという。にわかに注目されているのが、過去に木村の主演した大ヒットドラマの映像をテレビ番組で流す際、不自然に木村の姿がカットされているようだ……という話が浮上したのだ。

     まず、5月8日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で、主演映画の公開を控えていた中山美穂がゲスト出演し、「これまでの作品で、ドラマ、映画、歌で3作品だけ残すとしたら何を残したいって思いますか?」と質問を受けて木村拓哉と共演した連続ドラマ『眠れる森』(同)を挙げた際のこと。流されたドラマ映像は中山美穂の単独シーンばかりで、ダブル主演である木村拓哉の存在はなかった。ただ、これは中山の映画宣伝企画なのだから、さほど違和感はなかった。

     しかし5月18日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)は、ファンをざわつかせた。この日のランキング企画は「10代に聞いた 親から教えてもらった好きなドラマ主題歌ランキング」だったのだが、木村拓哉が主演したメガヒットドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の主題歌である久保田利伸「LA・LA・LA LOVE SONG」が2位にランクインした。『Mステ』ではドラマ映像を流したが、しかしなぜか主役である木村の登場シーンは不自然にカット。視聴者に大きな違和感を残したのだ。この日の『Mステ』にはジャニーズのSexyZoneが出演しており、わざわざ木村の出演映像をカットする理由が見当たらない。

     こうした流れで、木村拓哉をジャニーズ事務所は不自然に外そうとしているのではないか……と疑心暗鬼になるファンの声がSNSに溢れた。しかし、木村拓哉は今年8月に公開予定している二宮和也とのダブル主演映画『検察側の罪人』、そして1月公開予定の主演映画『マスカレード・ホテル』があり、少なくともその公開を終えるまではジャニーズ事務所を離れることはありえず、契約を更新するはずだ。中居にしろ木村にしろ、今年の6月は、大きな動きはなさそうである。(犬咲マコト)

    2018.05.27
    ウェジー
    http://wezz-y.com/archives/55063

    【【衝撃】中居正広と木村拓哉が、「9月でジャニーズ事務所から独立」??????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/05/04(金) 02:27:08.87 ID:CAP_USER9
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180503-35150524-jitsuwa

    「TOKIO」の山口達也(46)が女子高生に対する強制わいせつの疑いで書類送検され、
    起訴猶予処分になったことを受け、ほかのメンバー4人が2日に都内で会見した。

     会見では、4月30日に5人で話し合いの場をもうけた際、
    山口が「TOKIOを辞めます」とリーダーの城島茂(47)に辞表を託したが、
    受理については保留していることが明かされた。

    また、来年デビュー25周年を迎えるが、山口の事件のせいで活動計画が白紙であることも明かされた。
    「メモリアルイヤーに復帰となればTOKIOにとっても山口にとっても一番いい形だが、
    まずは山口のアル中を治療することが優先。山口は女性絡みの犯罪なので、
    いくらジャニーズ所属とはいえ、そう簡単に復帰できないはず。
    城島が辞表を受理するのも時間の問題か」(会見を取材した記者)

    TOKIOのファンにとってはなんとも悲しいメモリアルイヤーになりそうだが、
    あるビッグプランが浮上しているというのだ。

    「SMAPの解散騒動ですっかり“戦犯”にされてしまったキムタクの加入です。
    キムタクはすでに今後公開される映画の撮影を終え、ドラマも入っておらず、今やCMも0本で宙ぶらりんの状態。
    それを見かねたメリー喜多川副社長がキムタクの加入を猛プッシュしているのだとか。
    熊本地震の際、TOKIOの長瀬智也とともに現地入りして炊き出しをした経験もあり、
    TOKIOのメンバーにすんなり溶け込めそうです。
    キムタクはギターも弾けるので山口に変わる超強力なサポートメンバーになりそうです」(芸能記者)

    以前から肉体派をアピールしていたキムタクだけに、「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で
    TOKIOのメンバーたちとともに作業に精を出す日が近そうだ。

    ★12018/05/03(木) 23:40:44.80
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1525362469/

    【【衝撃】キムタクのTOKIO電撃加入説が急浮上か??????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/02(月) 20:46:54.09 ID:CAP_USER9
    3月29日発売の「週刊文春」が、メルマガ読者投票を元に制作した「好きな俳優」「嫌いな俳優」ランキングを発表した。
    今年の「嫌いな男優」部門の第1位は、またしてもあのジャニーズタレントだった。

    「『嫌いな男優』ランキングの1位は、昨年に続いて元SMAP・木村拓哉でした。しかも2位の坂上忍が73票なのに対し、木村は448票とダントツの結果に。
    投票した読者からは『劣化が著しい』『格好つけたばかりの芝居はやめたほうがいい』と手厳しいコメントが並んでいます」(芸能記者)

    また今回、木村以外で「嫌いな男優」にランクインしたジャニーズタレントは、嵐・松本潤だった。
    松本は今年、ドラマ「99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII」(TBS系)で主演を務め、高視聴率を連発していたものの、実際の人気には結びついていない可能性があるという。

    「今回のランキングで木村は、嫌い部門で1位を獲得したものの、好き部門は3位にランクイン。そして元SMAPの草なぎ剛も嫌い11位にランクインしていますが、好きは8位とバランスが取れている。
    しかし松本は嫌い部門のみに7位で顔を出しているのです。やはり世間にはまだ、同誌が報じた井上真央と艶系女優・葵つかさの二股報道の印象が強く残っているのでしょう」(芸能記者)

    すでに井上とは破局したとも一部では伝えられている松本。今後、葵と結婚するという男気を見せてくれれば、人気は回復するかもしれない。

    アサジョ / 2018年4月2日 14時55分
    https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_49153/

    【【驚愕】「嫌いな俳優1位」のキムタクより松本潤がヤバイ理由wwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/19(月) 09:37:53.89 ID:CAP_USER9
    「嵐」の松本潤(34)が主演を務めるTBS日曜劇場「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の最終回が18日、2時間SPとして放送され、平均視聴率は21・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが19日、分かった。
    第2、8話に記録した18・0%を大幅3・0ポイント更新する自己最高で有終の美を飾った。

    初回15・1%で好発進すると、第2話は18・0%と大幅に上昇し、18日放送のテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)初回の15・7%を超えて1月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち1位に。
    第3話=16・2%、第4話=16・8%、第5話=17・0%、第6話=17・0%、第7話=17・4%と推移。
    最終回前となった第8話で、第2話に並ぶ自己最高タイ18・0%を記録していたが、今回さらに数字を伸ばしてフィニッシュした。
    瞬間最高は22・5%だった

    昨年10月期に同枠で放送された「陸王」も最終回で20・5%を記録しており、日曜劇場は2作連続で大台超えフィニッシュ。
    これは2004年「砂の器」「オレンジデイズ」以来14年ぶりの快挙となった。

    最終回では、2016年に放送されたシーズン1に立花彩乃役で出演していた榮倉奈々(30)が2年ぶりに同作に復帰。
    元DeNA投手の「ハマの番長」こと三浦大輔氏(44)の出演でも話題を集めた。

    個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンターテインメントドラマ。
    松本は、前作に引き続き、99・9%有罪とみなされた案件でも、残された0・1%の事実を納得するまで追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士、深山大翔を演じた。
    深山とチームを組む敏腕弁護士の佐田篤弘役を、前作同様香川照之(51)が、また、新キャストとして木村文乃(30)、「アジアン」馬場園梓(36)が加入。
    おなじみのパラリーガル・明石役の片桐仁(44)、藤野役のマギー(45)らの軽妙なやり取りも健在だった。

    最終回は、深山(松本)たちのもとに、死刑囚・久世貴弘(小林隆)の再審請求の依頼がきた。
    依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。
    久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして「建造物放火及び殺人罪」で死刑判決を受けていたが、息子の亮平は「両親は仲が良く、父が母を殺すわけがない」と言い切っていた。
    深山と舞子(木村)は、自分自身の経験もあり、久世の無実を立証するために調査に乗り出す…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000099-spnannex-ent

    【【視聴率】松潤がキムタクに圧勝wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/09(金) 09:29:10.61 ID:CAP_USER9
    元SMAPの木村拓哉(45)が1年ぶりにドラマ主演を務めるテレビ朝日「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)の第8話が8日に15分拡大で放送され、平均視聴率は16・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが9日、分かった。
    前回から0・6ポイント上昇し、2週連続して番組最高を更新。
    15日の最終回(第9話)を前に数字を上げ、最高潮のムードでフィナーレを迎える。

    初回は15・7%。TBS「99・9―刑事専門弁護士― SEASON2」(日曜後9・00)の15・1%を上回り、1月クールの民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち、1位の好発進。

    その後も、第2話=15・1%、第3話=13・4%。第4話=13・6%、第5話=14・0%、第6話=14・8%と好調に推移。
    第7話=15・8%と自己最高をマークしたが、今回は16・4%と、さらに上回った。

    第6、7話には、女優の山口智子(53)が主人公の別れた妻・仁美役で出演。
    木村と山口のドラマ共演は1996年に大ヒットしたフジテレビ「ロングバケーション」以来22年ぶりとなり、大きな話題を集めた。

    脚本はフジテレビ「昼顔」などで知られる井上由美子氏の完全オリジナル。
    ある出来事を機に工事現場の警備員になっていた主人公・島崎章(木村)が民間警備会社のボディーガードに復帰し、警備対象者を守るために戦う姿を描く。
    美容師、検事、パイロット、外科医とさまざまな“職業”に挑戦してきた木村がボディーガード役に初挑戦している。

    第8話は、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)の会食の場で発生した発砲事件。
    撃たれた村田(上川隆也)への世論は「出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた」と否定的。
    現場にいた愛子や五十嵐、そして警視庁のSPたちも保身のために真実を語ろうとはしなかった。
    何とか村田の汚名をそそぎ、民間ボディーガードとしての名誉も回復したい章(木村)たち身辺警護課のメンバーだが、警察さえも真実を明かさない現状に為す術もない。
    従来通りの業務を続けようとする章に対し、高梨(斎藤工)は「泣き寝入りするのか」と反発。
    さらに沢口(間宮祥太朗)が「ボディーガードを辞めたい」と言い出す…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180309-00000088-spnannex-ent

    【キムタク主演ドラマ、最終回を前に視聴率爆上げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    このページのトップヘ