新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:芸能

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/14(月) 15:04:10.68 ID:CAP_USER9
    女優の大政絢(26歳)が8月13日、自身のInstagramで、佐々木希(29歳)、本田翼(25歳)と初めて3人で食事をしたと報告。“美女3人食事会”写真が反響を呼んでいる。

    大政はこの日、「大好きなお寿司 この3人でご飯は初めてでした~~美味しいものは幸せ!」と、お寿司を中心に3人が顔を寄せ合ったショットを披露。

    これにファンからは「なんちゅう軍団」「豪華すぎますこの3人」「可愛い3人組だ」「最強の美人軍団」「このメンバーすご!」
    「この女子会やばー!!」「なんだこの天使たちの集いは………」「全員宝石みたい」など大反響となっている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13470875/
    2017年8月14日 11時35分 ナリナリドットコム

    no title

    【天使たちの女子会とはこういうことかwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/12(土) 18:30:18.82 ID:CAP_USER9
     その美貌とスタイルが注目され、『お願い!ランキング』(テレビ朝日系)でブレイクした料理研究家・森崎友紀(37)。'15年の12月に結婚。昨年6月に第一子となる女児を出産し、現在は大手芸能プロを退社したことで、テレビで見る機会は激減。しかし、ここへきて注目度が高まってきている。
     彼女の夫が、テレビ朝日の深夜バラエティー『陸海空こんな時間に地球征服するなんて』で一躍、時の人となっている“ナスD”こと友寄隆英氏(42)であることが分かったからだ。
     「同番組は、10月からプライムタイム(午後7時~11時まで)に進出します。スタートから半年という異例のスピード大躍進の立役者こそ、友寄ディレクター。秘境アマゾンでは、刺青の染料として使われる果実を全身に塗って皮膚が青黒く染まってもお構いなし。目の前にあるものは何でも口に入れ、巨大カタツムリを生で食べたときには、原住民すらドン引きしていました。そんな彼の存在が、番組の看板となっているのです」(テレビ雑誌記者)

     森崎とナスDの出会いは、'12年春の『いきなり!黄金伝説。』だったという。
     「誰よりも熱く仕事に打ち込む彼の姿に惹かれてしまい、無人島でのロケ中からデキてしまったようです」(番組関係者)

     かつての森崎は、料理研究家としてよりも、美貌と推定Fカップ乳、水着やセクシーランジェリー、趣味のコスプレでのグラビア活動に積極的で、
     「そのチャラついた仕事ぶりには賛否があり、正直、どうせ金持ちとくっついたのだろうと思っていましたが、実はナスDのような生命力溢れるオスに魅力を感じる女だったことが分かり、好感度が上がっています」(芸能ジャーナリスト・渡邊孝浩氏)

     現在は海外ロケが多く、帰国中も編集所にこもりっきりのナスDに、自慢の手料理を届け健康をサポート。たまの帰宅時には、F乳で癒やしているのだろう。

    http://wjn.jp/article/detail/3756026/

    【【真実】美人すぎる料理研究家・森崎友紀の夫wwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/07/31(月) 16:51:19.315 ID:BD9b3GR6a
    勝利くん
    no title


    窪塚
    no title


    伊野尾ちゃん
    no title

    【【朗報】日本三大イケメンが決定したぞ!!!!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/11(金) 13:30:32.49 ID:CAP_USER9
    ゲス不倫騒動の第2幕ともっぱらだ。愛人5人との不倫発覚から1年5カ月、タレントの乙武洋匡氏(41)に対し、元夫人が今月4日、精神的損害の賠償を求め東京地裁に提訴していた。不倫発覚後の別居と離婚で騒動は決着したように見られていたが、発売中の「週刊新潮」によると、乙武氏は離婚に際して、その経緯などを一切口外しないと取り決めた守秘義務に違反した上、それを「偽造」し、不貞行為でズタズタになった元夫人の心をさらに公に「蹂躙」したというのである。

     昨年11月に放送されたフジテレビ系バラエティー「ワイドナショー」で、VTR出演した乙武氏はこう言っていた。 

    「妻は前から私がやらかしてしまったことは知っており、家庭内ではそういうものだと暗黙のうちにまわっていた。しかし騒ぎが広がっていくうちに『乙武の妻はこうなるんだ』というのが本人の中に広がっていったのかもしれない。それで耐えられなくなった。離れた方が子どもたちのためっていうのが、やっぱり大きかったのか」 

     不倫三昧は元夫人の了承するところで、問題なかったが、それが表沙汰になり、騒ぎになって夫人は驚き、子どもを守るために離婚を決意したというのだが、元夫人は不貞行為の了承などしていない。そもそも、離婚理由からして違い、元夫人がそれを決意したのは乙武氏の不倫発覚後のモラハラだという。

     不倫発覚後、さすがに女と遊び回ることができなくなり、自宅にこもった乙武氏は友人を呼んでの宴席を繰り返し、耐えかねた夫人が控えて欲しいと言うと、「それなら、おまえの両親も呼ぶなよな」と逆切れ。義父母を出入り禁止にして身の回りの世話を焼かせ、夫人が子どもを幼稚園の送迎バスに乗せるためにほんの数分離れただけで激怒し、こう言い放ったらしい。

    「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」と。芸能コラムニスト、おおしまりえさんは言う。

    「これが事実なら、びっくりするほどの傲慢ぶりですね。完全なるモラハラであり、男の悪い思い込みまで入っている。1回でも付き合った女は、別れた後も俺の女であるという、アホで間違った思い込みです。元夫人に対して、『離婚したとしても、長年俺のことを好いて信頼していたのだから、ある程度のことなら、受け入れるだろう』との計算が乙武さんにあったように見えます。報道での態度が本当なら、セカンドレイプに等しい冒涜で、元夫人が受けた傷は相当のもの。人間は変化を嫌い、とりわけ男は変化に順応できないそうですけど、そんなの理由にならないし、訴えられて当然だと思います」

     不倫騒動の際、乙武氏は参院選出馬が取り沙汰されていた。発覚しなければ、センセイとなっていたかも知れないのだ。

    17年8月11日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13460304/

    【【クズ注意】「俺の面倒を見ないと、障害者虐待防止法で訴えるぞ」!!!!!!!!!!乙武ゲス不倫騒動が第2幕へ.wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/08/10(木) 10:04:39.24 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-01869867-nksports-ent
    日刊スポーツ8/10(木) 9:04配信


     キングコングの西野亮広(37)が、著名人の不倫報道に怒りの声をあげる人に対し「糞ブス」と嫌悪感をあらわにした。

     西野は9日、「他人の不倫に口を挟む糞ブスどもへ」のタイトルでブログを更新。「連日の不倫報道が実に気持ちが悪い。不快感の矛先は、不倫した人間ではなくて、不倫をした人間と何の関係もないのに、正義の名の下、怒りを露にしている糞ブスに対してだ」と切り出した。

     自身は不倫を肯定も否定もしないとした上で、「週刊誌に見事に煽られ、いとも簡単に感情をコントロールされて、揃いも揃って『不倫反対!』『不倫サイテー!』批判の声を上げているバカに一体、何の被害があったかは分からないが、不倫を批判しておくとテメエが正義になれるから、ここぞとばかりに『不倫反対!』『謝罪しろー!』のオンパレード。ここまで下品な魔女狩りが過去にあっただろうか?その魔女狩りには、僕が尊敬している先輩方も参加していて、失望しかない」と、ネット世論だけでなく芸能人コメンテーターもまた他人の不倫を批判する風潮に幻滅した。

    【【おまえが】キンコン西野、他人の不倫を批判する先輩にブチギレwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ