新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    カテゴリ:スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/18(水) 07:35:05.18 ID:CAP_USER9
    かばう人がいれば、無能の烙印を押す人もいる。だが、CS進出を逃した高橋由伸監督(42)の首が寒くなるのは間違いない。
    ならば次は松井か、ひょっとしてイチローという声も飛び出しているのだ。ストーブリーグより早い巨人軍の次期監督人事。

     ***

    大粛清「巨人」の次期監督 長嶋が頭を下げて「松井秀喜」大穴は「イチロー」

    「僕から見れば由伸はよくやったと思います。勝たなきゃいけない戦力を揃えてもらいながら怪我人ばかり。でも、それも含めて監督の責任にされるんです」(デーブ大久保氏)

    「スカウトの連中が全然働いとらん。ドラフト1位だってこの数年活躍しとらんでしょう。由伸は悪くないよ」(張本勲氏)

    CS(クライマックスシリーズ)出場を逃し11年ぶりのBクラスが決まった巨人の指揮官をOB2人はかばうのだが、たしかに、今季の巨人は戦力に恵まれなかった。
    30億円かけて大型補強したものの怪我人続出のうえにDeNAから獲った山口俊(投手)が暴力事件を起こす始末。
    その結果、13連敗を喫したのはご存じの通り。だから、終盤に盛り返してCS争いが出来たのは、頑張ったと見る向きもないではない。

    が、球団と3年契約を結ぶ高橋由伸監督の2年目の通信簿を巨人担当記者につけてもらうと――。

    「分かったのは、采配の能力がないということです」

    と手厳しいのである。

    「まず、驚いたのは監督が積極的にサインを出していなかったことです。
    たとえば、キャッチャーの小林誠司は初球から打ちに行って凡打というパターンが多い。
    他球団なら監督自身が場面に応じて“待て”などと細かくサインを送りますが、由伸監督はやっていなかった。
    8月下旬になって、周りがこのままじゃマズいと進言したのか、ようやく細かなサインを出すようになった」

    巨人の打撃データ(9月まで)を見るとチーム打率はそこそこだが併殺打がリーグでトップ。
    犠打数は下から2番目である。これも理詰めの野球が浸透していない証し、と指摘するのはベースボールジャーナリストの大冨真一郎氏。
    それを示す象徴的な試合が9月3日のDeNA戦だった。

    「この日は1試合で3回も送りバントを失敗しており、いずれもダブルプレーでイニングを終えています。
    試合は0対1で敗退しており、バントが出来なかったために負けたようなものです」

    今季の由伸監督には覇気もなかったと言うのは先の巨人担当記者だ。

    「たとえば、選手が怪我したら“大丈夫か!”と飛び出してゆくものですが彼はやらない。まわりを見ながらやっと腰をあげる感じです。
    そんな態度は選手にも伝わっていて、今シーズン途中にトレードで楽天に放出されたクルーズなどは、
    相手チームがおかしなプレーをしたとき監督が抗議しないことに不満をぶちまけていましたからね」

    それでも、不思議なことに、由伸監督の続投は既定路線である。
    9月13日に老川祥一オーナーが「4位以下でも続投」を明言する。
    それというのも、「あの御大が後ろにいるから」と説明するのは別のスポーツ紙記者だ。

    「そもそも、由伸はなりたくて巨人の監督になったわけじゃない。
    現役最後の年も2割8分近く打っていたのを、阪神・金本監督の就任が発表になったものだから慌てて“華のある対抗馬”として球団側が頼み込んだのです。
    読売新聞のドン・渡辺恒雄主筆の後ろだてがあったのは言うまでもありません」

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171018-00531355-shincho-base
    10/18(水) 5:59配信

    【【大粛清】巨人の次期監督に松井秀喜wwwwwwww大穴はイチローか????????? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/08(日) 23:29:20.12 ID:pCMiOH9op
    1位 山口俊
    2位 阿部慎之助 4番に居座りリーグブービーのWAR-0.9を垂れ流す
    3位 長野久義 序盤の不振でチームの躓きを決定的にさせた
    4位 内海哲也 投げるたびに負けた黒星製造機その1
    5位 宮國椋丞 投げるたびに負けた黒星製造機その2
    6位 小林誠司 いくらなんでも打てなさすぎ
    7位 村田修一 もはやこの程度なのはわかってはいるが
    8位 陽岱鋼 出てくるのが遅い 成績も言うほど良くない
    9位 大竹寛 普通に使えない
    10位 高木勇人 何度も自爆してチャンスを逃すアホ

    【【崩壊】2017年読売巨人の戦犯ランキングwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/16(月) 17:40:05.30 ID:CAP_USER9
     プロ野球・楽天のオコエ瑠偉選手(20)について報じたデイリースポーツ(ウェブ版)の記事に対し、インターネット上で「人種差別的ではないか」といった指摘が出ている。

     問題視されているのは、オコエ選手が3打席連続で三振を喫したことを、「KKK」という表現で報じた記事だ。配信直後の記事タイトルには「楽天・オコエ『KKK』」という表現があったが、16日朝までに「KKK」の言葉だけが見出しから削除された。

    ■「クー・クラックス・クラン」の略語

     オコエ選手は2017年10月14日、西武とのクライマックスシリーズ(CS)初戦に8番センターでスタメン出場。相手先発の菊池雄星投手にタイミングが合わず、3打席連続で三振を喫した。

     こうしたオコエ選手と菊池投手の対戦を、デイリースポーツは同日配信のウェブ版記事で報じた。このデイリー記事では、見出しと本文の両方で、オコエ選手が3打席連続三振を喫したことを「KKK」と表現していた。

     この記事の配信直後の見出しは「楽天・オコエ『KKK』、菊池に3打席連続三振」というもの。本文には、

      「8番・中堅で先発出場の2年目・オコエは3打席連続の『KKK』となった」

    との表現がある。

     「K」は野球用語で三振を意味する。一方、これを3つ並べた「KKK」という言葉は、米の白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン」の略語として知られる。この表現を、ナイジェリア人の父を持つオコエ選手のプレーを伝えた記事に用いたことについて、ツイッターやネット掲示板には、

      「この記事、人種差別と取られてもおかしくない」
      「この見出しは絶対にダメだろ。デスク含めて何考えてんだ」
      「差別的表現。見出しに『KKK』って完全に悪意しか感じません。最低最悪です」

    との指摘が相次いだ。なかには、デイリースポーツの公式ツイッターアカウントに直接リプライ(返信)する形で、「記者のモラルを疑う見出し」「今すぐ削除してください」と非難するユーザーも複数出ていた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000007-jct-soci

    【【完全悲報】楽天・オコエ3三振に「KKK」見出し!!!!!!!!!人種差別だと批判が殺到wwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/15(日) 12:38:54.97 ID:CAP_USER9
    今年の夏の甲子園で、春夏連覇を狙った大阪桐蔭は3回戦で宮城代表の仙台育英に敗れた。
    逆転サヨナラという劇的な幕切れとなった試合後、ネット上では勝利した仙台育英の選手の「あるプレー」が大炎上。
    その騒動後、当事者が初めて口を開いた──ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。

    「あの件があって以来、野球をやめようと思ったこともありましたが、監督からも『続けた方がいい』と言われて……。
    このメンバーで、もう一度、野球ができた。それが本当に嬉しかったです」
    10月7日、えひめ国体・硬式野球の初戦となる花咲徳栄戦に「2番・捕手」で先発出場した仙台育英の3年生、
    渡部夏史(わたべ・なつひと)は、敗れた試合後にそう話した。

    この夏の甲子園で、1大会最多本塁打記録を塗り替えた広陵(広島)の中村奨成がナンバーワンのヒーローなら、
    大会期間中にネットで大炎上したアンチヒーローが渡部だった。

    渡部が口にした「あの件」とその後の経緯を、まずはたどっていきたい。

    8月19日、仙台育英が大阪桐蔭とぶつかった夏の甲子園3回戦、「0対0」と両者一歩も譲らずに迎えた7回裏だった。
    二死走者なしから打席に入った渡部の打球が、ショートに飛ぶ。
    大阪桐蔭の泉口友汰が軽快にボールをさばき、一塁を守る2年生の中川卓也は
    ベースに右足をつけたままグラブを思いっきり伸ばして、泉口からの送球を捕球した。

    直後、走り込んできた仙台育英・渡部の左足が、ベースを踏んでいた中川の右足を蹴り上げてしまう。
    中川は顔をゆがめてしばらく立ち上がることができなかったが、なんとかベンチへ戻り、
    その後も出場し続けた(このプレーで中川は全治1週間の打撲を負った)。

    試合はその後、8回表に大阪桐蔭が1点を先制し、リードを保ったまま9回裏の守備を迎えた。
    二死1、2塁から、再び打球がショートに飛び、無難に捕球した泉口が中川に送球。
    観客やテレビの視聴者だけでなく、守る大阪桐蔭ナインも全員が試合終了を確信したはずだ。

    ところが、中川はベースを踏み外し、慌てて踏み直すも判定はセーフ。これが呼び水となって仙台育英に2点適時打が
    飛び出し、仙台育英は優勝候補筆頭と目されていた大阪桐蔭にサヨナラ勝ちしたのである。

    ◆炎上騒動でスポーツ推薦の話が流れた

    試合後、ツイッターやYouTubeは荒れに荒れた。
    〈7回裏の渡部の「蹴り」は狙ってやった「殺人キック」で、蹴られた恐怖があったから中川はベースを踏み外した〉──
    そんなふうに断定するまとめサイトが乱立し、ツイッターやYouTubeには、
    問題のシーンの映像や、それをコラージュしたような画像がいくつもアップされた。

    また、続く準々決勝の広陵戦で、渡部は起用されなかった。
    その理由を仙台育英の佐々木順一朗監督が明言しなかったために、渡部は完全に「クロ認定」されてしまう。
    とはいえ、広陵に敗れ、仙台育英が甲子園を去ったことで、ネットの炎上も鎮火すると思っていた。

    だが、騒動は続いた。甲子園が終わり、カナダで行われたU18ワールドカップの取材から帰ってきても、渡部への誹謗中傷が続いていたのだ。
    未成年である18歳の高校球児が、実名をさらされながら無数の匿名アカウントに延々と追及され続ける。ちょっと異常に思えた。

    渡部がどうしているのか気になった私は、すぐに仙台育英の新チームが秋季大会を戦っていた仙台に向かった。
    現地で渡部の姿は確認できなかったが、そこで学校関係者から、
    炎上騒動によって決まっていた大学のスポーツ推薦の話が流れてしまったという衝撃の事実を知った。

    ◆中川が渡部の部屋を訪ねた意図

    (以下、記事全文はこちら)
    http://www.news-postseven.com/archives/20171015_621262.html

    キック動画
    no title

    【【話題】仙台育英のキック球児のその後wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん 2017/10/13(金) 16:41:05.40 ID:CAP_USER9
     巨人は13日、村田修一内野手に対し、来季の契約を結ばないと通知したことを発表した。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000080-dal-base

    【【マジか】巨人・村田が戦力外!!!!!!!!!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ