新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

    1: 名無しさん 2017/04/27(木) 08:29:10.70 ID:CAP_USER9
    春ドラマの視聴率が出揃った。トップ10を見ていくと、注目すべきはテレビ朝日の「緊急取調室」と「警視庁・捜査一課長」が1、2を独占。4位に「警視庁捜査一課9係」。TBSは「小さな巨人」が3位、「CRISIS」が5位、「あなたのことはそれほど」が7位。日本テレビは「フランケンシュタインの恋」が6位で、「母になる」「ボク、運命の人です。」が8位と9位。フジテレビは、ようやく10位に「貴族探偵」がランクインした。

    それにしてもなぜ、フジはここまで凋落してしまったのだろうか? 元社員は「すべては“栄光の80年代”を忘れられないから」と言う。

    「視聴率三冠王を連発していた1980年代の感覚から変わっていない。“自分たちの感覚が正解。ちょっと先を行ってるだけなんだよ。ついてこれない視聴者はしょうがない”って思ってるフシがある。そんな考えに、外部制作スタッフが苦言を呈しようものなら外されてしまう。外された会社は必死に他局に企画を売り込んで“フジを見返す”ことに躍起になりました。フジという“泥舟”から次々と降りて行ったんです」

    「驕れるもの久しからず」。この言葉こそが、現在のフジテレビの窮状を言い当てているのではないか。

    http://asajo.jp/28436

    【【悲報】春ドラマの視聴率、フジが大惨敗wwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/25(火) 08:15:17.88 ID:CAP_USER9
    有村架純主演で放送中の朝ドラ『ひよっこ』。高度経済成長期を舞台に、「金の卵」たちの集団就職&東京での奮闘を描く本作は、地元「奥茨城県編」が佳境を迎えつつある。
    朝ドラ3作目の大御所脚本家・岡田惠和が描く世界は、丁寧な人間描写と温かさあふれるストーリーが魅力で、しらべぇでも定期的に記事を配信している。

    しかし、その視聴率はあまり芳しくないようだ。

    ■イケメン不在が低視聴率の原因は本当?

    先週22日の放送で平均視聴率20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した本作。これは11日の20.4%を上回り、自己最高を更新する形となった。
    だが、大台と呼ばれる20%台がなかなか出ない。たとえば第3週の平均視聴率は19.3%で、『まれ』19.7%、『あさが来た』21.4%、『とと姉ちゃん』23.0%、『べっぴんさん』が20.3%など、過去作品の同週視聴率と比較しても低い数値なのだ。

    これを受け、ネット上でははやくも原因・戦犯を探す動きが見られ「イケメンが出ていないせいでミーハー視聴者が獲得できていない」などの指摘も確認できる。だが、本当にそうなのだろうか?
    しらべぇ編集部では、この声について朝ドラファン3名に話を聞いてた。

    ■20代男性:関係ない派

    「まず最初に、僕は『ひよっこ』は本当にいい作品だと思います。たしかにストーリーは地味目だけど、登場人物の台詞ひとつひとつが素晴らしい。人情や温かさに溢れていて、とくにバスの運転手の次郎さんの台詞には毎回涙腺が緩むほど。
    その上で話すと、イケメンが出ていないのと視聴率がイマイチなのは正直関係ないと思います。なぜなら、朝ドラを好きな人って物語で判断するから。

    朝ドラは2週間で普通のドラマの放送回数を超えますけど、だからこそ話が面白くないとそんなマメに見続けられないんですよ。実際、僕も『まれ』は途中でやめましたし(笑) 
    逆に言えば、見てるうちに魅力的に見えてくることも普通にあります。能年ちゃんは最初全然かわいいと思えなかったけど、今ではすっかりファンですもん。逆に言えば、今見るとめっちゃイケメンな福士蒼汰は当時、全然イケメンに思えなかったなあ……」

    ■30代女性:関係ない派

    「若手イケメン俳優はそりゃ出てきたら華やかになるでしょうけど、視聴率に関係してるかと言うと正直微妙ですね。私的には前作の『べっぴんさん』が正直最後のほうキツかったから一時的に離れてるだけじゃないかなと思います。
    てか、そういう分析は三男役の泉澤祐希くんに失礼では(笑) かわいい顔してるし、少なくとも田舎にいたらイケメンでしょう。というか、そもそもそこまでNHKなんだから視聴率は考えなくていいんじゃないかなと。

    なんのための受信料って思うのは私だけではないはずです。
    まあ、駄作なのに視聴率まあまあな作品もあるし、逆に『あまちゃん』はあんだけブームになったのにそこまで視聴率は高くなかったし。結局、『自分がいいと思ったらいい』んだと思います」

    ■イケメン不在が低視聴率の原因は本当?

    先週22日の放送で平均視聴率20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)を記録した本作。これは11日の20.4%を上回り、自己最高を更新する形となった。
    だが、大台と呼ばれる20%台がなかなか出ない。たとえば第3週の平均視聴率は19.3%で、『まれ』19.7%、『あさが来た』21.4%、『とと姉ちゃん』23.0%、『べっぴんさん』が20.3%など、過去作品の同週視聴率と比較しても低い数値なのだ。

    これを受け、ネット上でははやくも原因・戦犯を探す動きが見られ「イケメンが出ていないせいでミーハー視聴者が獲得できていない」などの指摘も確認できる。だが、本当にそうなのだろうか?
    しらべぇ編集部では、この声について朝ドラファン3名に話を聞いてみた。

    >>2以降につづく

    2017/4/25 07:00 しらべぇ
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170425-06150617-sirabee

    【【悲報】有村架純主演の朝ドラ『ひよっこ』、低視聴率の原因「イケメン不在説」にファンが物言いwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/23(日) 16:46:26.95 ID:CAP_USER9
    ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム>

    NHK連続テレビ小説「ひよっこ」は、素晴らしい作品だと、とても評価が高いですが、平均視聴率は、ほぼ19%台と、20%を超える日が少ないのはなぜなのか。

    よく言われるのは、前作「べっぴんさん」の影響。終盤、20%を下回ることが多く、その流れを受け継いでいる可能性があるということ。

    ある視聴者は「べっぴんさん」を見たいという気持ちが終盤、薄れてしまったけど、最後が気になるので“頑張って見た”と話していました。頑張って見た人は今、朝ドラから解放された状態かも。

    さらに、もう1つ大台に届かない要因として考えられるのは、これまで好調な作品にはあったけれども「ひよっこ」にはないものです。ズバリ若いイケメンです。

    「べっぴんさん」には永山絢斗、高良健吾が出演。「とと姉ちゃん」には坂口健太郎、「あさが来た」では玉木宏、ディーン・フジオカ、「まれ」には山崎賢人。

    イケメンがイケメン役で出演し、女性視聴者のハートをつかんでいました。

    「ひよっこ」では、女性の間で話題となるイケメンは今のところ登場していません。NHKの木田幸紀放送総局長は、先日の定例会見で視聴率が20%の大台を記録する時は

    「60、70代の視聴者だけでなく、40、50代と、分厚くリアルタイムで見ている時」と話していました。

    4月3日のスタートから大台はまだ数回しか記録していません。ステップアップのカギは40代、50代の主婦層の心をつかむイケメンではないかと思います。

    日刊スポーツ 4/23(日) 13:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-01810893-nksports-ent

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170423-01810893-nksports-000-view.jpg

    【【苦戦】朝ドラ「ひよっこ」の視聴率が伸び悩む理由って???????????????】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/21(金) 11:00:39.12 ID:CAP_USER9
    フジ『人は見た目が~』、放送事故並みに内容がない&つまらない…ドラマの体なさず

     桐谷美玲が主演を務める今クールの連続テレビドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系)の第2話が、20日に放送された。

     同ドラマは漫画家・大久保ヒロミ氏による同題作品を実写化したもので、化粧品会社に勤務する女性研究員・城之内純(桐谷)と、その同僚・前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)が、
    “女子力ゼロのさえない自分”を脱出するために流行のメイクやファッションなど「美の特別研究」に取り組んでいくというストーリーだ。

     第2話では、城之内ら3人が勤務していた八王子製紙の研究所が大手化粧品会社クレエラジャパンに買収され、
    東京・丸の内にあるクレエラ研究センターに初出勤するシーンから始まる。
    城之内たちは、以前の会社とは打って変わり、職場も働く社員もすべてが華やかでオシャレな環境に動揺し、
    自分たちも少しでも追いつこうと、まずは「クラッチバッグ」を持つことに挑戦する。
    そして、数日後に知人の結婚式に出席する城之内がダサい格好をして、同じく式に出席する
    城之内の上司・松浦栄子(室井滋)に恥をかかせてしまわないために、前田と佐藤も協力して城之内が華やかな装いで出席できるよう悪戦苦闘する。

     しかし、式直前で初めてオシャレな美容院に行った城之内は、あまりの緊張でイケメン美容師・榊圭一(成田凌)に
    髪を触れられることに耐えられずに逃げ出し、そのまま式に出席。
    そして会場で城之内は松浦から、実は八王子製紙の研究所を買収した狙いは、そこが所有する基礎データを入手するためだけにあり、
    そのために仕方なく城之内たちを引き取ったこと、そして城之内たちのようなダサい人間が職場にいることが本当に嫌だということを明かされる。
    城之内は落ち込んだまま帰宅の途に就くが、偶然にも先ほど逃げ出した美容師・榊と遭遇し、
    さらに榊から髪を触られたかと思えば髪質の良さを褒められ、“心を撃ち抜かれる”ところまでが放送された。

    ●「つまらない」の一点に尽きる

     以上が第2話のあらすじだが、第1話も含めた感想を一言でいえば、「放送事故並みに、つまらない」の一点に尽きる。
    視ていて、いったいどこをどう楽しめばよいのか、何がおもしろいのか、まったくわからない。

    (全文はソース内をご覧ください)
    http://dailynewsonline.jp/article/1302987/

    【【悲報】桐谷美玲主演『人は見た目が100パーセント』 放送事故並みに内容がない&つまらないと話題wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/17(月) 10:15:49.24 ID:CAP_USER9
     女優・有村架純(24)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の第2週の平均視聴率は19・2%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが17日、分かった。

     各日の番組平均は10日=18・3%、11日=20・4%、12日=18・3%、13日=19・2%、14日=19・7%、15日=19・3%。第1週の平均視聴率は19・4%だった。

     最近の朝ドラの第2週平均視聴率は「まれ」(2015年前期)が21・0%、「あさが来た」(15年後期)が20・2%、「とと姉ちゃん」(16年前期)が22・1%、「べっぴんさん」(16年後期)が19・8%。

     東京五輪が開催された1964年から始まり、東京に出稼ぎに行ったものの、行方不明になった父を捜すため、集団就職で上京する谷田部みね子(有村)の姿を描く。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈の青春記で、幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げる

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/17/kiji/20170415s00041000330000c.html

    【【注目】有村架主演朝ドラの第2週平均視聴率wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ