新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

    1: 名無しさん 2017/06/27(火) 09:11:03.84 ID:CAP_USER9
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めたフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の
    最終回(第11話)が26日に15分拡大で放送され、平均視聴率は
    9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが27日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの
    2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、
    第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%、
    第10話=8・0%と推移。初回以来の2桁復帰はならなかった。

     1987年4月からドラマ枠になり、数々の名作・ヒット作を生んだ“月9”の30周年を飾る作品。
    原作は、日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した2011年の「隻眼の少女」など、
    推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・ 麻耶雄嵩氏(48)の「貴族探偵」
    「貴族探偵対女探偵」(集英社文庫)。己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も
    不明という異色の探偵(相葉)が召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、
    遊びに興じながら優雅に事件を解決に導く姿を描いた。

     リアルタイムの世帯視聴率には結び付かなかったが、本格ミステリーとファンタジックな
    世界の融合した意欲作。最終回は、いつも貴族探偵に出くわし、推理対決を繰り広げた新米探偵・
    高徳愛香(武井)が事件を初解決。愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)の死の真相など、
    伏線が鮮やかに回収されるドラマオリジナルの結末となった。最後の最後に“月9”らしく
    ラブの要素も盛り込まれ、エンドロールで貴族探偵の紋章の謎が明かされるなど、
    凝った作りを貫いた。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000078-spnannex-ent

    【【フジ復活へ】相葉主演「貴族探偵」の最終回視聴率が奇跡の大逆転爆上げキタ━━━━━━━━m9( ゚∀゚)━━━━━━━━!!】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/22(木) 12:36:23.54 ID:CAP_USER9
    すでに最終回を迎えた4月クールのフジテレビ系ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に西島秀俊とW主演していた、俳優の小栗旬が放送シーンをカットした同局に対して怒りをあらわにしていたことを、発売中の「週刊新潮」(新潮社)が報じている。

     ほかの同局のドラマが軒並み視聴率1ケタに落ち込む中、同ドラマは全話平均10.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で終了。同誌によると、小栗にとっては原作者の金城一紀さんと5年間構想を練った作品とあり、人一倍思い入れが強かったという。

     シーンがカットされたのは、5月2日放送の第4回。冒頭、小栗らが演じる特捜刑事たちが、玩具のロケットと戯れるシーンからスタートするが、その前にテレビから「北のロケットは発射失敗」というニュースが流れる場面があったのだという。

     ところが、オンエア時期は北朝鮮情勢が緊迫。視聴者に誤解を与えるという理由から、そのシーンをカットして放送。制作の関西テレビからそのことを放送直前に知らされた小栗は、「早く教えてくれていれば撮り直しもできた」と怒り心頭。「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放ったのだという。

     小栗は、テレビ局の幹部があまりにも“自主規制”することがテレビをつまらなくしている原因だ、と日頃からいら立っていた矢先だったのも怒りの原因だったという。

     「いまだに小栗の気性の荒さは有名で、関わった作品にかける情熱もかなりのもの。その感情が“暴走”してしまうと今回のような件が起こってしまった。とはいえ、小栗は同局のドラマシリーズ『信長協奏曲』がヒットし、映画版もヒット。同局の“功労者”だけに、出演拒否されたらシャレにならない」(テレビ関係者)

     同誌に対し、小栗の事務所は「フジテレビさんと新しいお仕事も進んでます」とコメント。

     フジは今度は小栗への粗相がないように、細心の注意を払った方がよさそうだ。

    リアルライブ 6/22(木) 12:20配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000003-reallive-ent

    写真
    http://images.npn.co.jp/article/1/1/86/81326686.jpg

    【【まさにクライシス】小栗旬さんがフジテレビに激ギレwwwwwwwwwwww「フジのドラマには二度と出ない」とまで言い放つwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/18(日) 14:27:39.22 ID:CAP_USER9
    6月9日発売の週刊誌「フライデー」にて17歳女性との飲酒及び淫行が報じられ、無期限活動休止処分となった俳優の小出恵介の出演映画やドラマが続々と放送自粛となっている。

     そんななか、08年に放送されたドラマ「ROOKIES」(TBS系)がにわかに注目を集めている。同作には小出を含め何人ものイケメン俳優が出演しているが、放送後に何らかのトラブルに巻き込まれた例が少なくないというのだ。

    「山本裕典は今年3月に所属事務所から契約を解除され、芸能界から引退状態に。高岡蒼甫はフジテレビの韓流路線を批判したことで事務所を解雇され、さらに昨年1月には路上で男性を殴って逮捕されています。チョイ役で出演した遠藤要は今年2月、法律違反の賭博報道で謹慎処分に。『ウルトラマンメビウス』で主役も務めた五十嵐隼士は、詳細は不明ながらすでに芸能界を引退しています」(芸能記者)

     また中尾明慶は、本人はなんら問題を起こしていないものの、7月配信予定だった主演ドラマ『Jimmy~アホみたいなホンマの話~』(Netflix)がお蔵入りの危機に。理由は小出とのダブル主演作だからというのだから、とんだもらい事故だ。

     ドラマに加えて映画版も大ヒットした「ROOKIES」だが、立て続けに引き起こされるアクシデントから、一部では“呪われた作品”とも言われている。オリジナルメンバーによる共演はもう二度と見ることはできない。

    2017年6月18日 10時15分 アサジョ
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13218432/

    【【デスドラマ】ROOKIES出演者の末路がヤバいwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/20(火) 16:51:38.21 ID:CAP_USER9
     女優の永野芽郁(17)が来年4月2日にスタートするNHK連続テレビ小説
    「半分、青い。」(月~土曜前8・00)のヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)役に
    決まり20日、東京・渋谷の同局で発表された。

     小学3年の時、東京・吉祥寺でスカウトされ、芸能界入り。2009年、映画
    「ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル」で子役としてデビュー。10年から
    ファッション誌「ニコ☆プチ」でレギュラーモデルを務めた。映画「俺物語!!」
    「ひるなかの流星」などに出演している。

     NHK大河ドラマ「八重の桜」(13年)「真田丸」(16年)は経験しているが、
    朝ドラは初出演。大役を射止めた。永野は「昨日の夜聞いて、1日考えてたんですが、
    実感なかった。今になって私本当にやれるんだ、って実感して、うれしいです。
    自分らしく楽しくできたらいいなと思います」と意気込みを語った。

     「半分、青い。」は現在放送中の「ひよっこ」、次回作「わろてんか」に続く
    朝ドラ通算98作目。

     脚本はフジテレビ「ロングバケーション」TBS「ビューティフルライフ」などの
    大ヒット作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏
    (55)によるオリジナル作品。高度成長期の終わりから現代までを舞台に、
    岐阜県に生まれ、病気で左耳を失聴したヒロインが上京後の挫折、離婚などを
    経験しながらも明るく生き抜いていく姿を描く。障がいのあるヒロインは朝ドラ史上初。
    同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみとの恋模様も見どころになる。

     TBS「愛していると言ってくれ」でも聴覚障がい者の恋愛を描いた北川氏。
    朝ドラを手掛けるのは今回が初。「私も朝ドラも1961年生まれの同い年。
    やっと巡り合えた」と話している。今秋にクランクイン。

    スポニチ
    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/20/kiji/20170620s00041000124000c.html
    no title

    【【注目】来春朝ドラヒロインが決まったぞ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ