新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/05/20(月) 13:51:43.00 ID:3kU+0XIx0● BE:486699244-2BP(2000)

    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の19日の視聴率が関東で8・7%、
    関西では6・6%だったことが20日、分かった。6%台は、放送開始以降、始めて。

    「いだてん」は12日放送では関東は8・7%。2週続けて同じ数字となっており、横ばい状態が続いている。

    一方、関西では先週の7・2%から、ついに6・6%と0・6ポイントダウンとなってしまった。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/20/0012348211.shtml

    【【爆死】 NHK大河ドラマ『いだてん』 遂に6.6%! 前人未到の領域へwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/28(日) 10:53:37.06 ID:Pbwi5Umr9
    ◆ 結婚できない男:阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送

    2006年7~9月に放送された俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ、フジテレビ系)の続編が、10月期に放送されることが26日、明らかになった。
    前作から約13年ぶりの“復活”となる。

    続編は前作から13年後が舞台で、変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という主人公・桑野信介(阿部さん)の日常を描く。
    阿部さんは「随分長い間結婚していなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、「世の結婚していない男性を癒やすようなドラマにしたいです」とコメントを寄せている。

    「結婚できない男」は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き、話題となった。
    続編では、前作に続き尾崎将也さんが脚本を担当する。

    前作から13年後、主人公の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人で暮らしている。
    13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)している。

    恋愛では、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想を尽かされてしまい、その後に破局。
    少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻り。

    50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっている。
    将来のことを考えると、少し不安も感じている桑野だったが、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が動き始める……という展開。

    阿部さんは、続編の制作にあたり「随分長い間結婚していなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、桑野信介という役柄については「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。そんな彼が僕は好きです」とコメント。
    続けて、「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。世の結婚していない男性を癒やすようなドラマにしたいです」と意気込んでいる。

    「結婚できない男」の続編は、10月から毎週火曜午後9時に放送。

    写真:2006年に放送された阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」の一場面=カンテレ提供
    no title


    まんたんウェブ 2019/4/26(金) 5:00
    https://mantan-web.jp/article/20190425dog00m200035000c.html

    ■前スレ(1が立った日時:2019/04/26(金) 05:07:06.26)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556289644/

    【【朗報】阿部寛主演『結婚できない男』が13年ぶりに復活!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/03/17(日) 15:25:11.68 ID:Qu4YIAFN9
    ピエール瀧も出演している、NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の平均視聴率がついに8・7%(10日、第10話)まで下がった。

    日本で初めて五輪に参加した男・金栗四三(かなくり・しそう)と日本に初めて五輪を招致した男・田畑政治(たばた・まさじ)の物語で、
    金栗を中村勘九郎(写真)、田畑を阿部サダヲがそれぞれ演じ、リレー形式で主役をつなぐものだ。

    宮藤官九郎脚本。朝ドラ「あまちゃん」制作チームによる大河と、スタート前から話題を呼んだが、蓋を開ければまさかの大コケ。原因は何か。

    「『時代を行き来してわかりづらい』とか『志ん生役のビートたけしの滑舌が悪く、何を言ってるかわからない』などと言われていますが、一番の原因は主役の中村勘九郎に魅力がないこと。
    ただの武骨な田舎者でオーラも華もない。ドラマは主役次第という一番大切なことを忘れています」(ドラマウオッチャー)

    どうせなら、ヒットしたドラマで主演したことがある阿部を先に出した方がよかったのでは!?

    公開日:2019/03/17 06:00 更新日:2019/03/17 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/249812

    写真
    https://c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp/img/article/000/249/812/2136c742a2fe774b7aa8b737b0f146eb20190316140242813.jpg

    1 Egg ★ 2019/03/17(日) 07:57:56.85
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552777076/

    【【悲報】大コケのNHK大河ドラマ「いだてん」で判明した真実!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/03/11(月) 20:45:09.42 ID:UolSafUm9
    3月10日に菅田将暉主演ドラマ『3年A組』(日本テレビ系)が最終回を迎えた。
    SNSでの心無い誹謗中傷に警鐘を鳴らし、世間に訴えかける内容だったが、「このドラマも同じように誹謗中傷している」と物議を醸している。

    主人公の美術教師・柊(菅田)が、卒業間近の生徒を人質に取って学校に立てこもりながら、
    自殺した生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の〝死の真相〟を探らせる同ドラマ。
    最終回で明かされた真相は、フェイク動画によって事実無根の罪でネット民から誹謗中傷された景山が、精神を病んで自殺したというもの。つまり、事件の犯人は〝ネット民〟だったのだ。

    柊はネット民に対し生配信で、「お前たちが景山の命を奪ったんだ」「自分の親や友達に面と向かって言えない言葉を、見ず知らずの他人にぶつけんなよ。
    お前のストレスの発散で他人の心をえぐるなよ」なとど、必死に画面に向かって訴えた。

    そしてドラマのラストシーンでは、ネットで誹謗中傷ばかりしていた若い男性が、心を改めた様子が描かれている。

    オタクは性格悪くて陰湿! by『3年A組』
    「その男性の特徴が、まさにステレオタイプの引きこもりオタク。
    カーテンを閉め切った暗い部屋でよれよれの服を着て、ニヤニヤしながらパソコンに向かいネットに誹謗中傷を書き込んでいる。
    部屋には漫画の本やアニメキャラのポスターも貼ってありました。もちろんネットはそういった〝オタク〟だけが使うツールでも何でもない。
    なぜ〝ネット民=オタク〟みたいな個人攻撃を、このドラマでしたのか。本当に理解に苦しみます」(テレビ雑誌編集者)

    このシーンには視聴者からも疑問の声が上がり、

    《ネット民は陰キャとかニートの巣窟と決めつけてるやつが一番危ない》
    《インターネットの使い方に警鐘を鳴らしながらも、
    「薄暗い汚い部屋でパソコンに向かって誹謗中傷を書き込むメガネでブスのオタク」という偏見と悪意に満ちたナイフで俺を刺しまくる3年A組》
    《本当にネットやSNSの闇を訴えるなら、もっとリアルを感じさせる表現できないのかね。 「ネットする人ってこんなんでしょー」ってオタク風の男…。そら響かないわ》
    《脚本を書いてる人が分かっていない。今は一般のサラリーマン、OLだってネットで悪口書き込んでるよ》

    などといった投稿が見られる。

    「オタク=誹謗中傷を書き込む陰湿なやつ」と描写した『3年A組』の罪は、一度放送してしまった以上、ネット上で消えることはない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1727252/
    2019.03.11 19:01 まいじつ

    【【ドラマ】『3年A組』“陰湿なネット民”=オタクという描写に批判が続出! 】の続きを読む

    このページのトップヘ