新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:テレビ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/09/22(日) 21:33:33.13 ID:Vujc8pR/9
    20日、アジア初開催となるラグビーW杯(11月2日まで)が開幕。日本は初戦ロシアに30―10で勝利し、日本にもラグビーファンが急増している。

    「民放で唯一放送権がある日本テレビは胸をなで下ろしているでしょう。開幕するまで日本のラグビー熱はイマイチでしたが、ある程度の視聴率は期待できそうです。日テレは5年連続で視聴率3冠だが、すぐ背後にテレ朝が迫っている。そのテレ朝は、10月から高視聴率が期待される『ドクターX』や『相棒』の続編を次々にスタートします。厳しい状況を覚悟していたはずです」(スポーツ紙デスク)

     ただ、日テレにとってこれから脅威になりそうなのは、むしろTBSだろう。TBSは27日から10月6日まで「世界陸上2019DOHA」を生中継する。メインキャスターは、12大会連続の織田裕二(51)と中井美穂(54)。

    「来夏に東京五輪が控えていることもあり、陸上競技は盛り上がっています。特に男子100メートルには新旧日本記録保持者のサニブラウン・ハキームと桐生祥秀が登場。NHKが放送した6月の日本選手権の決勝は視聴率15%超えでした。

    また、男子4×100メートルリレーも織田が『金も夢じゃない』と例年になく熱くなっているように期待大。ドーハと日本は6時間の時差があり、世界陸上は深夜から朝方にかけてほとんどの競技が行われます。日テレが放送するW杯とは放送時間がかぶりませんが、早寝して世界陸上に備える人もいるでしょう」(キー局関係者)

     織田が例年以上にヒートアップしていたとしても不思議ではない。

    「TBS局内で織田を東京五輪のサブキャスターに起用すると一部で報じられました。織田にとっては願ったりかなったりの話。世界陸上は五輪の前哨戦。織田としては、しっかり結果を出したいところでしょう」(前出のキー局関係者)

     日テレの最大の敵は織田裕二かもしれない。

    2019年9月22日 9時26分 日刊ゲンダイ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17119851/

    写真
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/0/d/0d815_28_27113b2e_07bf3a22.jpg

    【【視聴率】世界陸上と ラグビーW杯の対決wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/08/29(木) 17:38:37.51 ID:L2uATAW99
    メンタリストDaigoがYouTube上でガチギレしているという。普段はクールな彼が一体どうしたというのだろうか?

    「彼はYouTubeのオープニング、『今日はちょっとは感情的になります』と切り出し、
    しばらくすると、『僕、二度とテレビに出れなくなってもいいです全然。はっきり言います。
    NHKには二度と出ません、こういうことをするNHKには!』と憤慨したのです」(芸能ライター)

    この後も、彼はNHKに対し「一千万積まれても絶対出ねえ!ていうぐらいキレてます」
    「何が公共放送だ」「頭おかしい」などと激怒。今後の彼の芸能活動にも及ぼしかねない激白だが、その真意とは?

    「7月の京都アニメーション放火事件で亡くなった35人のうち、新たに25人の名前が、27日、京都府警によって明らかになりました。
    ただ、このうちの20人の遺族からは公表について承諾が得られていないものの、府警は公表を踏み切った理由について、
    『事件の重大性、公益性から実名を提供すべきだと判断した』とコメントしています。

    すると、この日の夕方から夜にかけ、NHK、さらには民放各社のニュース番組も追随。
    府警から追加発表された25名の実名を、アナウンサーが一人ずつ読み上げたのです。

    確認できただけでも、NHKは夜7時の『NHKニュース7』、日本テレビだと『news every.』や
    『newa zero』、TBSだと『Nスタ』、フジテレビだと『Live News it!』などです。

    母親をガンで亡くし、助けてあげられなかった後悔があるというDaigoは、こうした遺族の心を踏みにじるマスコミの姿勢が許せなかったらしく、
    『皆さんに聞きたいんですけど実名知りたいですか?』と問いかけ、『遺族はマスコミに2回殺されている。
    1回目は理不尽に殺人犯に殺され、2回目は心がない人に思い出を無理やり引っ張り出され、勝手に写真撮られて金に換えられる』と、
    公益性という名のもとに、許可も取らずに遺族の痛みをえぐるマスコミに激高していました」(同)

    「京アニ実名報道【人の死を金としか考えないマスコミ】の正体を解説【NHKも新聞もグル】」と名付けられたこの動画。
    再生回数は、28日正午現在70万回を突破し、SNS上でも大反響を巻き起こしている。マスコミを相手取り、怒りの声を上げたDaigoの今後の動きに注目だ。
    https://npn.co.jp/article/detail/29312409/



    【【驚愕】 DaigoがNHKにガチギレ!!!!!!! 「 一千万積まれても絶対出ねえ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/08/19(月) 19:54:04.07 ID:U2VtHjVt9
     のんの出演も取り沙汰されるNHK大河ドラマ『いだてん』。最新視聴率は5・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と民放なら打ち切りレベルの不名誉な数字を記録した。「NHKは必死に宣伝のミニ番組を大量オンエアしていますが、お手上げ状態です」とテレビ誌ライター。


     「狂言回しのビートたけしが演じる古今亭志ん生が面白いのですが、周囲に聞くと分かりにくいと。志ん生が破天荒に生きたことや落語のネタを知っている人は面白いんですが、そうでないとついていけない。その結果の数字ですね」


    2019.8.19
    https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190819/enn1908190003-n1.html

    【【悲報】NHK必死の番宣も…「いだてん」打ち切りレベルの低視聴率wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/08/01(木) 22:00:49.30 ID:vIqKk9VF9
    7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)による、一連の闇営業問題に対する「謝罪会見」を受け、
    直後の放送となった22日の月曜日、朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、約90分間にわたり、宮迫と亮の会見を取り上げた。

    同日の『スッキリ』では30分間、CMを挟むことなく、番組出演者による討論を行った。
    その討論の中で、番組MCを務める極楽とんぼの加藤浩次(50)が最も声を荒げたのは、宮迫と亮、そして加藤が所属する事務所の経営陣に対してだった。

    加藤は「会社のトップが責任を取らない会社って機能しているのかな」「みんな我慢してきた。経営陣が変わらないなら俺は辞める」と発言。

    「22日の放送では、宮迫と亮の会見について取り上げることは事前に決まっていましたが、加藤が“辞める”とまで話すことは、出演者もスタッフにとっても完全に想定外。加藤の発言で現場は大混乱。

    水卜麻美アナ(32)の顔も引きつっていましたよね」(制作会社関係者)

    22日の加藤の発言は大きな反響を呼んだ。23日朝の『スッキリ』で加藤は、その日の夕方に会社と面談することを明かし「取締役が変わらない限り会社を辞めると僕は昨日言ったので、その旨伝えたいと思います」と述べた。

    その面談の結果について加藤は翌24日の『スッキリ』で、平行線のまま終わったとして、今後も会社側と話し合いを継続する、と語っている。

    「自身の進退への決意はすでに固まっていると話していた加藤ですが、7月26日には相方の山本圭壱(51)がパーソナリティを務めるラジオ番組『極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ』(宮崎サンシャインFM)に生出演し、
    “あのときは熱くなった”と発言したこともあり、ややトーンダウンした印象でした」(スポーツ紙記者)

    ■所属事務所は“加藤の暴走”に激怒

    また、7月28日には『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したダウンタウンの松本人志(55)が、加藤と頻繁に電話で話をしていること、『スッキリ』への出演を申し出ていたことも明らかになった。

    「松本と電話で話したことで気持ちが落ち着いてきているのもあるのでしょうが、日が経つにつれ、加藤の勢いはトーンダウンしているように思えます。
    情報番組のMCに求められるのは公共性や中立性なのに、加藤は自分の意見や気持ちを一方的主張してしまったことで、“番組の私物化”、“公共の電波を個人的に使った”と、非難の声も上がっているといいます。
    『スッキリ』での“上が辞めなきゃ自分が辞める発言”は、加藤の暴走の何物でもありません。

    7月26日放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、加藤の盟友である岡村も、“ランナーズ・ハイによく似た『ワイドショー・ハイ』”と、
    加藤があの時、冷静さを失っていたと語っていました」(前出の制作会社関係者)

    7月29日、日本テレビの小杉善信社長が定例会見を行い、「MCの加藤浩次さんの発言については、賛否さまざまな意見をいただいております。
    それについての考え方を公表するというのは控えたい」と話している。

    >>2以降に続きます

    http://dailynewsonline.jp/article/1946886/
    2019.08.01 12:01 日刊大衆

    ★1が立った日時:2019/08/01(木) 16:23:25.12


    前スレ
    「加藤浩次の乱」いまだ収拾せずで浮上した“『スッキリ』9月電撃打ち切り”!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1564644205/

    【【衝撃】「加藤浩次の乱」で『スッキリ』9月電撃打ち切りか????????????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2019/07/28(日) 20:09:47.76 ID:osH+lZHn9
    闇営業問題に端を発した吉本興業の騒動を巡り、日本テレビの対応に注目が集まっている。7月22日に行われた岡本昭彦社長の会見が炎上したのを受け、吉本所属芸人の加藤浩次は翌23日、大崎洋会長への直談判に及んだ。

    その加藤は「スッキリ」(日本テレビ系)のMCを務めており、同番組では連日、吉本問題について詳報。番組内で加藤は、現経営陣が代わらなければ退社する覚悟を表明するなど、吉本に対して厳しい態度を見せていた。その後、一連の退社発言を”事を大きくした”として謝罪した加藤だが、23日の会長訪問に際して日本テレビでは、吉本東京本社に入る加藤の姿を夕方の情報番組「news every.」にて生中継していた。

    「日本テレビの姿勢で特徴的なのは、吉本の経営陣に反旗を翻した加藤をバックアップしていること。もし加藤が吉本を離脱した場合でも、加藤は『スッキリ』のMCを続投したことでしょう。そして同局にとっての看板番組でもある大型特番に関しても、加藤の出番が増えるとの噂があるのです」(テレビ誌ライター)

    その番組とは年末恒例の「笑ってはいけない」だ。同番組は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の年末特番という位置づけになっており、ダウンタウンをはじめとする同番組の出演者を中心に、吉本芸人が多数出演している。大みそかには民放でトップクラスの視聴率を叩き出しており、今年年末の放送も期待されているが、そこで大きな変化が表れるというのだ。テレビ誌ライターが続ける。

    「この『笑ってはいけない』で大事な役割を果たしているのが、《松本、浜田、アウトー!》の号令でおなじみの藤原寛副社長です。吉本芸人のトップに君臨するダウンタウンに対してケツバットの指令を出せるのは、かつてマネージャーを務めていた藤原副社長しかいないというのは衆目の一致するところ。ところが当の藤原副社長は22日の会見にてグダグダぶりを露呈した岡本社長を援護し、吉本経営陣としての顔を見せました。会見では生真面目な受け答えでメディアからの評価は高かったものの、もはや年末特番で笑いを誘う役目を引き受けるのは無理。

    それゆえ今年も『笑ってはいけない』を放送するのであれば、これまで藤原副社長が担ってきた役割を、他の誰かにバトンタッチする必要があるはずです」

    そこでがぜん注目を浴びるのが、加藤の存在だというのだ。だが加藤は吉本所属ながらこれまで、「笑ってはいけない」とはほとんど無縁だったはずだが…。

    「たしかにバラエティ番組での加藤と言えば『めちゃイケ』(フジテレビ系)のイメージが強く、普通なら日テレとしては使いづらいはず。しかし今回は『スッキリ』のMCという立場で、世間からは善玉扱いされているのが強みとなります。それに後輩と言えどもダウンタウンに対して臆することなくツッコミを入れられるはずで、藤原副社長の穴を埋めるには絶好の存在でしょう。ともあれ今年年末の日本テレビは何かやってくれそうですね」(前出・テレビ誌ライター)

    迎え受けるダウンタウンとしても、加藤くらい強烈なキャラのほうが、番組を組み立てやすいのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1942154/
    2019.07.28 18:00 Asagei Biz

    【【驚愕】年末恒例の「笑ってはいけない」で加藤浩次にメイン級の出番が回ってくる!? 】の続きを読む

    このページのトップヘ