新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/02/16(金) 10:46:41.34 ID:P7gFD8vJp
    【フジ】23.0% 最遊記 香取慎吾
    【フジ】22.3% Drコトー診療所 吉岡秀隆
    【日テレ】19.1% マイボスマイヒーロー 長瀬智也
    【フジ】18.8% のだめカンタービレ 上野樹里
    【日テレ】18.7% 14歳の母 志田未来
    【フジ】18.3% 僕の歩く道 草なぎ剛
    【日テレ】17.4% 喰いタン 東山紀之
    【フジ】17.1% 結婚できない男 阿部寛
    【フジ】16.4% アテンションプリーズ 上戸彩

    これは王者フジ

    【【驚愕】2006年のテレビドラマ視聴率ランキングwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/04/16(月) 20:54:30.75 ID:spV3/C5c0
    何故

    【【人気ドラマ】ガリレオが3期をやらない理由w 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/20(土) 19:18:24.73 ID:x7NbKQ450 BE:837857943-PLT(16930)

    大河ドラマ「西郷どん」を再現 徳島・鴨島で菊人形展開幕
    http://www.topics.or.jp/articles/-/114668

    【大河ドラマの主役をやって欲しい有名人wwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/21(日) 16:54:02.58 ID:CAP_USER9
    10月14日からスタートした阿部寛主演のTBSドラマ『下町ロケット』の視聴率が判明。初回は13.9%と、シーズン1の平均視聴率18.5%に比べて大きく数字を落としてしまった。

    同作は2015年に放送されたドラマの続編で、原作は池井戸潤氏の同名小説。シーズン1の視聴率は最高22.3%を記録しており、いわばヒットが確約されたドラマだった。

    にもかかわらず、出だしから大きく数字を下げてしまった今回の続編。視聴者の反応を見ていくと、どうやら1作目のヒットに気を良くして“奇をてらったキャスティング”をしたことが原因と言えそうだ。

    もはやコント番組かのような出演者
    ストーリー自体は大好評を博したシーズン1だが、本編には今田耕司、バカリズム、落語家の春風亭昇太、立川談春など、お笑い芸人が大量に出演。
    また、ゲスト俳優にはルー大柴なども起用しており、キャスティングに関しては
    「真面目なドラマだから浮いて見える」「お笑い勢のキャストがみんな棒読みで下手」「コメディードラマじゃないのに萎えるわ」などと、視聴者の不評を買っていた。

    しかし、視聴率の良さに気を良くしたのか、今回のシーズン2にもイモトアヤコやお笑いトリオ『我が家』の坪倉由幸といった芸人を続々と起用。
    さらに第3話には古坂大魔王もゲスト出演予定で、堅い作風に惹かれたシーズン1のファンを突き落とすようなキャスティングを続けている。

    実際、ネット上には、

    《話題性のためなら何でもアリっていう感じですね》
    《視聴率取れるんだろうけど芸人が出過ぎじゃ…》
    《かつてのいかりや長介くらい役者に力入れるなら分かるけど》
    《はっきり言って滑ってるよ》

    などといった厳しい反応が。また、

    《1期でウンザリだったのにまた芸人増やすの?》
    《これ以上、芸人が役者の領域を侵すのは見てられない》
    《コテコテ関西弁の芸人さんはあんまり作風に合わないわ》

    など、シーズン2になってから視聴を辞めたネットユーザーの声も上がっている。

    このまま思うような数字が出なければ、芸人起用の方針を決めたプロデュ―サーやディレクターは詰め腹を切らされることになるかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1545244/
    2018.10.21 10:31 まいじつ

    【『下町ロケット』第2シーズンの視聴率が大暴落した理由!!!!!!!!!!!!!1】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/18(木) 09:49:41.79 ID:CAP_USER9
    俳優の水谷豊(66)が主演を務める国民的刑事ドラマ「相棒」の新シリーズ、テレビ朝日「相棒season17」(水曜後9・00)が17日に拡大スペシャルでスタートし、初回の平均視聴率は17・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが18日、分かった。

    前シリーズ「相棒season16」の初回15・9%(2017年10月18日)を1・2ポイント上回る貫禄の好発進。
    また、女優の米倉涼子(43)主演の同局「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(木曜後9・00)の15・0%を上回り、10月クール民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)のうち暫定初回1位となった。

    前シリーズに続き、反町隆史(44)が出演。
    水谷と反町のコンビは4年目に突入する。
    警視庁特命係の杉下右京(水谷)が、警視庁所属となった元法務省のキャリア官僚・冠城亘(かぶらぎ・わたる=反町)とともに事件を解決するシリーズ第17弾。
    今作から特命係に青木年男役の浅利陽介(31)が加入した。
    脚本・輿水泰弘氏ほか、監督・橋本一氏ほか。

    9月27日に大木長十郎役として2002年の開始時から「season16」まで全シリーズに出演してきた俳優・志水正義さん(享年60)が死去。
    この日は、志水さんが演じた大木長十郎刑事が特命係の部屋をのぞく、おなじみのシーンがオンエアされ、SNS上には追悼の声が続々。
    また放送の最後には「9月27日、大木長十郎役・志水正義さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼テロップが表示された。

    初回は、国家公安委員で大学教授の三上冨貴江(とよた真帆)の自宅で起きた殺人事件に挑む。
    ある日、夫の鬼束鋼太郎(利重剛)から「おやじを殺して」と告げられた冨貴江。
    隠ぺいを迫られ、自身の地位のため協力するのだが…という展開だった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181018-00000080-spnannex-ent

    ドラマ「相棒」
    http://pbs.twimg.com/media/Dpr6LsPXcAA2F6i.jpg

    【【テレ朝】「相棒17」の初回視聴率がやべえwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ