新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/04(火) 23:48:18.335 ID:m8tenBVc0
    「正しいと思った事があれば殴ればいい。そしたら解決する」って思考ロジックになる

    【【結論】アンパンマンって暴力によって物事を解決するアニメだよな 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/09/12(水) 13:23:03.546 ID:8BRCFcF+M
    ミニドラも知らない模様

    【【悲報】今の中学生、ドラえもんズを知らない 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/08/27(月) 10:16:45.58 ID:CAP_USER9
    "国民的アニメ"といえば、「サザエさん」(フジテレビ=日曜午後6時30分)を挙げる人も多いはず。
    1969年に放送が開始され、来年50周年を迎える超長寿番組だ。

    かつては30%超、21世紀に入ってからもしばらくは20%以上の高視聴率を稼いできたが、
    ここ数年は1ケタの回もあるなど"サザエさん離れ"が著しい。

    「『現代の家族像とかけ離れている』『フネや波平の声優が替わって違和感がある』
    『フジテレビ自体に元気がない』などなど、視聴率低迷の理由についてはいろいろ言われていますが、
    そもそもサザエさんをオンタイムで観るという習慣自体がなくなってきています」(テレビ誌ライター)

    サザエさんを見終わると、翌日から始まる忙しい日常を思い浮かべてユーウツになるという
    「サザエさん症候群」なる言葉が生まれるほど、かつては若者からサラリーマンまで日曜夕方の習慣として定着していた。
    が、それももう"昭和の遺物"として、このままサザエさん離れが進んでしまうのか? 

    テレビコラムニストの亀井徳明氏がこう言う。

    「今年3月で東芝がメインスポンサーを降板し、近い将来のシリーズ終了のウワサまで流れましたが、それはなさそうです。
    4月以降、視聴率が1ケタだったのは5月27日の9・4%、7月1日の9・9%、8月12日の9・3%の3回だけ(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
    フジテレビにとって貴重なコンテンツであることに変わりはありません」

    今のご時世、視聴率10%前後でも「上等」と亀井氏は言うが、つい数年前まで20%を稼いでいた番組としては「低迷」と言わざるを得ないだろう。
    そして、亀井氏は「視聴率を"復活"させるには、どうしても番組の著作権をもつ長谷川町子美術館の協力が必要です」と、こう続ける。

    「テレビ東京の『おそ松さん』や『深夜!天才バカボン』は、昭和の名作をリブートして若者の人気を獲得しました。
    それにならって『夜のサザエさん』とか『裏サザエさん』のような思い切った深夜アニメを作るのはどうでしょう。

    ただ、長谷川町子美術館が許さないでしょうねえ……それが無理なら、もともと新聞連載の4コマ漫画だったことに立ち返り、
    『めざましテレビ』あたりで『サザエさん』の過去の1エピソードだけ毎日放送し、"新旧の客"を呼び込むという手はあると思います」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00000003-nkgendai-ent

    【【低迷】 国民的アニメ・サザエさんの現状がヤバい!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/07(土) 11:19:59.15 ID:sfsASnNB00707
    no title


    しんちゃんの通う幼稚園で行われた相撲大会のトーナメントに「井川棒太郎」という名前がある
    これがボーちゃんの本名である

    【【超速報】クレヨンしんちゃんのボーちゃんの本名、ついに判明へ!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/07/09(月) 10:08:53.07 ID:CAP_USER9
    https://www.dailyshincho.jp/article/2018/07090602/?all=1
    2018年7月9日

    (略)
     そして福岡公演でも“炎上”が起きた。もっとも今回は、熱狂的なラブライバーが狼藉を働いたという話ではない。非難の矛先は運営側。ファンは“被害者”という珍しい事態なのだ。関係者が言う。

    「ネット上で批判の声が高まっている理由は、西日本豪雨で記録的な被害が発生している真っ最中に、おまけに死者も発生した福岡でライブを開催したためです。交通手段が遮断したままの地域も少なくなく、7日、8日のライブについて運営は『記録的豪雨により被災された方、交通網が遮断されたことによりご来場できなかったお客様に限り、チケット代の払い戻しをさせていただきます』と告知しました。しかし西日本各地で予定されていた他のイベントやライブは安全を最優先に大半が中止になりました。ネット上では『運営側は危機意識が欠如している』、『大切なファンの安全を軽視しているのではないか』という指摘が相次ぎました」

     まずは比較のため、他のライブやイベントの状況を整理してみた。
    no title


     そもそも7月5日は、福岡・大分の両県で40人が犠牲となり、2人が行方不明になった九州豪雨から1年という重要な節目だった。福岡県朝倉市では、その5日に大雨警報に基づく避難勧告が発令。途中で中止に追い込まれた追悼行事もあったという。

     ライブ前日の6日は九州各地で大雨が猛威を振るう。北九州市では土砂崩れが発生。山陽新幹線を筆頭に、JR九州の管内では運休が続出し、高速の九州自動車道も通行止めとなった。一部の高速バスは運行を見合わせるなど、広い範囲で交通手段が遮断される。

     ライブ初日の7日は、九州各地で甚大な被害が確認された。午前には福岡県筑紫野市で60代の女性が心肺停止の状態で発見され、大野城市では80代女性の死亡が確認された。九州道の通行止めは続き、山陽新幹線は新大阪――小倉間で始発から運転を見合わせた。JR九州の特急も動かず、交通の寸断は続いた。

     「福岡市内に限れば、7日の土曜は終日、雨は降りませんでした。午前中の段階で最大級の警戒を呼び掛ける『大雨特別警報』も解除されました。運営側は17時のライブは予定通り開催できると判断したのでしょう。しかし、福岡市内の美術館や博物館は臨時休館でした。同じように雨の降っていなかった広島市でも、ゆずは安全を最優先にライブの中止を決めています。

     ネット上の非難は全て正論ばかりですが、最も皮肉がきいていたのは『ラブライブ運営「ATMに文句言う資格はない」』というTwitterの呟きだったと思います。確かに『黙ってライブに来て金を落とせ』という姿勢だと揶揄されても仕方ありません。中止にすれば熱狂的なファンの反発もあったでしょう。とはいえ、やはり大切なファンなのですから、安全を最優先に中止の判断を下すべきだったのではないでしょうか」(同)

     実際のところ、福岡市内に住むファンなら余裕で会場に到着し、ライブを心から堪能しただろう。だが、無理をして駆け付けた人もいたに違いないのだ。

     にもかかわらず、公式サイトは「物販完売」の報告が延々と続く。被災したかもしれないファンを思い遣る気配が皆無なのは、やはり違和感が残る。

    【【空気嫁】西日本豪雨の真っ最中に「ラブライブ!」がライブを強行で炎上へ!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ