新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビドラマ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/10/13(日) 15:57:09.74 ID:lItGGp0W9
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/10120558/?all=1

    確かに吉沢亮(25)は“国宝級イケメン”なのだろう。だが、NHKの大河ドラマ、それも主演となると、相性はどうなのだろうか?

    NHKは9月9日、大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の制作会見を開いた。放送は2021年、「日本資本主義の父」とも言われ、2024年度から新1万円札の顔に描かれる渋沢栄一(1840~1931)の生涯を描くという。 会見では主演が吉沢亮とも発表され、ご本人も登場したのだが、これが様々な反響を呼び起こしているようだ。

    40代より上の世代となると、吉沢の名前を聞いても、ピンとこない向きも決して少なくないだろう。簡単にプロフィールを説明すれば、1994年の2月生まれで25歳。「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」でRight-on賞を受賞したことをきっかけにして芸能界へ入った。

     2011年に「仮面ライダーフォーゼ」(テレビ朝日系列)に出演。その後も着々とテレビドラマや映画に出演を重ねた。最近では、今年のNHK朝ドラ「なつぞら」でヒロインの幼なじみ役を演じて話題になった。

    吉沢の“武器”が何なのか、よく分かる記事が2本ある。それぞれの見出しをご紹介しよう。
    「吉沢亮 “国宝級イケメン”を自らアピール?『言っちゃうんですよね』」(スポーツニッポン電子版:9月30日)
    「吉沢亮の渋沢栄一がイケメンすぎと話題!1万円札化望む声も」(女性自身電子版:9月10日)

    とにかくイケメンなのだということはよく伝わってくる。記事の内容は割愛させていただくが、この25歳の青年が「日本資本主義の父」を演じるのだ。
    中略

    だが異論も出ている。「常識では考えられないキャスティングですね」と話すのは、民放キー局で番組制作を担当するスタッフだ。

    「人気や実力からいえば、若手であっても、菅田将暉さん(26)や佐藤健さん(30)のほうが、大河の主役に相応しい。実際、NHKは佐藤さんに依頼し、断られたと聞いています。佐藤さんと吉沢さんは所属している芸能事務所が同じ『アミューズ』です。先輩のピンチヒッターとして後輩が起用されたということなのかもしれませんが、やはり異例のキャスティングと言っていいでしょう」

     つまり、芸能事務所にとって「大河の主役」はさほど魅力的なオファーではない、ということのようだ。

    「『西郷どん』の場合なら、NHKは最初、堤真一さん(55)に主役の西郷隆盛(1828~1877)をオファーしたところ断られたというウラ話は、複数のメディアが記事にしています。大河の主役は、役者にとって長い目で見ればプラスになります。しかし、拘束時間が長い割にはギャラも安い。主演の肉体的、精神的な負担も相当なものがあるようで『2度とやりたくない』と漏らした俳優さんもいるようです」(同・民放関係者)

    中略
    「率直に言って、大河ドラマのコアな視聴者層は、『吉沢って誰!?』という感じでしょう。渋沢栄一のイメージは、晩年の重厚なものが中心だというのも不安要素です。やはり今回のキャスティングは、バクチだと思いますね」(同・民放関係者)

    「若い女性も高齢者層も共に見る番組になれば大成功ですが、双方にそっぽを向かれるという危険性もあります。脇役なら負担が少ないので、出演拒否ということは少ない。そこで、吉沢の脇を豪華な俳優で固める手はありますが、吉沢さんには試練の大河ドラマとなるでしょう」(同・民放関係者)

    【【驚愕】吉沢亮が大河ドラマ主演で業界にどよめき 「菅田将暉が先でしょ」の声も 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/10/02(水) 21:25:37.51 ID:+CHQeQ/M9
     芸能界を引退した成宮寛貴(37才)が、テレビ朝日系ドラマ『相棒』で芸能界に復帰することが決まった。

    放送開始から20年目の節目を迎えた『相棒』。水谷豊(67才)演じる杉下右京の相棒役の反町隆史(45才)もすっかり定着し、盤石の安定感を誇る。加えて、10月9日スタートの新シリーズ「シーズン18」は、かつてない力の入れようだという。

    「“映画並みのスケール”を目指し、局をあげて盛り上げています。制作費も莫大で、初回は『テレビ朝日開局60周年記念スペシャル』と銘打っていて特に豪華。ゲスト出演者に船越英一郎さん(59才)を迎え、北海道で2週間にわたって大型ロケを敢行したそうです。ドローンを飛ばして雄大な自然を一面に映し出すなど、まさに映画レベルのスケールです」(テレ朝関係者)

    『相棒』は、ゲスト出演者がビッグなことでも知られている。特に、シーズンの初回や正月などのスペシャル版では大物俳優が登場し、ファンを沸かせてきた。実は、今シーズンでは初回以外に、驚きのゲストが予定されている。相棒史上最大といえるサプライズ──。

    成宮寛貴の復帰だ。

     成宮は、3代目相棒の“カイト”こと甲斐亨役としてシーズン11~13(2012~2015年)に出演。水谷とのコンビがファンに高い人気を誇り、『相棒』を卒業後もさまざまなドラマで活躍してきた。しかし、2016年12月に写真誌で違法薬物の使用疑惑などが報じられると、芸能界引退を発表。所属事務所も辞め、日本を離れた。

    「引退後、成宮さんはオランダの大都市で生活していたそうです。海外にいながら単発の仕事ができないか模索していましたが、なかなか仕事もなく、貯金を切り崩しながら雑居ビルの一室でひっそりと暮らしていたのだとか。近所に住んでいる日本人のラーメン店主がお腹をすかせた成宮さんにラーメンを振る舞うなど、生活のサポートをしていたと聞いています」(芸能関係者)

     現在、成宮はすでに日本に帰国。インスタグラムで近況を報告しているほか、9月には本名の「平宮博重」名義で公式サイトを開設した。マグカップなど自身がプロデュースした商品を販売し活動を始めているが、俳優としても再出発を果たすというのだ。
    (以下ソースで)

    10/2(水) 16:00配信NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00000017-pseven-ent


    【【驚愕】成宮寛貴、『相棒』で復活か??????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/05/20(月) 13:51:43.00 ID:3kU+0XIx0● BE:486699244-2BP(2000)

    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の19日の視聴率が関東で8・7%、
    関西では6・6%だったことが20日、分かった。6%台は、放送開始以降、始めて。

    「いだてん」は12日放送では関東は8・7%。2週続けて同じ数字となっており、横ばい状態が続いている。

    一方、関西では先週の7・2%から、ついに6・6%と0・6ポイントダウンとなってしまった。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/20/0012348211.shtml

    【【爆死】 NHK大河ドラマ『いだてん』 遂に6.6%! 前人未到の領域へwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/04/28(日) 10:53:37.06 ID:Pbwi5Umr9
    ◆ 結婚できない男:阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送

    2006年7~9月に放送された俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ、フジテレビ系)の続編が、10月期に放送されることが26日、明らかになった。
    前作から約13年ぶりの“復活”となる。

    続編は前作から13年後が舞台で、変わらず独身で「偏屈さにさらに磨きがかかった」という主人公・桑野信介(阿部さん)の日常を描く。
    阿部さんは「随分長い間結婚していなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、「世の結婚していない男性を癒やすようなドラマにしたいです」とコメントを寄せている。

    「結婚できない男」は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き、話題となった。
    続編では、前作に続き尾崎将也さんが脚本を担当する。

    前作から13年後、主人公の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人で暮らしている。
    13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)している。

    恋愛では、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想を尽かされてしまい、その後に破局。
    少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻り。

    50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっている。
    将来のことを考えると、少し不安も感じている桑野だったが、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が動き始める……という展開。

    阿部さんは、続編の制作にあたり「随分長い間結婚していなかったんですね、やっぱり。彼に再会できることがうれしいです」と喜び、桑野信介という役柄については「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。そんな彼が僕は好きです」とコメント。
    続けて、「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。世の結婚していない男性を癒やすようなドラマにしたいです」と意気込んでいる。

    「結婚できない男」の続編は、10月から毎週火曜午後9時に放送。

    写真:2006年に放送された阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」の一場面=カンテレ提供
    no title


    まんたんウェブ 2019/4/26(金) 5:00
    https://mantan-web.jp/article/20190425dog00m200035000c.html

    ■前スレ(1が立った日時:2019/04/26(金) 05:07:06.26)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556289644/

    【【朗報】阿部寛主演『結婚できない男』が13年ぶりに復活!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ