新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:社会

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/17(火) 09:01:50.37 ID:CAP_USER9
    ホリエモンこと堀江貴文さんの発言が波紋を呼んでいる。朝日新聞が10月12日に掲載した「『なんで保育士の給料は低いと思う?』低賃金で負の循環」との記事に同日、「誰でも出来るから」とコメントしたことが発端だ。

    堀江氏は、保育士の給料が上がらない理由について事実を述べただけと解説しているが、ネットでは、これを含む一連の発言に対し、賛否が分かれている。

    現役保育士は賛同「『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要」

    マクロミルが今年4月に発表した調査では、会社員・公務員として働く70人の保育士の平均月収は19万1176円だという。年収は約230万円の計算だ。たしかに低い。

    替えが効かない仕事は世の中そんなに多くないが、特定の職種を挙げて「誰にでも出来る」と評価するのは、その職種や就業中の人を貶そうとして使われることがある。そのため、今回の堀江氏の発言を「保育士を馬鹿にしている」と受け止めた人も多かった。

    「そんなに言うなら一か月保育士をやってみて」「国家資格が必要だから誰にでも出来るわけじゃない」といったコメントは多々寄せられたが、堀江氏はこうしたコメントを「論点がずれている」「感情論の極みだな」と一蹴する。

    また、自身の「誰にでも出来る」発言について後に、リプライに返信する形で補足している。職場環境については「当たり前のこれまでをなんら改善しようとしないからダメなんだよ。例えば壁の装飾とか本当に必要?とかね。IT化も遅れてるしな」と、効率化が進んでいないことを指摘。発言の真意についても、

    「誰でも(やろうとしたら大抵の人は)出来る(大変かもしれない)仕事だから希少性が低く(コンビニバイトなどと同様に)給料が上がらない構造になっている」

    と、説明していた。これには、現役の保育士でSNSでの人気も高い「てぃ先生」が

    「私は保育士をしていますがその通りだと思います。資格を持たずとも子育てはできる。一方で、国家資格をとり子どもにあたる保育士がいる。この両者の違いであるはずの『専門性』がオープンでないし、当然世間も認知していない。『子どもと遊ぶだけ』の印象を変える努力が必要」

    と賛同するコメントを出していた。

    昨年は「介護士は誰でも出来る仕事」発言で物議

    ネットでは、「ホリエモンの保育士発言に関する批判、まぁ気持ちは分からなくもないけど、論点違くないかと思う」「言っていることは正しい」と、堀江氏を擁護する人もいるほか、「わざわざ炎上させて保育士の低賃金現状を周知させてくれてるの親切~」と、騒動を皮肉る声も聞かれていた。

    堀江氏は昨年8月にも、自身のツイッターで「介護士は誰でも出来る仕事だから単価は残念ながら上がらない」と発言し、物議を醸している。

    2017年10月16日 14時43分 キャリコネニュースhttp://news.livedoor.com/lite/article_detail/13754848/

    2017/10/16(月) 18:43:14.79
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1508186225/

    【ホリエモンが保育士を軽視する発言で炎上へwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/16(月) 12:01:05.63 ID:6mMjfefA0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典

    http://bunshun.jp/articles/-/4547

    「ネトウヨ」「パヨク」の罵り合い、そろそろやめてみませんか?

     いよいよ総選挙が始まった。何を基準に候補者を選ぶのかということは人それぞれだと
    思うけれど、ひとつだけ私が提案したいのは、「党派から脱却してみませんか?」ということだ。

     日本はすっかり政治の時代になって、インターネットでも政治についての議論があちこちで
    盛り上がっている。でも、相手を「ネトウヨ」「パヨク」「安倍信者」「アベノセイダース」と罵り
    合っていることが少なくない。でもこういう罵り合いは、良い結果をもたらさない。
     そもそも政治というのは、「折り合い」だ。Aという主張とBという主張があって、議論する。
    その議論の中で、Aの人はBの人がなぜBという主張をしているのかを学び、Bを少しずつ理解する。
    Bの人もAの主張を学んで、理解する。さらに、AにもBにも入らないCという少数者や少数意見が
    あることを知り、なぜそれが見過ごされていたかも学ぶ。そういう議論を踏まえた上で、現実的な
    結論をもたらすために多数決をする。
     多数決が民主主義なんじゃなく、多数決にいく「途中」が民主主義の本質だ。それはもちろん
    理想論に過ぎないんだけど、その理想に少しでも近づけようと努力したい。

     さて、相手と自分たちを敵味方に分けて罵り合うような党派的な行動は、民主主義の理想の
    姿からはほど遠い。そもそも党派的な手法は、もとをただせば古典的なマルクス・レーニン主義の
    方法論だった。資本家階級と労働者階級は決して分かり合えることなどないので、資本家は徹底して
    叩きのめし、殲滅するしかない。そのためには党派をつくり、革命的な行動をすべきである、というわけだ。
     革命のための手法で使われたことでもわかるように、党派は「敵か味方か」「白か黒か」を
    はっきりさせるので、人を熱狂に駆り立てる。ゆえに人々を動員しやすく、運動は盛り上がる。
     でもこの「動員しやすさ」は同時に、デメリットにもなる。なぜなら「敵か味方か」「白か黒か」
    という単純な区分けで判断できるほど、社会は単純じゃないからだ。この複雑な21世紀の社会を
    動かしていくためには、複雑は複雑なまま駆動システムを理解する必要がある。わかりやすくする
    ことは大切だけど、「わかりやすい=単純」ではない。(略)

    【【悲報】文春さん、「ネトウヨ」「パヨク」の罵り合い、そろそろやめてみませんか?  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/17(日) 21:05:20.428 ID:xPBDvpT50
    マジかよ

    【【衝撃】今の小学生「2000年代?ちっちゃかったから覚えてない……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/28(木) 10:36:43.03 ID:CAP_USER9
    東京イセアクリニックは9月25日、「タトゥー・入れ墨への認識・イメージに関するアンケート調査」の結果を発表した。
    調査は9月12~13日にインターネットで実施し、国内在住で20~40代の男女350人から回答を得た。

    「タトゥー(入れ墨)を入れたい」と思ったことはあるかと聞くと、最も多かったのが「一度も思ったことがない」(81.4%)だった。
    理由を聞くと、「入れる意味がわからない」「永遠に消えないデメリット」(59.3%)が同率で最多となっている。

    次いで「思ったことがあるが、結果入れなかった」が15.4%となり、「実際に入れている」人は3.1%に留まった。
    なお実際に入れている人は、女性(5.1%)が男性(1.1%)を上回っている。

    タトゥー「格好いい」は3% 8割は「自分の子どもには入れてほしくない」

    「タトゥーが入っている人」を見かけたときの印象を聞くと、最も多かったのは「怖い(反社会的なイメージ)」(44.0%)。
    以降「若気の至り、恥ずかしい」(29.4%)、「生活に支障が出てしまう(足かせ)」(26.9%)、「不快、不愉快」(26.3%)とネガティブなイメージが上位を占めた。
    一方「格好いい」は3.4%に留まった。

    また「タトゥーが入っている人は恋愛対象になるか」については「決して恋愛対象にならない」(42.0%)が最多。
    女性(33.1%)より男性(50.9%)の方が拒否感を示す人は多い。
    「どちらかと言えば対象にならない」は32.9%で、「個人の自由。有無は特に問題ない」は25.1%となった。

    「タトゥーがある人は恋愛対象にならない」と回答した人(合計74.9%)に理由を聞くと、1位は「両親に紹介できない」(56.5%)。
    特に女性は62.7%と、男性を12ポイント上回る結果となった。
    2位以降「怖い(反社会的なイメージ)」(46.9%)、「子供に見せたくない」(42.0%)、「不快(不愉快)」(35.1%)と続く。

    「自分の子供が将来『タトゥーを入れたい』と言ったら?」と聞くと、「絶対に反対」(48.6%)と「どちらかといえば反対」(31.4%)の合計が80.0%となった。
    「個人の判断に任せる」(13.7%)や「特に気にならない」(6.3%)は少数派となっている。

    「軽い気持ちで彫ると、ほぼ100%の方が後悔」

    実際にタトゥーを入れている人に理由を聞くと「なんとなく」(72.3%)や「格好いいと思ったから」(67.7%)が多かった。
    他にも「芸能人・有名人の影響」(35.4%)、「友達が入れていたから」(27.7%)など、他の人からの影響で入れたという人や、「反骨精神」(13.8%)と回答した人もいた。

    しかしタトゥーに関して「実際に入れて満足」と感じている人は9.1%に留まり、「入れてしまって後悔」という人は90.9%にものぼることが分かった。

    同クリニックの吉種克之総院長は、就活や結婚、出産などのライフイベントに伴ってタトゥーを消す除去手術を検討する方が多いとプレスリリースで説明している。
    タトゥー除去への問い合わせは毎月100件以上あるようだ。

    「タトゥーを入れた動機は様々ですが、軽い気持ちで彫ってしまうとほぼ100%に近い割合の方が後悔するといっても過言ではなく、一般的な社会人として生きるにはタトゥーが入っていることが足かせとなる場合が多いようです」

    http://news.nifty.com/article/economy/business/12117-7155/

    【【哀報】タトゥーを入れた奴らの末路wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/29(火) 15:25:28.672 ID:QhUhNhN00NIKU
    日本人は世界一!!!!
    no title

    no title


    no title

    no title

    【【画像】 ミサイルから身を守る日本人・・・・世界で話題!!流石、崇高な日本人民!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ