新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    タグ:めちゃイケ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2020/04/18(土) 21:23:09.77 ID:LxLPeZ17d
    なんでや

    【めちゃイケ、はねトび、ピカルみたいなコント番組が消滅した理由wwwyxwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/06(土) 01:37:21.93 ID:9vsXqkEra
    やばいだろこれ

    no title

    no title

    no title

    【【驚異】めちゃイケ全盛期の岡村隆史のスター性、異常すぎる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/08(土) 13:18:13.83 ID:CAP_USER9
    2018年3月におよそ20年の歴史に幕をおろした『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の後番組としてはじまった『世界!極タウンに住んでみる』が、わずか5か月で終了することがわかった。

    『極タウン』は東野幸治がMC、恵俊彰がパネラーとなり、ディレクターが取材してきた世界各地の移住候補先のVTRをスタジオで眺める構成が取られてきた。
    いわゆる「サブだし」系の番組であるが、視聴率はふるわなかったようだ。

    「『極タウン』は最近増えている世界旅系バラエティのひとつですね。現地にタレントや若手芸人ではなくスタッフを向かわせるので、制作予算のかからない『安上がり』な番組と言えます。
    その分、構成に工夫が必要だったといえるでしょう。東野幸治は名MCとして名を馳せ、ナインティナインの岡村隆史とも親交があるだけに、
    番組を維持できなかったのは無念に感じているのではないでしょうか」(放送作家)
    フジテレビの土曜8時といえば、『めちゃイケ』の前は『オレたちひょうきん族』が1981年から89年まで放送されていた伝説の枠である。
    裏番組の『8時だョ!全員集合』(TBS系)と熾烈な視聴率競争を繰り広げ終了に追い込むさまは「土8戦争」とも呼ばれた。
    だが、『ひょうきん族』終了後、この枠は1996年に『めちゃイケ』がスタートするまで“長い冬の時代”を迎える。

    「『ひょうきん族』終了後は、2つの短命番組のあと『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』が1990年にスタートします。
    人気番組となりますが、放送中の死亡事故を受けて1993年6月に番組が打ち切られます。
    その後は『ボクたちのドラマシリーズ』(半年)、クイズ番組の『ゴールデンタイム』(半年)、『学校では教えてくれないこと!!』(11か月)、『BANG! BANG! BANG!』(9か月)と短命番組が続きました。
    『極タウン』の短期終了はこうした過去を思い起こさせますね」(前出・同)

    フジは『スマスマ』の後番組も短命となっているだけに、やはり負のスパイラルを引き起こしたくないのではないか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15276174/
    2018年9月8日 12時20分 リアルライブ

    【【悲報】『めちゃイケ』後番組の末路wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/01(日) 21:50:04.24 ID:CAP_USER9
    フジテレビの人気バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」が3月31日に最終回を迎えた。かつての名物コーナー「七人のしりとり侍」が復活したが、メーン出演者のナインティナイン・岡村隆史が発したひと言が視聴者の心に残っている。

     「しりとり侍」は、ナインティナイン、極楽とんぼ、よゐこ、武田真治ら出演者が車座になり、順番にリズムに乗って3文字でしりとりを行う。間違えた人が罰ゲームを受けることになるが、放送当時、この罰ゲームが物議を醸した。

     ミスをした出演者は野武士集団に襲われ“袋だたき”にあってしまうというものだった。もちろん、バラエティーでよく用いられる柔らかい素材の棒や、プロとしての加減を踏まえた上での演出だが、「負けた人を一方的に袋だたきにする」という行為が「いじめを助長する」として批判の対象になった。

     放送倫理・番組向上機構(BPO)も2000年11月29日に青少年委員会の見解を発表。「画面の中での行動が一種の袋叩きであることは間違いなく、その演出方法に必然性は感じられない。大勢で一人を叩き、仲間で笑いものにする場面はいじめの形にきわめて近いものがあり、こうしたシーンを繰り返し放送することは、暴力やいじめを肯定しているとのメッセージを子どもたちに伝える結果につながると判断せざるを得ない」とし、コーナーは打ち切られた。

     こうした経緯を暗に振り返りつつ、極楽とんぼの加藤浩次は「悪い意味で社会現象になったでござるからな」と述懐。岡村隆史は「このコーナーがなくなったことで、世の中からいじめがなくなったんでござるから。一切いじめがなくなったんでござるぞ」と痛烈に皮肉った。

     ツイッター上には岡村の発言に同調する意見が多かったが、「実際当時俺の小学校でも罰ゲーム含めて流行ったのは事実。いじめに発展しなかったものの、全国的にはそれを利用していじめあっただろうな」というものや、「あれ見ていじめが助長されるとか全く思わなかったけどなぁ…」、「イジメをしたい人間がこの企画のマネをすることはあっても、これを見たせいで『イジメをしたい』って思うやつなんかいないよ。こんなことだから、いつまでたってもいじめがなくならない」といった多様な意見が見受けられた。

    2018年4月1日 18時4分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14517272/

    【【驚愕】岡村隆史が「しりとり侍」復活で放った一言wwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/31(土) 19:04:52.38 ID:CAP_USER9
    2018/03/31 18:57:20

    極楽とんぼの山本圭壱が、31日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ! 22年間の感謝をこめて最後はみんなで空高く舞い上がれスペシャル!!』で、"めちゃイケメンバー"に復帰した。

    この日は、1996年10月の第1回放送と同じく、フジテレビ本社近くの東京・台場の海上に浮かんだ船の上からスタート。22年前と同じ船の上にレギュラーメンバーが勢ぞろいする中、06年に不祥事で脱退した山本も乗り込んで乾杯に参加した。

    山本は、テレビ復帰後も「めちゃイケメンバー」として認められていない中で同番組に出演しており、ナインティナインの矢部浩之は「気になるわ~気になるわ!」と引っかかっていたが、岡村隆史の「最終回、間に合ったよ」という声とともに、
    他のメンバーからは温かい拍手が。ナレーションの木村匡也氏が「皆さまのご理解のおかげです」と補足し、最終回はメンバーが舞い上がるごとに「マイアガール」ポイントが加算されていくことが説明された。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://news.mynavi.jp/article/20180331-609447/

    【【衝撃】山本圭壱、最終回でめちゃイケメンバー復帰wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ