新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/12/09(日) 13:42:06.21 ID:CAP_USER9
    演歌の大御所・北島三郎(82)が、大みそかのNHK紅白歌合戦に特別枠で復帰を果たし、サブちゃんの周囲はまさに“お祭り騒ぎ”。
    その一方で「復帰するかも!?」と騒がれながら、果たせなかったのが和田アキ子(68)だ。
    今年はデビュー50周年で新曲もヒット、平成最後の紅白に出場すれば40回目の節目だっただけに復帰への条件は揃っていたが、かなわなかったのはナゼか? 
    実は、紅白スタッフの間に強烈な“和田アレルギー”が残っていることを本紙は突き止めた――。

    特別企画で出演することになった北島とその周辺は大いに盛り上がっていることだろう。

    ある音楽関係者は「北島さんが卒業発表(2013年)した翌年から、NHKは『出てもらえないか』とオファーを続けていた。
    それこそ毎年のように『自宅からの中継でもいい』とか『何なら審査員で』『ゲストでいいから』と、いろいろな条件で引っ張り出そうとしていた。
    視聴者から『紅白で見たい』という声が届いていたのは確かですからね。
    今回、その思いが実現してNHKも相当、喜んでいるんじゃないんですか」と明かす。

    さらに15~17年までは、北島の愛馬・キタサンブラックが日本の競馬界を席巻し、年末恒例の大一番・有馬記念にも3年連続で出走。
    レース後、勝っても負けても「まつり」を熱唱する姿にNHKは悔しい思いをし、紅白出場を熱望するファンの声も年を経るごとに増していたという。

    そんななか、ようやく実現した北島の紅白復帰。
    どんなステージになるかは不明だが、大いに盛り上がることだろう。

    こうした“お祭り騒ぎ”を横目に、復活できなかったのが和田だ。

    1968年10月にシングル「星空の孤独」でデビューし、今年は50周年の節目の年。
    5月には名古屋発の人気男性グループ「BOYS AND MEN」(略称・ボイメン)の研究生とコラボし「和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生」名義でシングル「愛を頑張って」をリリース。
    これまで「天使になれない」(1971年)の8位が自己最高だったオリコン週間シングルランキングで2位に入るなど、大きな話題を集めた。

    「このヒットでスタッフは、50周年の最後を飾るステージとしてふさわしいのは紅白と目標を定めた。
    NHKに強いパイプを持つスタッフを動員して、なんとか紅白に復帰させようと必死になっていた」とはある音楽関係者。

    一時はそれこそ、“さもありなん”という雰囲気になったとも言われていたが、結局のところ復帰はならず。
    ある芸能プロ幹部は「紅白の出場者を見れば分かるが、
    NHKとジャニーズの蜜月関係を考えれば、『研究生』とはいえ同系統の男性アイドルグループのボイメンが出るのは現実的には難しいでしょう。
    しかし、それ以上に、局内での“和田アレルギー”が強かった」と語る。

    きっかけとなったのは、2016年に落選したときの和田の対応だ。

    当時、和田はファクスで「40回という節目でもありましたので、正直悔しい気持ちもあります」とコメント。
    テレビ番組などでは、NHKからは前触れなくいきなり落とされたというニュアンスの発言をしていた。

    だが、前出の幹部は「NHKとしては“何を言ってんだ!”という心境なんです。
    実は“そろそろ紅白出場は難しいですよ”という話は、和田が落選した年の3、4年前からNHK側が毎年のように和田さんのスタッフに通達していた。
    それを何とか先延ばしにしたNHKの“温情措置”や努力が、和田本人に伝わっていなかったようです。
    それで、いざ落とすと決定したとき、本人は恨み節を連発。NHKにしてみれば逆恨みもいいところ、という印象がある」というのだ。

    だからこそ、今年も選考から漏れた。

    「節目の年だからといって出場させたはいいが、来年、落としたら、また何か言われないかとNHKサイドとしては当然、心配します。
    今年入れなかったのも無理はないです」と同幹部は語る。

    節目の年にようやくヒット曲が生まれたのに…和田のスタッフにとっては、なんとも悔しい結果になってしまった。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15713853/
    2018年12月9日 11時0分 東スポWeb

    【【真相】和田アキ子が「紅白」復帰できない理由wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/18(日) 08:49:40.56 ID:YHXGltWu0
    おっぱいは世界平和
    no title



    【【困惑】ワイネトウヨTWICEのおっぱいを見て許してしまう 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/23(金) 19:16:44.64 ID:CAP_USER9
    音楽業界とテレビの現状を示しているかのような番組だった。

    11月19日、19時から3時間に渡って放送された『歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-』(TBS系)は
    視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)を記録。

    オリコン売上1位を振り返る番組ながらも、2003年の1位であるSMAP『世界に一つだけの花』が放送されず、
    ネット上で話題となったものの、民放の同時間帯では『有吉ゼミ』2時間スペシャル(日本テレビ系)の12.1%に次ぐ数字を残した。

    テレビ局関係者が話す。

    「今の時代、10%取れれば合格点。しかも、最近の音楽番組は視聴率を取れませんからね。
    民放唯一のゴールデン帯のレギュラー番組である『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)は長時間特番の時こそ2ケタを取りますが、
    通常の1時間番組では8%前後。休止することも頻繁にあります。

    ヒット曲が生まれない時代ですから、新曲を放送する番組は当然、厳しくなってくる。
    その割に、懐かしのヒット曲特集の長時間スペシャルだと、それなりに数字が取れるんです」(以下「」内同)

    番組構成も昨今の視聴者層に合わせていた。副題の「年間売上げ1位の50年」が示すように、
    過去のオリコン年間ランキングの上位を紹介していったが、昭和の曲には2時間20分ほど費やしたが、
    平成の曲は30分ほどしか時間をかけなかったのだ。

    「今の日本の人口構成比率やテレビの視聴習慣を考えると、若年層を狙っても数字は伸びない。
    結局、50代以上を狙わないと視聴率はついてこないんです。だから、“50年”と謳いながらも極端な構成になる。
    このままでは、ますます若者のテレビ離れが進むと心のどこかで感じながらも、どうしても目先の数字に捉われてしまう」

    番組の目玉企画は、グループサウンズ全盛の1960年代にしのぎを削った堺正章と萩原健一の対談だった。

    「当時10~20代だった彼らのファンも、今は60~70代。つまり、この辺りの視聴者を取ろうという計算なんでしょう。
    本人がVTR出演した小坂明子の『あなた』がヒットしたのは1974年。10代、20代はおろか、30代や40代だって馴染みがないかもしれない。
    はじめから、その世代に見てもらおうという意図はあまりないのかもしれません」

    驚いたことに、同番組のスタジオで歌唱したのはB.Bクイーンズの『おどるポンポコリン』だけ。あとの歌は全て過去のVTRだった。

    「過去のVTRを細切れにしたほうが、目先を変えることができるので、視聴者も留まってくれる。
    いくら懐メロが人気あるといっても、1曲をフルで歌う歌手が何人も出てくると、チャンネルを替えられてしまう。
    そうした意味で、多くの歌手ゲストを呼ぶと逆に数字が見込めなくなるという計算から、そのような構成にしたのでしょう」

    同番組に限らず、昨今の音楽特番の多くは“懐メロ”全盛の印象だ。
    そこには、若年層にも見てもらいたいと思いながらも、それでは数字が取れないという制作サイドのジレンマが垣間見える。

    “若者のテレビ離れ”は音楽番組にも大きな影響を与えているようだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181123-00000010-pseven-ent

    ★1が立った日時:2018/11/23(金) 08:14:53.79
    【話題】 テレビの音楽特番が懐メロばかりになる深刻な事情 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542941172/

    【【深刻】 テレビの音楽特番が懐メロばかりになってしまった理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/21(水) 23:19:19.23 ID:CAP_USER9
     シンガー・ソングライター、大塚愛(36)が21日、自身のファンクラブサイトで男性5人組ヒップホップグループ、RIP SLYMEのSU(45)と離婚したことを発表した。

     大塚は「私事で申し訳ないのですが、いつも応援してくださってる皆様には、ご報告とさせてください。私、大塚愛は、RIP SLYMEのSUさんと婚姻関係を先日解消致しました」と報告。「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」と説明した。

     最後は「これから、もらった優しさを娘や 周りの友達、家族、スタッフ、ファンの皆様に返していくとともに 変わらず良い楽曲をつくれるよう、励んでいきます」と結んでいる。

     大塚とSUは2010年6月に結婚。11年3月には長女(7)が誕生したが、17年4月に写真週刊誌でSUとモデルの江夏詩織(23)の不倫が報じられた。

     先月31日にRIP SLYMEの公式サイトが閉鎖。今月3日にはSUが自身のインスタグラムでグループ活動の休止を明かし、「全ての責任は私」と謝罪していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000592-sanspo-ent

    【【驚愕】大塚愛、RIP SLYMEのSUと離婚!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/04(日) 19:32:11.02 ID:Vzj0e774M
    no title

    【【朗報】テイラー・スウィフトさん、完全にエッチだ!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ