新潮速

しょっぱいニュースまとめ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : レッドインク(埼玉県) 2013/07/28(日) 14:40:55.89 ID:efTxJhz3P BE:775543133-PLT(12001) ポイント特典

    ご報告
    2013年 7月27日

    7月25日に保護のゴールデンレトリバーについてご報告させて頂きます。
    保護後、落ち着いた様子で過ごしておりましたが、
    7月26日午前中、状態が急変し、動物病院へ緊急搬送いたしましたが、
    残念ながら同日9時6分に亡くなりました。
    死亡診断は心臓発作とされております。
    事件発生より、飼い主が戻ると信じ、待ち続けた犬にとって
    不安な日々であったと思われます。
    犬が亡くなった日時は、身柄拘束と重なります。
    人それぞれお考えがあるでしょうが
    物言えぬ犬が残したメッセージに思えてなりません。
    あの子を救い幸せにするために、お力を貸して下さった方々、
    心配で全国からお問い合わせやメッセージを下さった
    沢山の方々に感謝致しますとともに、力及ばず、皆様のご期待に
    添えない結果になってしまったことを大変悔しく心苦しく思っております。
    尚、今回の件で支援金を振り込んで下さった方々には
    順次個別にご連絡させていただき、返金させていただきます。

    最後に、あの子が「オリーブ」という名前だということをご報告させて頂きます。
    どうかオリーブちゃんのご冥福をお祈りいただけますようお願い致します。

    ケダマの会
    http://kedama.hughughag.net/infomation/3932.html
    http://megalodon.jp/2013-0728-0859-38/kedama.hughughag.net/infomation/3932.html



    c5c6458f



     



    【【悲報】 かつを(63)が飼ってたゴールデンレトリバー、心臓発作で死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ダイビングエルボードロップ(北海道) 2013/07/27(土) 23:21:03.82 ID:PHhsWLdb0 BE:3051814875-PLT(12019) ポイント特典

    外国人から「なんか嫌だな…」と思われがちな日本人女性の特徴

    ■大人なのに「kawaii」としか表現しない

    「cuteと言われると子供っぽいと思われているようで、褒められている気がしませんでした。
    日本のkawaii文化を理解してから嫌味ではないことがわかりましたが、競馬場で馬を見てもkawaii、高価なドレスを見てもkawaiiと表現することを理解するのには時間がかかりました」(アメリカ人・28歳)

    ■八方美人すぎは見ていて辛い

    「周囲から認められることで満足する日本人女性が多い。誰にも認められなくてもいいから自分の意見を通す、といった強さを持つより、誰にも嫌われないようにすることを前提に行動するので裏表があるように見える」
    (ドイツ人・36歳)

    ■ちょっとしたことに優柔不断なのは時間の無駄

    「人が集まるときは、何をするか決めてから行動する癖をつけたほうがいい。小さな選択に”どうしよう~”と時間をかけすぎ」(イギリス人・26歳)

    ■お酒の力を借りないと本音を出せないの?

    「会社でいつも静かな人が、お酒を飲んで踊りながらカラオケを歌ったときはびっくりしました。面白い人だったんだと次の日に話しかけてみたらほぼ無反応。なぜ普段から明るくなれないの?」(カナダ人・42歳)

    ■日本文化のことを聞いてもあまり答えてもらえない

    「茶道・華道・書道、日本人はみんな身につけているものだと思って質問したら、私の方が詳しかったときはがっかりしました」(オーストリア人・36歳)

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130727-00000302-biranger



    【【超絶悲報】 外国人 「日本人女性の ”ボキャブラリー” の無さがヤバイ。かわいいしか言わない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 張り手(千葉県) 2013/07/27(土) 21:59:06.73 ID:lnvNKUoO0 BE:168690252-PLT(12001) ポイント特典

    女優の武井咲が、26日放送の音楽番組「僕らの音楽」(フジテレビ系)に出演し、シンガーソングライターの高橋優と対談を行った。

    自身が感じた想いをストレートな歌詞で表現する高橋の歌に共感し、大ファンになったという武井。楽曲中の『世間なんてクソくらえ』という 歌詞にも影響を受けたといい、
    「そう思うじゃないですか。それをそのまま歌詞にしてくれるっていうのがたまらなくて…」と憧れの人を前にして興奮気味に続けた。

    さらに武井自身が“クソくらえ”と思った瞬間を問われると「多々ありますよね」と茶目っ気たっぷりに答え、「『まだ10代だから』っていう言われ方をよくするんですけど、
    この仕事は年齢なんて関係ないし、ぶつかっていいというか、先輩だからって遠慮するのは間違ってるんじゃないかなって」と芯の通った一面をのぞかせた。

    ◆自身に向けられる批判に対する本音とは?
    さらには、職業柄向けられる世間からの批判についても言及。
    「TVに出すぎで飽きられるんじゃないかと思ったこともありました」と本音を吐露し、「ドラマで3期連続で主演をやらせていただいたときも、『同じ自分に見えないかな、ちゃんと役として見てもらえるのかな』っていう不安があって、
    長い前髪を切ってみたり…ちょっと自分を変えないとおかしくなっちゃいそうな時はありました」と胸の内を赤裸々に明かした。

    心ない声に対しては「未だにどうしたらいいかわからない」と戸惑いを見せる一方で、母親からの一言に救われたという武井。
    「『好きも嫌いも私のことを見てるからそういってくれるんだから、深く落ち込む必要ない』と言われてラクになりました」と穏やかな表情で語った。

    http://mdpr.jp/news/detail/1264069
    w0c-e_601686


























    【武井咲「ゴリ押しと叩かれてムカつくわ。だけどそれって私が注目されているせいだよね?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 :五十京φ ★ 2013/07/27(土) 18:11:43.06 ID:???0
    世界的に大ヒットした1988年のアクション映画『ダイ・ハード』(日本公開は1989年)。
    その誕生25周年を記念して、米エンターテインメントサイトVultureが「『ダイ・ハード』以降のアクション映画ベスト25」を決定。
    栄えある1位に、クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』(08)が輝いた。(>>2あたりに詳細)

    1位 『ダークナイト』(08)
    2位 『ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌』(92)
    3位 『マイノリティ・リポート』(02)
    4位 『キル・ビル』(03)
    5位 『ターミネーター2』(91)
    6位 『ラスト・オブ・モヒカン』(93)
    7位 『HERO』(03)
    8位 『マトリックス』(09)
    9位 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明』(94)
    10位 『ジュラシック・パーク』(93)
    11位 『ラン・ローラ・ラン』(99)
    12位 『ザ・ロック』(96)
    13位 『ボーン・アルティメイタム』(07)
    14位 『ハリソン・フォード 逃亡者』(93)
    15位 『スピード』(94)
    16位 『ミッション:インポッシブル』(96)
    17位 『スパイダーマン2』(04)
    18位 『バトル・ロワイアル』(00)
    19位 『アンストッパブル』(11)
    20位 『ニキータ』(91)
    21位 『007/カジノ・ロワイヤル』(06)
    22位 『アバター』(09)
    23位 『アドレナリン』(07)
    24位 『ハートブルー』(91)
    25位 『ポリス・ストーリー3』(92)

    0590f_203_1b4a351d_023a675c









    クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』がトップ! (C) AFLO

    クランクイン! 2013年07月27日08時00分
    http://news.livedoor.com/article/detail/7898547/


    【【映画】「アクション映画ベスト25」発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 :名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区) 2013/07/27(土) 15:03:46.75 ID:ogt+8UadP BE:3015999375-PLT(12001) ポイント特典
    m_5c96cbad













    保見容疑者、両親死後に孤立と摩擦深める…山口周南市連続殺人放火事件

    山口県周南市金峰(みたけ)の連続殺人放火事件で、周南署捜査本部は26日、
    遺体で見つかった5人のうち、被害者1人への殺人と非現住建造物等放火の疑いで、
    無職・保見光成(ほみ・こうせい)容疑者(63)を逮捕した。被害者5人全員の殺害と2軒の放火を認めている。

    保見容疑者は、事件が起きた周南市金峰の出身。一度故郷を離れ、Uターン後に両親と死別し、一人暮らしだった。
    農林業を営む両親に育てられ、少年時代は別の名前を名乗り、周囲からは「わっちゃん」と呼ばれていた。
    10代後半に川崎市へ移り、左官の修業を積んだ。約20年前に故郷に戻ったが、
    当時、保見容疑者の自宅に出入りしていた女性(64)によると、技術を磨いた腕を振るい、自宅を建築。
    地元のテレビ番組に取り上げられ、集落でも反響を呼んだ。

    周囲との関係が変わり始めたのは、両親をみとった後の、ここ数年だった。
    近所の男性は「声を掛けても答えない。冠婚葬祭にも関わらない。回覧板も受け取らないので、飛ばすようになった」と話す。
    自宅の窓には「つけびして 煙り喜ぶ 田舎者」と書かれた紙が貼り付けられ、庭にはアヒルのオブジェ、屋根には陶器の天使、車庫には上半身裸のマネキン人形が置かれるなど謎めいている。山本さん宅へ向け、実際には映らない偽装型の防犯用カメラを設置した。

    保見容疑者は村おこしを提案すると反対され、草刈りをして苦情を言われるなど、周囲とのあつれきを重ねていた。
    飼い始めた犬をめぐり「臭い」と言われるトラブルも。
    河村さんはかつて「犬が寄ってきたのでよけたら『叩き殺す気か』と言われて怖かった」と漏らしていた。
    2011年の正月には「周囲から悪口を言われ孤立している」と周南署に相談。1~2時間話すと「すっきりしました」と納得したように帰った。

    お互いが顔見知りで、住民が「家族のよう」に暮らしていた集落での孤立。
    かつて仕事で集落に出入りしていたという男性会社員は「一度関東に出たよそ者として(周囲と)うまくいっておらず、長年のうっぷんがたまっていたのではないか。ある意味かわいそう」とおもんぱかった。

    http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20130726-OHT1T00211.htm



    【【悲報】 カツヲ(63) 集落住民に「一度関東に出た他所者」扱いされていた! 長年の鬱憤が原因か】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : レインメーカー(新疆ウイグル自治区) 2013/07/27(土) 15:08:46.65 ID:ogt+8UadP BE:4825599078-PLT(12001) ポイント特典

    ★男子児童の上半身露出を嫌がる親たち

    ・「うちの◯◯くんを上半身裸でプールに入れておいて、盗撮されて変な目的で使われたらどうするんですか!」

     こんな絶叫が、7月上旬に都内のある区立小学校で聞こえてきたという。声の主は、同校に通う三年生の男子児童の母親。注意してほしいのは、女児ではなく男児の親であるということ。

     「この母親をはじめとして、男子児童がプールに上半身裸で入るのを嫌がる親が増えてきているんですよ。
     全校で10人くらいだと思いますが。これらの親御さんが言うには『男子の裸も十分に性の対象になるのだから、男子がプールに入る時にトップレス(上半身裸)なのは問題だ』と。まあ理屈はわかるんですが…」(同校の教諭)

     しかも、この親たちはその解決策としてなんと、男子児童にも女子児童のスク水を着用させようとしてきたのだという。
     さすがにこの一派の親たちのほとんどはラッシュガードのようなものを着せろということらしいのだが、こんな事例もあったそうだ。

     「特に主張しているのは、職員室で絶叫したお母さんなんですが…。なんと子供にお姉さんが小学生の時に着ていた
     スクール水着を持たせてきたんですよね。その子も嫌だったようで、相談されて普通の水着を着させましたが。後で大もめですよ」(前出・教諭)
     さすがにこれは極端な例だというが。

     「全国的にも、アメリカの児童ポルノについての現状を聞きかじった親たちが、そういう訴えをすることが増えてきているとは聞こえてきています。いわゆるモンスターペアレントと言われる人たちなんですが…」(教育関係の出版社)

     男子児童もスクール水着をつける時代が、到来するのかも?
     http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130727/Bucchinews_553.html



    【「男児を上半身裸でプールに入れるのは問題!盗撮されたらどうする!」 怒る親 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : ダイビングエルボードロップ(北海道) 2013/07/27(土) 09:17:40.14 ID:PHhsWLdb0 BE:1569504492-PLT(12019) ポイント特典

    バブル世代ファッションが盛り返してる

    ■プロデューサー巻き■




    「プロデューサー巻き」は、2年ほど前からじわじわと復活を遂げ、今シーズンは本格的にブレイクしている。
    業界人がよくしていたことから「プロデューサー巻き」、また石田純一がドラマで多用していたことから
    「純一巻き」などと呼ばれている。

    ■タイトスカート■ □旧ボディコン□

    http://img01.hamazo.tv/usr/tiara/IMG_0564-2.JPG



    タイトスカートは、80年代のバブル期に流行した体の線を強調する「ボディコン」をほうふつとさせる。
    タイトスカートの人気再燃は、若い世代の服の選び方が「カワイイ」だけでなく「カッコいい」も重視する流れを
    象徴している。

    ■クラッチ■ □旧セカンドバッグ□



    人気の「クラッチバッグ」は、バブル期には「セカンドバッグ」と呼ばれ、男性にも広く愛用されていた。セカンドバッグと呼ばれた。
    バブル崩壊後、男性のセカンドバッグは非ファッションアイテムとなったが、女性にはフォーマルシーンの定番と
    して使用され続けている。

    http://matome.naver.jp/odai/2137472193376400801



    【【遂に】 「バブル時代」 の ファッション が若者でブーム !!!!! 流行は繰り返される・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1 : 目潰し(愛知県) 2013/07/26(金) 17:34:20.30 ID:iMC3xX3o0 BE:797760656-PLT(12003) ポイント特典

    見せたがり竹内由恵アナが Mステ・パンチラ連発で社長賞内定

     テレビ朝日の竹内由恵アナ(27)が快挙を達成しそうだ。純白パンティーを見せた功績で、社長賞をゲットすると評判しきりなのだ。

     竹内アナは今夏話題の『世界水泳2013』、『熱闘甲子園』の司会を担当。他にも『ミュージックステーション(Mステ)』などのレギュラーもこなし、
    八面六臂の活躍だ。
     「Mステでパンツが見えそうなミニスカ姿で登場するのは、ほぼ常態化している。そのため大喜びのファンは“パンチラサイト”まで開設し、
    彼女がパンツを見せれば視聴率が1%上がるという伝説もあるほど。局アナの中でもズバ抜けた貢献ぶりなのです」(テレビ朝日関係者)

     しかも彼女のパンチラは実は意図的で、かなりの「見せ魔」であることも判明。
     「スタイリストと衣装決めするのですが、スカート丈が長いと、わざとズリ上げて座る。すると丈が短くなってパンツが見える。
    見せたがり屋と同時に、なかなかのプロ根性です」(同)

     現在、彼女はフジテレビの加藤綾子アナ(28)に次ぐ女子アナ界の二番人気。ちなみに2人は同年入社だ。
     「スタイルは加藤アナですが、清純そうな割には露出度が高くて“意外エロ”な点では竹内アナを推す声も多い。
    あと少し人気が上がれば、ガップリ四つでしょう」(女子アナライター)

     加藤アナは今年3月、その人気と貢献度が評価され、フジテレビ内で“特別賞”の表彰を受けている。
     「去年あたりからカトパンのマジメぶりが目立っていたのですが、賞をもらってからいよいよ大人しくなってしまった。
    酒は飲まないし、お得意のホスト遊びもやめた。夜遊び自体まったくしないのですから、面白みがなくなったのも事実」(フジ関係者)

     そんな折、竹内アナも加藤アナ並みの賞をもらうことが内定したというのだから局内は大騒ぎ。
     「社長賞のような感じで直々にもらうようです。理由は、パンツ見せで貢献したため。社内では“パンツ賞”と大マジメに語られています」(投稿雑誌編集者)

     まさにパンツ一丁での立身出世。

    http://wjn.jp/article/detail/1772841/



    【見せたがり竹内由恵アナが Mステ・パンチラ連発で社長賞内定】の続きを読む

    このページのトップヘ