新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/18(日) 14:19:06.19 ID:CAP_USER9
    日本テレビのバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』が、実際にはない祭りをでっちあげた疑いがあると『週刊文春』が報じた問題で、
    同局の大久保好男社長は11月15日、「企画について疑念、ご心配をお掛けする事態となった。多くの関係者の皆さんにおわび申し上げます」と謝罪した。

    大久保社長は「イッテQのお祭り企画について疑念を生み、ご心配をおかけする事態となりました。
    申し訳なく思っています」と切り出し、番組プロデューサーなどは直接関わっていないが、現地コーディネーターが祭りを“でっち上げ”たことを謝罪。

    「現地コーディネーターは外部の人とはいえ、番組の成立に不可欠な存在で、番組サイドであることに間違いありません」と、日本テレビの責任であることを認めている。

    この謝罪にネット上では、

    《製作を下請けに丸投げして、自分たちは知らなかったでは済まされないからね》
    《制作の意図やコーディネーターの暴走などは、視聴者への言い訳には一切なりません!》
    《番組終了ですね。これで続けるのは虫が良過ぎる。出演者には気の毒だけど》

    などと、批判的な声が目立つ。

    観覧者に謝罪した内村
    問題の発端は、11月8日発売の『週刊文春』。『イッテQ』5月20日放送回で紹介されたラオスの「橋祭り」が、番組側の企画だったと報道した。

    さらに翌週の15日発売号では、昨年2月12日放送回で紹介されたタイの「カリフラワー祭り」について、コーディネート会社が費用を負担し、実際には存在しない祭りを開催したと記事にしている。

    この騒動は、出演者にも影響を与えている。司会の内村光良は、ヤラセ疑惑発覚後に行われた初のスタジオ収録で、観覧者に対して「申し訳ありません」と謝罪したという。

    さらに『女性セブン』も11月15日発売号で“でっち上げ疑惑”を検証し、存在を確認できなかった祭りが11個もあったと報じた。

    とはいえ、「ヤラセでも面白いならいい」「番組を終了させる必要はない」と擁護派の声もかなり多い。果たして日本テレビはどんな結論を下すのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1575328/
    2018.11.18 11:02 まいじつ

    【【注目】『イッテQ』打ち切りか継続か?…“視聴者の判断”大いに揺れる 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/11/10(土) 10:57:24.59 ID:CAP_USER9
    汐留に激震が走っている。人気バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」の企画にヤラセ疑惑が浮上。日本テレビは否定にヤッキだが、これは氷山の一角ではないかという声も聞こえてくる。

    問題となっているのは芸人の宮川大輔が世界のお祭りに体当たりで参加する名物企画で、ヤラセ疑惑が浮上したのは5月20日に放送されたラオスの「橋祭り」。
    番組では「今、橋祭りは東南アジアで大流行」「回転する玉が障害物の目玉」などと伝えたが、週刊文春の取材に対して日本人駐在員や駐日ラオス大使館は「そんな祭りは聞いたことがない」とコメントしている。

    これが事実なら祭り自体をでっち上げた完全なヤラセだが、同局は「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく」としつつも、
    情報・制作局長の加藤幸二郎氏は「開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く表現があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」とコメント。
    疑惑の一部については暗に認めた格好だ。日テレの番組制作関係者はこう言う。

    「今回のケースはヤラセというより過剰演出の範疇では。ヤラセにはカネがかかるわけで、コーディネーターのギャラを考慮すれば、祭りそのものをつくることがギャラに見合うとは思えない。
    通常はリサーチ会社の調査結果を見てGOを出していくのが一般的で、コーディネーターが祭りの説明や現地の人の言葉を大げさに意訳したとか、一部表現が拡大解釈だったということではないでしょうか」

    「イッテQ」は局の看板バラエティーだけに、VTRチェックを含めて制作には慎重の上にも慎重を期すという。しかしながら、日々、視聴率という結果を求められる現場は数字のプレッシャーに苦しめられている。

    「どの企画であれ、実現するかどうかは番組プロデューサーの判断に委ねられています。採用されるのはエッジが立って面白い、つまり高視聴率を稼げる企画。
    スポンサーをはじめ、若者を中心としたテレビ離れが止まらない中、番組制作会社など企画を提案する側には、もっと面白い、もっと過激なものを求められるようになっています。

    制作会社などは、いわば下請け。企画を通さないと仕事にならない。まさに死活問題ですから、プロデューサーに満足してもらえるようにと、
    より高くなるばかりのハードルを越えるべく、より過激な企画へと走っていってしまいがちです」(別の日テレ関係者)

    こうした土壌がひいてはヤラセを生むことになるわけだが、これはテレビ番組が抱える構造的問題である。芸能プロデューサーの野島茂朗氏からは別の番組についてこんな証言も。

    「番組出演のオファーをもらって準備しているときに、ヤラセ的なものをやるようにといった条件や要求があり、困ってしまうことがあります。
    番組を面白くするために台本を練っているのでしょうけど、そのシナリオありきで進行させようとするあまり、現実や事象との間に齟齬が生じてしまうのでしょうか。台本通りの言動をする出演者集めを相談されたこともあります」

    日テレは2013年12月以来続いていた「3冠王」の記録が10月で途切れたばかり。家族向けの人気番組「イッテQ」のヤラセ疑惑は、これから始まる冬の時代を告げる“風の音”といえないだろうか。

    2018/11/10 06:00 日刊ゲンダイ
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241364

    1 Egg ★ 2018/11/10(土) 06:17:42.61
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541798262/

    【【激震】「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代到来へ!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/31(水) 05:15:09.06 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日の10月の全日帯(午前6時?深夜0時)の月間視聴率が7・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録し、単独1位となったことを、各メディアが報じている。

    報道をまとめると、全日帯2位は日本テレビの7・6%。
    同局はゴールデン帯(午後7時?午後10時)プライム帯(午後7時?午後11時)と合わせ、先月まで58か月連続で「月間3冠王」を続けていたが、記録がストップした。

    テレ朝は10月スタートの新ドラマが好調。「相棒 season17」の第1話は17・1%、「リーガルV 元弁護士・小鳥遊翔子」の第2話が18・1%を記録。
    バラエティーも新番組「ポツンと一軒家」の初回視聴率が14・0%を記録。
    さらには、1日からリニューアルスタートした「報道ステーション」も第1週の平均11・0%と好スタート。
    朝の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」が10月第1週の平均が8・9%、第2週も9・4%で、いずれも同時間帯トップとなっていたというのだ。

    「日テレは10月期の新ドラマで、新垣結衣と松田龍平W主演『獣になれない私たち』をスタートさせた。
    新垣といえば、16年10月期の主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』が社会現象になり、ドラマ賞を総なめにするなど大ヒット。
    それを見込んで起用したが、すでに旬が過ぎていたのか、第2話から視聴率が1ケタに転落し回復の兆しがない」(テレビ局関係者)

    新垣のドラマの不振に加え、元NHKでフリーの有働由美子アナを鳴り物入りで起用した「NEWS ZERO」は視聴率が乱高下し安定せず。
    すっかり日テレ上層部のアテが外れてしまったようだ。

    「テレ朝は、全日帯の首位は開局以来獲得したことがなく、来年(前身の日本教育テレビ時代から)開局60周年イヤーを迎えるだけに、金を惜しまず何としてでも年間3冠王獲得を狙うはず」(同)

    日テレが3冠を死守するのは厳しそうだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1553555/
    2018.10.30 22:00 リアルライブ

    【期待のガッキー、有働アナが大コケで 日テレ月間視聴率トップ転落へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/27(土) 20:24:49.44 ID:CAP_USER9
    この10月にキャスターを交代した報道番組で明暗が大きく分かれている。

    元NHKの有働由美子アナをメインキャスターに抜てきし、番組名も小文字に変えることで心機一転を図った「news zero」(日本テレビ系)は視聴率が続落。10月12日には4.6%という壊滅的な結果に終わり、日本テレビの上層陣を震え上がらせている。

     それに対して前任者の小川彩佳アナがAbemaTVに転出し、13年ぶりに徳永有美アナが復帰を果たした「報道ステーション」(テレビ朝日)は堅調。16日にマークした視聴率11.5%は、22時以降の報道番組激戦区でトップの数字となっているのだ。

     とはいえ各種の報道を見ると、決して徳永アナの評判が良いわけでもない。メインキャスターでありながら、共演者のやり取りをただ眺めているだけという批判に加え、前任者の小川アナが嵐の櫻井翔をトリコにしたほどの美人だったことから“小川ロス”を案ずる声もある。しかし《徳永 vs 有働》という対決で捉えた場合、二人の間には越えられない壁があるという。週刊誌記者が指摘する。

    「何より重要なのは、23時台の報道番組を支える視聴者はサラリーマンを中心とした中高年男性だということ。それゆえ女性キャスターには《おじさんたちのアイドル》的な立ち位置が求められています。その点で徳永アナはかつてバラエティ番組『内村プロデュース』(テレビ朝日系)にて“徳ちゃん”の愛称で親しまれ、時には芸人たちのマッパを見せるようなギャグにまで付き合わされるなど《可愛くてイジリがいのある女性アナ》との評価を得ていました。それゆえ今回の報ステ復帰に際しても、おじさん視聴者たちが『徳ちゃんが戻ってくるのか!』と小躍りしているのです」

     そんな徳永アナに対して、有働アナの評判はどうなのか。

    「有働アナは朝の情報番組『あさイチ』(NHK)で人気を博したものの、それはあくまで主婦人気に過ぎません。それゆえzeroの視聴者にとっては『女性受けのいいおばちゃんアナ』でしかなく、一日の終わりに見たい相手ではないというのが現実でしょうね」(前出・週刊誌記者)

     徳永アナを巡っては、既婚者でありながら内村光良と不貞関係となり、しまいには略奪婚で再婚した過去が何かと蒸し返されるもの。しかし批判的な目を向けるのは女性が中心で、報ステのメイン視聴者層である中高年男性にしてみればむしろ、「不貞して奪いたくなるほどに魅力的」なのだろう。そんな徳永アナの経歴に、独身の有働アナでは逆立ちしても太刀打ちできないのは明らか。それゆえ《報ステ vs zero》の勝負は、番組が始まる前からすでに決着がついていたようだ。

    アサ芸プラス10月25日(木)17時58分
    https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/1025/asg_181025_0372894227.html

    写真
    no title

    【【結果】「報ステ」の徳永アナに負ける「news zero」有働アナwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2018/10/25(木) 11:05:39.86 ID:CAP_USER9
    NHKの人気者も、民放の夜ではなかなか本領が発揮できないのか──。

    『紅白歌合戦』の総合司会を務め、午前中の帯番組『あさイチ』でV6井ノ原快彦とのコンビで高視聴率を続けていた有働由美子アナ(49)は、
    3月限りでNHKを退職し、10月から日本テレビの夜23時台の『news zero』のメインキャスターを務めている。

    『NEWS ZERO』という大文字から小文字に変えるなど番組名もリフレッシュしたが、視聴率は芳しくない。
    前体制の最終週である9月24~27日に平均7.9%だった数字は、有働体制の2週目に7.2%に(開始時間の異なる金曜は除外)。

    改編によって、さらなる上昇を見込んだはずが、早くも落ち込みを見せている。テレビ局関係者が話す。

    「日テレは最も視聴率分析に長けている局なのに、なぜ有働さんを夜帯に起用したのかは解せません。
    これまで担当していた『あさイチ』の視聴者は主婦層などほとんど女性でした。逆に、夜のニュース番組の視聴者は主に男性です。

    男性視聴者はどうしても若い女性キャスターを好む傾向がある。数字上はそういう傾向が顕著です。
    正直、49歳の有働さんには荷が重いですよ。これまで夜のニュースで高視聴率を取っていた番組の女性キャスターを振り返れば、わかると思います」(以下「」内同)

    1980年代後半から1990年代にかけては『ニュースステーション』(テレビ朝日系)で小宮悦子アナの美脚が映し出されて話題になり、
    『プロ野球ニュース』(フジテレビ系)に中井美穂アナが抜擢されてオジさんのアイドルになった。

    2000年代の『ニュースJAPAN』(フジ系)では、滝川クリステルアナが上目遣いのカメラ目線で“斜め45度の女王”と呼ばれて視聴率アップに貢献した。

    『ZERO』が同時間帯で1位を獲得できたのも、2006年のスタート時からサブキャスターに抜擢された小林麻央さんの功績が大きいと言われ、
    女優の桐谷美玲も2012年から今年9月までの6年半にわたって毎週火曜日に顔を見せていた。

    「有働さんひとりがフォーカスされるような体制を取ったことも不振の要因かもしれません。
    諸事情があってそうならざるを得なかったのかもしれませんが……。

    今まではメインに村尾信尚キャスターがいて、サブには小林麻央さんをはじめ、
    山岸舞彩さん、小正裕佳子アナなどの美人女性キャスターがいる体制だった。
    今はサブを置いていないから、視聴率が下がるとどうしても有働さんだけが注目されてしまう。ちょっとかわいそうだと思います」

    日テレは10月第3週(15~21日)の週間視聴率で全日、ゴールデン、プライムの全3部門でテレビ朝日に首位を譲ってしまった。
    月曜から金曜まで放送されるニュースや情報番組の出来不出来は、全日の視聴率に大きく影響する。

    「民放はどの局も視聴率命ですが、日テレはどこよりも視聴率至上主義の傾向が強い。数字が悪ければ、有働体制を1年我慢できないかもしれない。
    2005年には、『ニュースステーション』以来のテレビレギュラーとなる久米宏さんを、当時の超人気アイドルである松浦亜弥とともに日曜夜8時の『A』の司会に抜擢。
    始まる前は大きな話題になりましたが、番組は視聴率1ケタを連発し、わずか2か月で終了になりました。

    決して有働さんの能力が低いわけではない。今からでも遅くないので、番組に若い女性をサブキャスターとして置くと、だいぶ数字も変わると思います」

    まだ番組は始まったばかり。これから日テレと有働アナが底力を見せることはできるか。
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00000005-pseven-ent

    【【悲報】 『NEWS ZERO』 不振が想像以上にヤバい・・・テレビ局関係者 「今からでも遅くない、若い女性をサブキャスターに置け、数字も変わる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ