新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/14(月) 14:30:09.46 ID:CAP_USER9
     日本テレビのドラマスタッフが悲鳴を上げている。
     「仕事だから、イヤイヤ来ているだけ。こんなドラマには2度と関わりたくない。できれば1日も早くオサラバしたい、というのが本音だ」(制作関係者)

     そんな大ブーイングが沸き起こっているのは、高畑充希(25)がヒロインを務めるドラマ『過保護のカホコ』の収録現場だ。
     「視聴率は初回が11.6%、2回目が10.8%、3回目が12%。数字だけみると上出来のドラマなんですが…」(芸能事情通)

     高視聴率とは裏腹に、現場スタッフばかりか共演者からも聞こえてくるのはため息ばかり。その原因は、ヒロインにあるという。
     「撮影現場の雰囲気が最悪なんです。まず高畑のワガママぶりに皆が翻弄されている。気分屋で、ものすごく短気なんです。一度、ヘソを曲げると楽屋から出てこない」(芸能関係者)

     さらにこんな話も。
     「顔にコンプレックスがあって、とにかくカメラ位置にこだわるんです。アップも好きじゃない。普段から『顔がブスなんで』と自虐コメントを発している。自分の顔に自信がないのに、なんで女優になったんだって皆が不思議がっています」(芸能プロ関係者)

     ちなみに、気になる高畑の出演料だが…。
     「1本当たり90万円~。NHKの朝ドラヒロインといってもゴールデン&プライム帯での大ヒット作がないので、その意味では、まだ新人扱い。今回のドラマが、もしかしたら代表作になるかもしれないと言われています」(制作関係者)

     実は、制作スタッフ陣のやる気を奪っている人物がもう1人いるという。脚本を担当し、映画監督も務めた経験を持つ遊川和彦氏だ。
     「たまに現場に来ては、演出に口を挟んでくるんです。担当の演出家もやりにくくて仕方がないといった感じです。ますます雰囲気が悪くなる一方ですよ」(前出・芸能事情通)

     好調ドラマの裏側は修羅場だった。

    http://wjn.jp/article/detail/7192494/

    【【過保護のカホコ】高畑充希に日テレスタッフが困惑wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/14(月) 10:05:09.84 ID:CAP_USER9
     女優の真木よう子(34)が主演を務めるフジテレビ「セシルのもくろみ」(木曜後10・00)の
    第5話が10日に放送され、平均視聴率は3・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが
    14日、分かった。初回5・1%とスタートから苦戦していたが、ついに3%台に落ち込んだ。

     初回=5・1%、第2話=4・5%、第3話=4・8%、第4話=4・4%と推移。今回、さらに
    0・6ポイント下落し、3%台に転落。2週連続で自己最低を塗り替えた。

     近年の民放GP(ゴールデン・プライム)帯連続ドラマのうち、視聴率3%以下は2013年
    10月クール「夫のカノジョ」(TBS)の3・0%(3%台5回)、同「家族の裏事情」(フジテレビ)
    の3・4%(3%台2回)、14年7月クール「あすなろ三三七拍子」(フジテレビ)の
    3・6%(3%台1回)、15年4月クール「戦う!書店ガール」(フジテレビ)の
    3・3%(3%台3回)、15年7月クール「HEAT」(フジテレビ)の
    2・8%(2%台1回、3%台6回)、16年4月クール「OUR HOUSE」(フジテレビ)の
    3・3%(3%台3回)、16年7月クール「神の舌を持つ男」(TBS)の
    3・8%(3%台1回)などがある。

     原作は直木賞作家の唯川恵氏の同名小説。ファッション誌業界を舞台に、幸福を探し求める
    女性たちの姿を描く。真木は家族を一番に考えるヒロイン・宮地奈央を演じる。脚本は、
    ひかわかよ氏。演出は 澤田鎌作氏、並木道子氏、高野舞氏。主題歌は夜の本気ダンスの
    「TAKE MY HAND」。

    スポーツ報知 全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-00000094-spnannex-ent

    【【酷報】真木よう子主演ドラマの視聴率がヤバい!!!!ついに伝説の領域へwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/12(土) 17:23:46.24 ID:CAP_USER9
    昨年、大ヒットした新垣結衣主演のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の続編が内定したという。来年春の放送予定で、TBS内も士気が上がっているという。

    昨年の10月クールに放送され、新垣と星野源が共演したドラマ。
    視聴率も回を追うごとに上がり、最終回は20・8%を記録した。
    エンディングで星野の歌う「恋」にあわせて出演者が踊るダンスは「恋ダンス」としてブームにもなった。

    「TBSはドラマが終わった直後から続編というのをお願いしていた。
    基本的にはどちらの事務所のほうも続編には前向きでしたが、スケジュールの問題が残っていたため、なかなかGOサインを出せなかったとか。
    でも、現在、オンエア中の『コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』(フジテレビ)の撮影が終わり、
    新垣の体調面を考えて、順調に行って早ければ来年の4月にはスタートできるのではと動き始めたようです」とある制作会社関係者。

    TBSでは来年1月には嵐の松本潤が主演する「99・9?刑事専門弁護士?」の続編が決定している。
    この「99・9」も高視聴率を記録したドラマで「加えて『逃げ恥』の続編の内定ですからね。
    視聴率が計算できるドラマの続編ですからね。局内の雰囲気も違ってます」と同関係者。
    いまの段階では「恋ダンス」を再びやるかどうかといった細かいところは詰めていないというが、話題になることは必至だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1344014/
    2017.08.12 16:30 リアルライブ

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【期待】新垣結衣「逃げるは恥だが役に立つ」の続編wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/04(金) 23:53:24.444 ID:7DDl0XEf0
    前半はすげえ面白かったけど後半は意味不明すぎた

    【「SPEC」とかいうドラマwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/07(月) 10:15:50.10 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170807-00000002-mantan-ent

     女優の柴咲コウさんが主演するNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の第31回が6日に放送され、
    平均視聴率は自己ワーストの10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

    【写真特集】重厚感たっぷりの松平健 武田信玄に「さすが!」の声
     「おんな城主 直虎」は56作目の大河ドラマで、森下佳子さん脚本のオリジナル作品。
    幕末の大老・井伊直弼の先祖で、徳川家康の重臣・井伊直政の養母にあたる主人公・直虎が、男の名で家督を継ぎ、
    今川、武田、徳川が領地を狙う中、仲間と力を合わせて国を治め、幼い世継ぎの命を守りながら、生き延びていく……というストーリー。
     第31回「虎松の首」では、直虎(柴咲さん)は氏真(尾上松也さん)の命に従い、徳政令を受け入れることを決断。
    これにより井伊の領地は今川の直轄となり、ついに井伊家は取り潰しとなる。そこで直虎と政次(高橋一生さん)は、
    いったん今川に従うふりをし、裏で徳川家康(阿部サダヲさん)と手を組むことで、井伊家復活を図ろうとする。
    政次は、井伊を裏切ったふりをするため、今川の代官として井伊の館に残ることにするが
    氏真はさらに虎松(寺田心君)の首を差し出すよう要求してくる……という展開だった。
     「おんな城主 直虎」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

    【大河ドラマの視聴率が地味にやべえええええええええ!自己ワーストを更新へ!!】の続きを読む

    このページのトップヘ