新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:音楽

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/09/04(月) 20:45:58.776 ID:WL3a4Wtc0
    悲しいことに思いつかない

    【【確率】ブサイクな女ボーカルで売れてるバンドってある???????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/02/07(水) 06:58:29.36 0
    no title

    no title

    ついに水着アイドル化へ

    【【朗報】人気ガールズバンドのSilent Sirenさん、Hなグラビアに駆り出される・・・・・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/28(水) 01:55:30.177 ID:0BC7flAv0
    涙のキッス

    【サザンの曲といえば?「TSUNAMI」「愛の言霊」「エロティカセブン」「絢」「波乗りジョニー」「真夏の果実」「いとしのエリー」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/31(土) 02:28:03.20 ID:CAP_USER9
    ロックバンド「X JAPAN」のリーダー・YOSHIKIが30日放送のTBS系
    「中居正広のキンスマスペシャル」(金曜・後8時54分)に出演し、メンバー2人の死について口を開いた。

     1997年大みそかに「X JAPAN」の解散ライブを行ったその5か月後、メンバー・HIDE(享年33)の死を
    海外で聞かされたYOSHIKIは「嘘だと思いました。信じなかったです。飛行機の中でニュースが流れてきまして、
    そこで号泣です」と話した。「Xの中では自分が最初に死ぬと思っていたので…
    とりあえず起こそうとしたのは覚えています」と当時の思いを語った。

     さらにYOSHIKIは「自殺じゃないと今でも思っているんですけど、そういうタイプの人じゃないというか冷静に考える人。
    僕の100倍理にかなってる人。絶対に自殺じゃないんですけど、死んだことには変わりはない」と現在の心境を明かした。

     2007年に「X JAPAN」が復活するも、11年に元ベーシストのTAIJI(享年45)が亡くなった。
    YOSIKIは、番組スタッフに背負っているものについて問われ「HIDEとTAIJIの夢。それは僕の夢でもある。
    海外はまだ少し扉を開けただけ。ほんの少し風穴が開いただけ」と話し、続けて「いかにHIDEが偉大だったか、
    TAIJIも凄いプレイヤーだったので僕たちが活躍すれば、それが広まる」とさらなる活躍を誓っていた。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000206-sph-ent

    【【断言】YOSHIKI、HIDEの死について「絶対に自殺じゃない」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/03/20(火) 20:19:38.22 ID:CAP_USER9
    https://news.dwango.jp/2018/03/20/175870/j-pop/
    2018年3月20日

    これまでに延べ20組以上のアーティストにカバーされ、カラオケ、そして結婚式での定番曲として世代を超えて愛されている中島みゆきの『糸』が、本日3月20日付で日本レコード協会より、2018年2月度有料音楽配信認定で100万DLを超えた作品としてミリオン認定された。

    今回認定を受けた楽曲『糸』は、もともと1992年中島みゆきの通算20枚目のアルバム『EAST ASIA』の収録曲の1曲としてリリース。このアルバムのエンディング曲として発表された同曲は、1998年2月にTBS系ドラマ「聖者の行進」主題歌『命の別名』のカップリング曲としてシングルカットされた。

    その後、2004年にMr.Childrenの桜井和寿と音楽プロデューサー小林武史によるBank Bandのカバー・アルバム『沿志奏逢』に桜井和寿のボーカルで収録されたことをきっかけに、幅広い層に大きく認知されることとなった。その後、2011年、日本を襲った東日本大震災後には被災地を中心に有線リクエストが増え、震災の1年後には発売以来21年ぶりに有線チャート3位にランクインしている。2014年にはクリス・ハートが第65回NHK紅白歌合戦で『糸』を歌い、日本中のお茶の間にこの曲が流れた。

    世代を超えて親しまれる、楽曲『糸』自体が持つ、歌いやすさ、覚えやすさ、そして人との出逢いの連続である人生を糸になぞらえた歌詞の内容の普遍性と説得力が、知れば知るほど奥深い曲としてリスナーの心をとらえて離さない理由となっている。

    2004年のBank Band以降も、平松愛理、岩崎宏美、新妻聖子、中孝介、JUJU、福山雅治、EXILE ATSUSHI、平原綾香、Aimer 他、数多くのそうそうたるアーティストによってカバーされている。カバー曲でのCMのタイアップも数多く、近年ではトヨタホーム、TBSドラマ「陸王」等で使用。これだけ流れても消費されることがないのは、この歌の力そのものと言えるだろう。

    1992年、中島みゆきのオリジナル・アルバム曲の1曲としてリリースされた『糸』は26年の時を経て、名実ともに世代を超えて愛される“みんなの心の曲”=“神曲”となった。

    中島みゆきは2月に「夜会」のガラコンサート「夜会工場VOL.2」を無事に終了。3月7日から3ヶ月連続で、1975年のデビュー・アルバム『私の声が聞こえますか』から、18枚目のオリジナル・アルバム『夜を往(ゆ)け』までのリマスター盤を高音質HQCDでリリース。今年も精力的に活動を続ける中島みゆきから目が離せない。

    no title

    no title

    【【音楽】中島みゆきの『糸』が100万ダウンロード達成wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ