新潮速

しょっぱいニュースまとめ

    1: 名無しさん 2017/06/26(月) 21:18:19.81 ID:CAP_USER9
    すっかり音沙汰がなくなってしまった。福岡ソフトバンクホークス、松坂大輔投手のことである。

    右肩痛で現在も福岡県筑後市のファーム施設でリハビリを継続中。依然としてボールが投げられずにノースロー調整を強いられており、室内でウエイトトレーニングなどを行う以外、投手としての練習は再開できていない。

    定期的に数日間ほど筑後を離れて関東近郊まで出向き、腕利きの整体師のもとを訪れ、懸命に患部の治療を行っ
    ているとも聞く。だが残念ながら劇的な回復には至っておらず、実戦復帰おろか投球練習再開のメドすら立たない。

    一軍は6月22日に全日程を終了したばかりの交流戦で3年連続7度目の最高勝率チームになった。パ・リーグ順位も首位とわずか1.5ゲーム差の2位。それでも先発投手陣に故障者が相次いでいることから、決して磐石とは言えない。
    一軍が先発不足にあえいでいるにもかかわらず、このタイミングでまたしてもコンディション不良に陥ってしまった松坂にはどうしても「一体、何のためにいるのか」と嘆きたくなってしまう。

    開幕早々に左ひじの張りを訴え、登録抹消となった和田毅投手に代わり、松坂には一軍昇格を果たすチャンスが舞い込んでいた。ところが4月12日、右肩の違和感を覚えてから、そのすべては白紙に戻されてしまった。

    今季は開幕ローテこそ逃したものの3月25日のオープン戦で昨季セ・リーグ王者、広島東洋カープの強力打線を相手に7回を無安打に抑える快投を見せていた。それだけにファンの期待は大きかったが、まるでここ数年の“恒例行事”のように戦線離脱が明らかになると一変。ネット上でも「はい、今年も終了。お疲れさまでした」「このままずっと給料泥棒を続ける気なのか」などといった辛らつな書き込みばかりで埋め尽くされていた。無理もあるまい。

    ホークスとの契約は3年12億円。今季は3年目で契約最終シーズンだが、一部で球団との4年契約説もささやかれている。しかしながら、もしこのまま今季一軍未登板で終わるならば普通に考えて松坂に来季はない。

    2015年の日本復帰1年目は右肩の内視鏡手術を受けた影響もあって一軍登録はなし。2016年の2年目はシーズン最終戦でやっと一軍登板を果たしたものの、東北楽天ゴールデンイーグルスを相手にリリーフで1イニングを3安打4四死球1暴投で5失点と大炎上してしまった。ここまでまったく戦力となっていない上、これだけの高年俸をもらい続けている松坂はチームにとって完全な“不良債権”と化している。

    では、その“不良債権”は完済可能なのか。残念ながら、さすがに厳しいだろう。もう6月も終わりを迎えようとしている今、シーズンも残り半分の約3カ月しかない。もし奇跡的に急ピッチで松坂のコンディションが上向きになり、どんなにがんばったとしても二軍での登板を経てからの一軍復帰登板は最短でも8月以降。ここから投げる全試合で誰もが驚嘆するぐらいの完ぺきな内容を残し続けない限り、批判はそう簡単に治まらないと思う。

    いや、これもあくまで超楽観的な見方でしかない。実はホークスの中でも松坂については「おそらく今年も一軍で結果を残すのは厳しいだろう」と復活を諦める見解が大勢を占めている。我慢に我慢を重ねてできる限りポジティブにとらえようとしていた球団関係者たちもいよいよ限界が近付き、いつまで経ってもパッとしない松坂を見放そうとしつつある。

    実際に現場からも厳しい意見が出ている。VIP待遇で実に2年半もロクに仕事をしていない「元怪物」に内心でいら立ちを覚えている関係者、そして選手も少なくない。チーム関係者は次のように本音を漏らす。


    IT MEDIA
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000046-zdn_mkt-bus_all

    【【野球】かつて「怪物」と呼ばれた松坂大輔は、このまま「引退」してしまうのか????????????????????】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/26(月) 18:48:14.86 ID:CAP_USER9
     女優の石原さとみさんが26日、東京・浅草寺伝法院で行われた映画「忍びの国」(中村義洋監督、7月1日公開)の大ヒット祈願イベントに登場した。赤い着物姿で出席した石原さんは撮影時の苦労を聞かれ「着物自体は好きなのですが、待ち時間が長く、着物のままいないといけなかった。撮影は(昨年の)夏ぐらいだったので着替えられなくて大変。汗はかかないほうなのですが、首から下はびちゃびちゃでした(笑い)」と明かし、汗をなるべくかかないようにするツボを押さえながら撮影したと語った。

     イベントには、石原さんのほか、主演を務めた「嵐」の大野智さん、共演の伊勢谷友介さん、鈴木亮平さん、中村監督も出席。伝法院は国の重要文化財に指定されており、大野さんは「歴史ある場所。こういう機会がないと来られないと思うので、非常にありがたい」と喜んだ。祈祷はイベントの前に浅草寺の本堂で行われ、石原さんは「緊張しました。こういう形でのヒット祈願は初めてでした。気持ちが整いました」と語った。

     映画は、和田竜(わだ・りょう)さんの人気歴史小説「忍びの国」(新潮文庫)が原作。戦国時代、天下統一に向けひた走る織田信長が唯一、手出しすることを禁じた国・伊賀の“史上最強の忍び”無門(大野さん)が主人公で、織田軍と伊賀忍び軍団による知略謀略が張り巡らされた壮絶な合戦を描く、時代劇エンターテインメントとなっている。

     無門の妻で、安芸の武家から無門にさらわれてきた女性・お国を石原さん、伊賀・下山家の嫡男で、ある事件により忍びに失望してしまう下山平兵衛を鈴木さん、伊賀に攻め込む決意をする織田信雄を「Hey! Say! JUMP」の知念侑李さん、織田軍で剛力で名をはせる信雄の家臣・日置大膳(へき・だいぜん)を伊勢谷さんが演じる。

    2017年06月26日
    https://mantan-web.jp/2017/06/26/20170626dog00m200018000c.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【朗報】石原さとみがびっちゃびちゃにwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/21(火) 23:21:34.50 ID:RY8kF7QX0

    【中条あやみちゃんとかいう地上に降りた超絶天使wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/26(月) 15:16:23.17 ID:CAP_USER9
    お笑いコンビ、インパルスの堤下敦が睡眠薬を服用して車を運転して、警察の事情聴取を受けていたことが世間をにぎわせた。
    睡眠薬を服用して自動車のハンドルを握ることなど絶対にあってはならないが、このニュースを見た人々の中には、明るい印象を持たれることが多いお笑い芸人の睡眠薬服用に驚いた人も多数いた。

    しかし、実のところ芸能界では睡眠薬の常用者は珍しい存在ではないという。

    「睡眠薬といえば、特別な事情があって服用するものなので、驚くかもしれませんが、芸能界で長く仕事をしていると当たり前のように常用者に出会います。
    第一線で活躍する芸能人の5割近くが服用しているんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

    5割はあくまでも推定だそうだが、このような印象を受けるほど周囲には服用する芸能人が多いという。

    「芸能人は自分が出演するテレビや舞台の本番ともなれば、全神経を集中させてその場で求められている自分を出し切ります。
    その際、高いテンションや集中力を維持させる必要もあり、使用するエネルギーは半端ではないんです。
    そして、中にはうまくオンオフを切り替えられない芸能人もいます。
    そういう人は本番が終わってもそのテンションが維持されてしまい、家に帰っても眠れない場合もあり、睡眠薬に頼ることもあるんです」同)

    たしかに常人とは異なる世界を生きているため、不眠に陥ってしまうケースも多いのかもしれない。

    「また、芸人さんは常にネタのことや何かしらほかのことを考える癖を持っている人がほとんど。
    その仕事モードから切り替えるため、頭を休ませるためとして、睡眠薬を飲む人も多いです。
    また、朝の番組に出演するアナウンサーは遅刻しないよう早く寝るために服用するケースが多いと聞きますし、俳優さんなどは役から抜けられずに常に興奮状態になってしまうので、安定剤や睡眠薬を処方してもらうことも多いそうです」(同)

    どうやら芸人だけではなく、芸能界に生きる多くの人がそれぞれの悩みや重圧を抱え、不眠状態に陥っているようだ。
    そして、その対策として薬に頼っているという。

    堤下敦がどのような事情で飲んでいるのかは不明だが、決められた量を決められた時間に服用すること自体は悪いことではない。
    だが、そこまでしなければならない芸能人は、やはり厳しい仕事のひとつといえるだろう。
    また、仮に服用したとしても、自動車の運転は絶対にNGだと肝に銘じてほしい。

    no title

    http://tocana.jp/2017/06/post_13597_entry.html
    http://tocana.jp/2017/06/post_13597_entry_2.html

    【【衝撃】有名芸能人の5割が“クスリ漬け”生活という闇深な実情wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/26(月) 10:03:04.97 ID:CAP_USER9
     25日に放送された観月ありさ(40)主演のフジテレビ系連続ドラマ
    「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」(日曜・後9時)最終回の
    平均視聴率が4・9%だったことが26日分かった。開始以来最低だった
    前回の4・4%からは0・5ポイント上昇した。

     同作は、日本に数人しかいない骨格標本を組み立てる「三度の飯より骨が好き」
    というプロ標本士・九条櫻子(観月)が、法医学・自然人類学の豊富な知識、
    鋭い観察眼や洞察力、想像力を駆使して難事件を次々と解決していくという、
    太田紫織さん原作のミステリーだった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170626-00000075-sph-ent

    【【視聴者完全無視】観月ありさのためだけに作られたドラマの最終回視聴率wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/06/25(日) 23:10:48.08 ID:cnB6arg/0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    横須賀市長に上地氏初当選確実
    2017/6/25 22:51

    神奈川県横須賀市長選は自民、民進、公明各党が推薦した無所属新人元市議上地克明氏の初当選が確実となった。

    https://this.kiji.is/251706565969657860

    【【驚異】上地雄輔の父が横須賀市長にwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ