新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:カトパン

    1: 名無しさん 2017/04/14(金) 05:30:51.15 ID:CAP_USER9
    [2017/04/13]

    フリーアナウンサーの加藤綾子が、12日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『ホンマでっか!?TV』(毎週水曜21:00~)で、「Eカップ?」と聞かれて「はい」と答えた。

    今回、マーケティング評論家の牛窪恵氏が、「ファーストキスが年上だった女性は結婚率が高い」という結果になったという調査データを紹介。
    同じ調査において、胸の大きさとファーストキスの年齢の関係も調べたそうで、「1番ファーストキスが遅いのはAカップの女性」と説明した。

    明石家さんまはいつも加藤アナの胸イジリをしているが、この日も「また胸突き出す」とツッコミ。
    加藤アナは「出していないです! 出してないです!」と慌てて否定し、さんまが「胸の話になったらぐっと前に出る」と続けると、「絶対出てないです」と再び否定した。
    すると牛窪氏が「加藤さん、Eカップですか?」と質問。加藤アナは「はい」と静かに答えた。

    牛窪氏は「Eカップまではあんまり違わなかったんです。みなさんだいたい(ファーストキスは)17、18歳だったんですが、Fカップの方が全然早くて15.7、15.8歳くらい」と説明。
    さんまが「(Fカップだと)男が近づくやろ」と言うと、牛窪氏は、唾液に含まれる男性ホルモンが胸の成長に影響が出るという説もあると明かした。


    フリーアナウンサーの加藤綾子
    no title

    http://news.mynavi.jp/news/2017/04/13/091/

    【【真相】カトパンのカップ数wwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/08(土) 11:35:50.51 ID:CAP_USER9
    7日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、フリーアナウンサーの加藤綾子が、フジテレビ時代に1番仕事を辞めたいと思ったときを明かした。

    番組では、加藤がフジテレビの局アナ時代にあった辛い葛藤を明かした。加藤は9年前の2008年にフジテレビ入社後、10月から自身の冠番組「カトパン」を担当することに。
    そんなタイミングで「週刊誌とかに昔のことが色々出たりして。昔のちょっと派手な格好をしていたことが出た」という。

    加藤は「表に出るっていうのは、こういうことなんだ…」と認識し、「すごく色んなことを言われた部分もあって」「そのときは1番(アナウンサーを)辞めたい」と思ったというのだ。
    自身の仕事のせいで「家族に迷惑をかけたくない」とも悩んだ。

    しかし、加藤は「もしここで辞めたら『ああ、入ってきてすぐに辞めた子いたよね』という印象で終わる。
    でも、ここから頑張れば、変えられるなって思った」と、踏みとどまった心境を語った。

    また、小さいときからピアノを始め、音大に進んだ加藤だが、学生時代も決して全力で音楽に向かっていなかったと反省している。
    そこで「ダメだったとしても、1回ぐらい『本当に一生懸命、私はやりました』って言えるものが欲しくて」と、アナウンサーの仕事に全力で取り組もうと決意したそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12907983/
    2017年4月8日 10時44分 トピックニュース

    no title

    【【カトパン】加藤綾子さん、ついにギャル時代の過去について言及wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/07/10(日) 11:47:24.95 ID:CAP_USER9
    今、大きな問題になりつつある格差問題。羨望の眼差しで見られる彼女たちも例外ではないようで……。

    「民放各局は経費削減のため、タレントの代わりに女子アナを起用することが多くなりました。
    その分、自局の女子アナに対する評価もシビア。使えるアナ、使えないアナの“格差”が広がる傾向にありますね」 
    こう指摘するのは、女子アナ事情に詳しい芸能ライターの織田(おりた)祐二氏。
    特にアラサー女子アナの場合、人事異動でアナウンス部を去るケースも珍しくない。

    フジテレビの細貝沙羅アナ(29)が6月末の定期異動でアナウンス室から、まさかの人事部に“飛ばされてしまった”のも、その一例だろう。
    細貝アナは10年にフジに入社。今や局を代表する人気者になった山﨑夕貴アナ(28)と同期だが、
    「入社時の期待度は山﨑アナをはるかに上回っていた細貝アナですが、滑舌が悪く、原稿は棒読み、トークがギクシャクしているという弱点を克服できませんでした。
    原稿読みがあまりに一本調子なため、一部では“ロボ子”なるニックネームがついてしまったほど。事実、昨年の彼女は、一度も地上波の番組に出演していません」(前出の織田氏)

    対照的に売れっ子になった“ヤマサキパン”こと山﨑アナは、親しみやすいキャラと見事なイジられっぷりで、芸人にもかわいがられているのが強み。
    「とんねるずの石橋貴明も番組では山﨑アナをブス呼ばわりしてますが、裏では“あの子は性格がいい”とベタ褒めしています。
    原稿読みもソツがなく、各番組のプロデューサーからの人気も抜群。企画段階から“MCは山﨑で”と単独指名されることがほとんどだそうです」(放送作家)

    あけすけなキャラで知られる山﨑アナは、「下着は7枚しか持っておらず(後に3枚追加)、1週間ローテーション。
    見かねたバナナマンの日村勇紀が下着をプレゼントしたところ、彼女はそれを擦り切れるまではいたそう」(前同)といったプライベート話も問題ナシ。
    さらには、汚れキャラも辞さず、昨年、『ダウンタウンなう』に出演した際は、「不適切用語を訊ねられたとき、ピー音で事後処理されましたが、彼女は明らかに放送禁止用語を言っていました」(同)

    そんな表も裏も万能な山﨑アナに人気が集中するのも、むべなるかな。

    http://dailynewsonline.jp/article/1160609/
    2016.07.10 11:00 日刊大衆

    http://image.dailynewsonline.jp/media/9/2/9255be6339b2a7260d2bfb5a16b3b6cd7b6ff3a2_w=666_h=329_t=r_hs=303126842f6f1d50515fee15d75bad96.jpeg

    【【フジ】ユミパンに「ポスト・カトパン」は無理? テレビ局女子アナ“天国と地獄”】の続きを読む

    このページのトップヘ