新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

    1: 名無しさん 2017/03/23(木) 19:53:24.88 ID:CAP_USER9
    3月21日発売の「女性自身」が、12日に最終回を迎えた小雪主演のテレビドラマ「大貧乏」(フジテレビ系)の打ち上げの様子を報じた。同ドラマは全編、低視聴率に苦しんでいたという。

    「『大貧乏』は初回から視聴率7.7%の低空スタートで、その後も、ほとんどの回が5%割れという悲惨な状況でした。さらに通常、ドラマでは盛り上がるはずの最終回まで、4.4%という大爆死。裏番組に木村拓哉主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)や、バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)があったとはいえ、関係者はこの結果を笑えないでしょう」(テレビ誌記者)

    そんななか同ドラマの打ち上げは、ホテルなどでの豪華ディナーでなく、都内のレストランバーでひっそりと行われたという。

    そして、その打ち上げにおいて、ある出演者の“フジへの不満”が爆発したという。

    「記事によると出演者の奥田瑛二が突然、打ち上げのスピーチにて『共同テレビはよかった! フジテレビがダメなんだよ! もう、これからは共同テレビと仕事するから!』と、フジ批判を始めたそうです。その直後、周囲は驚きの空気になったそうですが、すぐに辛口ジョークとして受け入れられ、笑いが起きたとのことです」(前出・テレビ誌記者)

    以下略で送りしております。 全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
    http://www.asagei.com/excerpt/77730

    【【悲報】小雪の爆死ドラマ打ち上げであの大物俳優がフジにブチギレwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 09:48:32.72 ID:CAP_USER9
    スポニチアネックス 3/21(火) 9:43配信

     フジテレビの連続ドラマ「突然ですが、明日結婚します」(月曜後9・00)の最終回(第9話)が20日に放送され、平均視聴率は6・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。

     全9話の期間平均視聴率は6・7%。「月9」のワースト記録を塗り替えた。「月9」全話平均の従来の最低は「カインとアベル」(昨年10月クール、全9話)の8・2%。これを下回った。

     第4話=6・6%、第5話=6・2%と、昨年4月クール「ラヴソング」の6・8%(第6話=5月16日、第7話=5月23日)を下回り、月9史上最低を更新。第6話=5・0%と、月9史上初の5%台に落ち込み、3週連続して月9ワースト記録を記録を塗り替えた。

     テレビ視聴のスタイルの変化もあり、人口の少ない若年層を狙った作品はリアルタイムの世帯視聴率に反映されにくく、数々の名作・ヒット作を生み出した看板枠ながら昨年から苦戦。一方、それを裏付けるかのように、FOD(フジテレビオンデマンド、動画配信)は若年層に圧倒的に支持された。

     原作は月刊コミック誌「プチコミック」(小学館)で連載中の宮園いづみ氏の同名漫画。専業主婦になりたい女=
    OLの高梨あすか(西内まりや)と、絶対に結婚したくない男=イケメン人気アナウンサーの名波竜(flumpool山村隆太)が繰り広げるラブストーリー。脚本は山室有紀子氏、倉光泰子氏。演出は
    並木道子氏、石井祐介氏。プロデュースは後藤博幸氏、大木綾子氏。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000086-spnannex-ent

    【【視聴率】西内まりや主演の月9逝った・・・・またもや史上ワーストを更新】の続きを読む


    b300ff11


    1: 名無しさん 2016/07/17(日) 20:38:46.31 ID:fohyW9lv0
    1(遊)サイコメトラーEIJI
    2(中)ヤスコとケンジ
    3(右)夜王
    4(一)天国に一番近い男 第一期
    5(三)新・美味しんぼ
    6(二)サイコメトラーEIJI2
    7(左)LOVE&PEACE
    8(捕)成り上がり
    9(投)マンハッタンラブストーリー

    【TOKIO松岡昌宏主演ドラマで打線組んだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/07(火) 09:01:39.96 ID:CAP_USER9
    「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」寂しそうにこう嘆くのは、フジテレビ関係者だ。

    「月9」といえば、80年代後半には20%超えが当たり前のフジの看板枠。
    ところが、現在放送中の「突然ですが、明日結婚します」は瀕死の状態に追い込まれている。

    初回視聴率が8.5%でつまずくと、立て直せないまま2月20日放送の第5話では6.2%と、
    月9史上最低視聴率を更新したのだ。前出・フジ関係者が、企画段階からのバタバタ模様を明かす。

    「本当は竹野内豊(46)を主演に迎える予定でしたが、企画がつまらなくて最終段階で断られてしまった。
    急遽、別企画を立て、スケジュールのあいていた西内まりや(23)に主演の白羽の矢が立ったんです。
    共演者も慌ててキャスティングしたのですが、これほど知名度の低い役者が集まった月9は初めてでしょう」

    華やかな時代は遠ざかったが、ドラマ内容は「あの頃のまま」というのが惨敗の原因のようである。
    美男美女2人のリアルな「結婚観」をテーマしたという今作は、キャリアウーマンの西内が結婚して専業主婦になることに憧れる中、
    生涯独身を貫くイケメンアナと恋に落ち、しだいに引かれ合うラブストーリー。

    元テレビプロデューサーで上智大学教授(メディア論)の碓井広義氏はこう指摘する。

    「ストーリーを聞いただけで、情けないほど薄っぺらなバブル感が漂います。
    月9枠は昨年もひどくて、福山雅治さん主演の『ラブソング』はヒロインとの年齢差が離れすぎて恋愛ドラマとしてリアリティがなかった。
    視聴者の目も肥えていますから、まず大事なのはどれだけ練られた脚本なのかということです。今回のように陳腐な話とチープな役者では‥‥。西内さんも、月9のヒロインとしては弱い。
    出演者ありきで物語を乱造するフジと、視聴者の感覚は大きくかけ離れている。若い世代には、『いまだに月9“なんか”見てるの?』と嘲笑される“看板”になってしまった」

    視聴率回復の兆しは見えず、危険水域に突入したが、今のところ月9からの「撤退」は聞かれない。
    元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏は語る。「恋愛モノの作品が多いので、F1層(20歳から34歳の女性)に人気があります。
    F1層は流行に敏感で購買につながるので、月9の放送時間枠はスポンサーが集まりやすいんです」

    日テレの「笑点」は高視聴率だが、視聴者のシニア層の購買行動が弱いため、放送時間枠のCMは高く売れないという。

    「フジは視聴率がよかった時の単価でCMを売ろうとしているので、言い値での販売に苦戦している話も聞きます。
    それでも他の番組より高く売れる月9を簡単に終わらせることはないでしょう」(前出・村上氏)
    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170307/Asagei_76448.html

    【ドラマ】〈フジテレビ〉月9史上初の5%台...「突然ですが、明日結婚します」3週連続ワースト更新 ★2
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1488255858/

    【【壊滅危機】 フジテレビ関係者が嘆く 「このままでは『月9』に出演したいという俳優がいなくなってしまう‥‥」】の続きを読む

    このページのトップヘ